087248 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

FLOWER GARDEN 2

flower4

★★★★2015.2.22★★★★

koukoさん、じゅんちさん、えりさん、はぜいちさん。
みなさん、お元気ですか?
今、「桐一葉」と言うペンネームで、
『野いちご』という携帯サイトで
今もまだ書いています。
この続きもやがて加筆修正して載せます。
長い間、連絡できずすみません。
頑張って書いていますので、
良かったら遊びに来てください。
待っています。


■ 今までのあらすじ 

1960年代後半。

北アイルランドで、貧しくとも温かい家庭に包まれて育ったアリシアとジョージ。
しかし、幼くして両親を事故により亡くした2人は母方の祖父ヘイワーズ家に引き取られ、やがて、愛し合うようになる。

そんな中、アリシアは祖父の言いつけにより15歳の誕生日にエドワード・マッカーシーと婚約し、ジョージは、陸軍仕官学校へと入れられる。

だが、どうしてもジョージに会いたいアリシアは、家庭教師である藤枝先生の協力のもと、一緒にジョージのいるNYへの旅を始める。

そして、漸く再会を果たし、アリシアとジョージは愛を確かめ合うが、再び引き離され、アリシアはボストンに戻る。

その後アリシアは、再会した藤枝先生を愛している事に気付き結ばれるが、同時にジョージの死により先生に別れを告げる。

それから、1年。エドと結婚したアリシア。
だけど、死んでいたと思っていたはずのジョージが生きていた。
喜びも束の間、彼は以前の彼とは違っていて……

--------------------------------------------------------------------
【登場人物】
■アリシア・マッカーシー
ハニーブロンドに碧眼の比類なき美貌の持ち主。
ジョージを愛しながらも、藤枝先生を愛してしまったことに苦悩する。
ジョージの死後、藤枝先生と別れ、エドワードと結婚する。
だけど、ジョージが生きていることを知り……


■ジョージ・アンダーソン(ヘイワーズ/オブライエン)
アリシアの兄。両親亡き後、アリシアを守る為に自分の将来をも犠牲にし、
祖父との契約により陸軍士官学校に入る。
やっと会えたアリシアと再び結ばれたが、祖父の命令により、アンダーソン家へ養子に出される。
不慮の海難事故により死亡と推定されたが、無事生還を果たす。しかし……

■藤枝哲也(藤枝先生)
アリシアに想いを寄せるアリシアとジョージの日本語の家庭教師。
彼女と旅をしているうちに、その想いは届いて……。
その後、アリシアと結ばれるもジョージの死により、アリシアと別れる。
だけど、今もアリシアを愛している。

■エドワード・マッカーシー
アリシアの夫。アリシアとジョージの母オリビアの元恋人でもあったが、かつてその仲を、ヘイワーズ氏により猛反対される。
ジョージの死後、彼の父親であった事が判明する。

--------------------------------------------------------------------

投票 ←アルファポリスに参加中です!d( ̄◇ ̄)b
←アルファポリスのサイトです
2009.07.22
XML
カテゴリ:第3章 約束の地へ

リンは台所のシンクに寄り掛かると、腕を組み、僕を威圧的に見つめ笑った。

「君はどれだけのことを知っているのか?」
「……」
「まぁ、いいさ」
リンはふっと笑うと、シンクの横にあった灰皿を引き寄せ、煙草に手を伸ばした。

「ミセス・マッカーシーは、君達とマッカーシー、ヘイワーズ……そしてヒトラー提督との密約を知らんようだな」

リンの言葉に僕は思わず息を飲んだ。
どこまで知っているんだ……
この男は……

「人類史上最大にして、最悪の悲劇『ホロコースト』が、同時に人類史上始まって以来の壮大な茶番だったことは、聞き及んでいたかな?」

僕の心音は彼に伝わってしまうのではないかと思うほどに、そのリズムが乱れ、喉の奥に突然大きな鉛を飲み込んだような錯覚を覚えた。

「君達とマッカーシー家、そしてヘイワーズ家の歴史は、そう、日露戦争にまで遡る……」
「アリシアが帰ったと言うのなら、僕も帰らせて頂きます!」
「そう言う訳には行かないんだよ、坊や」

その場を立ち去ろうドアノブに手を掛けたが、リンの鋭い眼光が僕をその場に立ち竦ませた。
リンは煙草の火をつけると、ゆっくりと震える息の合間から煙草の煙を吐き出した。

「我々も合衆国も、君やマッカーシーを敵に回すほど愚かではない。だが、君達が約束を守らなければ……どうなるかな?」
「僕には何のことだか……あなたが何を言おうとしているのか、さっぱり分かりません」

リンはもう一度、ゆっくり煙を吐くと、唇を歪ませた。

「君は聞いたはずだ。合衆国に来る前に。君の家で代々伝えられるべき秘密を。行うべき行動を」
「僕がここに来たのは大学で勉強するためです。家のことなんか関係ない」

リンは僕の反論などお構いなしに、煙草を掌で握り潰し、話を続けた。

「ミセス・マッカーシーが、君達の本性を知って正気でいられるかな?」
「脅すつもりか?」
「ふっ。ようやく、話し合いのテーブルに着く気になったようだな」
「彼女に何かあったら……」
「僕を八つ裂きにする、か?」
「当たらずとも遠からずだ」
「面白い。では、そのギリギリのラインでの交渉を我々は楽しむことにしよう」

リンは口の端を上げると、右手を差し出してきた。
僕はその手を無視すると、窓辺まで歩き、扉を開けた。

アリシア、ごめん。
僕は君を守りたかった。
本当にただ、それだけだった。

目を閉じ、息を深く吸い込むと、僕はリンの方に向き直った。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ
↑ランキングに参加しています♪押して頂けるとターっと木に登ります
「フラワーガーデン1」はこちらです。良かったらお楽しみ下さい♪








Last updated  2009.07.22 23:38:02
コメント(0) | コメントを書く

PR

Comments

小山千鶴@ Re:ひさしぶり・・・(06/20) koukoさん ご無沙汰しています。 本当に…
kouko@ ひさしぶり・・・ ご無沙汰です。 元気にしてますか?再開…

Favorite Blog

姫路城とコンウィ城… 47弦の詩人さん

虹の空 じゅんち336さん
二十歳で母の、小説… 吉田なさこうさん
Emy's おやすみ前に… emy&acoさん
片桐早希 おむすび… 片桐早希さん

Freepage List

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Profile


小山千鶴

Calendar

Recent Posts

Category


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.