1327935 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

森田理論学習のすすめ

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

森田関連図書

2019.08.04
XML
カテゴリ:森田関連図書
「森田式ダイアリーのすすめ」(林吉夫 保健同人社)という本がある。
神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服するというものだ。
具体的な日記の付け方が12例にわたって詳しく説明されている。
よく読まれている本である。参考にしてほしい。

まず大学ノートを用意する。
これに片面1ページにダイアリーを書いていきます。
一週間後にその下に自分でコメントを書いていきます。
ダイアリーにはその日の印象を書いていきます。
症状についての記述はなるべく少なくしていきます。
実際に行動をしたことを書いていきます。

注意点としては、
1、どんなに苦しくても毎日書くこと。苦しいときに2行から3行でもよい。
2、症状や気分よりも、どう行動したかを書く。最初のうちは症状や気分のことを書いても構いません。徐々に少なくしていきましょう。
3、大切な人に相談して、粘り強く。継続が困難になったとき仲間や友達の励ましが役に立ちます。
これは集談会の仲間のなかに、森田理論の基準型学習会で「日記指導」を受けた人がおられると思いますので参考にされるとよいと思います。
4、肯定的で前向きなコメント。症状で苦しんでいるときは、初めから調子がよいはずはありません。
そんな苦しみの中でもちょっとできた行動を肯定的にとらえてコメントすることが大切です。
意識することで、自分に対する見方や、自分の症状のとらえ方が、徐々に健康的な方向に変化してきます。
5、慣れてきたら、印象に残ったことを中心に書く。症状があっても案外日常行動はできるという体験が積み重さなってくるでしょう。そうしたら今度は、そうやって「できたこと」の内容と印象を中心に、日々のことを書いていきます。
そうしていくことで、自分の症状ばかりに向いていた心が、不思議と変化していきます。
外向的にいろいろな事象に目が向くようになり、毎日が充実していくはずです。
6、不安な自分も素直に受け入れる、そんな自分に気づくこと。
ダイヤリーを続けているうちに「不安な自分」も「憂鬱な自分」も「元気な自分」も「明るい自分」も、どんな自分のことも素直に表現できるようになっていきます。

生活の発見会の基準型学習会では、大学ノートの日記を2冊用意します。
1冊目に一週間の生活の中で、主にどんな行動をとったかを書いていきます。
気づきや発見、アイデア、工夫したことなども書きます。
注意点として、症状のことはだんだんと少なくしていく。
また、次の日の日記を書くときは、インストラクターのコメント欄として少し余白をとります。
一週間経つとインストラクタに渡します。
インストラクターは、それに赤字でコメントをつけて1週間後に返します。
これを繰り返します。期間は3か月間ぐらいです。
これが日記指導といわれているものです。
この方法はインストラクターとの共同作業なので継続性が生まれてきます。
神経症の苦しみを持ちながらも、行動に注意を向けていきますので、不安の感情が少しづづ流れていくようになります。それが分かるようになると、神経症の克服のコツが何となく分かるようになるのです。
あとは本格的な森田理論学習によって、「不安と欲望」と「生の欲望の発揮」の理解と実践に取り組んでいけば万全です。






Last updated  2019.08.04 06:30:08
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.18
カテゴリ:森田関連図書

この本を紹介します。
著者は出口清一さん。医学通信社BOOKS。
出口さんは現在名古屋大学の助手をされています。
パワハラで2度うつで休職に追い込まれた方です。
いずれも克服して復職されています。
その時の取り組み方、ノウハウが詳しく書いてあります。
大変参考になりました。
森田療法では「大うつ病」は対象外とされています。
「大うつ病」の知識として興味のある方は一読ください。

なおこの本は市立図書館で借りました。
一度に10冊まで2週間借ることができます。
多読の私は大変重宝しております。






Last updated  2018.08.18 08:41:58
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.15
カテゴリ:森田関連図書
森田正馬全集の第5巻は、昭和4年12月から昭和12年4月までの形外会の記録である。
形外会は森田先生を囲んでの座談会の記録のようなものである。
この記録は、出席した会員が速記したものの中から、森田先生が取捨選択し、月刊誌「神経質」に掲載されていた。
森田先生の代表的な著者は、 「神経質の本態と療法」 (大正11年)、「神経衰弱及び強迫観念の根治法」 (大正15年)です。昭和に入ってからの森田先生の円熟した思想を知るには、この形外会の記録が一番よいと思われる。
森田先生自身も、形外会の記録は、ところどころ会心の作であり、ひとりで悦に行っていることがあると言われている。

森田先生の自宅での入院療法は、大正8年4月から始まり、退院した人は370人ばかりいた。
その人たちを中心として、森田先生に対する謝恩の意味と、森田先生からさらに指導を受けたいという気持ちから、森田先生をお招きして、会員が集まるという会員自身の会という性格を持って始められた。
それだけ森田先生は、人を惹きつけて止まない強いオーラを持っておられた方なのだ。
会の名称については、森田先生の雅号を採って形外会と称することに決めた。

森田先生は、みんながなるべく面白い中に効能があるようにしていきたい。
話の内容は臨機応変であり、日常生活、社会生活、人生問題、政治問題などにも及んでいる。
会員の話や質問に答えて、的確に森田理論に基づいて自説を展開されている。
その他、会がマンネリ化しないためにハイキング、旅行、講演会、演劇なども頻繁に行われていた。
一人一芸に取り組むだけでも神経症は克服できるとも言われている。
また会合は、だいたい昼の3時ごろから行い、夕食をはさんで、夜の9時頃まで行われていた。
今の集談会でいう、レクリエーションや懇親会のようなものも重視されていたのである。
東京及び近郊の人は100人足らずであり、地方からの参加者は泊まりがけで参加されていたのである。
昭和7年1月から、森田先生の家が広くなったこともあり、会員の範囲を拡大して、雑誌「神経質」の読者も参加できるようになった。参加者は最大70名、80名にも及ぶようになった。

さて、森田全集第5巻は、森田正馬生誕100周年事業の一環として、白揚社から出版された。
5巻には形外会の66回分が収録されている。 774ページの本である。
この本には分厚い表紙が付いている。
そのためこの本は、普段鞄の中に入れて、随時読むということは困難である。
私は、思い切って3分冊に切り分けた。
1冊目は232ページまで。 2冊目は406ページまで。 3冊目は774ページまでとした。
分冊にすることで、いつでも読めるようにした。もうすでに20回以上は読んでいると思う。
今回もまた読み返してみた。読むたびに発見がある。
一日で読めるページ数は、大体30ページくらいである。
だいたい1ヶ月かかってやっと読み終える。
今回は森田理論をいかにして、日常生活に応用するかという視点で読んでみた。
すでに何回も読んでいるので、あちこちにマーカーで印がたくさんついている。
読むときには、心の琴線に触れたところに付箋をつけていく。
読み終えると、その部分を抜き出していく。
そして自分の考えを付け加えていくのである。
これがブログの原稿となって投稿しているのである。
森田全集第5巻は、私の大切なバイブルとして、死ぬまで読み続けていきたいと思っているのである。






Last updated  2018.02.15 06:30:10
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.24
カテゴリ:森田関連図書
私が毎日本を読むのはブログの投稿記事のネタを探しているのだ。
森田理論の琴線に触れるものはないかと鵜の目鷹の目で探しているのである。
1冊の本で一つも引っかからない本もある。そんな時はがっかりだ。
反対に1冊の本の中で5つも6つもテーマが見つかる時はうれしくなる。

ちなみに、本には著者の熱意や人間的な懐の深さのようなものがはっきりと現れる。
最初分からなくても、50ページぐらいを読むとしだいに現れてくるようだ。
読みたい本がたくさんあるので、「これはちょっと」と思う本はすぐに中断している。

さて、こういう読み方をしていると、読みっぱなしということはあり得ない。
以前は、「ああ、いい本だった」で終わっていた。
でも具体的にどこがよかったのかといわれると、出てこない。
読んだあと整理していないので、身につかないのだ。
実にもったいない読み方をしていたのだった。

今はどんな方法をとっているかというと、琴線に触れたところに、付箋を本の上部につけて読んでいく。
すぐにブログのテーマとして取り上げたいと思うものは、横に付箋をつける。
さらにその中でも重要なテーマは下に付箋をつけておく。
さらに自分の本にはマーカーや鉛筆でマークしていく。

読み終わると、付箋をつけた部分をA4用紙にページ数と要旨を書き出す。
その順序は下に付箋のついたもの、ヨコに付箋の付いたもの、上に付箋の付いたものの順序である。
面倒なようだが、この作業はとても重要である。
次に私が掴んでいる森田理論との比較検討を行う。
そして自分の感じたことをまとめていくのである。
文章を書き移したり、自分の考えを整理していくことは理論をしっかりと定着させていく上でとても意味がある。

特によい本は、2度、3度と読みかえしている。
また速読気味に読んでいたものを丁寧に読みかえすこともある。
期間を置いて読み返すと、以前は気がつかなかったことに関心が出てくることも多々ある。
それは自分が以前とは変化してきているからだと思う。

この作業を毎日3年間以上おこなってきた。すると大きな変化があった。
森田理論学習の中身がどんどん深耕できたのである。大変大きな気づきがあった。
3年前と現在とでは雲泥の差になってきたのである。塵も積もれば厚みを増すのである。

この作業をあと2年間は続けていくつもりである。
その間、どんな発見があり、どんな風に成長していけるのかとても楽しみである。

「生活の発見」誌の読み方も、このようにノートにまとめて、集談会などで感想を述べたりすれば、森田理論がより深まっていくと思う。






Last updated  2016.03.24 06:34:57
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.25
カテゴリ:森田関連図書
慈恵医大の中山和彦先生の本に「言葉で理解する森田療法」という本がある。
森田療法が生まれた時代背景、森田理論確立の歴史が詳しく紹介されている。
関係する人は、慈恵医大の創立者高木兼寛、中村古峡、井上円了、宇佐玄雄、佐藤政治、藤村トヨ、中原中也、高橋新吉などの紹介がある。
これらの人たちとの交流がなかったとしたら森田理論は確立していなかったかもしれない。
森田家の家系図も詳しく紹介されている。また思い出の写真が多いので好感が持てた。
今まで聞いたことのなかったエピソード満載なので、人間森田正馬の研究をしておられる方はぜひ一読をお勧めしたい。

今日はその中で宇佐玄雄氏の言葉を紹介されているので投稿してみたい。

1、まっすぐに前進せよ、ウロウロ考えていると遅くなる。

2、不要なことは一切考えず前進すべきである。

3、どうしても作業が手につかない人は、作業の恰好でもする。

4、仕事をしない前から準備だとか、あれこれ思案する必要はない。

5、常にぼんやりしないで、細かいことによく気を配ることが大切

6、もっと「はらはら」しなさい。

7、歩く場合でも、力を入れて緊張して歩けば、バタバタ音がしない。

8、臨機応変、不即不離にやることが大事。

9、頼まれた仕事は必ずやる。

10、濁流はそのまま置けば透明となる。

神経症に陥って生活が停滞している人には、行動指針として大切なことばかりである。
この中で自分が共感するものを2つぐらい選び出して、徹底することが効果を発揮すると思う。






Last updated  2016.02.25 06:52:08
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.25
カテゴリ:森田関連図書
最近の投稿で参考にさせていただいている「怒りをコントロールできない子の理解と援助」という本の紹介をさせてもらいます。副題は「教師と親のかかわり」です。
この本はカウンセリング学校教育部門でベストセラー1位の本です。
重版を続けています。隠れた名著です。
著者は大河原美以氏です。出版社は金子書房です。
大河原氏は臨床心理士で、子供の心理療法、家族療法の専門家です。

193ページの本ですが、私が注目しているのは61ページまでの部分です。
それ以降は子どもへの対応方法が具体的に書いてあります。

61ページまでには「感情はどのようにして育つのか」が書いてあります。
第1章 感情のプロセス
1、 感情と言葉
2、 感情はどのようにして社会化されるのか
3、 親子のコミュニケーションと感情の発達
4、 思いやりという感情を育てるには

第2章 いまどきの親子の関係
1、 理想的な子供を求める子育て
2、 他者から見て「よい子」であることを強く願う時――叱ることをやめられない
3、 親に対して「よい子」であることを強く願う時――叱るのがこわくて叱れない
4、 子ども自身が本当の意味で「よい子」に育つことを願うには

第3章 怒りをコントロールできない子どもたちの感情の発達
1、 ネガティブな感情が社会化されないとき
2、 子どもの心の脆弱性と易トラウマ性
3、 著しい情緒不安定による攻撃的な子ども――小学校低学年
4、 突然きれてパニックになる子ども――小学校高学年
5、 思春期の危機
6、 大人になってからの危機
7、 感情を育てるために必要なこと
8、 「しつけ」の誤解
9、 「(よい)心の教育」の落とし穴

大河原氏は殺人事件を起こした少年少女は、一般的な子どもとほとんど変わらない。
その根本には、ネガティブな感情を受け入れられず、いびつな形で成長してきた足跡がある。
そのつけが重大な事件へと発展している。
子どもたちはどんな状況におかれても、生きつづけようと格闘する。
その生きようとする力は、時に激しすぎて、嵐を巻き起こす。
親や教師が子どもに対する関わり方を変えていけば、子どもは素直に育っていくと言われています。

これは森田理論学習でいう、感情は自然現象であり人間の意思の自由はない。
親、教師、子どもたちすべての人が、不安や恐怖等のネガティブな感情を受け入れていく。
感情の事実に服従していくということと同じことであると思う。

それを親と子ども、教師と子どもの人間関係の在り方から説明されている意味のある本だと思います。
関心のある方は森田理論を深めるために是非一読願います。






Last updated  2015.07.25 06:24:50
コメント(2) | コメントを書く
2014.06.22
カテゴリ:森田関連図書
森田正馬生誕100周年の事業として「形外先生言行録」「森田正馬評伝」「森田正馬全集」刊行された。

「森田正馬全集」は今でも買ってきて読める。

特にその5巻は圧巻である。

ところが、「形外先生言行録」「森田正馬評伝」は絶版である。

「形外先生言行録」は元入院生、親しく交流のあった人たちの追悼集である。

そうそうたる人たちが名を連ねておられる。

森田先生の日常生活のなかでの指導内容がとてもよく分かる。

全集第5巻の次に衝撃を受けた本であった。

この本からの引用はとても多い。

いつでも買える状態にしてほしいものである。

「森田正馬評伝」は野村章恒先生の書かれた本である。

これは森田先生の伝記である。

これほどまで調査をして克明に描かれた本はない。

ちなみに野村章恒先生は高知の出身である。

野村先生のお父さんと森田先生は、高知中学の同級生であった。

野村先生のお父さんは優秀で、確か京都帝国大学に行かれたように記憶している。

森田先生は高知中学時代は最下位の成績だったこともあるようだ。

成績の席次が公開されていた。

ともあれ、森田先生の人となりがとてもよく分かる。

私はこれを見て森田家の家系図を作り上げた。

森田先生の墓参りに行ったとき、墓に刻んである名前はほとんど理解できた。

わたしはかねてからこれらの本をぜひとも読みたいと思っていた。

長い間かなわない夢であった。

古くからの会員に相談したところ、その会員はすべて購入して持っておられるという。

よかったら貸してあげてもよいという。夢がかなった瞬間であった。

早速借りて、「形外先生言行録」はすべてコピーさせてもらった。

とてもありがたかった。

森田正馬評伝は、分厚い本であったが全部読ませてもらいました。

それ以来森田先生がより身近に感じられるようになりました。

多分古い会員の中には持っておられる方がおられると思う。

関心のある方は一度あたって見られたらどうだろうか。






Last updated  2014.06.22 10:01:12
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.05
カテゴリ:森田関連図書
石原加受子さんの「へとへとに疲れる嫌な気持ちがなくなる本」を紹介します。
中経出版 630円
2013/4/30第1刷発行

森田理論学習の「純な心」を深めるために大変参考になります。
むしろこの本のほうが、実践的で、より深く学習になると思います。

考えれば考えるほど「嫌な気持ち」は増えていく。
しつこい怒りや、去らない不安、なぜかイライラしてしまうなど、どうやっても
消えない「嫌な気持ち」。
フタをして気づかないふりをしたり、我慢をするのは大きな傷になるだけです。
本当は「嫌な気持ち」はあなたを守るためのシグナル。
「嫌い」を認め、自分の「快」の感情を基準にすることで、
「嫌な気持ち」は驚くほどなくなります。

なお石原加受子さんの本は、累計60万部を売り上げているという。

私はしばらくは石原加受子さんの「他人中心」から「自分中心」の考え方を、森田理論と絡めて整理してみたいと考えています。







Last updated  2014.01.05 07:28:52
コメント(0) | コメントを書く
2013.11.27
カテゴリ:森田関連図書
最近の投稿記事は、次の3冊の本からヒントを得ています。

「従病という生き方」 神山五郎 草思社
「しょうびょう」と読みます。治らない病気だったら「闘病」は止めて病気を受け入れましょうという考え方を紹介されています。
神山さんは、どもりの方です。
この本は図書館で借りました。もうそろそろ返さないといけません。

「子供を叱る前に読む本」 平井信義 PHP
いたずら、おどけ、ふざけ、反抗する子、喧嘩する子は自発的な子に育つといわれています。
またしつけは無用。子供を叱り付けることはしなくてもよいといわれています。
ブックオフで105円で手に入れました。

「心がやすらぐ本」 山崎房一 PHP
そのままの自分に常に100点満点をつけましょうといわれています。
この人の本は10冊以上読みました。もう亡くなられています。
これも、ブックオフで105円で手に入れました。






Last updated  2013.11.27 21:42:04
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.16
カテゴリ:森田関連図書
自ら胃腸神経症で苦しまれた岡本常男氏が、私財約40億円を投じて神経症に苦しんでおられる方たちのために1988年(昭和63年)に設立されました。
国内では神経症の研究を促進するため、優れた研究を行っている研究者、団体への助成金の交付。発見会も助成を受けています。
一般事業としては、
・「心の健康セミナー」(無料)の開催。一般市民を対象にした神経症など心の健康に関するセミナーです。
北海道、東京、浜松、大阪、岡山、福岡などで開催されています。
・「メンタル図書室」の開設。そこには精神・心理療法関係の図書、ビデオなどが約3300点あります。図書は無料で貸し出しをしています。
・「電話・面接相談」で森田療法を中心にした情報の提供を行っています。
・インターネット相談室による「心の体験フォーラム(会員制掲示板)」を開設しています。月一回東京慈恵医大の専門医のアドバイスが掲載されます。
その他、海外に対して森田療法の普及活動も積極的にされています。中国での森田療法の拡大は、すでに日本を越えています。アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどにも広がり、世界森田療法学会も開かれています。
詳細はホームページをご覧ください。

メンタルヘルス岡本記念財団のメンタルニュースno.30より
森田理論の基本となる考え方の一つが事実を重んじるということです。
誰でも面接試験や発表会などで「緊張してあがって困った」という経験をしたことがあると思います。
緊張してあがることに悩んでいる人は、あがることのない自分になろうと四苦八苦しいろいろと行動や心のやりくりをします。
しかし、あがるまいと注意をそれに向けると、ますます感覚は鋭敏になり、さらに緊張がつのって一層あがってしまうのです。
このあがらない自分でありたいというのが「理想」、あがることを自分の努力で治すことができるというのが「観念」、そしてあがるということは自分の意志では変えられない自然現象なのであって、いくら努力してもどうにもならないというのが「事実」です。
つまり、あがることを異常と思い、「あがらない自分」でありたいとこだわっている人は、食い違いによって葛藤を起こし、不可能な努力に「はまっている、とらわれている」ということができます。ひどいときには様々な症状を形成してしまうことになるのです。






Last updated  2013.05.16 07:13:24
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


森田生涯

Calendar

Comments

森田生涯@ Re[1]:「純な心」を身につけるために(06/13) ststさんへ おつらい気持ちが伝わってき…
stst@ Re:「純な心」を身につけるために(06/13) 初めまして、強迫性障害で悩んでいた所こ…
森田生涯@ Re[1]:自己否定に苦しんでいる人へ(10/23) どかゆきさんへ コメントありがとうござ…
どかゆき@ Re:自己否定に苦しんでいる人へ(10/23) >自己否定感が強い。 →〇 >こんな自分は…
森田生涯@ Re:日本にとって大切な参院選(07/17) ゆきこさんへ 大変興味深いコメントあり…

Category

Archives


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.