191587 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こぼれ種

■工房NEWS
April 30, 2019
XML
カテゴリ:あれこれ
大晦日のようだ と アホムスメ1号は言う
平成生まれの平成育ちはそう思うのかな
お正月がくるみたいだと
いまのところ
ワタシは さみしくてたまらない 
あしたになれば変わるきもちかもしれないが

よるべない という言葉がぴったりだ

天皇制反対で
元号法制化も反対だった
だけれど 現天皇皇后陛下には やはり
とくべつな感慨がある
誰しも抱く感想かもしれないけれど

おとうさんとおかあさん

いよいよ親離れしなければならないというような

表面的な言葉と行動しかないものだと思っていた
じぶんたちとはあまりにもかけ離れていた人たち
この30年間で そうではないのかもしれない
ほんとうにひたむきに 国民に「よりそって」こられたのかもしれない
そう思うようになったのはいつのころからか

この際だからカミングアウトしてしまうけれど
ワタシは 2月に還暦を迎えた
若いころには想像だにできなかった年齢に
はやくもあっさりと突入したわけで
いろいろ 感慨深い

つまり
ワタシは 昭和を30年と 平成を30年
生きてきたことになる
令和という時代
これから30年はとても生きていける自信はないものの(笑)
みっつの元号をまたぐことになるとは思わなかった

青春時代は明らかに昭和だが
ジンセイでのもっとも活動的な時間は平成かもしれない

そうして 
令和 という新時代にはいかない と宣言するかのように
平成のうちにジンセイを閉じたひとのいかに多いことか

去年の夏に逝ったワタシの老母を筆頭に
親せきや知人や著名人や

なによりも
だれよりも

衝撃的な別れが思いもかけず起こってしまった

高校時代の親友がひと月前に 突然に 逝ってしまった
還暦過ぎたとはいえ 死ぬには早すぎる
受け入れられないままのひと月
この連休中に逢う約束をしていたのに
それすらもかなわなかった

たぶん そのこともブレーキになって
ワタシのこの連休はたのしくない
というか かたまったように 体も心も動かない

だから うまく まとめられなくて もどかしくもある
きょうのうちに 平成のうちに なんとか 気持ちを整理したい
と思っていたけれど

やっぱり うまくいかない

ただ
どんなことが起ころうと どんな日であろうと
きのうと同じきょうという日 明日という日がやってくる
ただひたむきに 生きていくしかない 猫のように

猫のように


















最終更新日  April 30, 2019 10:02:24 PM
コメント(1) | コメントを書く

PR

プロフィール


平均以下主婦tane

サイド自由欄

工房 風の調HomePage




studio
Kaze no Shirabe Design works




四次元倶楽部

SF,スピリッチュアル・・・もうひとつの世界



木の無垢ままに

自由木工




サクセスにアクセス

自分に合ったサクセスへの道を探そう



京の おつうはん

京都の限定品通販



羊パレット2012

お気に入りブログ

「更級(さらしな)… New! Photo USMさん

とても小さなアート… kopanda06さん

空中戦で制御困難に… hiryu4398さん

苦悩する大天才ダン… Mrs. Lindaさん

八丈島 milkのmamaさん

カレンダー

ニューストピックス

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.