018594 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

中国人に日本で育てられた私は何人なんだろう

PR

プロフィール


マキ3787

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.12.23
XML
カテゴリ:留学日記
​​​​広州ひとり旅で
ゲストハウスオーナーと飲んでいたときに
投げかけられた質問で
思わず笑ってしまったことを
今日ふと思い出した。

その質問とは
こういうものだ。



「日本人は飲み会で
あんなにべろべろになるまで
飲むのは普通のこと?
そんなに仕事のストレスでかいの?」

これを聞かれたとき、
同じ日本人として恥ずかしくて
穴があったら入りたいと思った。

全員ではないけれど、
”酔っぱらい”になるまで
飲むことは決して珍しくないほど
それは普遍的なことなのかもしれない。

むしろ普段なら言えない本音を
飲みの席で話すのが
飲み会の醍醐味だと言わんばかりに
酒を煽る。

そんな風に
ぐでんぐでんになったサラリーマンを
新橋駅でよく見かけたものだ。


普通だと思っていたし、
なんならお酒で仲良くなれるなら
それ以上のことはないじゃないか
と私は思っていた。

しかし、今日ある1冊の本を読んで
その考えが”当たり前”じゃなかったことに気が付いて
恥ずかしくなったので
その本の内容を共有したい。


その本とは中嶋峰雄さんが書き下ろした
『日本人と中国人ここが大違い』。

くわしくはこちらで勝手に読んで


大体の内容は日本人と中国人の違いを
歴史的・文学的・政治的・性別的に
様々な角度から比較しているというもの。


その中で”中国人は酒に酔わない”
という気になるフレーズがあった。


この本によると、
中国人は​泥酔せず、
酔いつぶれないこと自体が
中国人の文化​
らしい。

そして、
その文化は第一に
社会環境がしからめしめるところで、
第二には対人関係における中国人の節度
人をもてなすことに常に気づかう中国人の礼儀
さらには人づきあいの戦略・戦術に由来するという。

要は酒に対して中国人は禁欲的で、
酒に飲まれないことを日常的に注意していると主張していた。


どういうことか
中国になじみがない人にも
理解してもらえるように
かみ砕いていく。


この本の筆者曰く、
日本人は酒の席で本音を吐くのが
良いことだとされ、
そのような人は正直な人といわれるが

中国では酔ったうえでの話は
全く信用しないし、
それを約束と考えない。


何故か。


①中国社会は長い間
厳しい社会環境に置かれ、
異民族がたびたび侵入してきていたから
油断を許さない状況だった。


だから酒を飲んで
うっかり酔いつぶれたりできず、
防衛本能として
酒に対する禁欲が備わっている。

30余年にわたって
中国を研究してきた筆者は
街頭で酔っぱらいを見たことがなければ
家で泥酔している人に
会ったこともないという。

中国人の親を持つ私は
この点に関して
おおむね同意できないけどね(笑)

中国の地域と関係性によると思う。
少なくとも酒飲みが多い北方の農村部では、
男たちが酔っ払って妻たちを困らせる様子は
よく見られる光景だった。

仕事関係や親せきの飲み会では
メンツを気にするので
そのような事態はたしかに起きないから
そういう意味では同意できる。


②外国人とつきあうときには
本人の酒量の三分のしか
飲んではいけないという規律が
「渉外人員規則」のなかにある。



「汝酒に酔うに非ず、汝自ら酔うなり」
という言葉を持つ中国人にとっては
酒という危険物は安全に飲むもの
と考えている傾向があるらしい。

この点を知らないビジネスマンとかが
酒を飲んで羽目を外しがちだが、
こういう日本人に対して中国人は
内心では軽蔑していることがある。


だから意外と中国も台湾も
学生はあんまりお酒を飲まない。

というか全然飲まない。

お酒は不真面目な学生が飲むもの
という雰囲気はあったかもしれない。


(おかげで酒好きの私は
台湾に来て飲酒量ががくんと減った)


ビジネスの機会を広げるために
会社の付き合いのために
毎週のように飲みに行く
日本のサラリーマンは
むしろ世界でもマイノリティなくらいだ。


台湾の社会人は
仕事が終わったら真っ先に家に帰って
家族との時間を大切にする。

だから日本人の酒の飲み方は
中国人から見ると
シンプルに”普通じゃない”らしい。

お酒を飲めない人が
仕事での昇進の機会が減ってしまうのは
いささか問題があると思う。


まあ、別に一学生が
そんなことを吠えたところで
何にもならないけど

近い将来それが
”普通”じゃなくなるのを信じて
目の前のことに
一生懸命になりたい。


とりあえず、

浴びるほどお酒飲んで
道端で死んだように寝たり

足元がおぼつかないほど
飲みすぎたり

そういう飲み方は
やけ酒だったとしても
やめたほうがいい。

特に外国では
そのような飲み方は
かなり恥ずかしい、
メンツを失う飲み方だから。



とはいいつつ

つらい時には
酒と親友と他者からの承認が
一番効くんだよね((+_+))

人間は不完全な生き物だね、
愛おしいったらありゃしないわ。




​​​​






最終更新日  2019.12.23 19:00:07
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.