108274 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

FJWOれんらく板

PR

プロフィール


totoamon

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

♭このページは Fuchu Junior Wind Orchestra のための『れんらくノート』です♯

ページ内に現れるリンクサイトやバナーへのジャンプは、自己責任で行ってください。
そこで発生するいかなる問題に対しても、このページの管理人は一切の責任を負いません。
奏法や楽譜についての質問も、ここでは受け付けません。
管理人宛のメールは、サイドメニューの『メッセージを送る』から送信できますが、
常時接続ではないため返信に時間がかかります。あらかじめご承知ください。


2018年09月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 次回の合奏も『スター・ウォーズ』を練習します!


Fl:

今日はロングトーン、ティップス、『スター・ウォーズ』の練習をしました。

音程を合わせるとき、特に合っていないと感じたときに、口の中が狭くなったり、口先で合わせようとしてしまっています。姿勢や息など、少し意識をしたらかなり良くなるので、良い状態を忘れないようにしましょう。

『スター・ウォーズ』は、タンギング、特にアクセントなどが付いている音は、ゆるくなってしまわないようにしましょう。また、スラーが付いていて長いフレーズのときは、なめらかに吹きますが、指はてきぱきと動かしましょう。常に音楽が前に進んでいるという意識をしましょう。

宿題は、『スター・ウォーズ』の復習をしてきてください。また、タンギングも各自練習してきましょう。


Cl:

今日は、初めに全員でロングトーンを練習しました。真ん中の、鳴りにくい音もしっかり吹けるようになりましたね!しっかりと音が鳴るようになったら、次は周りの音と自分の音をよく聞いて、音色や音程が合っているかを意識していきましょう。

曲は『スター・ウォーズ』を練習しました。はじめのメインタイトルでは、2分音符や、2分音符の後に出てくる4分音符が、短くなってしまっているので、しっかり拍どおり吹きましょう。126小節目からは、確実に指が追いつく、ゆっくりなテンポから練習しましょう。最初の音と4分音符を大切に吹きましょう。

宿題/
126小節目から136小節目までを、メトロノームを使って、ゆっくりなテンポから練習してくること。


Sax:

はじめにロングトーンをしました。今日は楽器にしっかり息を吹き込めていて、明るい良い音がしていました! 曲を吹く時にもその感覚を持って吹けると良いですね。「良い音」をしっかりと耳で覚えて、それに近づけるように考えながら練習していきましょう。

『スター・ウォーズ』
アーティキュレーションが、楽譜通りに吹けていないことが多くありました。特にスラーがかかっている所とそうでない所の吹き分けが、あいまいになってしまっています。スラーがかかっていない所は、ハッキリとしたタンギングで吹くのが基本です。きちんと楽譜を読んで、指示通りの表現をしましょう。

宿題/
今日の復習をしてくること。特にカットやくり返し、楽譜の変更があった所はしっかり確認しておきましょう。


Trp:

『スター・ウォーズ』
楽譜をよく読み、どの音にどんな記号がついているのかを確認しましょう。
アクセントがついている音はほかの音に比べてはっきりと、スラーは切らないなど、気にすることがたくさんありますよ。

[41]〜[61] は、皆さんよく知っているメロディーだと思います。しかし、知っているからとなんとなく演奏してしまうのではなく、音の長さに忠実に演奏しましょう。特に、付点8分音符と16分音符の音の長さに気をつけましょう。

[117]〜[125] では、スラーがどこからどこまでついているのかを確認し、まもりましょう。また、棒読みのような演奏になってしまわないよう、どんな風に吹きたいのかをイメージしながら演奏しましょう。

[142]〜[149] は、拍子が次から次へと変わります。アクセントがついている音と、スラーでつながっている音の違いを、はっきりつけましょう。

○宿題
次回も『スター・ウォーズ』の練習をします。
今日練習したことの復習をしてきてください。
特に、[142]〜[149]はよく読んできましょう。


Hr:

○ティップス12番
息をたっぷり入れて吹くことに注意して練習しました。楽譜に集中してしまうと、息を入れる量が少なくなってしまうときがあります。
息をたっぷり入れて、特に真ん中から低い音をしっかり鳴らすことを常に意識しましょう。
また、スラーをなめらかにつなげられるよう、歌うように長いフレーズで練習しました。
曲の中で、スラーがついていてもタンギングで吹いてしまうときがあります。
スラーがついているときは、歌うように長いフレーズで吹くことを意識しましょう。

○『スター・ウォーズ』
リズムとアーティキュレーションを細かく確認しましたね。あいまいな部分を無くし、正しいリズムとアーティキュレーションで吹くことを意識しましょう。
また、調号を落とさないように気を付けましょう。
スラーの出だしのアタックが弱いので、前で聴いている人に伝わるように、はっきり入ることを意識しましょう。


Trb:

○ロングトーン
マウスピースの真ん中の穴(スロート)を狙って、まっすぐ息を入れるように気をつけながら練習しました。
それから、準備をしっかりと整えて音を出す、ということを意識するために、全員の出だしが揃うように気をつけました。

○リップスラー
今日は、高い音にもチャレンジしていきました。
思い切って息を入れて上がったら、そのまま息の勢いを止めないで下がってくること!
なめらかなスラーを作るコツです!

○ティップス No.12
フェルマータの音は、もっと自信を持って入りましょう。堂々とした音で、しっかり伸ばしてください!
また、スラーのまとまりから、フレーズを意識して演奏するようにしましょう。

○『スター・ウォーズ』
三連符と16分音符の違いをハッキリと吹き分けられるように意識して演奏することで、よりメリハリのある演奏になります!
また、テンポや拍子の変わり目に注意しましょう!楽譜をよく見て、先を常に確認しつつ演奏することが大切です!

宿題/
次回の練習も、『スター・ウォーズ』を合奏します。
楽譜を見直して、自信を持って演奏するためにポジションや拍子、リズムをチェックしてきてください!


Euph:

『スター・ウォーズ』で気をつけるべきは、まずリズムです! 原曲のカッコ良さが出せるように、リズムをしっかり吹き分けましょう。
また、メロディは(どの曲もそうですが)スラーを美しくつなげること!! 音楽的な表現のために、先週やってみた「ドラマティックなディミヌエンドは、まずたくさん温かい息を吸って、たっぷり吐き出しながら遠ざかっていくイメージで吹く」を忘れないようにしましょう。

パートアンサンブルの音源ガイドも配りましたので、良く音源を聞いて、演奏のイメージを作っておきましょう。来週は、アンサンブルの音出しもやってみますよ! 譜読みをしておいてくださいね。


Tuba:<K先生より>

今日は、ブレスの練習と、ティップス12番『Es-Dur』の練習をして、『スター・ウォーズ』の練習を行いました。

フラットや臨時記号がつくと、運指は分かるが音取りができないことが多いので、重点的に練習しました。すると、吹けるようになりましたね。どんな音なのか、音程なのか理解ができるまで、繰り返し練習をしましょう。

・『スター・ウォーズ』
4〜12小節のリズムが難しいため、特に練習をしました。
9小節目と10小節目の細かい音がつながるところが、スラーに聞こえてしまいます。
しっかりタンギングをして、音の粒をそろえるように気をつけてください。

合奏では、どのような音、リズムで演奏をするのかが分からなくなったように感じました。合奏中でも先生の音を聴きながら、どのように吹いているか、どう違うのかを考えながら合奏にのぞみましょう。


Cb:

今日は基礎練習に、開放弦の練習と、ティップスの12番を練習しました。それから、「スターウォーズ」の練習をして、合奏に参加しました。

○基礎練習
開放弦は、弓の先でも、音量が小さくならなかったので、良かったです。
ティップスの12番は、さまざまなボウイングで、練習してみました。どこで弓を返すのか、すぐに対応出来るようになるといいですね。音程も気をつけましょう。
また、1の指で押さえたときと、4の指で押さえたときに、左手の重心がズレるので、重心は常に中指あたりに、置くように意識しましょう。そうすると、4の指でも音程が崩れにくくなるし、無駄な動きがなくなり、ポジション移動も、素早く出来るようになります。

○「スターウォーズ」
はじめのリズムが難しいのですが、練習したら弾けるようになって、とても立派でした。今までは、手拍子でリズムをとれても、いざ楽器で弾くとなると、リズムがとれなかったのですが、今回は楽器でもリズムをとれて、成長を感じました。
弓もたくさん使うべきところで、使えていたので、良かったです。
途中のメロディのところは、音程が少し悪かったので、気をつけて弾きましょう。
合奏でも、存在感のある音を、鳴らせていたので、この調子でがんばっていきましょう!


Perc:

○全員で、『スター・ウォーズ』に取り組みました。

・ティンパニ
ティンパニは、4つの楽器を同時に操らなければなりません。あたふたしないように、いつも次にたたく音の音符を見ながら、演奏してください。4つの大きなティンパニをどのようにからだを使ってたたくのか、も大切な奏法のひとつです。かっこよくキメられるように、さらに練習していきましょう!

・バスドラム、シンバル、サスペンデッドシンバル
タイミング・音量・音色を揃えてたたくことを、いつも気にしていてください。また、ゆっくりのテンポで一発「ジャーン!」とたたくとき、するどい音ではなく、広がりのある堂々とした音を目指してください。宇宙空間がテーマの『スター・ウォーズ』には、そのほうがよりふさわしい音色になります。

・グロッケン
譜読み、よくがんばりました!合奏のなかで、グロッケンの音を聞こえさせるためには、もっと大きなはっきりとした音色でたたくことが必要です。鍵盤とマレットが "触れるだけ" ではなくて、しっかりと圧力をかけて "鳴らす" イメージでたたいてください。とても大切なことです。

・トライアングル、ウィンドチャイム
お休みの数え間違いに、気をつけましょう。
また、それぞれの楽器の音が、合奏にどんな効果をもたらすかを、よく想像してみてください。小物打楽器は、合奏に飾り付けをするイメージで演奏してくださいね。

○宿題
楽譜の追加・変更になったところがたくさんあります。よく確認して、楽譜の整理をしていてください。






最終更新日  2018年09月25日 12時02分05秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.