000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FJWOれんらく板

PR

プロフィール


totoamon

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全477件 (477件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >

2019年04月14日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 新年度2回目のレッスンでした!

先輩たちは、今月末の28日には合奏が始まります。この期間に、しっかり基礎を見直しておきましょう。
新人さんたちも、少しづつできること/出せる音が増えていっていますね♪
来週も、まるまるパート練習です。先生方のレッスンを楽しみながら、先輩たちも新人さんも、たくさんのことを身につけてください♪

★ 欠席の連絡について

念のため、確認です。
前もって分かっている欠席(部活動、習い事、塾など)は、できるだけ、前の週か、せめて前日の土曜日までに、連絡しましょう。前もって分かっていると、みんな安心ですし、なによりも、パートの先生方がレッスンの準備をするのに、とても助かります。
当日の朝の連絡は、きほん「急に具合が悪くなったときだけ」と思っていてくださいね。


Fl:

今日は、全員姿勢の確認をしました。それぞれ気を付けるところがわかったと思います。意識して練習しましょう。

先輩たちは、ロングトーン、タンギング、『3度の練習』の練習をしました。
F-Durを中心に練習しましたが、音程が気になりました。とてもきれいに合っていた音もあったので、合わない音だけ音程をとるのではなく、前後の音の幅を考えながら吹きましょう。

新人さんは、中低音の運指を覚え、ロングトーンをしました。運指表を見なくても吹ける音が増えましたね!その調子です。次は音色に注目して練習しましょう。

次回までの宿題です。
先輩たちは、タンギング練習を、はじめは吹きやすい音で、次に苦手な音で練習してみましょう。
新人さんは、中低音の復習と、ロングトーンを練習してきましょう。


Cl:

今日は、はじめに全員でロングトーンを練習しました。ベルの先にろうそくの火があると思って、それを消すイメージで楽器に息を入れましょう。また、息を入れるときにアンブシュアがくずれてしまうと、音程が下がったり、ビービーした音色になってしまうので、アンブシュアは安定させるようにしましょう。

先輩さん/
『クラリネットの初歩』とティップス、22ページの「音階練習まとめ」を練習しました。ドレミで歌えるようになると、指もしっかりついてくるので、音程を気にせずに、まずは階名で言えるように練習しましょう。音が下降していくときに、指がすべってしまう人が多いので気をつけましょう。

新人さん/
ド~ラまでの指を覚えました。先週に比べてしっかりと音が鳴っていて、とてもよかったです! 息を入れるときに、楽器が動いてしまったり、マウスピースをくわえた口の形がくずれてしまったりしないように、鏡を見ながら練習してみましょう。

宿題/
先輩さん;『クラリネットの初歩』と、ティップスの「音階練習まとめ」を復習してくること。階名で言えるようにしてきてください。

新人さん:ド~ラまでの指を復習してくること。口の形や姿勢に気をつけて、鏡を見ながら練習してみましょう。


Sax:

今日も前回と同じく基礎の見直しをしました。

新人さん/
楽器を吹く時の姿勢と運指を中心に学びました。前回よりたくさんの音が出せるようになって、とてもすばらしいです! 吹いているうちに体が左に傾いてしまうので、まっすぐ座ることを意識しましょう。

先輩たち/
ロングトーン、タンギング、『正しく音を並べよう練習』をしました。まとまりがあって、いい音で吹けていたのが良かったです。吹き始めや音が変わるタイミングを全員で揃えることと、周りをよく聴いて音程を合わせることを意識しましょう。またアルトサックスのレの音が高くなってしまうので、気をつけましょう。

宿題は、今日の練習の復習をしてくることです。新人さんは運指を覚えてきて下さい。


Trp:

先輩チームと新人チームに分かれて、基礎練習を行いました。

先輩チームは、パートリーダーと副パートリーダーを中心に進めてもらいました。
ロングトーン練習から始まり、タンギング練習をより入念に練習しました。
さらに、半音階の練習が今まであまり時間をとれていなかったので、ゆっくりのテンポから、息の流れと指のパッセージ(ピストンをしっかり上から指で押す、など)を意識しながらレッスンをしました。今後も引き続き、取り組んでいきましょう!

新人チームは、まずトランペットの持ち方を、改めてしっかりとレッスンしました。
そのほかに、ツバ抜きの方法や、ピストンオイルの塗り方など、基本的な知識もお話ししました。一生懸命、真剣に聞いてくれていたので、きっと上達も早いと思います!

次に音の出し方についてレッスンしましたが、マウスピースを口につけながら、息をずーっと出し続ける(持続させる)のが、やはり最初のうちは慣れないようで、苦戦していましたが、何回も繰り返し練習していくと、音が当たるようになってきました。
地道ですが、繰り返し練習することで唇もだんだんと慣れてくるものです。これから一緒に頑張っていきましょう!


Hr:

まず全員で、ちゃんと息が入っているか、ペットボトルを使った運動をしました。
「楽器を吹くときに息のスピードが大事」ということが理解できたと思います。楽器がなくてもできるので、ぜひお家でもやってみてください。

新人さん/
覚えた指番号を使って、さまざまな音階を練習しました。
フラットやシャープの臨時記号の指番号も学んだので、臨時記号がついてない音の指番号と間違わないように、復習しましょう。
また、楽器を吹くときの姿勢が、猫背になってしまうときがあります。先週のレッスンを思い出して、姿勢に気をつけてみましょう。

先輩たち/
ロングトーン、半音階の練習、Tippsの練習をしました。
ロングトーンは、決まった拍内までに息を吐き切ることを意識してみましょう。
Tippsは、主にハーモニーの練習をしました。基礎練習のときから音程を合わせることを意識しましょう。


Trb:

今回は楽器のお手入れの方法について、みんなで確認をしましたね。
トロンボーンはスライドが命です。スライドの動きが悪いと演奏も上達しません。毎回お掃除をして、オイルをさして、常に良い楽器の状態を保ちましょう!

○先輩たち
B-Dur F-Dur のロングトーンを使って、全員で音をそろえる練習をしました!「音色」「音程」「スライドの動き」に気をつけて練習をすることができましたね♪
頭の中で16分音符のリズムを刻みながらスライドを動かすことで、素早いスライディングをすることができます!

○新人さん
息をたっぷり使って、唇を振動(しんどう)させる“バズィング練習”をしましたね!マウスピースを口につけたまま、口の横から息を吸うことで、安定したバズィングができるようになります。
ロングトーンの練習もしましたね。いい音が出ていて素晴らしいです♪ 楽器を吹く時も、息を吸うこと・吐くことをしっかり意識しましょう!

○宿題
しっかり今回の復習をしてきましょう。今回できたことを次回につなげて、どんどん上達していきましょうね!


Euph:<I先生より>

今日は新人さんと先輩が1人ずつだったので、バズィングの基本を確認した後、それぞれの進度に合わせて10分ずつ交代でレッスンしました。

バズィングの練習では、音を出すときに口のどの辺りの筋肉を使っているのか、確認するために「う」と「い」の発音を使った練習をしました。アンブシュア(吹くときの口の形)とアパーチュア(息の柱)の言葉の意味も、勉強しました。「う-い」練習は楽器がなくてもできるので、思い出して練習してみましょう。マウスピースで、なにか好きな曲を吹いてみるのも、良い練習になります。

先輩/
まず、先週配られた3度と4度の練習をしました。『3度』は楽譜のほぼ全てを練習できましたね。『4度の練習』にも共通して言えますが、スラーで音が変わっても、音色が変わってしまわないように注意して練習していきましょう。次に『ロンドンデリーエアー』の前半を練習しました。とても早く楽譜が読めました! 来週は、最後まで吹きましょうね♪

新人さん/
ユーフォニアムのドレミファソ、ドシラソまでの指を確認して、ロングトーンの練習にも挑戦できました。やればやるほど上手になります! 積極的に練習していきましょう。水(ツバ )の抜き方も覚えていきましょう。マウスピースをセットする口の位置が、真ん中から上にいかないよう、少し気をつけてください。

宿題/
先輩は『ロンドンデリーエアー』の指を確認して来てください。マウスピースで吹くことも、毎日(数分で良いので)練習してみましょう。新人さんは、習った指をしっかり確認してきましょう。「う-い」練習もやってみましょう。


Tuba:

○新人さんたち
今日はバズィングのあとに「ファ」と「♭シ」の音でタンギングの練習しました。
バズィングの時も楽器で音を鳴らす時も、音のイメージが大切です。音を出すときに、出したい音を頭の中で鳴らしてから、音を出すようにしましょう。そうすることで、音がねらいやすくなります。
また、低い音を出すときに、口の中やくちびるを閉じずに縦を意識して、あたたかい息を使って吹くようにしましょう。
宿題は、ピアノを使って、ピアノと同じ音を出せるようにバズィングを練習することです。

○先輩たち
今日はバズィングと『3度の練習』をしました。
3度の練習で、低い音へ移る時に音が暴れやすくなっています。息を押しこむのではなく、あたたかく太い息を入れるように意識して、ていねいに吹きましょう。
宿題は、Tippsの23〜27の運指を書くことです。


Cb:

開放弦、音階、ピチカートの練習をしました。

○開放弦
4拍・2拍・8分音符・16分音符で開放弦の練習をしました。
弓のスピードを一定に保って、音を安定させましょう。
特に、弓の真ん中から弓先にかけて速くなりやすいので注意が必要です。
8分音符や16分音符は、手首を柔らかくして楽に弾きましょう。

○音階
「シ♭の音階」「ドの音階」「ファの音階」を4拍ずつ練習しました。
小指は力が弱いため、音程が揺れやすいです。他の指以上にしっかり押さえることを意識しましょう。
弓のスピードに気をつけて、全ての音を均等に響かせましょう。

○ピチカート
「シ♭の音階」を8分音符でピチカートの練習をしました。
弦の押さえが弱いと、音が響きにくいので、しっかり押さえましょう。
右腕をリラックスさせて、はじく瞬間に指に力を入れましょう。腕全体に力が入ると、響きのない硬い音になるので気をつけてください。


Perc:

〇新人さんは基礎練習を中心に鍵盤楽器とドラムセットを、先輩たちは鍵盤楽器とドラムセットを練習しました。

・基礎練習
前回レッスンしたスティックの持ち方を、忘れずに覚えられていました!
構える時には、練習台に近づき過ぎないように注意しましょう。
今日習った5つのリズムは、曲を演奏する時にもよく出てくるので、手順も含めて覚えるようにしましょう。
練習する時はメトロノームで、テンポ60から正確に叩けるようにしましょう。

・鍵盤楽器
新人さんは、シロフォン、グロッケン、ビブラフォンを叩いてみました。それぞれの楽器の音の違いが分かったと思います。これから曲を演奏しながら、慣れていきましょう。
先輩たちは繰り返し練習をして、音ミスをしないようにしましょう。

・ドラムセット
新人さんは名前(ハイハットシンバル、トムトムなど)を覚えて、基本のリズムを練習しました。
新人さんも先輩たちも、共に覚えておいてほしいことは、「ドラムセットは慣れが重要」ということです。どんなにむずかしいリズムでも、繰り返し練習して慣れてくると、いつか必ず叩けるようになります。そのためには、、、たくさん練習しましょう!

・全員で音をそろえる練習
一人一人が指揮を見てタイミングを考えて音を出すことも大切ですが、それでは打楽器パートの中で音の出だしがズレてしまうことがあります。音をそろえるために、パートの中の誰かの動きに合わせて叩いてみましょう。
打楽器はその名の通り、打つとすぐに音が出る楽器です。
それは、「打ってしまうと後戻りができない」ということです。
その一打で音楽を華やかにすることができますが、反対に、音楽を台無しにしてしまうこともあります。それだけ、打楽器の一打は、責任のある一打なのです!
こう聞くと「こわい…」と思ってしまうかもしれませんが、まずは自信を持って叩いてみましょう。こわがって小さい音で叩くと、かえって失敗してしまうことがあります。大きな音で自信を持って叩くことを、いつも心がけていきましょう!






最終更新日  2019年04月16日 13時37分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ いよいよ2019年度が始まりました !

来週は、練習時間内すべてパート別レッスンです。この時期にしっかり基礎を身に付けましょう♪


Fl:

先輩たちは、ロングトーン、タンギングの練習をしました。息はしっかり出せていましたが、力が入りすぎていました。息や音の出し方はそのままで、もっと脱力し、楽に吹くことを意識しましょう。さらに響きのある音になります。

新人さんは、先輩たちの練習を見ながら、少し音を出しました。音の出だしから、はっきりとした音が出ていて、とても良いです。この音の出し方を忘れず、指も少しずつ覚えていきましょう。

次回までの宿題です。
先輩たちは、姿勢を見直してきてください。鏡を見ながら確認すると、よりわかりやすいです。
新人さんは、運指表を見て、指を覚えてきましょう。間違った指で覚えないよう、ひとつひとつ確認してください。覚えた指で、ロングトーンをしてみましょう。そのとき、特に指や肩に力が入らないよう、気を付けましょう。

新年度が始まりました。日々のつみ重ねが大切です。毎週、できることがひとつでも増えるよう、みんなでがんばりましょう!


Cl:

先輩さんはティップスで、音階練習をしてもらいました。楽譜に音名を書いている人は、少しずつ、無くても吹けるようにしていきましょう。頭の中で、音名を歌いながら指を動かす練習もしていきましょう。

新人さんは、楽器の出し方、しまい方、置き方、あつかうときに気をつけること、マウスピースのくわえ方を学びました。どれもよくできていました! はじめは音が出なくても、あせらなくて大丈夫です。深く、息を吸ってはくことを意識しましょう。楽器をくわえたときに、口や手が揺れないように気をつけましょう。

宿題/
先輩さんは、ティップスのCのキイで、音名を頭の中で歌いながら指を動かす練習をしてくること。
新人さんは次回、手鏡をもってきてください。


Sax:

今日ははじめに自己紹介・楽器決めをしたあとに、ロングトーンとタンギングを中心に練習しました。

新人さん/
楽器の組み立て方、持ち方、運指(楽器を演奏する時の指の使いかた)、息の使いかたについて学びました。まずはたくさん息を吸ってたくさん吐くことを意識して、次回からもがんばっていきましょう!

先輩たち/
16分音符でタンギングをする時に、音の長さがばらばらになってしまっていたので、日頃から頭の中で拍を細かくきざむようにしましょう。また去年と楽器が変わった人は、まずは楽器の大きさの違いに慣れるところから始めましょう。

楽しく伸び伸びと演奏できるように、1回1回の練習を大切にして一緒にがんばっていきましょう!


Trp:

今日から新しいメンバーが加わり、初日から活気にあふれました!
去年は全員女子でしたが、今年は男子2人が入りました。また新たな雰囲気で、楽しく、そして真剣にトランペットをやっていきましょう。

基礎練習や楽器選びをしましたが、みんな緊張することなく、むしろ積極的に自己紹介をしたり、新入団員と会話をしたり、とても和気あいあいとしていて良かったです。

基礎練習では、まず新人団員に楽器の持ち方をレッスンしました。先輩たちも一緒になって、新人さんたちに、持ち方はもちろん姿勢や楽器の構え方などを教えてくれて、仲良く、内容のある濃いレッスンができました。

これから、先輩も新人さんも一緒に、がんばっていきましょう!!


Hr:

新人さん/
楽器の出し方と片付け方、持ち方、吹くときの姿勢、音の出し方、運指を学びました。実際に吹いてみると、ドから1オクターブ上のレまで出すことができました。今日学んだことをしっかり復習しておきましょう。

先輩たち/
新人さんと一緒に、姿勢や持ち方を確認しました。姿勢は楽器を吹く上でとても重要です。力まず吹けるように、基礎練習から意識して吹きましょう。


Trb:

○楽器のこと
楽器の組み立て方と片付け方、置き方、構え方について勉強をしましたね。先輩たちも改めて確認をすることができました。
楽器も自分の身体の一部だと思って、ていねいに優しく扱いましょう!

○演奏のこと
正しい姿勢で演奏をすることが、上達への近道です! 楽器を吹く時も姿勢が崩れないように、いつも正しい姿勢を意識をしましょう。

たっぷりと息を吸って吐く練習をしました。上半身が ふくらんだり しぼんだり する身体の動きを、目で見て確認しながら取り組むことができましたね。

マウスピースで音を出す「バズィング」の練習もしましたね。バズィングの練習で「正しい音程」と「キメ細かい振動」を心がけることで、トロンボーンを吹いた時に豊かな音を出すことができます!
根気よく練習をしていきましょう!


Euph:

新人さんは今日、こんなにたくさんのことをおけいこしました!

1. 楽器ケースの開け方
2. 楽器の取り出し方
3. 取り出した楽器の置き方(マウスパイプの向き)
4. マウスピースの付け方
5. 楽器を持ち運ぶときの注意
6. ピストンという名前と、バルブオイルのさし方
7. 楽器のお手入れをするときはマウスピースを外すこと
8. 良い姿勢は「お尻半々」と足の裏を地面につけること
9. 息は口のはじをタテに開けて「わー」っと吸って、フーッと吐く
10. バズィングというテクニック(8.9.10.は同列で大事にする)
11. 楽器の持ち方と指番号
12. ツバの抜き方(ピストンを押さえて管を抜き差しする/ぞうきんを用意する)

しっかり思い出して、ひとつひとつ、身に付けていきましょう。

先輩には「3度の練習」と「4度の練習」の楽譜を配りました。この課題は、スラーをちゃんとかけて、かつ、息継ぎの間をあまり空けないように、攻めていきます。スラーが美しくなるためには、指の動かし方も大事です! 次回はみっちり練習しますので、指番号をちゃんと書いてきてください。


Tuba:

皆で一緒に、チューバの出しかた、片付けかた、チューバの構えかた、バズィングをしました。

○新人さん
チューバは大きく、重いので、楽器をぶつけたりしないよう、周りを見て安全に出し入れしましょう。
構え方は、チューバを自分に合わせられるように、自然な姿勢で座れるように意識しながら構えましょう。
マウスピースで音を出す「バズィング」は、今日はみんなで「♭シ」を出すことができました。少し練習するだけで「♭シ」を一発で良い音で吹くことができ、楽器でも「♭シ」を伸ばすことができるようになったので、その調子でいろいろな音を出せるように、これからも練習していきましょう!

○先輩たち
今日は基礎を一から行ったので、再確認できた部分も多かったと思います。姿勢などは、気を付けていないと崩れていることが多いので、つねに意識していきましょう。

新メンバーでバンド全体を支える音を出せるよう、皆でがんばっていきましょう!


Cb:

弓の持ち方、体の使い方をもう一度見直し、開放弦と音階の基礎練習をしました。

○開放弦
4拍ずつ、開放弦の練習をしました。
右手は弓を握りしめないように、常に脱力を心がけてください。
肩から弾くイメージを持って、弓を大きく使いましょう。
これらを意識して弾くと、今よりもっと音が豊かに響きます。

○音階練習
4拍ずつ「シ♭の音階」と「ドの音階」を練習しました。
音程を安定させるために、指の形を崩さず弦を押さえましょう。
開放弦で練習した右手の使い方を、忘れないてください。

今年度は「弦楽器ならではの響きのある豊かな音」を作れるように、がんばりましょう!


Perc:

◯ 新年度の初練習は、全員で基礎練習に取り組みました。

・両手を上げて力を抜き、腕を振り落とす「脱力」は、打楽器を演奏する上でとても大切です!
肩に変に力が入ってしまったり無駄な力を入れてしまうと、楽器がよく響いてくれませんので、いつも「脱力」を意識しましょう。
・新人さんには、スティックの握り方を繰り返し注意しました。間違った握り方で覚えてしまうと、後々とても困ったことが起こってしまう可能性があるので、スティックの握り方は絶対に正しく覚えましょう。
・叩くときの姿勢は、「正しく」「美しく」「脱力」を意識しましょう。スティックの握り方と同じく、間違って覚えないようにしましょう。

新人さんは覚えることが多くて大変だと思いますが、楽しく演奏しながら覚えていきましょう!
先輩たちは、自分の基礎を再確認してみましょう。
みんなで楽しみながら、いい演奏が出来るようにがんばっていきましょう!







最終更新日  2019年04月09日 13時35分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 今年度は、今回の記事が最終便です。それぞれのパートの先生方のアドバイスを、しっかり読み直しましょう♪

☆ 次回 3月10日は、みなさん、9時集合です! 合奏練習は9時45分から始まります!
朝の会はありません、学習センターへ集合したら、それぞれのパート練習部屋で各自、音出しを始めていてください。

小ホール/打楽器・トロンボーン・チューバ・コントラバス
スタジオ/フルート・ホルン
音楽室1(出口側)/トランペット
音楽室2/クラリネット
音楽室3(ホール側)/サクソフォーン
和室/ユーフォニアム


Fl:

今日はロングトーン、『正しく音を並べよう』、『アメリカン・パトロール』の練習をしました。

音の終わりで音程が下がってしまうのが気になりました。特に低音が下がりやすかったので、最後まで支えをゆるめず、音程も意識しましょう。
また、全体的に音が少し暗いように感じました。意識をすればかなり明るい音になり、音程も合いやすくなったので、忘れないようにしましょう。

『アメリカン・パトロール』では、音が短くなりすぎていました。特に8分音符が続くところや、ブレスの前の音が短くなりやすいです。どの音も大切に吹きますが、音楽の流れも止めないようにしましょう。また、うら拍で拍子をとって吹く練習をしました。とても難しいですが、ゆっくりで良いので、特に16分音符が転んでしまわないように意識して練習しましょう。

宿題は、ミニコンサートの曲を復習してくることです。全曲見返して、注意されたところは特によく見てきましょう。


Cl:

今日は、はじめに一番低いミの音でロングトーンを練習しました。まずはしっかり息を入れて楽器を温めましょう。息を吸う前に、全部 はき切ることと、音を出すときに おなかで息にスピードをつけることも忘れずに意識しましょう。
次に、半音階の練習をしました。下のド〜ファまでが、上り、下り両方とも もつれてしまうので気をつけましょう。小指がキーを押さえていないときに、キーから離れすぎないように意識してみてください。

曲は『アメリカン・パトロール』を練習しました。全体的に、アウフタクトの音をもっと大切に演奏しましょう。音が出なかったり、遅れてしまうことが無いようにしてください。
また、アーティキュレーションをもう一度見直してみましょう。ところどころタンギングしなければいけないところがスラーになってしまっています。
以下、練習記号の[A]と[E]で気になるところがあったので、来週のミニコンサートでは気をつけて演奏してください。
[A]:16分音符が遅れてしまうのと、もごもごしているので、指をはっきりと動かしましょう。できたら指練習をしておいてください。
[E]:8分休符でどんどん遅れてしまうので、気をつけましょう。

宿題/
『アメリカン・パトロール』の復習


Sax:

今日ははじめにロングトーンとタンギング練習をしました。この一年間で、息のスピードをしっかり保って吹くことと、スタッカートのタンギングがとっても上手になりました!素晴らしいです!次はそれを、曲を吹くときにも忘れずに応用できるように、しっかり体に覚えさせていきましょう。

『アメリカン・パトロール』
基礎練習での、ロングトーンとタンギング練習の成果を発揮するのにピッタリの曲です!スタッカートのタンギングは、音の切り方はとても良くなりましたが、音の立ち上がりが次の課題です。音の立ち上がりが悪いと、それだけで歯切れよいタンギングには聞こえません。音の立ち上がりをよくするためには、最初から速いスピードの息を入れることと、舌をすばやくリードから離すことが大切です。

来週はいよいよミニコンサートです。さみしいですが、このメンバーで演奏する最後の舞台です。今年度のまとめとして最高の演奏ができるように、そして楽しみながら演奏できるように、今までの練習をしっかり復習しておきましょう。ぜひ自信を持って演奏してください。そして、これからもずっと応援しています!


Trp:<O先生より>

○ 基礎練習
本日もロングトーンから基礎練習をしました。「8拍吹いて、2拍休む」この繰り返しですが、休みの2拍でしっかりブレスをとりましょう。
しっかりブレスをとることは合奏でも言われていますが、自分が思った以上に息を吸えていないことが多いです。しっかり意識して深く、息を吸うことを意識して日頃練習をやっていきましょう。

○ アメリカン・パトロール
ゆっくりなテンポから始めましたが、テンポを上げていくうちに、必ず8分音符が早くなって、テンポキープができなくなってしまいます。
本番の演奏会では、メトロノームもなければ「早いよ!」と指示を出してくれる人もいません。だからこそ、日頃から正しいテンポをメトロノームなどで覚えて、自分の中でテンポをしっかりと取れるようにしておくこと、そして自信をもって堂々と吹けるようになることが大事です。

次回も頑張っていきましょう!


Hr:

一年間、息をたっぷり流すことを意識して練習しましたね。
最初は、息を吸うこと吐くことが上手にできませんでしたが、練習する度に息をたくさん吸って吐くことが、できるようになってきましたね。息をたっぷり使えるようになったことによって、音色が太くなり、音程が合いやすくなってきました。また、低い音も高い音もムラなく鳴るようになってきました。すばらしいです!
難しいと思うことでも、続けているうちに少しずつできるようになってきます。
これからも、息をたっぷり使うこと、温かい息で楽器を満たすように吹くことを、忘れないようにしましょう。

また、積極的に吹くことを意識して、練習しましたね。
ホルンはベルが後ろに向いているため、特に積極的に演奏しないと、聴いている人たちに音が届きません。聴いている人たちに自分の音を飛ばすイメージで、失敗を恐れず、自信を持って積極的に吹くことを、これからも意識して練習しましょう。

練習の度に、自分ができるようになったことを見つけ、少しずつ成長できるように心がけましょう。


Trb:

○ロングトーン
楽器を構える所から、改めて気をつけました。
左手の親指の付け根を楽器にくっつけるようにして、しっかりと握るように意識しました。
楽器をしっかりと支えられていると、スライドを動かした時も安定して息を入れることができることを確かめられましたね!

○リップスラー
タンギングをして音を確認した後、リップスラーで繋げる練習をしました。
それぞれの音の時のアンブシュアや、息の通り方、ポジションがきちんと取れているかなど、正しい音で吹くための要素を一つ一つ確認してから練習することができました。

○『正しく音を並べよう練習』
音の発音で、その後の音の質も決まります!
たくさん息を吸って、たっぷり息を使って、怖がらずに発音するようにしましょう。良い息から生まれる良い音で演奏することで、より正しい音程やアーティキュレーションで演奏しやすくすることができます!

○『アメリカン・パトロール』
始めの8小節間の確認をしました。
十六分音符のタンギングの時に、息を使って前に音を運ぶようにすることで、遅れることを防ぐだけでなく、舌がもつれにくくなることを確認できました!
それから、半音のポジショニングも気をつけましょう!油断しているとズレてしまう時があるので、いつもきちんとしたポジションで演奏するように細かく合わせるようにしましょうね。

<宿題>
いよいよ来週はミニコンサートです!
『スター・ウォーズ』、『ドラえもん』、『アメリカン・パトロール』の楽譜の見直しや、ファイルの整理をしてきてください。


Euph:<I先生より>

今日は、バズィングとロングトーン、リップスラーをした後に、『アメリカンパトロール』とミニコンサートでパート紹介として演奏するアンサンブルの練習をしました。

バズィングの練習では、先週に引き続き、どの音域でも音色が変わらないように、振動の均一感を感じながらグリッサンドで音をつなぐ練習をしましたが、新人さんも含めてとても上達がみられたので、より広い音域にも挑戦しました。卒団後もユーフォニアムを続けようとしている人も含め、音色、音域共により磨きをかけていきましょう。
ロングトーンは基礎合奏のパターンをもとに、音のつながりの美しさに注目して練習しました。ピストンを押すことによって楽器の吹きごこちが変わっても、音色の豊かさが変わらないよう、息のコントロールに神経を使ってくださいね。リップスラーの練習では、いつもとは逆のパターンで高音から下りて戻ってくる練習をしました。パターンが変わっても音色の均一感、美しさを保ちましょう。いつもと少し違ったアプローチで練習しても、おろおろすることなく、しっかりと練習できましたね。常に新鮮さを持って練習に取り組みたいですね。

『アメリカン・パトロール』
以前演奏したこともあり、譜面はとてもよく吹けています。ですから今回のレッスンでも先週同様、より音楽表現の深いところへ意識を向けて練習しました。マーチは、ユーフォニアムの得意分野です!マーチ特有の演奏スタイル(短い音、長い音の理想的な吹き方)を学びましたね。K先生の合奏でも練習したように、短い音でも音の響きを失わず、長い音では“ぶっきらぼう”に保つのではなく、音の形を考えて吹くことを忘れないでくださいね!

アンサンブル/
演奏上の約束ごとを決めました(音のスタイル、どこでブレスをとるか、音の出だしの揃え方など)。こういった約束ごとを決めることは、弦楽器のボーイングを決めることと同じです。最後にK先生と合わせた時以上のクオリティが本番で出せるよう、改めてしっかり確認しておきましょう。

新人さん/
先輩たちと声部が分かれている部分でも、自信を持って自分のパートを演奏できてきています!来年度はパートをリードしていく立場にもなってくるので、よりすてきな演奏を目指して、ぜひ続けていきましょう!

宿題/
ミニコンサートで演奏する曲を、前日までにイメージトレーニングしておきましょう。理想とする演奏のイメージを持つと持たないで、実際の演奏は大きく変わってきます。レッスンや合奏で身に付けた約束ごとや演奏スタイルをしっかり思い出して、イメージトレーニングをしてから会場に来ましょう。今年度最後の演奏、みんなの奏でられる最高の音楽を目指してください!


Tuba:

今日はロングトーン、リップスラーの基礎練習をしたあとに『アメリカンパトロール』の練習をしました。

ロングトーンはブレスの取り方、低音域のコントロールが気になりました。
息は注意をしたらすぐに出来るようになったので、自分で常に意識するようにしましょう。低音域もたくさんの息が必要なので、しっかり吸うことができれば楽にコントロールできるようになります。

リップスラーは、音がでこぼこしてしまうので、息のスピード感、息の方向を気をつけると良いです。また音のイメージもしっかり持つようにしてください。

『アメリカン・パトロール』
細かいメロディーに少し苦戦していましたが、指をテンポ通りに動かせるようになると、すぐに吹けるようになりました。
スタッカートの吹き方がまだ緩くなってしまうので、お腹を使って息を出せると良いですね。また、マーチなので、1拍目をもっとはっきり吹くと行進曲らしくなります。

新人さんは 1年間、先輩方は2年、3年とたくさんの事を一緒に勉強してきました。
もっと伝えたいことはあります。
これからも学んだことを忘れず、音楽を楽しんでください。

次回、いよいよこのメンバーでの最後の本番です。演奏を楽しみながら吹けるように、今までの成果を発揮できるように、しっかり復習しておきましょう!


Cb:

今日も基礎として、開放弦を練習しました。それから「正しく音を並べよう」、「アメリカン・パトロール」を練習して、合奏に参加しました。

○基礎練習
開放弦はいつものように4拍と、フォルテッシモで3拍とで練習しました。大きい音を出すときは、弓の毛を全部弦に当てて、駒寄りで弾きましょう。弾き始めは大きい音を出せていましたが、徐々に小さくなってしまったので、常に駒寄りを意識してみてください。
『正しく音を並べよう』では、[A]と[C][C-2]を練習しました。開放弦で練習したように、音を小さくしないように、駒寄りで弾きましょう。「ソ♭」や「レ♭」など、取りにくい音は、頭の中で先に次のポジションに移動する準備をすると、取りやすくなります。[C]の1小節目のように、同じポジションの時は、すべての指が正しい位置にきているか確認して、左手は無駄な動きをしないようにしましょう。

○「アメリカン・パトロール」
短い音で、弓を使いすぎないようにしましょう。どんな曲でも基本的に、まず1拍目を大切にしてください。弓の先が下がるのが気になりましたが、弓の先を上げるのではなく、弓の元を右足の方に運ぶイメージが、分かりやすいと思います。
何回か出てくる合いの手のところや、メロディのところ、伴奏のところ、すべて同じテンションで弾いているのが、もったいないと思いました。それぞれ区別できると良いですね。弓のスピード、使う量、弾く位置、何かしら変えることで、異なった音が出せます。ひとつひとつの音を、よく考えながら弾きましょう。また、伴奏を弾くときに大切なのは、メロディを想像しながら、心の中で、歌いながら弾くことです。

次回が、最後のコンサートとなりました。
この一年を通して、みんなとても良い音を出せるようになってきました。少ない練習の中で、ここまで弾けるようになったのは、とても素晴らしいことです!なので、もっと自信を持って弾いてください!
ミニコンサートでは、純粋に弾くことを楽しみつつ、今しか出せない音で、感謝を伝えましょう!
これからも、応援しています!!


Perc:

○『アロハ・エ・コモ・マイ』
以前と、曲の終わり方が違います。楽譜が変わった人は、しっかり復習しておきましょう。
リズムがあいまいになって、バラバラな印象にならないように気をつけてください。休符を大切に感じて、みんなの音がバッチリ合った、かっこいいアンサンブルを目指しましょう!

○『アメリカン・パトロール』

・バスドラム
行進の音楽 "マーチ" ですので、軽快な印象が大切です。バスドラムは音程が低く、重々しい音色が特徴の楽器ですが、鼓面に当てるマレットの面積を小さくすることで、短く軽い音色になります。合奏を前に押しだすようなイメージで、タイミングと音色に気をつけて演奏してください。

・スネアドラム
16分音符は、いつでも「タケノコ」で考えましょう。音と音の間が伸びたりつまったりせずに均等になると、フレーズがきれいにきこえます。スネアドラムは、ヘッドのたたく位置によって音色が変わりますね。場面ごとに使い分けて、表情のある演奏を目指しましょう。

・シンバル
音の余韻を、もっと大きな空間に広げるイメージで演奏できるように練習しました。怖がらずに大きくからだを使って、2枚のシンバルをしっかりぶつけて鳴らしましょう。

<宿題>
次回のミニコンサートが、今年度の練習の締めくくりとなります。青少年音楽祭や定期演奏会などを積み重ねてきた成果、またそれぞれの反省をいかして、みなさんの一番良い演奏ができるよう、しっかり心の準備をしていてください。







最終更新日  2019年03月06日 15時19分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 次回の合奏練習は、

『正しく音を並べよう』[A] [C]-1 [C]-2
『アメリカン・パトロール』

を練習します。

その次の3月10日は、ミニコンサートの本番です。全ての曲をきちんと復習しておきましょう。『勇気100%』は新しい楽譜を配りました。目もならしておいてください。

年度末までの予定も画像を貼っておきますので、確認をしておいてください。
3月10日の集合は、いつもより30分早いです。良いコンサートができるように、全員しっかり準備をしましょう。





Fl:

ロングトーン、タンギング、『3度の練習』『スター・ウォーズ』『勇気100%』の練習をしました。

音の出し方がだんだん良くなっています。何を意識するとよいのか、姿勢や体の使い方に注目して練習しましょう。気になったことは音程です。口先や目の前で合わせるのではなく、頭の上や、遠くで響いている音に寄り添うイメージで、合わせるようにしましょう。

『スター・ウォーズ』『勇気100%』では、タンギングできざむ練習をしました。タンギングをするときに、舌で息を止めないように注意しましょう。ダーダー吹きと言いましたが、ようかんに切り込みを入れるイメージで、息の流れは止めないようにしましょう。また、指と舌の動きがあっているかも、確認しながら練習しましょう。

宿題は、タンギングできざむ練習を、他の曲でもやってくることと、メロディの部分を、ハミングで歌ってくることです。


Cl:

はじめに1人ずつ音を重ねてチューニングをしました。チューナーを見て合わせるのではなく、自分の耳を使って隣の人の音に合わせる意識をもちましょう。次に、ロングトーンを練習しました。音色、音程は全体的に先週よりもとても良くなりました!後半になって息のスピードや量が落ちてしまわないように、おへその下で支えてあげましょう。

曲は、『スター・ウォーズ』『勇気100%』『ドラえもん』を練習しました。
『スター・ウォーズ』は、定期演奏会前の練習の録音などを聴いて、テンポがどのように変化していたのか確認しましょう。『勇気100%』と『ドラえもん』は、もう一度ゆっくり練習して、アーティキュレーションを見直して来てください!

宿題
・合奏で注意されたところを復習してくること


Sax:

今日もはじめにロングトーンをしました。音の出だしからしっかり息を入れて吹くことができていましたね! 出だしの息のスピードを最後までキープできていない時があったので、最初から最後まで同じ息の速さで吹くことを意識しましょう。

『スター・ウォーズ』
スラー、スタッカート、アクセントなどのアーティキュレーションに注意しましょう。それぞれのちがいが分かるように練習をしてください。とくにアクセントの音が短くなりすぎてしまうことがあるので気をつけましょう。

『勇気100%』
メロディーを吹く時に、もっと元気よく吹けるようになると、さらによくなります。ただ音を鳴らすだけでなく、歌詞をイメージしながら吹くようにしましょう。

宿題/
今日の練習の復習をしてくること。


Trp:

『スター・ウォーズ』
タッカのリズムの"カ"の部分にあたる音のタンギングを、はっきりとするように意識しましょう。
[41]〜[54] 4分音符や2分音符が短く切れてしまうことが多いです。その音の長さぶんきちんと演奏しましょう。

『勇気100%』
以前使用した楽譜の記憶をそのまま引き継いで演奏するのではなく、新たな気持ちで取り組みましょう。
丁寧に楽譜を読み直してきてください。

『ドラえもん』
この曲は、トランペットがメロディを吹くことが多いです。周りの楽器の音量に負けず、しっかり息を吸い、自信をもって演奏しましょう。
前へ前へ進んでいくように意識しましょう。

今回練習した3曲を次に練習するのは本番の日です。カットの場所や苦手な部分をもう一度よく確認して、不安を残さず、堂々と演奏するための準備をしましょう。


Hr:

まず最初に体を軽く動かし、リラックスして息を通す運動を行いました。すると「楽器を吹く時に力が入ってしまい、思っている音が出なかったり息が続かない」ということが少なくなりました。
体の状態ひとつで楽器の演奏も変わります。これからも続けていきましょう。

続いてロングトーンを行いました。決まった拍ですべての息を吐いて、新しく1から吸うことを意識して吹きました。息はスムーズに流すことが出来ましたが、音程が合わないところがありました。曲を吹く時のみ気をつけるのではなく、基礎練習から意識するようにしましょう。

『勇気100%』
新しい楽譜になり、変更した部分を中心に練習をしました。
全体を通して、強弱の変化(メリハリ)があまりついていません。メロディを吹いている時と伴奏を吹いている時で、強弱はもちろん、音色も変えられるようにがんばりましょう。

『スター・ウォーズ』
まず、中間部「Across the Stars」の旋律を練習しました。
音は合っているので、自信を持って、歌うように吹いてみましょう。
3連符が何度も出てくるので、1つ1つの音をしっかり発音しましょう。
続いてメイン・タイトル部分の練習しました。
勇ましく、かっこいいイメージの曲なので、その音符の音価を正しく守って吹きましょう。
イメージがないと、ただ吹いているだけになってしまいます。実際の映画を改めて観てみるなど、曲ごとに場面をイメージし、どのように吹きたいかを明らかにしましょう。


Trb:

○ブレス
口に指を当てて、息が通る音を出しながらブレスの練習をしました。ブレスを音で感じることで息の流れを意識した練習をすることができましたね!

○ロングトーン
息の流れを意識してロングトーンの練習をしました。たっぷり吸った息を止めずに自然に吐くことで、豊かな音を出すことができます!

○リップスラー
ロングトーンと同様に息を流して吹くことを心がけて練習をしました。音が変わっても「息はずっとつながっているイメージ」をもって吹きましょう。

○『スター・ウォーズ』
冒頭のリズムを中心に確認をしました。1小節目のリズムは、心の中で2拍目を感じることで正しく吹くことができましたね!
2小節目のリズムは1拍目、3拍目が乗り遅れないように注意をしましょう。

○『勇気100%』
[L][L’]の旋律はスラーと音程に気をつけて演奏することができました。
[M][M’]のリズムは八分休符を休みすぎないように注意をしましょう!

宿題/
『ドラえもん』は、[D]と[K]の旋律を復習してきてください。歌ってみたりピアノで弾いてみたりして、正しい音程を確認しましょう。
『勇気100%』は、[M][M’]のリズムが遅れずにとれているか確認をしてきてください。


Euph:<I先生より>

バズィングとロングトーン、リップスラーをした後に、『スター・ウォーズ』と『勇気100%』の練習をしました。

バズィングでは、どの音域でも音色が変わらないように、振動の均一感を感じながらグリッサンドで音をつなぐ練習をしました。ちょっとした意識で音色が良くなるので、ぜひ続けていきましょう。音色の統一感の意識は、ロングトーンやリップスラーの練習でも大事です。特にリップスラーでは、音の変わり目の瞬間まで、意識を張りめぐらせてください。

『スター・ウォーズ』『勇気100%』
定期演奏会で演奏したこともあり、譜面はとてもよく吹けていますね!そこで、今回のミニコンサートでは、より音楽表現の深いところへ目がけ、オーケストラ全体に良い影響を与えられるようなユーフォニアムパートを目指してみましょう。それには、場面ごとに適した音色や音の形、スタイルで演奏することです。レッスンでも挑戦した「メロディ中心の場面なのか、リズムが大事な場面なのかを意識して、音色を変えていく」ことだけでも、大きな効果が期待できます。是非みんなで考えていきましょう。もちろん、音価を正確に吹くことも忘れないでくださいね!

新人さん/
先輩たちに一切引けを取らず、しっかり楽譜が読めていますね! 先輩たちと声部が分かれている部分では、より自信を持って自分のパートをアピールしていきましょう。同じ音の連続でも、その音がどこへ向かっているのか意識するだけで、より魅力ある演奏になります。今持っているその音楽への情熱を、ぜひ保っていきましょう!

宿題/
演奏をする曲の場面ごとにどんな音色、スタイルがふさわしいか考えてくること。どんな演奏がしたいのかイメージをハッキリ持つだけで、同じ練習時間でもすごく効率良く上達できますよ!


Tuba:

バズィング、ロングトーン、リップスラーの練習をした後に、『スター・ウォーズ』『ドラえもん』『勇気100%』を練習しました。

特にリップスラーは、まだデコボコしてしまいます。音の処理まできちんと保ち、息はまっすぐに、階段や段差を超えるイメージではなく、音と音の幅を距離で考えてみましょう。その距離で、息のスピードやお腹の支えを感じられるようになると良いですね。

ロングトーンは常に良い音で。
まっすぐ伸ばしているとだんだんと唇に意識が行き、音が硬くなってしまいます。
あんがい、久しぶりに楽器を吹いた時に気づけることがたくさんありますよ。音がのびのびと吹けていたり、いつもとチカラの入れ方が変わっていたり、楽器のツボを忘れていたりなど、その小さな気づきを一つ一つ大切にしてください。

3曲練習をしましたが、どれも曲の雰囲気が違います。それぞれに合った吹き方をしましょう。
特に、『スター・ウォーズ』は様々な場面変化があります。すぐに切り替えをして、聴いている人にも伝わるように演奏をしましょう。そのためには、きちんと内容やその場面を理解することが必要です。
四分音符一つでもたくさんの種類の発音ができるように練習していきましょう。

『ドラえもん』
クレッシェンドやデクレッシェンドをもっと意識して演奏してください。
フォルテとピアノの変化など、聴き手に伝わるように、自分が思っているよりおおげさに演奏してみましょう。
音のテンション、明るさなどはとても良いです。もっとテンポ感やリズム感を出せるように心がけましょう。

宿題/
ミニコンサートへ向けて演奏する曲の復習をしてくること、楽語の意味など、改めて調べてみましょう。


Cb:

今日は基礎に、開放弦の練習と、『正しく音を並べよう』のA・B・Eを練習しました。それから『勇気100%」』『スター・ウォーズ』を練習して、合奏に参加しました。

○基礎練習
開放弦を4拍と2拍で練習しました。4拍と2拍で、弓の量をどうするのか、よく考えましょう。また、弓先が下がってしまうのが、少し気になりました。なるべく弓の毛の全面を、弦に触れさせるようにしましょう。
『音を正しく並べよう』では、音程が合わないところが、たくさんありました。右手よりも、左手の形を崩さないように注意しましょう。

○合奏
ピッチカートからアルコへの持ち替えが、まだ遅いので、タイミングを早くしましょう。弾いているところではなくて、譜面の先を見れるようになるといいですね。
フォルテのところは、もっと弓を駒寄りにするといいと思います。クレッシェンドも、しっかり出せると、もっと良いですね。
オクターヴで上がるところは、左手を先に準備するようにしてください。そうすると、慌てずに確実に上の音を取ることができます。
テンポが遅くなるところは、音も長くなるので、弓をたくさん使えるといいですね。
伴奏でテンポを刻むところは、表拍をしっかり弾きましょう。それで、早くなったり遅くなったりせずに、同じテンポをキープしましょう。

全体的に、もっと弓をたくさん使うようにして、フォルテとピアノの音量の差を出せるようになると、もっと良いと思います。


Perc:

○『スター・ウォーズ』

・ドラムセット、トム
テンポの変わり目に、特に注意してください。自分の楽譜だけを追うのではなく、頭のなかで次にくるメロディーを思い浮かべながら演奏して、突っ走らない、安定したリズムキープを目指しましょう!
[68]〜の部分は、2人で同じリズムをたたきます。ズレないように気をつけましょう。また、鼓面とスティックの距離を縮めて、するどく、パキパキとしたイメージで演奏できると良いです。

○『勇気100%』

・ドラムセット
久しぶりの挑戦でしたが、よくできていました!フィルインなどのキメの部分は、自信をもって大きくたたきましょう。テンポがだんだん遅くなってしまうときがありました。注意して練習しましょう。

・タンバリン
ドラムセットのビートに、しっかりと乗るようにしてください。テンポをきざむ打楽器パートの音がズレると、合奏全体が騒がしくきこえてしまいます。

・グロッケン、チャイム、ビブラフォン
管楽器のパートに重ねて、同じフレーズやハーモニーを演奏していますね。合奏の音をよくきいて、タイミングを合わせてたたくことはとても大切ですが、その一方で、お客さまにもしっかりと音を届けなければなりません。自分の音で、合奏の雰囲気を盛り上げるつもりで、管楽器の音に埋もれないように、はっきり、堂々とした音量、音色で演奏しましょう。

○『ドラえもん』

・クラベス、ウィンドチャイム、ボンゴ
音色 について、もう少し注意が向けられると良いです。持ち替えや移動が忙しいと大変ですが、音を出す前の準備をしっかりとして、ひとつひとつの音が雑な印象にならないように気をつけてください。楽器の持ち方や構え方を、もう一度確認しましょう。







最終更新日  2019年02月26日 18時09分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 次回の合奏では、
『スター・ウォーズ』『ドラえもん』『勇気100%』
3曲を練習します。しっかり譜読みと振り返りをしてきてください!


Fl:

今日はロングトーン、『3度の練習』『スター・ウォーズ』の練習をしました。

楽器を構えたときに、必要以上に力が入っていました。吹き始める前に、まずは体を動かしておきましょう。思いきり力を入れてから一気に脱力すると、より脱力できます。首や肩も、無理のない程度にほぐしておきましょう。

『3度の練習』では、音と音のつなぎ方がとても良かったです。以前は、ブレス前の音が弱くなってしまっていましたが、今回はブレスの位置がわからないくらい、きれいにつながっていました。曲を吹くときにも活かしましょう。

『スター・ウォーズ』は、8分休符が長すぎるときがあり、そのあとの入りが遅れてしまいます。長すぎず、また、そのあとの発音をはっきりするよう、意識しましょう。

宿題は、『スター・ウォーズ』『ドラえもん』『勇気100%』の復習をしてくることです。


Cl:

今日は初めに、1番下のミでロングトーンを練習しました。ベルの先を意識して、息が管全体にまで行き渡るように吹きましょう。次に、半音階を練習しました。ゆっくりなテンポでもすべってしまったり、もつれてしまうことがあるので、音名を頭の中で歌いながら指を動かしましょう。
寒くて管が冷えるからというのもありますが、最近あまり音程がよくありません。チューナーだけに頼るのではなく、「となりの人と合っているかな」と常に注意するくせをつけましょう! 音程が下がってしまうときは、息を上の前歯に当てる感覚で吹いてみましょう。

曲は、『スター・ウォーズ』の[68]〜[96]を練習しました。明るく、パキッとしたイメージの曲なので、スタッカートがあまくなったり、スラーのおしりの音が間のびしたりしないようにしましょう。8分休符の次の音が遅れてしまいがちなので、舌をついて発音すること、お腹の力を使うことを意識しましょう。

宿題
『スター・ウォーズ』の復習


Sax:

今日ははじめに、ロングトーンと『3度の練習』をしました。
最近、基礎練習の時の音程がよく合っていて、とても良いです!息のスピードを合わせると、音色が合う、さらに音程も合う、という流れが実感できたと思います。この流れをつねに意識して、曲の練習にも活かしていきましょう!

『スター・ウォーズ』
[68]〜[96]の追加した部分をおもに練習しました。まずはスタッカートとスラーの違いをハッキリさせるようにしましょう。とくにスタッカートは、気を抜くとキレの悪い発音になってしまいがちです。「止める」というキーワードをよく思い出して、歯切れよいスタッカートを目指しましょう。
また、休符のあとの動き出しが遅れてしまうことが多いので気をつけましょう。前回も言ったとおり、休符はお休みではありません。自分が音を出していない時間にも、音楽は進行しています。今どんな音が鳴っているのかよく聴き、次に自分が入るべきタイミングを見すえて早めに準備しましょう。

宿題/
今日の練習の復習をしてくること。


Trp:<O先生より>

<基礎練習>
今日の基礎練習は、小ホールの広い空間でのびのびと音が出せました。
ただ、ロングトーン練習の時に目線が下がることがとても多いので、目線を前に、そして遠くに意識して練習しました。これは、音を遠くに飛ばすために大事なことです。また、これを意識するだけで、「指揮を見る癖(くせ)をつけるように」と合奏で言われたことが簡単にできるようになります。

姿勢についても、改めて注意しました。
姿勢が良い人はとても多かったのですが、もっと肝心なのは腕の開き方です。楽器は重いと思いますが、脇に拳(こぶし)一個分ほどの空間があるイメージを持って、しっかり腕を開いて吹くと、とても安定して音が出ます。たったこれだけの事ですが、意識して行うだけで、かなり音色や音量が変わってきますよ。ぜひ続けていきましょう。

『スターウォーズ』
前回と違って、和音よりも、同じメロディを一緒に吹く「ユニゾン」の場所が多い曲ですが、みんな同じメロディで安心してしまうのか、一人一人の音量が弱くなってしまいます。がっちりとした音量が必要な曲なので、自信をもって堂々と吹くことを心がけてみましょう。
また、吹く前にブレスを、テンポの中でしっかりと取ってあげると、出だしが転んだり、カスったりといったミスが減ると思います。
次回も頑張っていきましょう!!


Hr:

今日もまず呼吸の練習をしました。
息をたくさん吸ったり吐いたりするには、姿勢が重要です。背中が丸まっていたり、目線が下がってしまうと、息が体に入ってきません。
姿勢を正し、自分を大きくするイメージで、息を吸ったり吐いたりすることを、意識しましょう。
また、吹いているうちに楽器が温かくなっていくのを感じましたね。もっと温かい息で楽器を満たし、楽器を温かくしていくイメージで楽器を吹くことを意識しましょう。

○『スター・ウォーズ』
息を吸う前の音が短く切れてしまうことがあります。きちんと楽譜に書いてある音の長さ通り、また、フレーズを感じながら吹くことを、意識しましょう。
音を後から大きくしてしまうときがあります。音の形を意識し、最初から自分が吹きたい音量を鳴らすことを、意識しましょう。


Trb:<A先生より>

○ブレス
胸と背中に手を当てて、体の膨らみを考えながらたっぷり息を吸ったり吐いたりする練習をしました。

○ロングトーン
たっぷり息を使いながら、良い音で吹く事を意識して練習をしました。
上唇は上方向に、下唇は下方向に張って、口の周りの支えを作ることもイメージしました。

○リップスラー
良い音で吹くことを心がけながら、音の移動がなめらかになるように練習をしました。
「古いテレビの、回転式チャンネルつまみを回して、チャンネルを変えるようなイメージ」を持つようにして、音がきれいに移り変わるように心がけられました!

○『3度の練習』
3度の音程をイメージして練習をしました。先生の音のマネをするように演奏して、正しい音程で吹くことができましたね!自分と周りの音をしっかりと聴いて、正しい音程で吹けるように心がけましょう。

○『スターウォーズ』
新しく追加された68小節目からの確認をしました。
冒頭3小節間は三連符と十六分音符のリズムの違いを理解して演奏をしましょう。

宿題/
『スター・ウォーズ』『ドラえもん』『勇気100%』の楽譜を見直して、どんな曲だったか思い出してきてください。
特に『スター・ウォーズ』は、12小節目までの変更された譜面のリズムをチェックしておいてください。


Euph:

今日は「スラー」に集中した練習をしました。

息の流れに乗って指が動くようなイメージ、というお話をしましたね。文字にすると感覚的なことにみえてしまいますが、実はテクニックとして大事なことです。息が指を押し上げるような、息と指がシンクロして(連動して)動くような、そんなイメージで、しっかり運指をしましょう。

曲は、『スター・ウォーズ』[96]からのメロディを徹底的に練習しました。息継ぎについて、新人さんへスィッチブレスを指定しました。みなさん、決められたところで良いブレスを取って、パートとして美しくメロディが響くようにしましょう。

三連符の吹き方について、「一つ目の音だけ当てていくのはダメ。二つ目の音も大事にして、かつ、三つ目の音に次の拍へのエネルギーを持たせて吹く」とレッスンしました。そうすると音楽的に生き生きとした表現になりますから、これを絶対に忘れないでください。

次回は『スター・ウォーズ』『ドラえもん』『勇気100%』3曲を練習します。『スター・ウォーズ』は、[68]からも演奏することにしましたので、カット指示の鉛筆書きを消しゴムで、忘れずに消してきてください。


Tuba:

今日は、バズィングの練習、B♭Dur、Es Durのロングトーンと『3度の練習』をした後に、『スター・ウォーズ』の練習をしました。

良い音でまっすぐに伸ばせるようになりましたね。とても素晴らしいです。
これからもっと、周りと音程を合わせられるようにすること、周りととけあうような音色を出すことを目指してみましょう。
ロングトーンでフォルテやピアノと音の強さが変わった時も同じように吹けると良いですね。
Es Durのスケール、音階の運指も覚えていましたね。どんどん吹ける音階、調を増やしていきましょう。

『スター・ウォーズ』
定期演奏会での演奏とそれまでしてきたことを思い出してください。
新しく増えた所は、四分音符をはっきりと吹くことを目指しましょう。メロディーやリズムを良く聴きながら演奏できるように。

冒頭のリズムが甘くなってしまいます。
常に、十六分音符を自分の中に持ちながら吹くことを心がけてください。
合奏でも堂々と吹けていてとても良かったです。これからも、頑張っていきましょう。

新人さん/
とても大きな音、立派な音で楽器を鳴らすことができるということは、合奏でも全体の支えとなります。苦手なところは克服し、体調にも気をつけて、ミニコンサートに向けて、出来ることをどんどん増やしていきましょう。

宿題/
ミニコンサートで、演奏をする曲の復習をそれぞれしてくることです。
アーティキュレーションなどにも注意をして見直して来てください。


Cb:

今日は基礎練習に、いつもの開放弦の練習を、mfとffで練習しました。それから『3度の練習』『スター・ウォーズ』をそれぞれ練習して、合奏に参加しました。

○基礎練習
音量の変化の付け方を体感してもらうために、まず開放弦の練習を、アップボウから、mfの音量で練習しました。アップボウから弾き始めるときは、音の立ち上がりが遅くなるので、弓先を少しプッシュするといいです。ダウンボウのときも同じですが、4拍で練習するときは、3拍目が弓の真ん中にくるように、弓のスピードをコントロールできるといいですね。
その後に、ダウンボウ開始で、ffの音量で同じ練習をしてみました。弦が太くなるにつれて、音量が出しにくいことが分かったと思います。弦を振動させていることを確認しながら弾けると、もっと音量が出るようになるかもしれません。

○「3度の練習」
3度は、同じポジションで音程がとれるので、2つの音を同時に弾く練習をしました。そのときに、和音がハマらない音程が何箇所かありました。3度は左指の感覚も大事なので、しっかり練習して覚えましょう。

○「スター・ウォーズ」
長く練習してきて慣れがあるためか、リズムが甘くなっているところが、たくさんありました。常に自分の中で、細かいカウントを刻むようにしましょう。
クレッシェンドを、もっとした方が音量の幅が出て、いいと思います。またクレッシェンドが終わった次の音が一番大きいので、クレッシェンド中だけでなく、その次に音を運ぶイメージで弾けたらいいですね。
何小節か休みが続くところは、必ずしっかりと数えてください。


Perc:

○全員で『スター・ウォーズ』の練習に取り組みました。

・シンバル、トム
シンバル、とても良い音色でたたくことができています!合奏全体が華やかな印象になるよう、引き続きがんばりましょう。
新しく、トムのパートが追加になりました。問題なくたたくことができていますが、合奏のなかでのバランスやテンポのキープを意識して、さらに練習していきましょう。

・サスペンデッドシンバル、カウベル、ホイッスル
サスペンデッドシンバルは、楽譜に書いてある音量記号にとらわれすぎず、合奏の音をききながら ここぞ!という場面でグッと盛り上げることができると良いです。クレッシェンドの坂は、最後を急速に、ドラマチックにつくりましょう。
カウベル、ホイッスルのパートを新しく譜読みしました。テンポだけでなく、音量や音色もブレずにキープできると良いです。ホイッスルも、堂々とした音で演奏してくださいね。

・グロッケン、チェレスタ
管楽器といっしょにメロディーやフレーズを演奏するときは、管楽器の "息づかい" をよく気にしてください。マレットや指の都合で、飛びだしたり遅れたりしてはいけません。タイミングやフレーズ感をそろえると、合奏がよりまとまってきこえます。






最終更新日  2019年02月20日 22時37分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 次の練習は17日です(10日はお休みです)
合奏は『スター・ウォーズ』を練習します。
定演のときにカットした [68]〜[96] を、今回は演奏しますので、楽譜を良く読んできてください!

Fl:

今日は『正しく音を並べよう』『ドラえもん』『勇気100%』の練習をしました。

『正しく音を並べよう』では、音程が特に気になりました。まわりの音や響きを聴き、イメージして合わせることはとても大切ですが、まずは、楽器を安定させることを意識しましょう。楽器が不安定なままでは、アンブシュアがずれてしまい、音程が合ってもまっすぐに保つことができません。

『ドラえもん』『勇気100%』では、音の長さ、音形、強弱に注意して吹きましょう。ブレスをする前の音は、ブレスの直前まで意識ができているか、一つ一つの音に意志をもって、抜かずに吹けているか、もう一度確認してみましょう。
強弱をつけるときに、必要以上に力が入ってしまうときがあります。首の付け根、肩を脱力することを忘れず、自分が思っているよりも先に音を運び、強弱の変化をつけるようにしましょう。

宿題は、今週の復習と、『スター・ウォーズ』の見直しをしてくることです。


Cl:

今日は2人1組になって、アンブシュアの確認をしました。どういうあごの形が正しいのかがわかりましたね!あごがつぶれてしまったり、タンギングしたときにあごが動いてしまっている人がいたので、練習するときに鏡を見ながら正しいあごの形を定着させていきましょう。

曲は『勇気100%』と『ドラえもん』を練習しました。
『勇気100%』は前奏部分で音が変わったところがあるので、間違えないように気をつけましょう。
どちらの曲もただ楽譜どおりに吹くのではなく、歌を思い出しながら演奏しましょう。ところどころ連符が出てきますが、すべっているので、ゆっくりなテンポでリズム練習をしてください。

宿題/
・『勇気100%』と『ドラえもん』の復習
・『スター・ウォーズ』のカットしていた部分を譜読みしておくこと


Sax:

今日ははじめにロングトーン、『正しく音を並べよう練習』をしました。スピードの速い息を使うこと、出だしをそろえることはよく意識できるようになってきましたね! 次は、音の切り方を全員でそろえるようにしましょう。
また、長めの音になると気がゆるみ、伸ばしているうちにだんだん弱くなってしまうことがあります。お腹の支えを常に保つようにしましょう。

『ドラえもん』
とくに伴奏の所の、音の変わり目があいまいになってしまいます。正しいタイミングですばやく指を動かして、「ここで和音が変わったんだ」ということがよく分かるように吹きましょう。

『勇気100%』
全体的に音の立ち上がりが悪いので、もっとハッキリしたタンギングで演奏しましょう。舌をすばやく動かすことと、最初からしっかりとスピードの速い息を入れることがポイントです。

どちらの曲も、吹くための準備が遅く、乗り遅れてしまうことがあります。休符はお休みではありません。気を抜かず、準備を早めにするよう心がけましょう。

宿題/
今日の練習の復習をしてくること。


Trp:<O先生より>

今回の練習は、前回よりも集中して演奏に取り組めていて、とても良かったと思います。

・基礎練習
まず、ブレスを意識しながらロングトーン練習を行いました。
息を吸うことはできても、その前にしっかり吐いておかなければ、残念ながら「浅いブレス」になってしまいます。メトロノームのテンポに合わせて「吐いて・吸って」をしっかり練習しました。今日練習したことが、「クセ」として、いつも意識できるようにしましょう。

・『勇気100%』『ドラえもん』
一人ひとり、とてもしっかりと演奏してくれました! ただ、吹奏楽の中では、パートの中で息を合わせなければならないことが、たくさんあります。
その1つとして、今日は音程(特に和音のこと)について、お話ししました。
音程というのは、おもしろいことに、ソロを吹くところと全体で吹くところでは、考え方や感じ方を変えるものです。
自分が何の音を吹いていて、どういう役割か、どこに合わせたら良いか、いろいろ考えながら演奏することで、もっと楽しく、充実した合奏ができるようになるでしょう。
今日のレッスン内容を忘れずに、次回もがんばっていきましょうね!


Hr:

今日もまず、呼吸の練習をしました。
5秒間ピンポン玉を落とさず、呼吸することができましたね。すばらしいです!
呼吸の練習のときのように、息を吸うこと、吐くこと、両方に注意して、息の流れを意識しながら楽器を吹くことを、意識しましょう。
次にリップスラーを練習しましたね。
高い音のときに口を横に引いてしまうと、口の中がせまくなり、その音より上の音が鳴らせなくなってしまいます。下の音から上の音まで均等に、同じ音の太さ、大きさで鳴らすことを意識し、高い音を鳴らすときも、低い音を鳴らすときと同じように、リラックスして吹くことを、意識しましょう。

○『勇気100%』
リズムを明確に吹くことを意識して練習しましたね。1拍目、アクセント、スタッカートの部分は後押しにならずに、特にはっきり、テンポ通りに吹くことを意識しましょう。

○宿題
『ドラえもん』『勇気100%』の運指とリズムを確認してくること。


Trb:

○ロングトーン
「マウスピースの中を振動で満たす」イメージを考えながら、マウスピースを付けないで口を振動させる練習(フリーバズ)も織り交ぜながら練習をしました。アンブシュアや、その周りの筋肉の「ささえ」といった、口の仕組みを改めて確かめました。
それから、低い音が「閉じた音」にならないように、ため息のような温かい息を使って鳴らすようにしました。

○リップスラー
きちんと振動させられた音で吹けているか、そのためにしっかりと息を入れられているか、「ロングトーンの時の音」を繋げて吹くよう、考えて練習しました。

○『正しく音を並べよう練習』
いつも気をつけていることですが、ポジション、息、舌、の3つのタイミングを揃えることがとても大切です!
スラーの流れがきちんと出るように、しっかりと保って、先へ繋げることを考えて吹きましょう。

○『ドラえもん』
改めてリズムの確認をしました。手でテンポを出してリズムを歌うことで、リズムが滑ってしまわないように、全員で意識をしました。

○『勇気100%』
音が変わった最初の部分がきれいに鳴るよう、練習しました。
しっかり音を鳴らして響かせるようにすることで、全体のバランスが揃います。そうすると和音がきれいに鳴る、ということを確かめられましたね!

宿題/
『スター・ウォーズ』の楽譜を見直して、メロディを歌ってみるなど、どんな曲だったか思い出してきてください。
テンポや拍子の変わり目は特に要チェックです!


Euph:

今日の基礎でも、連続タンギングの練習をしました。しっかり息を吐きながら、一つ一つの音符が徐々にボリュームアップしていくように意識して吹きましょう。

『ドラえもん』では、前回に引き続き[D]と[I]それぞれの3小節前のリズムを振り返りました。タンギングだけでなく、運指とも連動しているところなので、指もしっかりコントロールしましょう。

『勇気100%』は、ちょっと楽譜が変わったところがありますが、高い音ものびのび演奏できていて、とても良かったと思います。が、『ドラえもん』も『勇気100%』も、ところどころアーティキュレーション(スラーのかけ方)が怪しくなっていました。「慣れ」や「思い込み」で吹かずに、自分の出している音を良く聴いて、正しいスラーで演奏しましょう。

また、メロディーの終わりが、まだ「ふにゃ〜」と抜けてしまうことがあります。ポップスの力強い調子で歌われる曲なので、メロディーの終わりが減衰することはありません。最後まで、勇気を持って息を吐き続けてください。息継ぎも、息を吐き続けてその行動のまま息を吸う、というイメージです(言葉で説明すると妙な感じになりますが…)。そうすると、最後まで張りのある音で演奏できますから、ぜひやってみてください。

宿題は『スター・ウォーズ』の見直しです。[68]〜[96]小節の部分、鉛筆で斜線などを引いてあるかもしれませんが、消しゴムで消してきてください。


Tuba:

今日は、バズィング練習、ロングトーン、タンギングの練習、リップスラーの練習をした後に『勇気100%』『ドラえもん』を練習しました。

ロングトーンは低いミ♭まで練習しました、とても安定して音を伸ばせていて良かったです。ほかの音もそのくらいたくさん息を使ってロングトーンをしましょう。

タンギングの練習ですが、息が多く、うまく区切れていない印象を受けました。
たくさん息を使って吹くことももちろん大切ですが、息のスピードとタンギングのスピードをそろえることを意識してください。

『勇気100%』
全体的に元気よく吹けていました。
八分音符の動きが少し見えづらいので、その動きをもっと目立つように吹いてみてください。アーティキュレーションのスラーがついてる音と、ついていない音の差をはっきりさせて吹いてみましょう。

『ドラえもん』
先週よりとてもよく吹けていましたね。
曲の雰囲気に合わせて、音色も吹き分けようとしていたことも伝わってきました。
テンポが、少しもたついてしまうことがあるので気をつけてください。

宿題/
『スター・ウォーズ』の復習をしてくること。追加で演奏する部分が増えたところを、特に譜読みしてきてください。


Cb:

今日もいつものように、基礎に開放弦と「シ♭の音階」を練習しました。それから、『正しく音を並べよう』『勇気100%』『ドラえもん』を練習して、合奏に参加しました。

◯基礎練習
基本的には、みんなとても良くなってきています。開放弦を弾くときに、まだ弓の先が下がってしまったり、はじめの方に弓を使いすぎたりすることがあるので、意識して注意しましょう。
「シ♭の音階」は、上りの音程よりも、下りのほうが良かったので、どちらも同じように弾けるといいですね。特に4の指を注意すると、音程が安定することが分かったと思います。気をつけましょう。

◯合奏
『正しく音を並べよう』の練習では、半音のところの音程が、あまり取れていませんでした。いつも決まった指の形で、弾いていないからです。この練習で音程を取るときは、半音に注意してください。特に、開放弦の半音下は、思っているよりも下の方にポジションがあるので、思い切って弾きましょう。
『勇気100%』は、ピッチカートのところは、とても良く弾けるようになってきました。アルコで刻むところは、すべての音を出そうとするよりも、ダウンボウのところで音量を出すようにしてみてください。そのほうがメリハリが出て、拍が分かりやすくなります。また、決めどころで弓の使う量が少なかったので、思い切って使えるといいですね。

全体的に弾けるようになってきているので、音程と指の形、弓の使い方をもう少し細かく練習していきましょう。


Perc:

○『正しく音を並べよう』
今年度がはじまって、春からコツコツと練習に取り組んできた「音を合わせる」という目標が少しずつ達成されてきたようで、良いと感じました。音符を読んだり、指揮を見たり、あたまの中で色々なことを考えながら、加えてまわりの音や動きを気にすることはとても大変ですが、この調子でがんばりましょう。
また、みなさんどの楽器をたたくときにも、堂々とした豊かな音色で演奏することができるようになっていて、とても良いと感じました。

○『ドラえもん』
先週に引きつづき、『ドラえもん』を練習しました。
ビートを強く感じて、ノリノリで演奏する "縦ノリ" の部分と、メロディーのフレーズや流れを感じて、やさしく演奏する、" 横ノリ" の部分のちがいに特に注意しながら、パート練習に取り組みました。
合奏では、管楽器との音量バランスを整えました。バランスを考えず、いつもの練習通りにたたいてしまうと、合奏全体では小さすぎて聞こえなかったり、目立ちすぎたりする部分が出てきてしまいます。自分が合奏のなかでどんな役割を担っているかをよく考えて、ふさわしい音量で演奏しましょう。メリハリのある元気な演奏に仕上げるためには、音量記号の変化やクレッシェンド、デクレッシェンドの表現を大げさにしてください!

○『勇気100%』
今までの楽譜から少しリズムを変えたり、パートを加えたりして、合奏がさらに華やかになるように練習しました。小物楽器を演奏するときは、ドラムセットの音をよくきいて、しっかりと合わせましょう。







最終更新日  2019年02月05日 13時03分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 来週の合奏は『ドラえもん』と『勇気100%』を練習します。
「もうできている」と油断せずに、楽譜を細やかに見直して、より安定した、スマートな演奏を目指しましょう!


Fl:

今日は『正しく音を並べよう』『3度の練習』『ドラえもん』の練習をしました。

『正しく音を並べよう』『3度の練習』では、次の音へ移るときに、音が弱くなってしまうときがあります。音の幅をイメージして、次の音に向かうことを特に意識しましょう。
また、出だしの縦(たて)をそろえることも意識しましょう。

『ドラえもん』は、全ての音を丁寧に、音の長さや、1音1音確実につかむように意識をして、ゆっくりから練習をしました。スラーの終わりの音、16分音符が続くところなど、特に気を付けましょう。

宿題は、『ドラえもん』の復習と、『勇気100%』の見直しをしてくることです。


Cl:

今日は最初に、足を肩幅に開いて座り、足の甲をつかみながら腹式呼吸をして、息を吸ったときに、肺の下にある横隔膜というところが下がるのを感じました。次に、ブレスをするときに横隔膜を意識しながら、1番低い「ミ」のロングトーンを練習しました。いつもより深く息を吸えていて、よかったです。ブレスをするときは、いつでも意識してみましょう。

『正しく音を並べよう』と『3度の練習』では、まず音の間違いは絶対に無くしましょう! 自分の音と周りの音をよく聴いて、音程があっているか注意しましょう。

曲は『ドラえもん』を、ゆっくり音を確認しながら練習しました。
長くのばす音はもちろんですが、短い音でも一つ一つ大切に、音程や音色に注意して演奏しましょう。
「ラ♭」と「レ♭」が繰り返されるところは、右手はおさえたままで、左手の指だけ動かしましょう。

宿題/
・『ドラえもん』の復習


Sax:

はじめにロングトーン、『正しく音を並べよう』、『3度の練習』をしました。
今日は「息のスピードを合わせる」ことを常に意識しました。吹いているうちに息のスピードが遅くなってきてしまうと、他の人と息のスピードが合わなくなり、音色や音程もずれてしまいます。息は常に「速いスピード」で合わせること!これを忘れないようにしましょう。

『ドラえもん』
メロディー部分と伴奏部分の吹き分けが上手に出来ていました!その調子で、メロディー部分はもっと元気よく吹けるとさらに良いです。
また、アーティキュレーションをもっと正確に表現できるようにしましょう。テヌートなのか、アクセントなのか、スタッカートなのか、はたまた何も付いていないのか。よく楽譜を見て、自分なりのアーティキュレーションを作ってしまわないよう注意しましょう。

宿題/
今日の復習をしてくること。


Trp:

『ドラえもん』
メトロノームをつけて練習しましたが、鳴らしているテンポよりも遅くなってしまうことが多かったです。メトロノームをよく聞き、そのテンポに合わせて演奏しましょう。
また、アクセントがついている音は、もっと強調して演奏すると、曲にメリハリがついてさらに面白くなると思います。
[C]と[H]は、 トランペットがメロディです。しっかり息を吸って、円を描くようなイメージで、前へ前へ進むように演奏しましょう。
2分音符が早めに切れてしまうことがあったので、音の長さぶん、きちんと演奏しましょう。

○宿題
次回は『ドラえもん』と『勇気100%』の練習をします。
譜面をよく読み、忘れているリズムはないか確認してきてください。


Hr:

今日は姿勢に特に注意して練習しました。
吹くときに首が曲がってしまうと、息がスムーズに喉を通れず、力んでしまいます。
楽器をまっすぐ構え、どの音を吹いても姿勢が崩れないように、気をつけましょう。
次に中腰で練習しましたね。
中腰で練習するとお腹の下の部分に力が入ることに気が付きました。楽器を吹くときはその部分を意識して、上半身で楽器を吹かないように、気をつけましょう。

○『ドラえもん』
吹く瞬間に口と指を準備してしまうと、音を外してしまったり、はっきり音が鳴りません。
事前に口と指を準備してから音を鳴らすことを、注意しましょう。


Trb:

○ロングトーン
A先生に、みっちりロングトーンの練習をしていただきました。
・たくさん息を吸って、使い切ること
・姿勢を気をつけること
・マウスピースの中ではなく、口の横からたくさん息を吸うこと
・振動をたくさん使うこと、「マウスピースの中を振動で満たすイメージ」を持ってマウスピースの時から良い音のイメージをしっかりと持つこと
・ポジションをきちんと取ること
・口の中を広く開けること(ゆで卵を口の中に入れるイメージ)
色々なことに気をつけて練習をしました!より良い音で吹くことを目指して、一つずつ身につけていきましょう!

○「3度の練習」
B Dur、Es Dur、As Durの三つの調の練習をしました。それぞれの調号に気をつけて練習ができましたね。
長いポジションの移動がある時に、次のポジションをきちんとイメージしてスライドを動かしましょうね。

○「正しく音を並べよう練習」
次の音を吹く時にはすでにそのポジションに動いてないと「間の音」が入ってしまうので、素早くスライドを動かす、ということや、それに合わせて息を入れること、タンギングをすることを気をつけました。

○『ドラえもん』
リズムの確認をしました!
休符は「お休み」と考えるのではなく、休符も歌うことでスペースを考えること、を大切にしてリズムの練習をしました。
メロディと伴奏の音量のバランスも忘れずに演奏するということも、いつも気をつけましょう。

宿題/
『ドラえもん』のリズムを見てきてください。
手でテンポを打ちながら、リズムを歌う練習をしてみましょう!
特に3、4拍目が流れてしまわないように、しっかりと着地することを意識してみてください。


Euph:

今日の基礎練習では、連続タンギングを取り上げました。
「タタタタタタタタター」というパターンを、9段階でしっかりクレッシェンドを付けるように意識して吹いてみました。タンギングは「ベロ」だけではなく、実は息の吐き方が重要です。「しっかり息を送り出す」ために、意識的なクレッシェンドを利用します(さらにシラブルも活用する!)。このテクニックを忘れないでくださいね。

前回までと引き続き「音を曲げて口の周りの筋トレ」も練習しました。
『正しく音を並べよう』と『3度の練習』では、とにかく正しい音を吹く、ということを注意しました。真ん中の「ファ」「ソ」の音程が沈まないように気をつけましょう。

『ドラえもん』では、[D]と[I]の3小節前のリズムを重点的に練習しました。ここは決めどころの一つです! 今日の「最初の四分音符+八分音符スラーの2つの音は吹かずに、2拍目の裏からのリズムだけを繰り返し練習」を覚えておいてください。
メロディの吹き方も、再確認しました。この曲では、フレーズの最後が「ほわん〜」と終わるのは、カッコ悪いです。伸ばしの音は、最後までしっかり張りましょう。そして、短くならないように気をつけましょう。
「ポップスだから音は短めに」とは言っても、スタッカートの付いていない音をプチプチ切るのは、いけませんよ。しっかり発音してハッキリと演奏すること、です。

次回は『勇気100%』も練習します。どの曲も、もう一度ていねいに楽譜を読み直しておいてくださいね。


Tuba:

今日は、バズィングの練習、ロングトーン、タンギング、リップスラーの練習をした後に『3度の練習』『ドラえもん』を練習しました。

リップスラーは、先生と交互に行いました。
まずは、上手にまねすることをしてみましょう。先生とどう違うのかを考えて吹くことが大切です。息の使い方、くちびるの感覚を覚えていきましょう。

タンギングは音をはっきりと発音するために必要なことです。タンギングの仕方で、たくさんの音色を吹き分けることもできます。
自分の中の音色や発音の種類を、どんどん増やしていきましょう。

『3度の練習』
3度とはどういう音の関係のことを言うのか、きちんと理解した上で練習をしましょう。
音と音の幅、音程をきちんと考えて吹いてください。自分の音程が高いのか低いのか、他のみんなと合っていないのかなど、気づくことができれば素晴らしいです。

『ドラえもん』
注意してほしいことは、アーティキュレーションと、それぞれの音符の長さです。
アクセントとスタッカートの違いなど様々なアーティキュレーションを意識して吹きましょう。
ベースラインは、リズムもとても大切です。はっきりと正確なリズムで演奏しましょう。
音符の長さは、八分音符なのか四分音符なのか、改めて見直すことが必要です。


Cb:<K先生より>

今日は基礎練習に、全音符、2分音符で開放弦の練習をし、「シ♭の音階」を練習しました。それから『正しく音をならべよう』と『3度の練習』、『ドラえもん』を練習して、合奏に参加しました。

◯基礎練習
開放弦の練習で、全音符は弾いている内に、弓先が下がってしまいがちだったので、気をつけましょう。2分音符は、使う弓の量を注意してください。2拍目が、弓の真ん中にくるようにしましょう。
「シ♭の音階」は、弾いているうちに左手の肘が下がってしまって、ポジションがズレていたので、肘は固定するようにしましょう。そうすると音程も安定します。
また、左手を意識すると、右手のことを忘れがちなので、自然に弓をもっとたくさん使えるといいですね。

◯『ドラえもん』
ピチカートは、必ず2本の指で弾きましょう。
リズム感を出すためには、休符を大切にしましょう。
調号の♭や臨時記号に注意しましょう。

全体的に、音量があまり出せていませんでした。弓をきちんと使って、音量もコントロールできるように、練習していきましょう。


Perc:

○『正しく音を並べよう』、『3度の練習』

みなさん以前から比べると、すらすらと音を読めるようになっていて、とても良いと感じました。これらの基礎練習はもともと、管楽器の人たちが運指や息づかい、音程をからだで確認して、"正しい音" がつくれるようにという目的があります。
では、息をつかわず、音程をあやつらない打楽器にとっての "正しい音" とは、どのようなものでしょうか? それには、正確なタイミング、自然なフォーム、弱すぎたり強すぎたりしない心地よい音量、など、さまざまな条件がありますね。この練習では、演奏のなかでいつでも "正しい音" を出すための準備の訓練、を目的とします。
基礎練習で注意されたことや、自分で気がついたことは、忘れずにいつも気をつけていてくださいね。

○『ドラえもん』

・ドラムセット
だんだんと慣れてきて、リズムのぎこちなさがなくなり、フレーズ感のあるきざみができていて、とても良いです。クレッシェンドやキメの部分は、大げさに表現するようにして、カッコよく演奏しましょう!

・シロフォン、グロッケン
リズムのビートを細かく感じて "縦ノリ" する場面と、メロディーのフレーズの流れを感じて "横ノリ" する場面の表現のしかたの違いを、練習しました。
休符やスラーなど、楽譜に書いてあることを読み取って、きちんと表現することで、オトナな演奏に一歩近づきます!

・ティンパニ
合奏のなかでも、しっかりと音が届いていて、とても良かったです。『ドラえもん』はポップスですので、ふだんのクラシックで使われるティンパニよりも、よりキレの良い、はっきりとした音色がふさわしいです。マレットの選択を含めて、練習していきましょう。







最終更新日  2019年01月29日 12時24分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 来週の合奏は『ドラえもん』を練習します!


Fl:

今日はロングトーン、タンギング、『アメリカン・パトロール』の練習をしました。

ロングトーンでは、まず、首や肩をほぐす運動を行い、タンギングでは、舌の運動を行いました。
吹きはじめは、上半身に力が入りやすく、音が細くなりやすいです。なので、吹く前にできるだけ身体を動かし、ほぐしてから吹くようにしましょう。

『アメリカン・パトロール』では、ブレスをする前の音の処理の仕方が気になりました。少し意識をするだけでかなり良くなるので、忘れないようにしましょう。

宿題は、今週の復習と、『ドラえもん』の楽譜をもう一度見直してくることです。


Cl:

今日はまず最初に、最低音のミでロングトーンを練習しました。この音は、全ての穴をふさぐため、1番たっぷりとした息が必要です。この音を、しっかりお腹で支えて鳴らすことができれば、低音から高音まできれいに音が出せるようになります。
自分で練習するときも、音階練習や曲を練習する前に、ミのロングトーンを取り入れてみましょう。

次に『アメリカン・パトロール』を練習しました。16分音符のスラーがどこまでかかっていて、どこからタンギングしなくてはいけないのか、見直しましょう!気を抜くと、アーティキュレーションが間違いやすいので、注意してください!
指が速いところは、ゆっくりなテンポでリズムを変えながら、何回も練習しましょう。また、口で音名を歌えるようにすると、指も追いつくようになるので、歌って練習してみましょう。

宿題/
・ミの音でロングトーン
・『アメリカン・パトロール』の復習
アーティキュレーションと、16分音符があるところを特に復習してください


Sax:

今日は基礎練習として、ロングトーンとタンギング練習をしました。
ロングトーンでは、目線を上げて音を遠くに飛ばすイメージを持つことで、明るい音色で吹くことを意識しました。また、「息をたくさん吸ってたくさん使う」ということも、常に意識しながら練習しました。
タンギング練習では、テヌートとスタッカートの二種類のアーティキュレーションで練習しました。とくにスタッカートは苦手意識のある人が多いと思いますが、大事なのは舌でリードの振動を「止める」ということです。今日はみんなとても上手に吹けていたので、その感覚を忘れずに今後につなげていきましょう!

『アメリカン・パトロール』
4月に練習した時にくらべ、タンギングが見違えるほど上手になりましたね!素晴らしいです!その調子で、次は音の立ち上がりがハッキリするように練習しましょう。アンブシュアの準備を早めにすることと、速いスピードの息をたっぷり使うことがポイントです。

宿題/
今日の練習の復習をしてくること。


Trp:

『アメリカン・パトロール』
・メトロノームをつけて練習をしても、8分音符が続くと必ず走っていました。自分のなかでテンポを確認してから音を出すようにしましょう。
また、8分音符だけでなく、16分音符も走りやすいので気をつけましょう。
・この曲は、8分音符の音形で曲の雰囲気が変わってしまう曲だと思います。8分音符のスタッカートがありますが、個人で長さがバラバラなので、統一するようにしましょう。
・O先生が最初に、良い音形と悪い音形の例を吹き比べてから、1人ずつ吹いてみる練習をしました。どんな音形が良いのか悪いのか、がわかりやすかったと思います。自分がどのように吹いたら良い音形で吹くことができたのか、忘れないようにしましょう。

○宿題
次回は『ドラえもん』の練習をします。
定期演奏会からだいぶ日が空いているので、楽譜をよく読んで、前に練習した内容を思い出してきてください。


Hr:

今日もまず、呼吸の練習をしましたね。
ピンポン玉を使った練習で、5秒間ピンポン玉を落とさず呼吸できましたね。だいぶ大きく吸って吐くことができるようになってきました。
最初は大きく吸うことができなくても、続けているとできるようになることを、実感できたと思います。
また、たっぷり温かい息を入れて吹けるようになると、きれいな音色で吹けるようになります。
楽器を吹くときは、大きく吸って吐くことを必ず意識しましょう。

○『アメリカン・パトロール』
裏拍で演奏している部分の音程があいまいになってしまいます。音を鳴らすのは一瞬ですが、その一瞬がとても大切です。正しい音でハーモニーを感じながら吹くことを意識しましょう。
だいぶ積極的に吹けるようになってきましたね。
あとは、音が雑にならないように注意して、温かい息をたっぷり楽器に吹き込むことを、意識しましょう。


Trb:

・ロングトーン
息がお腹から喉を通り、口から出ていくイメージを考えながら練習しました。
吸う時からブレスについて意識をすることが大切です!吸う息と吐く息が同じスピードになるように考えて息を入れました。
それから、通る息の太さが途中で変わらないように心がけました。特に口を通る時に、通り道を狭めないように気をつけました。

・リップスラー
タンギングをして音を確かめてから、間をつなげるようにしてリップスラーの練習をしました。
ロングトーンの時のようにしっかりと息を流す、ということを繰り返して意識して、たくさん息を入れてゆったりと楽器を鳴らすようにしましたね。

・『アメリカン・パトロール』
とにかくスライド、ブレス、タンギングの三つがきちんと揃うように気をつけてください!
長くスライドを動かす時に、その間のポジションが確実になるように意識して演奏することが大切です。
正しいところできちんと止めて、いつも正確なポジショニングができるように、気をつけて練習をしていきましょう。

宿題/
『アメリカン・パトロール』は今年度のはじめに練習してから時間が経ってしまっているので、どんな曲だったかきちんと見直しをしてきてください。


Euph:

基礎練習では今日も、前回やってみた音を曲げてみる練習(「ベンド」と言います)にチャレンジしてみました。そのあと、そのベンドの時に使った「いつもとちょっと違う筋肉」を感じながら、たくさん息を吹き込んで音を出してみました。楽器の鳴りが、違いましたね♪ より、芯と響きのしっかりした音が出ました。この感覚を覚えておいてください。そして、自分からどんどん使ってみましょう。

宿題は『アメリカン・パトロール』の復習です。特に、指のちょっと難しいところがありますので、そこのフィンガリングを確実にすること。お家でも繰り返し繰り返し指の動きを確認して、スムーズな、フレーズの流れにぴったり合ったフィンガリングを心がけましょう。そして、リズムを正確に読み取っておくことも忘れないでください。音が跳躍したときにハズさないよう、音と音の距離をちゃんと理解して息の吐き出し方を変えるのも、大切ですよ!

次回は『ドラえもん』を練習するので、楽譜を読み直してきてくださいね/


Tuba:

今日は、バズィングの練習、ロングトーン、スラーの練習、リップスラーとタンギングの練習をした後に、『アメリカン・パトロール』の練習をしました。

スラーの練習は、音が移り変わる時に途切れてしまわないように注意をしてください。口先の力だけではなく、もっと息を流して吹くことを意識しましょう。
なめらかに音を切り替えるには唇の柔軟さが大切です。リップスラーなどの練習もどんどん取り組んでいきましょう。

『アメリカン・パトロール』
特に意識してほしいことは、アーティキュレーションの違い、ピアノやフォルテなどの強弱の変化を考えながら演奏をすることです。
音を並べるだけではなく、表現の仕方にも気をつけて、自分なりに工夫をしてみましょう。

合奏では、とても堂々と吹けていて素晴らしかったです。
どんどんテンポが遅くなってしまうので、打楽器と一緒にテンポキープができるようにしてください。

新人さん/
とても良い音で楽器を鳴らすことができます。もっと自信をもって音楽を楽しみましょう。運指のタイミングと息とタンギングがきちんと合うと楽に出したい音が出せます。
上手に出せる音を、これからもどんどん増やしていきましょう。


Cb:

今日は、基礎練習に開放弦と、「シ♭の音階」を練習しました。それから『アメリカン・パトロール』、ミニコンサートにむけて『スター・ウォーズ』『ドラえもん』を練習して、合奏に参加しました。

◯基礎練習
久しぶりに楽器を弾いたというのもありますが、忘れてしまっていることがたくさんありました。開放弦は、弓のスピードが初めの方が早く、弓が足りなくなってしまっていました。スピードを一定にするという意識よりも、初めの方に弓を使いすぎないように、という方が良いかもしれません。
「シ♭の音階」は、みんなで音程が合っていてとても良かったです。最初の シ と上の シ は大事な音なので、特に音程に気をつけるようにしましょう。

◯『アメリカン・パトロール』
時間をたくさんつかって、細かく練習しました。
5小節目のように、1小節に長い音と短い音があるとき、長い音で弓を使いすぎないようにしましょう。また、短い音で弓をすばやく戻し、次の小節も弓の元からスタートできるように、注意しましょう。この練習をたくさんして、できるようになってきたので、次の合奏まで忘れないようにしましょう!これができるようになると、曲が弾きやすくなり、音量も安定します。
伴奏のところは、スタッカートなので音を短く切って演奏しましょう。発音はしっかりして、テンポが遅くならないように気をつけましょう!
メロディのところは、難しいながらもよく弾けていました。


Perc:

○全員で『アメリカン・パトロール』に取り組みました。

・スネアドラム
リズムを間違えやすいところがありました。「タケノコ」で覚えた16分音符の感じ方を思いだして、しっかりと確認しましょう。合奏では、楽譜に書いてある音量記号を気にするだけでなく、メロディーや同じリズムを演奏している他のパートの音をききながら たたく練習をしました。曲全体の雰囲気に合わせて、"ニュアンス" の違いを表現できると良いです。

・シンバル
スタンドとからだの距離を少し離して、めいっぱい演奏できるように環境を整えましょう。アクセントとそうでない音との違いを、しっかりと表現することができましたね。休符はきっちりと余韻を止めて、メリハリのある演奏を目指しましょう。

・バスドラム
二分音符、四分音符、八分音符の、音の長さ ( 音価 ) の違いを、どう表現したらよいかという質問がありました。とても良い質問でした!管楽器の場合、音のはじめとおわりを息でつくりますが、音を伸ばすことができない打楽器の場合はどうでしょうか。「打楽器はアタックが全て」という話をしました。音を出すための腕の動きと、たたいた後の腕の動きがとても大切です。楽譜にむかうときには、そのことに注意して、よく "考えながら" 練習しましょう。

・マリンバ、シロフォン、グロッケン
手順をみんなで考えて、揃えて練習をしました。アクセントの音には、はっきりとたたくことができるように利き手をもってきたりなど、配慮しなければならない部分がたくさんありました。忘れないようにしていてくださいね。









最終更新日  2019年01月22日 12時45分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
新しい年の活動が始まりました!

まず、今後の活動日を確認しておきましょう。

1月20日(日) 当番 Tuba & Cb
1月27日(日) 当番 Perc
2月 3日(日) 当番 Fl
2月17日(日) 当番 Cl
2月24日(日) 当番 Sax
3月 3日(日) 当番 Trp (新入団希望者説明会)
3月10日(日) 当番 Hr  【ミニコンサート】(新入団希望者 楽器決め)
3月17日(日) 当番 Trb 【お別れ会】

ミニコンサートの曲目は、

「合奏の芽」より『アメリカン・パトロール』(T先生)
・ドラえもん(K先生)
・スター・ウォーズ(K先生)
・勇気100%(K先生)

です。もしかしたら、もう1曲、T先生が「合奏の芽」からお選びになるかもしれません。

次回、20日は、『アメリカン・パトロール』の合奏練習をします。
皆さん、楽譜の準備を忘れないようにしましょう!


☆ お休みのはなし ☆

まず、「今年だけ特に欠席者が多い」ということは、ないはずです。30年を超えるFJWO史上、その年その年によって、中3生の数が多かったり、たまたま中学受験をする小学生が多かったり、いろいろな割合があるものです。

お休みをしないに越したことはありませんが、どうしても出席できないこともあるでしょう。大事なのは、出席できなかった日の練習分を、仲間のみんなのために、どう自分でがんばるか、という気持ちを忘れないことだとK先生は思います(「練習出てないからできませ〜ん」で終わらせるのは良くないよ、ということです)。

もちろん、例えば「2月3日にお出かけに誘われたけど、2月10日に変えてもらってFJWOの練習に出よう♪」とか、そんな工夫は、ご家族にも協力してもらって、大いにしていただきたいですし、風邪を引いたりケガをしないように気をつけることも、大切なことでしょう。

それでも、私たちのカラダは、人間一人に1つしかありませんからね。いくらマスクして手洗い・うがいを欠かさなくても、風邪やインフルエンザにかかってしまうことだってあります。お休みを、過度にマイナスへ考えず、「出席でも欠席でも、いつも、団員みんな、仲間みんなのことを、僕は/私は、想っています♪」そんな心がまえを持って、これからも一緒に音楽作りをしていきましょう!






最終更新日  2019年01月15日 23時07分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
いよいよ、今度の日曜日が定期演奏会です!

この『れんらく板』は、先週の記事で年内の更新は終了です。これまで、それぞれの先生方が、演奏のヒントや大事なことを示してくださっていますね。定演前に、読み直して、自分の準備に活かしましょう。

新入団員の皆さん、初めてのオーケストラ経験の中、8ヶ月間、よくがんばってきました! 演奏会は2時間のステージです。先輩たちと一緒に、自分のできることをできるだけ、うれしく体験してください♪

中学1年生の皆さん、小学校を卒業してから環境がいろいろ変わったと思いますが、部活との両立に努力した人も多くいることでしょう。よく頑張りました! その気持ちを思いっきり発揮してください♪

中学3年生(小学6年生も、かな?)の皆さん、受験準備の中、よく頑張ってきました! パートの先生方は皆さんを誇りに思っています! 中3には最後のステージですね。思う存分、楽しんでください♪

それ以外の学年の人たちも、みんな皆、ちゃんと音楽に取り組んできたはずです。胸を張って、お客様に、しっかり自分たちの音を、お届けしましょう!!

☆ もう一度、何度でも、楽譜を読み直しておきましょう。特に「譜めくり」のところは要注意ですよ! どこで息継ぎをするかも、しっかり確認しておきましょう♪

☆ 忘れ物をすると、気持ちが落ち着かなくなったり、他のみんなに心配をかけたりします。ゼッタイに忘れ物をしないよう、準備は念入りに!!








最終更新日  2018年12月19日 15時47分28秒
コメント(0) | コメントを書く

全477件 (477件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.