026279 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

中国人に日本で育てられた私は何人なんだろう

PR

プロフィール


マキ3787

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.03.28
XML
カテゴリ:中国人家族
随分と久しぶりの
ブログ更新になってしまった!

お久しぶりでございます、マキです。


2月の末から自宅警備員を始めて
およそ1か月半になってしまった。


途中で内定先の用事があったり
アルバイトをしていたり
ちょいちょい外出はあったけど

基本的にはお家で過ごしていたので
ついに読書にも飽きてきた。
(もともと少し苦手)
(もう30冊近く読んだ)


今日ついに東京の感染者数が
1日で60人以上に上り、

千葉では一つの施設で
58人の感染者が出てしまった。


もともと災害大国で有名な日本だから
きっとそんな資金も持ち合わせていないだろうに
これから更に感染者数爆増なんてことになったら
どうなってしまうんだろう。


そんな不安を抱えながら、
中国人母とニュースを見ていた。


すると、とても気になることを言われた。

「日本は基本が豊かだから
命の大切さを日常であまり感じてこなかった。
だから、こういう時になっても
生活の上での不便を何よりも疎む。
命を大切にしない。」

その時テレビ画面には目黒公園で
花見を楽しむ若いカップルが映っていた。


母の目にはどう映ったのだろう?


中国でコロナウイルスが蔓延して
それを収束させようと努めていた時、

生活上の不便よりも命を大切にするから
どれだけ大事な役職についていても
とりあえず仕事を放って或いはリモートワークで
対応していた。

そりゃね、もちろん中国人も日本人も
全員がそうではなくて

個人差というものはいわずもがな
あるんだけれど

中国人の基本的精神で
命を、体を、
(時には過剰に)気遣う文化がある



冬にミニスカートをはく女性なんて
中国では見かけないし、
(逆に中国人に引かれることが多い)

やたらお湯を飲む。
(冷たいものなんて夏でもあまり飲まない)


そんな文化を持っている母によれば、

恋人との花見デートは来年行けばいいし
マスクだけでなくメガネも装着していてほしいし
自粛要請ではなく法的な封鎖をすべきらしい。


現実問題でそれぞれ実現難易度が高いのかもしれないが
ぐずぐず目先の経済的損失を恐れていては
もっと大きな損失が遅かれ早かれ来てしまう。


人権問題よりも
責任の所在よりも
あきえ夫人の花見事実の有無よりも
もっと気にすることがあるだろうとお叱りを受けた。


ごもっともである。


日本のコロナ対策にスピード感が足りないと感じてしまうのは
そういう雑念に振り回されて
本質が見えていない傾向があるのかもしれない。

それは、「現金交付ではなくて商品券を」と
話し合いをしていた国会議員を見ていたら
ほとんどの人は否定できないだろう。
 (権力を持つと人は正常な判断が難しくなる)
(日本の政治家は高齢者ばっかり)


今週末は東京近郊で不要不急の外出は
避けるように言われている。


これを機に普段あまり話をしない家族と
将来の話をしてみたり
苦手な料理を練習してみたり
部屋の掃除をしてみたり

つい見逃しがちな大切なことに
目を向けてみるのも悪くないはず。


私はあいにく掃除も将来設計も
料理もあらかたやり切ってしまったので
漢服美女の写真を集めるのにハマっている。

そういう風に何でもいいから
とにかく家にいてほしい。笑


自分の大切な人を殺さないために
まずは自分をウイルスから遠ざけよう。


自分すら守れない人が
他の人など守れるわけがないだろう?


これは私のおじいちゃんが
昔から口酸っぱく言っていた。








最終更新日  2020.03.28 23:43:00
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.