018698 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

中国人に日本で育てられた私は何人なんだろう

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

貧困問題

2020.03.14
XML
カテゴリ:貧困問題

中国は経済成長が目覚ましいが
一方で同国の農村地帯ではいまだに識字率が高くない。

私はこの識字率の低さは
いろんな問題を引き起こす元凶だと思うの。

実体験から思い知った
教育不足の恐ろしさ


実は今日、
しばらくぶりに父が
実家に帰ってきた。

私たち子どもの顔を見に来たらしい。
(父はとても私たちを愛してくれる)


母に隠れて、
父とこっそりランチをした笑



未熟であまのじゃくな私も
少しは成長して”聞き逃す能力”を身につけたので

父による母への悪口ラッシュや
ネガティブ自虐の嵐、
そしてずっと私の幸せを祈っているという重いワード攻撃も

すべてシュッシュッと程良く
かわせるようになってきた。


まだ弱い部分はあるから
うっかり泣いてしまいそうになった場面もあったが
何とか耐えた。


父から降り注がれる耳障りの悪い言葉たちを
心のとどめ過ぎずに聞き流しながら

”文字を知らない”ことの恐ろしさ
に震えていた。



きっと彼には自覚がないが、
彼は自分の気持ちを上手に言語化できていない。


彼が何か意見や見解を述べたとき、
何故そう思ったのかと問いただそうなら
途端にプライドという名の
心のシャッターを下ろしてしまう。


うまくそれを説明できなくて
もどかしいのかもしれない。


私も同じ気持ちになったことがある。


中国留学中、言語力がほぼなかった私は
中国人やその他留学生との会話の中で
思うように自分の意見を表現できなかった。


悔しかった。


片言の日本語によって育てられた幼少期の私は
特に語彙力が壊滅的で
思えば日本語での会話がうまくできなかった。
(過度なシャイだったのも原因の一つ)


だから、父のもどかしさ
なかなか理解してもらえない苦しさ
痛いほどわかる。


それなのに
冷酷な私は実の父親に
「本を読んで引き出し増やしなよ」
なんて冷たいことを言ってしまうのだ。


ソースはここでもやはり私自身の実体験。
(理由は一応あるのだ)

最近コロナウイルスの流行で旅に出られず
家に閉じ込められている間、
ほぼ毎日本を読んでいた。

するとあらゆる出来事に対して
一方的ではなく多角的な考え方ができて
柔らかい思考ができるようになってきた。

また自分の言いたいことを
適当な比喩を使って分かりやすく説明することも
以前に比べたら苦しくなくなってきた。


本を読むと、以前よりも生きやすくなる。

楽になった。


父にもそういう楽をしてほしいなと思って
提案をしてみたけれども、

父にとってはその目先の
”読む”こと自体
とんでもなく苦しいみたいで

改めて
人を変えることなどできないのだなあ
と思ってしまった。


文字を知って表現方法を増やすことは

時に自分を守り、
時に誰かを救う。


わたしは
そう思う。








最終更新日  2020.03.14 18:26:00
コメント(0) | コメントを書く


2020.01.27
カテゴリ:貧困問題
​​​​​​​​​たまにテレビで見る
世界の貧困の光景。



栄養失調で
お腹が膨れてしまっている子供や

ハエにたかられながら寝ている
ホームレスの子供

市場で物乞いをしている
障害のある子供…。


最後のパターンは
中国で嫌というほど目にしてきた。

見るたびに毎回
胸が張り裂けそうになる。


日本の貧困は基本的に
「相対的貧困率」によって分類されているが

途上国のそれは
「絶対的貧困率」という指標で考えられる。


絶対的貧困率の定義は
〈1日1.9ドル(200円強)未満で生活する人々〉で、

緊急事態が起きようものなら
あっという間に生活は崩壊


それが絶対的貧困というもの。

驚くことに世界には10人に1人
それにあたる。


貧困地区の「スラム」には
垢だらけの路地に日雇い労働者や失業者達が
あふれているらしい。


こういう場所は
・ビジネスエリア
・ダウンタウン
・スラム
と大体住み分けがされており、
日本のようにそれぞれが入り混じることはない。


だから日本の貧困の在り方と
途上国における貧困の在り方には
決定的な違いがあるという。


途上国のスラムは、

・土地を不法占拠している
・家が過密状態にある
・電気、水道、ガスなどの設備が不完全
・下水道設備が整っておらず非衛生的
・貧困者しか住んでいない

などの特徴がある。


こうしたスラムは長い年月をかけて
巨大化していく。


災害や紛争が起こるたびに
人々が故郷を捨てて
都会へと押し寄せてくる。

また、スラムに住む家族が
みな多産である。


これらの理由で
メガスラムと呼ばれるところには
数十万人が住んでいるらしい。

(メガスラム:インド、ナイジェリア、ブラジルなどの大きい国にある大きいスラムのこと)

キベラスラムは
「地球上でもっとも
人口密度が高い場所」

とまで言われていて、
電気や上下水道などライフラインが
不足している。

こんな状況では当然
病気で命を落とす子供が多い。

これが一番胸が痛む。


もう信じられないんだけど、
その地域の平均寿命は約30歳で

子供の5人に1人が
5歳の誕生日を迎える前に
死んでしまうらしい。


政府も国の税金だけで
支援することも難しくて、
結局海外の支援団体に丸投げしちゃう。

しかし彼らだって限られた予算の中で
何万人、何十万人という住民の
需要に完璧に答えるのは不可能だろう。


幼少期、母親によく言われたものだ。

「アフリカには食べ物に
ありつけない子もいるんだから
食べ残しダメよ!!」

彼らの実際の暮らしぶりが
とても気になる。


彼らはきっとそれなりに
幸せに暮らしているとは思うが、
彼らの生活水準を見たい。


リアルな姿を見てみたい。


2月にカンボジアへ行く。


戦争の跡地と処刑所の跡地、
そしてスラム街を見に行く。


どうか無事に帰れますように…。

​​​​​​​







最終更新日  2020.01.27 19:00:09
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.