662547 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

花の気持ち

全6件 (6件中 1-6件目)

1

書き留めておきたいこと

2012年03月11日
XML




恐怖と不安感が入り混じり、現実を受け止めるのだけで精一杯だったあの日



街中は騒然とし、上空ではヘリコプターが行き交う音が途絶えることのなかったあの日












ようやく開花までこぎつけた子や、ファーム直売所から連れてきたばかりの子達を




「大丈夫、大丈夫、絶対大丈夫だから」




と激しく動揺している自分に言い聞かせるように抱きしめたクリスマスローズ













1年が経ち、今、こうしてまたクリスマスローズを育てていられることのありがたさ





数々の悩みはありながらも、普通に生活していられる事がどれほどありがたいことなのかを














私は深く深く、思い噛み締め












東日本大震災でお亡くなりになられた多くの方々の御冥福をお祈りし



そして被災された方々が一日も早く元の生活に戻られることを願い











どんな小さなことでも自分に出来ることはずっと続けて行こう




と改めて心に刻んだ一日でした





(クリックするだけで募金が出来ます)







Last updated  2012年03月12日 12時27分03秒


2011年04月22日
テーマ:徒然日記(17653)



今朝方、母の夢を見ました


私の腕に抱かれたまま横たわっている母


その傍らにはいつも私を娘同様に接してくださっているご近所の奥様がいらして


その奥様と一言二言会話をしていました


すると病気で言葉を話せなくなってしまったはずの母がたどたどしい口ぶりで話をし始めたのです






tulip02p.gif






私はあまりの驚きにその場面で目が覚めました



な、何?何だったろう・・・



もしかして仏花を取替えてね、って事なのかな?



そういえばカーネーション、ちょっとくたびれはじめてたもんね。



ホント、お母さん、お花大好きだったね。









花を供えることは仏教の実践徳目波羅蜜の忍辱に通じ

自然界の厳しい環境に耐えてようやく咲く姿

もしくは供えられた後も耐え忍んで咲き続ける姿から

人間の仏に対する修行(忍辱)の誓いとして花を活けるとされる

ウィキペディアより







そっか、耐え忍んで咲き続ける姿か~



そんな感じの花もあるけどさ~



いくら耐え忍ぶ姿の花って言ったってさ~



咲き終わりの寄せ集めじゃマズイっしょ!


大笑い










オマケに下向いて咲いてるって良くないよね






と、目線を変えてみたところ・・・



お日様に向かっているお花が咲き始めていました



お母さん、教えてくれたの?



だとしたらありがとうございますダブルハート



今日お供えさせていただきますね









何にもしないくせに文句ばっかり言っていた反逆娘より・・・(^_^;)



tulip02p.gif







こんな素敵な親子が羨ましいな音符











「オマケ」






まず、左手を出してください。



そしたらピースをする。



人差し指と中指をくっつける。



それをおでこにくっつける。



そのままゆっくり下ろしながら

薬指も小指も伸ばして人差し指と中指にくっつける。



おでこから約90度地点で止める。



これを流れでやってみて下さい。





やっちゃった?





(^^)





あなたはいま

「え~、ご無沙汰してます古畑です」

とやってしまいました(^^)






ブログに載っていましたちょき









Kia Kaha!いっしょにがんばろうJAPAN & NEW ZEALAND 






Last updated  2013年06月09日 13時05分53秒
2009年09月11日


ところで、私たちが人間として生まれてきたことを考えますと、自分を人間としてこの世に生を


授けてくれた両親の縁をはじめ、その両親に縁を授けたそれぞれの祖父母、曽祖父母など


悠久の昔に遡る先祖の存在に感謝することこそが自分自身を見つめることにもなりますから


自分自身を大切にしようと思えばご先祖様を想うことです。





その先祖から続いた悠久の縁によって生まれた自らの命に対して、般若心経では


命の最後の最後まで念い(おもい)生命の使命が終わり霊魂が浄土へ無事に導かれていく事を祈って


「色即是空 空即是色」と唱えているのです。




そして霊魂は、過去、現在、未来という時間の境界を取り外し、私たちの小さな小さな生命を


大宇宙と一貫して繋がらせているのです。





終わり










うひゃ~難しかったです~(笑)






Last updated  2009年09月17日 16時00分47秒
2009年09月10日


輪廻転生を説く仏教では、自分はいつかまた生まれ変わるのだ、と説いています。


ただし命を粗末にしたり不当に奪ったりした場合には自らの霊魂が順風満帆に輪廻転生する事なく


六道(6種類の迷いある世界。天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道 )輪廻のうち


修羅道、畜生道、飢餓道、地獄道に転生して苦しむのみならず、道に外れた文字通り外道として


魔縁を得て、魔界に生きることになるか三障四魔と言う苦しみに満ちた世界のどちらかで


生き続けなくてはならなくなり、このことを仏教では「因果応報」と言っています。






色即是空に学ぶ 最終 に続く












Last updated  2009年09月17日 15時07分36秒
2009年09月09日



「人間は生まれて死に至るまで肉体と霊魂が一体となり私たちの生命を支えている」


と言うことを般若心経では教えています。


人間は単なる物体ではありません、自分が全く知らない親から子へ、子から孫へ、と言うように


何十代、何百代と連綿として遠い過去から生まれ出る命の蕾を膨らませています。




般若心経の「色即是空 空即是色」という一説は肉体の尊厳さと霊魂の荘厳さを説いています。


また、肉体と霊魂との一体を表すことで命の根本を語っています。


私たちの命は偶然ではなく遠い過去に決められており、巡り巡ってやがて両親の縁により


自分の命が授けられたのです。


そのたった一つの命を大切にしなかったとしたならば自分を他人も含めて次の命はないのです。






色即是空に学ぶ その3へ続く














Last updated  2009年09月17日 14時46分20秒
2009年09月08日


この日記は空いてしまった日記スペースを埋めることも兼ね

菩提寺のご住職から教えられたことの書き止め日記です








「般若心経」は観自在菩薩(観音菩薩)がお釈迦様の釈迦十大弟子中において


智慧(ちえ)第一と称される舎利子に対する呼びかけから始まります。





舎利子はお釈迦様より先に亡くなられたため、お釈迦様は大変その死を惜しまれました。


そこでお釈迦様は観自在菩薩を通して既に彼岸へと旅立たれている舎利子に教えを説かれました。





そもそも観自在菩薩とは、阿弥陀如来様が死者の霊魂を極楽浄土へと導かれるために


死者の許へと来迎される際それに従ってやってくる菩薩であり、人々が生きる此岸(しがん)と


死者が行く彼岸との間を自由に往来します。





このことからも観自在菩薩自身が霊魂そのものだと考えることが出来ます。


こうして観自在菩薩は此岸と彼岸とを自在に往来しながらお釈迦様の教えを説いていくのです。





また、「色即是空 空即是色」という般若心経の代表的な一説を理解するために「色」を肉体


「空」を霊魂、に置き換えてみます。


すると「肉体はすなわち霊魂で霊魂はすなわち肉体である」という解釈が得られます。





つまり人間の肉体を支配しているのは霊魂であり、その霊魂が宿っているのは肉体なのだと言う事を


「色即是空 空即是色」と般若心経では表現しているのです。





色即是空に学ぶ その2に続く










Last updated  2009年09月17日 14時27分47秒

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.