591155 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ありがとうございます☆flamingoの活動&内観の日記

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ジュンちゃん6868

Freepage List

2011.03.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

惑星通信

3月13日 (日) 如月九夜

地球 172°03 水星 56°29 金星 253°06
火星 338°30 木星 14°12 土星 193°08
天王星0°26 海王星328°31 冥王星275°37

「地球号、土星に近づく一ヵ月、
春分で天王星と開き、水・金・冥と美しいクロス」

2011年度版 地球暦 Donation & Support Edition
http://www.heliostera.com/
ただいま申し込み受付中です。
(※現在お申し込みの方は全て発送完了しています)

───────────────────────────────────
【本日の惑星配置】03月13日 (日) 如月九夜 【 如月の上弦】
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=2xxx-xxx-xxxxx
───────────────────────────────────

この度、地球は172°、352°を運行中です。

───────────────────────────────────
2011年3月13日 2nd Quarter Moon / Around Vernal Equinox
【旧二月 / 仲春】如月(きさらぎ)の「上弦」です。
月との距離 38万7581km(平均38万4400km)
月の出 10:38(参考:東京 地域差±30分程)
───────────────────────────────────
如月の月が膨らみ始めましたね。
今日は「上弦」の月です。昼間に昇ってくる上弦の半月は、一ヵ月を花のライ
フサイクルにたとえた時の、花が咲く前の、つぼみの頃にあたります。
「新月=結実、上弦=生長、満月=開花、下弦=成熟」という一ヵ月の中で、
上弦の今は、満月に向かって生長していく過程です。
今回の上弦では、新月3月5日頃を振り返り、満月の3月20日へ向かって見通し
を立てて、一ヵ月の前半を捉えてみましょう。

年度末や、新学期の準備など、季節が春めくにつれて新生活の雰囲気が増して
きます。今日は春本番を前に一年の見通しを立てるのに最適な時です。

【ここがポイント】
☆今月は、月との距離が新月で最遠値となり、満月で最近値になる傾向にあり
 ます。
☆このような時は「満月・新月」の潮の満ち引きが普段より激しくなります。
 それに対して今日のような「上弦・下弦」の時は干満の差が少ないため、
 今は一ヵ月の中でも気分が落ち着いて過ごしやすい時です。
☆今回の満月は今年一番大きな月となります。膨らんでいく月にどんな思いを
 かけますか。

───────────────────────────────────
天王星の0度通過(おひつじ座イングレス)
───────────────────────────────────
春分という一年の夜明けが近づいています。陰と陽が釣り合いバランスをとる
この日、地球から見て、太陽のある方向(向こう側)が春分点という“太陽黄径
0度”となります。
占星術でおひつじ座の0度のこの位置を、天王星が一昨日通過し、一足先に、
春分をお知らせしました。今年の春分は“地球と天王星の開き”が重なり、新しい
環境への第一歩となりそうです。

03月21日(月)如月十七夜【 0°春分 地球と天王星の開き 】
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=2xxx-xxx-xxxxx

───────────────────────────────────
立ち上がるワンネス / 被災地の皆様ご無事をお祈りいたします。
───────────────────────────────────
東北・太平洋沖のマグニチュード 8.8という巨大地震は国内最大規模で、太平
洋プレートと、北アメリカプレートの間で起こり、その後もユーラシアプレー
トの上の長野と地震が続いています。

今年にかけて“天王星の0度春分点の通過”や、“木星と土星の開き”と大きな節目
となる惑星の会合があり、エジプト・リビアの暴動、ニュージーランド地震な
ど地上でも多くの変化がありました。
国内でも今回の地震をきっかけに全チャンネルが速報を伝え、ネットも加わり
テレパシーのような情報伝達で、日本中の意識が一つになり、被災の規模から
すれば、最大限の支援が速やかに行われていると思います。
月の遠近の差が最も激しくなる今月は、新月で最も遠ざかった月が、満月にか
けて最も近づきます。今年最大の満月を迎える3月20日の前後一ヵ月は、潮汐
力も最も干満の差が激しいので、これからが注意が必要です。



以上、チーム地球暦より引用転載させていただきました。




感謝のもと、
調和した愛を贈らせていただきます。




flamingo。




















Last updated  2011.03.13 14:51:38


Calendar

Favorite Blog

苦しみはどこからや… New! lovelovelove7240さん

手抜きが上達? New! VERY WHITEさん

大将軍八神社 龍水(TATSUMI)さん

まだ収まっていない… 三人文殊さん

Sun Dancer Sun Dancerさん

Comments

ジュンちゃん6868@ Re[1]:晴れ間の休日(03/09) basgaidoさん いつもありがとうございま…
basgaido@ Re:晴れ間の休日(03/09) おはようございます。 農作業も楽しまれ…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…

Headline News


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.