015615 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

中国人に日本で育てられた私は何人なんだろう

PR

プロフィール


マキ3787

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

留学日記

2019.12.25
XML
カテゴリ:留学日記
​​クリスマスイブに交換留学生の送別会を兼用した
クリスマスパーティーがあった。

完璧なスケジューリングと
感動的な動画、
ワクワクするイベント...

留学の終わりを実感するには
十分すぎるほど
考えつくされていた。

一交換留学生として
それがただただうれしかった

開催してくれたCJCU関係者が
この記事を見てくれることを期待して
この場でもう一度言っておきたい、
ありがとう。


そんなこんなで
楽しくワイワイ参加者が楽しんでいる中、

大号泣する人間が一人...

ええ、私です('_')


この会のメッセージ動画を皮切りに
台湾で起きた出来事が
走馬灯みたいに
ばーーーーーーーって
思い出されて

新しく出会った人たちと
お別れすることを実感、

そうしたらこの有り様に(笑)



いじめられてるみたい(笑)
大切な思い出になったから
切なくなって。


台南という場所、
アグレッシブな留学を目指す人にとっては
少し物足りなくて
満足できる環境が揃っているわけじゃなかった。


けれど、台湾に住む人は
どの国籍の人にしろ
みんな余裕があって
自分が忘れていた”優しくすること”を
教えてくれた。

これは他人に対しても
自分に対しても。

どんな困難があっても
それはただの試練で
それに悩んで悩んで
落ち込む必要はないんだな、と。


台湾に来てから

・クレジットカードの不正利用
・卒業論文の終わらない修正
・深刻なホームシック
・食が合わない
・初めての他人との共同生活
・旅先のありえんハプニングの数々
・家族のこと
・自分のふがいなさ

等々でかなり困って悩んだタイミングがあって
ベッドで泣きながら寝た日も
あったなーーなんて
感傷にひたってしまった。

我ながら”生きる”ことに
必死だったと思う(笑)



そしてついに
留学を終えてしまった。

留学証明書なる賞状も
頂いてしまった。



(とてもうれしかった♡)



(折らないで日本に持って帰りたい)


卒論もテストも終わった今、
あとは遊ぶだけ(笑)

とても自由な今は
いろんなタイプの人にアポを取って
ブログを書いている人、
壮絶な人生を送っている人、など
に会う約束を取り付けている('ω')







最後に...

この一学期間、週5で
同じ授業を受けていた
かわいいクラスメイト達と撮った
写真を載せておく。



彼らのこれからの人生に幸あれ



台湾留学は私にとって
日本酒みたいな存在だった。

甘いような辛いような
それでいて癖になる。


次に私が台湾に来るときは
きっと一回り大きくなって
帰ってくると思う。


私と知り合ってくれて
興味を持ってくれて
嬉しかった。


とても感情的な留学日記、
これにて一旦終了。

今までほぼ毎日ブログを書いてきて
色んな事に気が付くことができた。

書いていてよかった。

最後まで読んでくれて
ありがとう。

(これからはブログの更新頻度が
減るかもしれないけど
まだまだ続けます)


最後にもう一度、、
ありがとうございました!!!!!!!
​​






最終更新日  2019.12.26 16:06:33
コメント(0) | コメントを書く


2019.12.24
カテゴリ:留学日記
昨日、ある台湾人の友達が
私に紹介したい人がいると
1人の女の子を紹介してくれた。

その子をAちゃんとする。

Aちゃんはこの大学の日本語学科の本科生で
みた感じ普通に台湾人みたい。

しかし、日本で生まれて
7歳まで日本で過ごした彼女は
当然日本国籍だった。

母国語は日本語なんだけど
台湾に住んでいる期間が長すぎて
台湾語の方が話しやすいのだとか…。

彼女の思想や性格、友人関係は
完全に台湾で作られたものだから
台湾の方がなじみがあるらしい。

日本国籍だけど、、

ここでひとつ、疑問が生まれた。

彼女はルーツ的に”日本人”なんだけど
台湾教育によって出来上がった人格は”台湾人”
なわけで

そうなると
彼女は一体日本人なんだろうか?
或いは台湾人なんだろうか?


○○人という区分けは
とても曖昧なものなんだなと
気が付いた。


わたしだってそう、
中国人の母と中日混血の父の間に生まれたから
血筋はほぼ中国だ。

んで、日本で生まれ育ったから
日本式教育を受けたけれども
家庭では中国式のマナーや考えを刷り込まれ、
思想が中日のいいとこ取り。

じゃあ私は一体○○人というのが
正解なんだろう?


まあ、どっちでもいいんだけど
多少なりの疎外感は感じる。


小学生の時、同級生に
アメリカ人の母を持つ
米日ハーフのEちゃんがいた。

彼女は顔立ちが欧米系で
日本で生まれ育ったけど
英語も日本語もできるタイプ。

だけど、私にこうつぶやいていたのを
今でも覚えている。

「私は○○人なんだろう?
アメリカに行けば日本人と言われ、
日本ではアメリカ人と言われる。
私に居場所なんてない…。」

小学生が何を言うんだって
思うかもしれないけど
本人にとって私にとって
やっぱりそれは一大問題。



何者でもないことに
苦しむ時期はあったのかもしれない。


社会人、学生、

女性、男性、

日本人、外国人、

白人、黒人、

若い人、お年寄りの人、

色んな区分けができるけど
グレーゾーンの人が
生きやすい寛容な社会に
島国日本も
いつの日かなるといいな。


アイデンティティ...

同一性...

それそのものであって他のものではない...

難しいテーマだ('ω')



















最終更新日  2019.12.24 10:37:26
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.23
カテゴリ:留学日記
​​​​広州ひとり旅で
ゲストハウスオーナーと飲んでいたときに
投げかけられた質問で
思わず笑ってしまったことを
今日ふと思い出した。

その質問とは
こういうものだ。



「日本人は飲み会で
あんなにべろべろになるまで
飲むのは普通のこと?
そんなに仕事のストレスでかいの?」

これを聞かれたとき、
同じ日本人として恥ずかしくて
穴があったら入りたいと思った。

全員ではないけれど、
”酔っぱらい”になるまで
飲むことは決して珍しくないほど
それは普遍的なことなのかもしれない。

むしろ普段なら言えない本音を
飲みの席で話すのが
飲み会の醍醐味だと言わんばかりに
酒を煽る。

そんな風に
ぐでんぐでんになったサラリーマンを
新橋駅でよく見かけたものだ。


普通だと思っていたし、
なんならお酒で仲良くなれるなら
それ以上のことはないじゃないか
と私は思っていた。

しかし、今日ある1冊の本を読んで
その考えが”当たり前”じゃなかったことに気が付いて
恥ずかしくなったので
その本の内容を共有したい。


その本とは中嶋峰雄さんが書き下ろした
『日本人と中国人ここが大違い』。

くわしくはこちらで勝手に読んで


大体の内容は日本人と中国人の違いを
歴史的・文学的・政治的・性別的に
様々な角度から比較しているというもの。


その中で”中国人は酒に酔わない”
という気になるフレーズがあった。


この本によると、
中国人は​泥酔せず、
酔いつぶれないこと自体が
中国人の文化​
らしい。

そして、
その文化は第一に
社会環境がしからめしめるところで、
第二には対人関係における中国人の節度
人をもてなすことに常に気づかう中国人の礼儀
さらには人づきあいの戦略・戦術に由来するという。

要は酒に対して中国人は禁欲的で、
酒に飲まれないことを日常的に注意していると主張していた。


どういうことか
中国になじみがない人にも
理解してもらえるように
かみ砕いていく。


この本の筆者曰く、
日本人は酒の席で本音を吐くのが
良いことだとされ、
そのような人は正直な人といわれるが

中国では酔ったうえでの話は
全く信用しないし、
それを約束と考えない。


何故か。


①中国社会は長い間
厳しい社会環境に置かれ、
異民族がたびたび侵入してきていたから
油断を許さない状況だった。


だから酒を飲んで
うっかり酔いつぶれたりできず、
防衛本能として
酒に対する禁欲が備わっている。

30余年にわたって
中国を研究してきた筆者は
街頭で酔っぱらいを見たことがなければ
家で泥酔している人に
会ったこともないという。

中国人の親を持つ私は
この点に関して
おおむね同意できないけどね(笑)

中国の地域と関係性によると思う。
少なくとも酒飲みが多い北方の農村部では、
男たちが酔っ払って妻たちを困らせる様子は
よく見られる光景だった。

仕事関係や親せきの飲み会では
メンツを気にするので
そのような事態はたしかに起きないから
そういう意味では同意できる。


②外国人とつきあうときには
本人の酒量の三分のしか
飲んではいけないという規律が
「渉外人員規則」のなかにある。



「汝酒に酔うに非ず、汝自ら酔うなり」
という言葉を持つ中国人にとっては
酒という危険物は安全に飲むもの
と考えている傾向があるらしい。

この点を知らないビジネスマンとかが
酒を飲んで羽目を外しがちだが、
こういう日本人に対して中国人は
内心では軽蔑していることがある。


だから意外と中国も台湾も
学生はあんまりお酒を飲まない。

というか全然飲まない。

お酒は不真面目な学生が飲むもの
という雰囲気はあったかもしれない。


(おかげで酒好きの私は
台湾に来て飲酒量ががくんと減った)


ビジネスの機会を広げるために
会社の付き合いのために
毎週のように飲みに行く
日本のサラリーマンは
むしろ世界でもマイノリティなくらいだ。


台湾の社会人は
仕事が終わったら真っ先に家に帰って
家族との時間を大切にする。

だから日本人の酒の飲み方は
中国人から見ると
シンプルに”普通じゃない”らしい。

お酒を飲めない人が
仕事での昇進の機会が減ってしまうのは
いささか問題があると思う。


まあ、別に一学生が
そんなことを吠えたところで
何にもならないけど

近い将来それが
”普通”じゃなくなるのを信じて
目の前のことに
一生懸命になりたい。


とりあえず、

浴びるほどお酒飲んで
道端で死んだように寝たり

足元がおぼつかないほど
飲みすぎたり

そういう飲み方は
やけ酒だったとしても
やめたほうがいい。

特に外国では
そのような飲み方は
かなり恥ずかしい、
メンツを失う飲み方だから。



とはいいつつ

つらい時には
酒と親友と他者からの承認が
一番効くんだよね((+_+))

人間は不完全な生き物だね、
愛おしいったらありゃしないわ。




​​​​






最終更新日  2019.12.23 19:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.22
カテゴリ:留学日記
​​​12/20は
クラスメイトの韓国人の誕生日だった。

それで9人でお祝いをしたんだけど
9人中7人が韓国人だった(笑)

そんなほぼ韓国人の誕生日会に
招待してもらって
日本の誕生日会と
少し違かったから
そのちょっとした違いや
そこからの
私なりの考察を
書いていくね~!

最近少し重い内容の記事が続いたから
軽いスフレケーキみたいな
記事に仕上げたい☺



①主役であるはずの誕生日の人が
ずっと優遇されるわけじゃない。

日本で私が見てきた誕生日会では
誕生日の人が中心の席になって
その人を中心に囲んでいて

みんなその子のグラスが空いたら
即効でお酒を注いだり
新しいお酒を頼んだりと
とにかくフルサービスにしていた。

1日限定のプリンセス
みたいな待遇だった(笑)

私の22年間で見てきたのは
そんな感じできっと
個人差は大きくあると思うけど

韓国人の誕生日会では
主役がサムギョプサル屋さんで
肉を焼いてみんなに配り

ケーキを食べるときは
主役が切り分けて
やはり同じようにみんなに配っていた。


私ともう一人の日本人で
一緒にびっくりしていた(笑)


誕生日会って聞いていたから
もっとその子が中心になるのかと思ったけど
別にそんなことはなくて。

「今年の目標は?」
「どんな女性になりたい?」

みたいな質問も特になく
普通に食べて飲んで
とても楽しかったんだけど
誕生日会っていう実感は
あまりなかったかもしれない(笑)


②ソジュ(韓国の焼酎)を
みんなで1口ずつ回して飲み、
最後の番の人がすべてを飲み切る。


誕生日の人が飲むんじゃないんかい!
と思わず突っ込んでしまった。

韓国では誕生日をお祝いするために
お酒をお椀の中いっぱいに入れて
回して一人ずつ少しずつ飲むみたい。

イメージはお相撲さんが
なんかの儀式で飲むコレ!



こんなにでっかくないけどね(笑)

韓国人はお酒が強い人が多いので
これくらい飲んでも平気な人は
決して珍しくない印象。

上海にいたころも
韓国人留学生は毎晩夜遅くまで
バーやバルで飲んでいた人が多かった。

個人的にはお酒飲める人が好きだから
飲む際のマナーさえよければ
最強肝臓は好感度高い☺

③お酒を飲むときのゲームが結構たくさんある。

全部を教えてもらったわけではないけど
いろいろあった。

日本のお酒の席を盛り上げるゲームは
同期飲みで教えてもらったけど

韓国のそれの方がずっと安全だった(笑)

韓国は飲ませる雰囲気じゃないから
(多分これは人による)
飲める人は飲んで
飲めない人は飲まなくていい
みたいな感じだった。

ゲーム自体も難しくなくて
人と仲良くなれるものばかり。

言語化すると長くなっちゃうから
ここでは割愛させてもらうけど
ちゃんと人と話せる隙間があるから
ただ盛り上がるだけってものではなくて
これはぜひ日本の飲み会文化にも
取り入れたい雰囲気だなと思った。


会社の同期飲みで
スーパーマリオゲーム?とか
桃鉄?とか
山手線ゲームとかが炸裂していたんだけど
ルールわけわからないし
皆慣れてるからぐいぐい行くし
もう怖かった(笑)

多分私の飲み方が
おばさん過ぎて
ワイワイ系に慣れていなかった。

​​​お酒を交えながら
相手のバックグラウンドとか
そういう話もしてみたいなと
思ったからそれは
もう個人的に飲みに行くのが得策かも(笑)


韓国や中国は飲みたい人が飲む
という雰囲気が強いから

今日はそんなに飲めない日だからと
平気で宣言している姿は
過去にも見てきた。

自由だった。
本当にこの点に関しては
人によりけりなので
あんまり参考にはならないね☺




以上の3点から
”常識”という言葉の驕りを
感じ取ってもらえたらと思う。

元卓球選手の福原愛さんが
SNSで結婚式に参加した写真を
アップしていたんだけど

そのカジュアルファッションの彼女を見て
「結婚式にそんなカジュアルファッションで常識知らず」
というコメントがあったのね。

台湾の結婚式では
ポロシャツジーンズで
参加するオッチャンとかいるし
友達の友達って言って
全く知らない人まで参加してることもあるし

日本の常識が中心って考えて
迂闊に人を”常識外れ”って
非難するのは
軽率すぎる行動だなと思った。

結構気が付かないで
そういうこと言っちゃうかもしれないから
本当に気を付けたい。




結局スフレケーキには
ならなかったな~。









最終更新日  2019.12.23 17:57:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.20
カテゴリ:留学日記
​前回の記事で
お金持ちと結婚して幸せになりたいと
夢見る女性に向けて
高所得男性の考え方を
共有した。





具体的にどんな質問をしたのかを
ここに詳しく載せていくよ!
結婚にフォーカスして
結婚適齢期当たりの大人たちに
質問した。

こんな意見もあるんだ!!
って軽い感じで見てみてね。

Q1:「結婚後、女性に家庭に入ってほしいか?」

「料理できるに越したことはないが、できなくてもウーバーなどの便利なサービスがあるから別に問題はない。」
「料理ができなくてもいいけど、目標に向かって頑張る気概のある人に惹かれる」
「健康は仕事の基本なので普段の食事は大事、自分が作る。簡単なのならすぐできちゃうし」
「自分が料理ができないので料理はできてほしい、それだけお願いしたい」

結構な割合で
女性の料理スキルを
重要視しない人が多かった。
すごい自立心のある方々ばかり…。

家庭の味に
安心感を感じるから
できたほうがいいけど、
できないからといって
恋愛対象外になることは
あまりなさそう。

ここでの判断は
その人の家族と一人暮らし経験の有無
を見ればいいと思う。
その人のお母さんが専業主婦で
一人暮らしをしたことがないなら
妻への期待値は高いかもしれない。


​Q2:「バリキャリとの結婚、現実的?」​

「アリ寄りのアリ。逆に稼いでいる人がいい。その方が尊敬できる。」
「ある程度稼いでもらって世帯収入が安定したほうが合理的。」

これは意外だった。
バリキャリって決して”かわいげのある”
ようには思えなかったけど
結婚適齢期の男性からしたら
結婚はあくまで生活だから
しっかりした人の方が
安心できるみたい。

ある程度女性経験もあるし
結婚を夢見てるという考えの人はいなかった。
ハイスぺは男女ともにモテると
教えてもらった。

本人たちは決して
そう言わないけどね。笑


​Q3:「結婚相手に求めるものとは?」​

「結婚とは今より人生を楽しくするものだと思う。結局は経済力やスキルや顔面偏差値とかよりも自分を愛してくれて自分も愛せる、そういう関係性が一番欲しい」
「誠実さ、うそをつかない、人を大切にできる心」
「笑顔がかわいい、癒されるから」

これは男女関係なく
似た要素を求めていると思う。

高所得男子だからって
理想が高いじゃないんだなあ
と思ったのもつかの間、
元カレとかが総じて高確率で美人だった。

やはり顔なのかもしれない。。
しかも賢い美人だった。

類は友を呼ぶって言うものね('ω')


​​​Q4:「結婚の目的は安心なのか子供なのか?」​

「どっちも。頑張る活力になるので、自分のためよりも誰かのために頑張りたい。」
「そもそも結婚しなきゃとは思っていない。いい人がいればするというスタンス。」
「仕事で板挟みになって気を遣って、と精神すり減らしているから笑顔を見て癒されたい」

他責な考えの人で長期的に稼いでいたり
周りから信頼されている人は
あまり見たことがない。

葬式屋の社長は
「過去に散々な裏切りを経験してきたけど
それでも全てきっかけを作ったのは自分だから」と
笑っていた。
詳しく話聞いたけど間違いなく彼に罪などない。

思わず、
カッケーーーーー!!
って言ったよ(笑)


Q5:「”お金を恋人に求める”と公言している女性に対してどんな印象を持つ?」

「非常に現実的だと思う。自分も逆にそういう面を見る。けど、主には借金がないかとかそういうところ。」
「自分が女性の立場だったらその部分は見るし避けて通れない要素」

といいつつも、
社名や業種を聞いて明らかに態度が変わったり
表ではっきりそう言っている女性に対しては
いい印象はないみたい。

そりゃそうだ。

金銭面の質問をされたら、
嘘ついてお金はどうでもいいというのではなく、
さりげなく話をすり替えるのがいいのかもね(笑)


​​Q6:「女性の金銭感覚はどうあってほしい?」​​

「借金をしない、とかそういう基本ができていれば。」
「自分の収支を管理していて、やりたいことをやってもらえばいい」

自分の稼いだお金を
自分の知らぬ間に
好きなだけ使われるのは
本当にいい気持ちがしない。
(私はタナカカツオにクレジットカード不正利用されてそう思った)

彼ら的には
言ってくれれば相手の意見を尊重するらしい。
たとえ高いエステ代とかも
綺麗になってくれるなら
いいんじゃないと非常に寛容だった。

ただこの点については
私は少し信じがたい。
いざその場になったら
不満に思ってしまいそうだけどなあ。

デートでごちそうするのとは
わけが違うもの…。


Q7:「職業を聞いて態度が変わる女性って本当にいる?」

「いるいる。あからさまに。人間不信になりそう…。」と悲しそうな表情で笑っていた。
「逆にラッキー。女性の誠実さを見分ける際には苦労するけど」

大学まではそんなにモテなかったけど
っていうパターンの人ほど
前者の気持ちになるらしい。

逆に学生時代から
ある程度女性に困らなかった人は
以前よりも多くの人が
寄ってきてくれるから
女遊びには困らない
とにやけながら言っていた。

女の子から寄ってくるとは
なんと羨ましい…。
​どれほどの男性が羨ましがることか。
​​​
​​



こんな感じだったかな。
要らん部分は省いた!


その人の発する言葉に踊らされないように
その人の歴史やその場のニュアンスに
注意して話を聞いたうえで
以下の4つにまとまった。

もちろん人によって
個人差はあるから
大まかな傾向として
提示してるよ。


①癒しが欲しい
②稼げる自立した女性はかっこいい
③金銭感覚に過剰な要求はない
​④総じてかわいい子がいい​


既婚者の​恋愛遍歴を聞いていると
結婚した人とそうでない人の違いは
ただただタイミングで、

結婚適齢期に付き合った女性と
結婚したっていうだけで
特に大きな違いはないけど
結婚したからには大切にしたいと
語っていた。

行動が実際に伴っているかどうかは
何とも言えないけど…。


旅先や友人からの紹介で
社会人たちと知り合って​
このようなお話を聞かせてもらった。


考えれば考えるほど
人って奥深いなと思う。


私のつまらない留学生活の
エンターテイメントになった、
本当にありがたい


以上、留学生活の
暇つぶしでした!!!






最終更新日  2020.01.02 16:49:03
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:☆留学中☆(2416)
カテゴリ:留学日記
ついにテスト(といってもプレゼン3つだけ)が
終わったーーー!!!


やったーーーー!!!

いよいよ帰国準備段階に
入る☺

授業単位振替、
留学終了にかかる手続き、
内定先へのあいさつと面談、
   帰国後の住処探し(新潟に家がない笑)、
お世話になった人にあいさつ回り、
帰国後の海外滞在計画、
などなど。


今回の台湾留学は
私にとって
2回目の留学だったので

留学の目的自体は
語学力向上というよりも
新しいことに触れて
知らない価値観に出会うことだったんだけど


振り返ってみると
ビビって声かけられなかった人
たくさんいたし、
親しくなりきれなかった
台湾人の友達もいるし
普通に反省点は多い。

あんなに声高らかに
ダイエット宣言してたのに
全く痩せなかったし(笑)


けど、3つ
私にとってかけがえのない収穫が
あったからお金と時間かけて
両親の反対を無理やり説得して
台湾来た甲斐あったと思う!


1つ、人。

縁って本当にあるんだなと
感じまくった4か月だった。

タナカカツオに
クレジットカードの不正利用されたときに
不安で仕方なかったけど
それのおかげで仲良くなった人がいるから
とてもいいハプニングだったと思う。

日本人に対して
驚くほどやさしくしてくれる台湾人は
それぞれとても面白い個性を持っていて
礼儀を重んじていて
素敵な人ばかりだった。

旅しまくった4か月だったから
飛んで行った諭吉様は
決して少なくないけど
その分、普段出会えない
ような人種の人と
たくさん出会えた。


パイロットと葬式屋の社長と
仲良くなって
シンガポールの世界一高い位置にあるバー(予約制)で
結婚観を聞かせてもらって
とても興味深かった。
最高のシンガポール旅になった。

またある時は
グラグラ不安定な飛行機の中で
怖がっていたときに気にかけてくれた
となりのイケメンが
実はプロのサッカー選手だったり。

ひとり旅にハマるきっかけになった
始めての渡航先成都で知り合った
中国人に1年ぶりに再会して
お互いの現状報告もした。


もう人生のピークかもしれない、
そう思っちゃうくらい
最高な4か月間だった。


2つ目、自分と向き合うまとまった時間。

日本にいるときは
基本的に暇な時間って
あんまりなくて
バイトするかバイトするかバイトするか
みたいな生活だから

こうやっていろんな環境に身を置き、
色んなライフスタイルを体感して
自分が将来どんなふうに生きていきたいのか
どんなふうにこの先のリスクを軽減するのか
どうやって両親を養っていくのか
そんなことを考えることができた。

どの年齢で
どの国で
どんな仕事をして
どれくらいお金があれば
理想の生活ができるのか。

じゃあ、結婚をするならば
家や車を買わずに済む方法は
あるのか。

とかいろいろ(笑)

おかげでこの先
どんなハプニングがあっても
全てに対応できるような気がする。


3つめ、新しい目標。

これは私にとってかなり大切。

この台湾留学をきっかけに
自分の欲しいものを手に入れるためには
どんな能力が必要で
どんな人間だったら
それにふさわしいのかを
見つけることができた。

ひっひっひ。

私はコツコツ続けることが
まったく苦にならないタイプなので
目標と強い意志さえあれば
きっと5年後、10年後、
歳を重ねるかもしれないけど
今よりずっといい女に
仕上がっている気しかしない。

ひっひっひ。

なんてったって
あとはやるだけだもん('ω')

こんな風に思えたのも
いくつになってもわくわくしながら
新しいことに挑戦している人を
たくさん見たから。


これからがたのしみ。


どんな社会人になるんだろう、
今はしょせん学生だから
世の中の100分の1も知らないけど


この先立ち向かわなきゃならない
高い壁があって
乗り越えられなくても、
その壁を壊せちゃうような
ユニークな私だといいな。


台湾留学、
本当に悪くなかった。

大学の授業に期待できないことに
早めの段階で気が付いた分、
自分でたくさん動けた。


そう思わせてくれた
台湾の環境に感謝してる。





この日記が落ち込んだ私に
届くことを期待して。









最終更新日  2019.12.20 18:16:57
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.19
カテゴリ:留学日記
​​​「年収1000万円の人と結婚して専業主婦になる💖」
「素敵な男性に愛されて幸せな家族を作りたい」
「かわいい子供を産みたいから外国人と結婚したい」

って思っている女の子が
結構たくさんいることに
最近気が付いたんだけど、

そんな女の子たちのために
友人の幅が18歳~60代と広い私が
中でも男性諸君に聞き込みをしたよ笑


聞いたのは
シンガポールで仲良くなったパイロットと葬儀屋の社長、
有名銀行内定の頭の機転が利く早稲田生、
チャラい総合商社マンと専門商社マン、
銀行員歴が長かった市議会議員、
大手飲料メーカーひねくれ営業マン、
真面目系IT企業営業マン、
大学教授、家が単純に太い(裕福)大学生、
自衛隊勤務16年の公安トップの中国人、
民泊を経営している27歳裕福中国人
の計11人。


あと友人のタレコミで
私が直接聞いたわけじゃないけれど
お医者さんの結婚事情も
話を聞いた。
(次回紹介する)


ので、それらの情報をもとに
比較的高所得な(いわゆるハイスぺ)男性は
どんな女性に惹かれて
どんな結婚観を持っているのかについて
まとめていく('ω')
(ハイスぺという言葉、嫌な響きだね~)

わ~わくわくする(笑)


まず、高所得男性は

①癒しが欲しい
②稼げる自立した女性はかっこいい
③金銭感覚に過剰な要求はない
​④総じてかわいい子がいい​

と考えている割合が多かった。

もちろん私が話を聞いたのは
世の中の一部分だけなので
全員の意見ではないが
関連書物を読んでみてやはり
中間意見だとは思う。


詳しい内容については
次回記事で述べていく。


高所得である程度モテてきた男性たちは
普段なかなかつらい立場で
板挟みになって苦しんだり、
責任ある立場でプレッシャーに
さらされていることが多いので、

女性には
​自分を支えてくれて
一緒に同じ方向に
向かって生きられる人​

を求めている。

決して金目当ての金魚のフンのような女性は
自己肯定感が上がろうとも
求めていない傾向にあった。

ううん、求めていなかった。
決してそんなことは直接言わずにいたけど
伝わってきた。笑


何かしんどい時があったときに
自分の存在を丸ごと肯定してくれて
信頼してくれるとか
仕事で行き詰ったときに
自分でも気づかなかった自分に
気が付かせてくれるとか

ある意味で高い人間性
求めているとも読み取れるかな。


つまり女性は
自分で生活する経済能力はあった方がいいし、
基本は頑張り屋さんであるべきだ。


かといって女性にばかり期待していないのが
高所得男性の特徴で、
自分が彼女に支えられているから
それ以上に支えてあげたいって
思っていることが多くて
妻がきれいでいるためには
お金を使ってもらってもかまわないそう。
お金に余裕があるので
専業主婦だろうがバリキャリだろうが
何に対しても受け入れられる体制がある。


低所得男性にも
同じ話を聞いたことがあるんだけど、
女性に求めることが多いくせに
美しさのアップデートへの金銭には
やたら厳しい。

彼らはいわば空っぽのバケツなので
それはもうよく吠える。
平気でその場しのぎのうそをつき、
人によって態度を変える。
だから人からの信頼を失って
今に至るんだと思うんだよね。


もちろん所得が低くても
人間性が素晴らしい人は山ほどいるので
一概には言えない。
これはあくまで私の人間観察結果わかった”傾向”で
実際話をしていく中でそういう人が
多かった。

所得で男性を2つに分けて
こういう話をするのは心苦しいので、
次回は女性を美人とそうじゃないほうで分けて
論じるから一旦許して。。


高所得男性のすばらしさは
その賢さやその地位に至った戦略などの周到さ
だと思っていて
その豊かな人間性に驕らず
相手を立てようとする姿は
素敵な生き物だなと
とても感動する。
見習いたいよね、その考え方。

だから、そういう人と結婚して
幸せになりたい
(要は金銭的な不安から解放されたい)
と夢見る女の子は

今の自分に足りている部分と
足りていない部分を冷静に分析して
足りない部分は補填をする。
人間力を上げる。
かわいくなる。
出会いを探しに行く。


ただ気をつけなきゃいけないことが一つある。
男性脳では、一目見たときに女性を分類分けしているらしい。

1つ目の段階では”やれるか、やれないか”。

2つ目の段階でやれる枠の中から”本命か、二軍か、セフレか”に
無意識レベルで分けているらしい。


だから当然のように
自分の本質的な魅力を認識したうえで
位置づけを飛び級しようとするのは
やめた方が得策のように思う。

釣り合わないなら潔く
諦めることも、
時には必要よ(笑)


美人は3日で飽きるなんて嘘だから。
どんなに見ていても飽きないから。


今回は大枠をざっくり説明した。
次回の記事で、
具体的な根拠などを
明らかにしていくよ~!


蛇足になるけど
私は男に頼る前に自分で稼げる工夫は
してみていいんじゃないと
思うかな(笑)

生き生きしている人と
一緒に生きたいって
ほとんどが共通して
言ってたから
毎日楽しんで生きよう~~~



​​​







最終更新日  2020.01.02 16:48:32
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.18
カテゴリ:留学日記
今回も以下の項目に沿って
評価をした上で、
簡単な内容説明(ガチでざっくり)をして
どんな人におすすめの映画かを
まとめていくよ〜!


1.ストーリー性
2.編集力・構成
3.キャスト
4.おすすめ度
(5段評価)

​『Rising dragon』​

1.ストーリー性5
2.編集力・構成4
3.キャスト4
4.おすすめ度5+

基本的にはジャッキーチェン主演の
映画については
評価が甘いのは
気付いているかもしれないけど

これも面白い。
6回観た。

チームで高度な盗みをするんだけど
チームワークがなせるアクションの
複雑な動きや計画が
とてもわくわくする。

観ていてハラハラするだけじゃなくて
入念な侵入計画作って
様々な予備案を
事前に用意しておいて
何が起きても対応している
臨機応変さに関心もする。

先の計画を立てずに
とりあえずやってみるっていう勢いも
時には必要だけど

何か新しいことに挑戦するときには
事前の緻密な計算があった方が
まちがいなく
リスク回避できるよなあって
勉強になった。

急に会社を辞めて
喫茶店をやりたいとか言い出して
家族を不安にさせている
世のお父さんに見せたい!




これは素晴らしく笑える!​
​​『真行话,大冒险』​
(真ん中下の写真)

1.ストーリー性3
2.編集力・構成2
3.キャスト3
4.おすすめ度3

これはまあまあ、
悪くはない映画だった。

好きな女の子に対してだけ
正直な下心を口走ってしまう主人公が
恋愛に四苦八苦する物語なんだけど

「そこでなぜ気持ちを言わない!!」
「素直になって!!」

って、もどかしくて
思わず前のめりに
突っ込んでしまいそうになる
ザ・王道恋愛ものだった。

ただ日本と違う中国ならではの
恋愛への考え方とか
男女の性差とかが
にじみでているので
そういう日中恋愛の研究材料としては
かなりいい材料だと思う!

個人的には
王道の恋愛もの映画が
(例えば玉の輿恋愛や学園もの)
そんなに得意じゃないから
少し点数は低かった。

カメラワークとかも
特に目を引く動きはなく、
教科書通りに撮っているかんじが。

2回目は観ないけど
笑いの要素が大きくて
だいぶ笑い転げるかも('ω')


以上、
大好きなジャッキーチェン主演映画と
笑える王道恋愛映画の
2本立てを
取り上げた。


まだまだお勧めと非お勧めがあるので
今度は一ミリも面白くなかった
観て後悔した中国映画も
紹介してみようかな。


日本の映画と違って
クオリティの低さが
新鮮という意味で
とてもおもしろいから
それが伝わるように言語化
工夫してみようかな~☺







最終更新日  2019.12.19 15:54:27
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:☆留学中☆(2416)
カテゴリ:留学日記
過食症って
みんな聞いたことあるのだろうか…。

聞いたことないとか
ただの食欲抑えられないデブじゃん
って思う人が多いと思うので

簡単に説明するね。


過食症とは一般的には
摂食障害(過食症・過食嘔吐・拒食症)
の一種で、

食欲がコントロールできず、
異常なほどに大量の食べ物を
ひたすら食べてしまう病気のこと。


大体が2つのパターンに分かれる。
「過食と嘔吐を繰り返す場合」

「過食のみを繰り返す場合」


大体がストレス過多が原因で起きるんだけど、
逆に過食によるストレスから精神病を
引き起こすケースもあるらしい。


怖いでしょ~(笑)


短時間で大量の食べ物を体に入れて
(食べるという表現はもはやふさわしくない)

それによって
精神的にも身体的にも
かなりのダメージを負う。


んで、怖いのが
なかなか病気って気が付かないこと。


週1回でも過食嘔吐するなら
もう治療が必要なのに

週4~6回嘔吐してた私でも
気が付かなかったんだから
自分で気が付くのは至難の業…!


私は1年以上たってから
自分が過食嘔吐だって気が付いたヨ☆


このころの私は
家に食品のストックができなかった。
家にあるものを
すべて食べつくしてしまうから。


これね、自分でもびっくりするんだけど
近くのスーパーまで行って
目につく甘いものや炭水化物を
身体に悪そうなものからとっていって
3000~5000円分くらい買って
食べて吐いて(1セット)を3セットしてた。


でも食べると後悔して。


過食をなかったことにしたいから
喉の奥に指突っ込んで
吐く、吐けるまで突っ込む。

血が出たこと、涙が出たこと、
数知れず。

吐いたらまた食べ始める。
繰り返し。

さらに下剤も使ったりして
もう体はボロボロだった。


月に1回~2回じゃなくて
週に4~7回ペースで
吐いてたから
(マックスは1日3回を4日連続してた)

 
歯、溶ける。
痛い、口内炎。
喉、胃酸で炎症。

ニキビ、ぶつぶつ。
鬱っぽい状態。
ブクブクに太る。


未だに謎なんだけど
どんなに吐いても
痩せはしなかったんだよね('ω')


食べまくったことを
馬鹿だから毎回後悔するの、
それも死ぬほど。

だから次の日に
ジムに行って何も食べない状態で
死ぬほどハードなトレーニングをする。

もちろん帳消しになんて
ならないんだけど。


要は過剰で不適切な
代償行為を
繰り返してた。

もちろん友人とご飯に行くときは
普通に食べていたけど、
こっそりトイレで吐いていたときもあった。
あほだね~(笑)


自分の見た目に
極度のコンプレックスがあって
痩せたくて痩せたくて
やりすぎなダイエットをしてから
体質がおかしくなっちゃって
少し食べただけで
栄養を蓄える体になったのね。

そうしたらダイエットが
とても難しくなって
目標が達成できなかった自己嫌悪から
無茶食いして、
それで罪悪感を感じて
(この罪悪感は人を殺した時と同じ罪悪感だと思う)

また食べる。
そして罪悪感。


こうやって
2年間苦しみながらも
誰にも相談できず、
自分を責めてた(笑)


だって食事すらまともにとれなくて
そんな情けなくて
ダメダメな自分が許せなかった。


吐くときって脳みそが縮むから
判断能力も鈍るらしいし。


だから当時は
私は会うたびにテンションが変わる
ヤク中の女みたいな感じだったと思う。


私はかれこれ5年以上
日記を書いているんだけど
過去の内容を振り返ると
ダークすぎて
自分でもひいちゃう。


調べてみると、
過食症の原因は
機能性低血糖っていう説も
出ているみたい。

血糖値やインスリンの
コントロールがうまくいかなくなって、
体や心に不調が現れる病気のことらしい。


まあ、そんなダサい私も
今ではほぼほぼ克服できている。

もしかしたら、また
吐いちゃうかもしれないから
完全にっていう言葉は使えなかったけど

本当にもうそういう衝動に
駆られることはなくなった。


克服できたのはおそらく
頑張る目標ができたから。
暇でやることがないと
落ち着かないんだよね…。


台湾留学に行くための
前準備
(バイト掛け持ち/卒論執筆/手続き/引っ越し/母の病気)

台湾留学に来てからの
毎日の小さな挑戦
(卒論/ブログ/旅/中国語日記/現地交流)


毎日毎日何をするにも
新しいことに出会うし
毎日毎日反省の日々。


人にも恵まれていて
毎日やることが割とおおい。


特に見た目に対して
心無いことを言われる
機会がなくなった。


だから自然と
自暴自棄になることはなくなった。


頑張るものがあると
人は生き生きすることを学んだ。笑


ひとり旅好きだし、
一人で日本酒のみに居酒屋行っちゃうような
怖いものなしな人間だけど


そういう過去も実はあって。


とっても恥ずかしいけれど、
これもわたし。


強がってもいいことはないので
私は等身大でいたい。


最近、卒論に追われて
少しだけ心に余裕がないから
自分にやさしくしている。


そういう調整ができるように
なったのも最近。


一応世間には
大学4年生って言われるし
22歳っていう年齢ではあるけれど
できないことはできない。
完璧に物事を行えない。


けれど、一生懸命だよ。
割と毎日。


だからどうか、
言葉が凶器になることを
知ってください。


どうか、言葉は
誰かを元気付けるために
使ってください。


言葉で切り付けられた傷は
簡単には治らなかった。


呪いみたいだった。


気にすんなっていわれたら
それまでなんだけど
それで割り切れない不器用な人間が
きっとたくさんいるから


そんな少しの気遣いができる
背筋が伸びた大人になろ。


言葉は大切に。


それがあなたという人格を
作り上げると思う。






しがない大学生の
AM4時の戯言、

最後まで付き合ってくれた人が
もしもいたら

ありがとう、と
睡眠は大事、の

2言を送る。









最終更新日  2019.12.19 15:59:10
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.16
カテゴリ:留学日記
とっても悔しい思いをした。

少しも想定していなかった。


すべては3日前から始まった…笑

10年前の小学生の時から
敬愛してやまない小栗旬が



お色気むんむんに女たちを翻弄する映画が
(これが『人間失格』ね)
ついに台湾でも公開されると聞いて



ソッコーで映画を観に行ったの。
それが昨日。



わくわくなまま
プロローグを見ていたんだけど
どうやら小栗旬が出てこない。


おや??
何故アニメ?


違和感を感じたまま
しばらく期待していたんだけど

ここで気が付いた。


小栗旬の方ジャナイ『人間失格』だ…笑


なんと、
観に行ったのは



コレだった。


あほ過ぎる。ほんとに。


イケメンを拝みに行こうと思ったのに
なんかめっちゃくちゃ人が死ぬ
怖いSFアニメ映画だった。


名前が『人間失格 HUMAN LOST』
なのが良くない…('_')


写真を確認していなかったから
プロローグをある程度見進めるまで
気が付かなかった。


サンクコストで見続けちゃったけど
意外ととっても面白かったので
ついでに
映画内容の紹介をしようと思う。


この映画は太宰治の『人間失格』を大胆に大胆に大胆にアレンジをしたSF映画。
ほぼほぼ太宰治要素は薄れているけれど
キャラの名前やセリフに
少し共通するところがあった。

ただアニメとしてのクオリティが
めちゃくちゃ高いので
それ自体に文句はない。

名前はもう少し
変えてほしかったけど…笑


ストーリーは
以下の通り。
(映画サイトの引用だよ)


昭和111年、人々は医療の発達により、
病にかからず、傷の手当も
必要としない生活を送っている。
しかし、経済格差や死ねないことによる
退廃的倫理観、重度の
環境汚染が問題となっていた。

薬物に溺れる葉藏は
謎の男・正雄とともに
激しい闘争に巻き込まれる。
そこで不思議な力を持った少女に
命を救われ、自身も人と違う
力を持っていることを知る。

 
もうとにかく爆音で
激しいアクションシーンを
アニメならではの
現実離れした人の死に様を表現していた。

5割、耳塞いでた。笑
怖かった…。

でもやっぱりクオリティは高くて
宮野真守さんとかの実力派声優を使って
感情を声に乗せた感じでセリフが存在しているし

日本映画ならではの
繊細な画面。

痛烈に現代社会を批判している監督の性格の悪さ。笑
会ったことなんてもちろんないけど
伝わってきた、監督の人間性のひねくれ。笑

「年金復活」
「120歳人間合格式典」
「最強レベルの環境汚染」
「最新技能による人間の健康維持」

もう絶対にひねくれてるよ。笑


こうやって
不本意な形ではあったけど
普段自ら選ばないタイプの映画を観たことで
知らない世界観に出会えた気がした。


ある意味ラッキーだった('_')
優秀過ぎる美人ちゃんと
笑えるネタができたし
間違えてよかったと
ここに記しておく。

もし機会があったら
みてみてねー!!

血が苦手な人には
お勧めしないかもー!


















最終更新日  2019.12.16 19:00:07
コメント(0) | コメントを書く

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.