083704 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

FJWOれんらく板

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

♭このページは Fuchu Junior Wind Orchestra のための『れんらくノート』です♯

ページ内に現れるリンクサイトやバナーへのジャンプは、自己責任で行ってください。
そこで発生するいかなる問題に対しても、このページの管理人は一切の責任を負いません。
奏法や楽譜についての質問も、ここでは受け付けません。
管理人宛のメールは、サイドメニューの『メッセージを送る』から送信できますが、
常時接続ではないため返信に時間がかかります。あらかじめご承知ください。


2017年04月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 次回の合奏練習曲は未定です。しばらくの間は『新曲音出し大会』が続くかもしれません。しかし「この曲って、本番で演奏するかどうかまだ分からないから、、、」と手抜きし過ぎては、もったいないです。今日も合奏中に何度か言いましたが、

 ・メロディは少し張り切って、伴奏は小さめに(しかしベースラインは常にしっかり)
  ! ソロの mf と伴奏の mf では、ボリュームが違います !
 ・自分と同じ動きをしているパートが他にないか、耳を働かせましょう
 ・ポピュラーソングを耳覚えで演奏してはいけません。楽譜に正しく!
 ・休符をちゃんと数えよう!

ということは、いつでもどこでも誰とでも、気をつけなくてはいけないアンサンブルの基本です。新曲音出しの時も、どれくらい自分がアンサンブルできるか、頑張ってみましょう♪


Fl:

先輩は、基礎練習として『ソノリテ』の練習、『倍音』の練習、『音階』の練習をしました。みなさん、とても豊かな音色で、低音から高音まで鳴らすことが出来るようになってきました。力むことも少なくなってきましたね。昨年度にやった、身体の使い方をもう一度思い出してみてください。
今回は『アメリカ民謡ファンタジー』の練習をしました。スタッカートの付いている音が長くなってしまった箇所があります。気をつけましょう。また、拍子や調合が変わるところが多いので、見落とさないようにしましょう。

新人さんは、宿題の確認をしました。みなさん、しっかりと覚えてきてくれました! 息を楽器に吹き込み過ぎてしまうので、唇から真っ直ぐな息を出すイメージをしましょう。


Cl:

先輩はまず、全員でロングトーンをしました。
4拍伸ばしている間、遠くまで音を飛ばすイメージでまっすぐ息を入れて大きな音で吹きましょう。
そのあと、『アメリカ民謡ファンタジー』の練習をしました。
“フォルテ”などの音量の記号を見落としていた人が多かったので、もう一度確認しましょう。
自分のパートがメロディーだと思ったら大きな音で堂々と吹きましょう!
アーティキュレーションに気を取られすぎて、テンポが速くなったり遅くなったりする事が多かったので落ち着いて吹きましょう。

新人さんは、低い音の練習をしました。
全部の穴を指でしっかりふさがないと音は出ません。なので、吹く前にちゃんとふさげているか自分で確認して吹きましょう。
少し難しいですが、この音が出るようになれば、高い音も楽に吹くことができるので根気強く練習していきましょう!


Sax:

今日はまずチューニング、ロングトーンをしました。ロングトーンでは立派な大きな音で吹けていてとても良かったです。音の出だしを合わせることは上手にできていますが、音の終わりが全員で合わずバラバラな切り方になってしまいます。最後まで、集中力を持って合わせることを忘れずに吹きましょう。

・『アメリカ民謡ファンタジー』
2分の2拍子や8分の6拍子など、様々な拍子が出てきます。とくに8分の6拍子では、リズムの表記の仕方に慣れることを目指しましょう。
楽譜には、多くのアーティキュレーションが書かれています。スラーが書かれているときはスラーの頭の音以外はタンギングはせず、なめらかに演奏しましょう。スタッカートの音はしっかりタンギングをして、軽くリズミカルに演奏しましょう。
各パートごとにそれぞれ、同じ動きをしている他の楽器がいくつかあります。自分と同じ動きをしている楽器の音をよく聴き、合わせて演奏することが大切です。

・新人さん
下唇を巻きすぎないように気を付けましょう。吹いているうちにマウスピースをくわえる位置がずれてしまわないように、しっかり固定することが大切です。楽器を吹く前の姿勢の確認も忘れずに!


Trp:

今日は、マウスピースでの口慣らし、ロングトーンでの音階練習、リップスラー、タンギング練習、半音階練習、チューニングをしました。
タンギング練習の時に三連符も練習してみるようになってから今日で3回目だったのですが、最初の頃に比べて、リズムの感覚をつかむのがとても早くなりましたね。これから演奏していく曲の中でも、三連符はときどき出てきます。でも、もう皆さんは三連符の感覚を覚えています。焦ることなく吹いていきましょう。

『アメリカ民謡ファンタジー』
冒頭から[H]に入るまでを練習しました。
この曲は、1stと2ndで動きが全然違うので、お互いがよく聴き合いながらしっかり吹きましょう。
今日はリズムをつかむことを目標に練習していきましたが、全部を見ることはできなかったので、次はできなかった部分をやりましょう。

新人さんは、上の音を出すことを目標に、基礎練習と、『かえるのうた』、『チューリップ』を練習しました。
『かえるのうた』も『チューリップ』にも、ラの音が出てくるのですが、そこが頑張りどころですね!今日は2曲とも吹ききることができました!音を出す時のツボを少し見つけられましたね。来週もまた2曲吹いてみましょう、新しい曲にも挑戦してみましょう。

宿題
/先輩団員さんへ
『アメリカ民謡ファンタジー』を楽譜を見ながらもう一度よく聴いてきてください。
/新人さんへ
『アメリカ民謡ファンタジー』の指番号をふってきてください。
先輩団員さんと同様『アメリカ民謡ファンタジー』を楽譜を見ながらよく聴いてきてください。


Hr:

☆ロングトーン
まわりの人の音をしっかり聴いて、音程を合わせることを意識して練習しましたね。前回の練習よりもそろってきましたが、少し音程が下がり気味になってしまいます。息のスピードが足りないと音程下がってしまうので、お腹にしっかり力を入れて音を支えるように吹きましょう。
ロングトーンでフォルテも練習しましたね。
普段から楽器にたくさん息を入れていないと、曲などでフォルテが出てきたときに、楽器が思うように鳴ってくれません。たくさん息を吸って楽器を鳴らすことを常に意識しましょう。

☆曲
パートに分かれて練習しました。
パートごとに役割が全然違う事が分かったと思います。まわりの人の音をしっかり聴いて、自分がどういう役割で、どれくらいの音量で吹いたら良いか、意識して下さい。
裏打ちのところで、楽器が上下に動いてしまいます。1つの音に集中せず、メロディーを聴いて、それに合わせて裏打ちも演奏するようにして下さい。

宿題は、『アメリカ民謡ファンタジー』の、自分の役割(伴奏かメロディーか)を確認してきて下さい。
毎週、出来る事が増えていくように、一緒に頑張りましょう!


Trb:

○マウスピース
マウスピースで、真ん中のファの音を取る練習をしました。
楽器が付いていない時だからこそ、「息を遠くまで飛ばす」ことを意識して、しっかりと吹き込みましょう。

○リップスラー
ゆったりとした形と八分音符の少し細やかな形、2パターンの練習に取り組みました。
音が降りた時に、息のスピード感やテンションまで一緒に下げてしまうと、流れがデコボコしてしまう原因になってしまいますよ! より一層「流れ」を意識して、丁寧に繋げるようにしましょう。

○半音階
半音の、1ポジションごとの間隔を、焦らずに取るようにしましょう。
より正確なポジショニングは、心地よい演奏をするために不可欠なので、これからも気をつけて取り組んでいきましょうね!

○パート練習/『アメリカ民謡ファンタジー』
2拍子の曲は、1小節にかかる時間が4拍子よりも早いので、置いていかれてしまわないように気をつけながら数えるようにしましょうね。
調号の変化もたくさんあるので、間違えないようにチェックすることも大切です。
それから、メロディを吹くときは、もっと堂々としましょう!

<新人さん>
今日は、リップスラーができましたね。
金管楽器ならではのこの奏法は、より自由に演奏するためにとっても大事な練習です。
繰り返して練習し、幅広い音域で演奏できるようになりましょうね!
今回の宿題は「やってみよう!」のプリントの、リップスラー[9~11番]の練習をすることです。


Euph:

今日は、先週とはまた違う曲の音出し練習だったので、最初に指番号の書き込みをしました。みんな、自力で書き込めていて、かつ「なるべく同じ音は番号を書かない」というルールを守ろうと努力してくれていて、とても立派でした。ただ、もう少しスピードアップできると良いですね。まだ皆さん(特に小学生チームが)指番号を“考えて”書いているようです。指番号は、考えるものではなく、反応するもの、です。考えても答えが出るものではなく、「左手どっち」と聞かれて「ハイ!」と心臓側の手を挙げるような、そういう反応をするべきものなので、もう少し覚えることをがんばってみましょう。

タンギングや音をキープする基礎練習も兼ねて『アメリカ民謡ファンタジー』の練習を進めたら、ほとんど最後まで譜読みができました! 今日やったことを忘れないようにしてきてください(特に調号のこと)。

宿題は、ズバリ、先週と今日やったことを忘れない、です!


Tuba:

今日はバズィングの練習、ロングトーンをした後に『アメリカ民謡ファンタジー』の練習をしました。

新人さんも一緒にシ♭の音階のロングトーンが出来ました。音階の運指も覚えていて素晴らしいです。先輩方の音を聴いて、音のイメージをたくさん持ちましょう。
先輩たちも、常にいい音で吹けるような息使い、タンギング、口の中の大きさ、これらを意識して吹くようにしてください。

『アメリカ民謡ファンタジー』は、今日新しく配られた楽譜ですが、以前よりも楽譜を読む事が早くなっており、とても良いです。調号の変化が多いので、運指の間違いには気をつけてください。
チューバのソロのパートは、今日よく吹けていました!
これからも練習を頑張って行きましょう。

宿題/
先輩たちは、『アメリカ民謡ファンタジー』の譜読みを、調号と拍子に気をつけて行ってきてください。

新人さんは、運指表を見ながら配られた楽譜に運指を書いてくるように。バズィングの練習も続けてください。


Cb:

今日は、みんなで開放弦の練習と、「シ♭の音階」を練習しました。それから、先輩は『アメリカ民謡ファンタジー』を練習して、合奏をしました。
新人さんは、引きつづき「シ♭の音階」を練習しました。

先輩 : 「シ♭の音階」は、音程が取れていて、きれいな音で弾けていました。合奏でのチューニングは、他の楽器のみんなと音を合わせるので、いつもよりしっかりと、音を鳴らすようにしましょう。『アメリカ民謡ファンタジー』は、音とリズムが少し難しいので、よく注意して弾きましょう。

新人さん : 音の場所を覚えられてきました。「シ♭の音階」では、うまく弾けない音が、それぞれあると思います。その時に、左手は、きちんと押さえられているか、右手は、弓がななめになっていないか、注意して気をつけましょう。高い「ソ」から「ファ」の時に、音程がよくないので、特に気をつけましょう。


Perc:

先輩たちは『アメリカ民謡ファンタジー』の練習に取り組みました。

・スネアドラム
短い練習時間でしたが、きちんと演奏することが出来ました。ロールや装飾音符など、苦手なところがありましたね。その部分は、基礎練習からもう一度しっかり勉強しましょう。

・バスドラム
速いテンポのところでも、しっかりついていくことが出来ました。バスドラムは、譜面は単純ですが、テンポをキープしたり、フレーズの終わりにキメのリズムを担ったりする大切な役割をもつ楽器です。管楽器を含め、全体の音を聴いてたたけるようにしましょう。

・ウッドブロック
非常に良くたたけていました。さらに自信をもって、明るい音色を出せるようにしましょう。

・鍵盤楽器
知っているメロディーばかりで、楽しく演奏出来ました。テンポが速く、出番も多いので、次に出てくるフレーズを頭の中で整理してから叩けるようにしましょう。

☆新人さん
基礎練習の復習と、リズム練習に取り組みました。難しいリズムは、ことばを当てはめて練習してみましょう。また、応用編として“2拍3連”にも挑戦しました。リズムのしくみを、少しずつ理解していきましょうね。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月25日 12時45分04秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.