125645 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アトリエ花空間

PR

プロフィール


flowerphoto

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

お茶時間<Hanoen> Hanoenさん
☆南青山のセレブな経… ☆南青山経営コンサルタント☆さん
◆Flower Spot◆ ♪*Keiko・・・・*♪さん
社長を元気にする!… Sachikok.Kodamaさん
お花と私のlovely生活 babypinkmilkさん


フローラルクリエーターとして、フォトグラファーとしての活動日記です。

「イベント、ブライダル装飾」「生けこみ」「作品制作」「ブライダル撮影」「フラワー、ポートレート撮影」

など、お仕事のお問い合わせ先はこちらへ chayashi@mbf.ocn.ne.jp


2019/01/26
XML
カテゴリ:花空間デザイン
みなさん、こんにちは!
花空間デザイナーの林千恵です。

私の考える「いけばな」作品の提案ということで
6月初旬に制作予定の作品をご紹介させていただきます。



■作品解説
この度の作品は、水と植物のコラボレーション作品です。

水は、島国に住む私たちにとって欠かすことのできない存在であり、生命体を育む基本です。
日本文化の多くは水を伝って伝来し、
水面はあの世とこの世を結ぶものとも考えられています。

ただただ生きようとする生命エネルギーをもつ植物。
『自然の変化とか生命は、人工では到底考えられないほど別格なもので、
そういう別格の美しさは、神様が創られた。これを人間が利用してその恩をこうむる』
と花伝書にあるように、
植物そのものの美しさを大切にし、
万葉集の時代より愛され10日の間に変化し続ける初夏を代表する花「紅花」と、
生命力が強く霊力を持つと言われる「柳」を用い、
宇宙エネルギーのカタチ「うずまき」を現します。


■作品制作にあたって
私がいけばなを始めて20数年となります。
その年月、いけばなと関わっていく中で、
私にとって「花をいけることとは何か?」の探求でした。
そして今現在の私が導きだしたものは、日本文化の根底に深く息づく思想との共鳴です。
先人から我が師までつながれるもの。
ひとつとして同じものがない植物であるからこそ、
型のみで伝授しきることの出来ないいけばなを、
心から心へ、行いとして、あり方として伝えることである以心伝心。

常に違う表情を現す植物であるからこその一期一会。

余白の中に作者と見手とのコミュニケーションをおこし、
各々の想像により自ら美を見出すことを意図するいけばな芸術。

21世紀に生きる私が、いけばなで現したいこと、伝えたいことです。






■使用予定花材・資材

 

花材:ウンリュウ柳 2m  ×130本

:ウンリュウ柳 2.5m×5本

:ウンリュウ柳 3m   ×5本

:紅花          ×120本

 

黒鉄花器:200×10×H10㎝  1個

:160×25×H10㎝  2個

黒鉄花器:100×23×H10㎝  1個


4メートル角程度のスペースをいただき
360度どこからでもご覧いただけます。
どのような角度から作品へ歩み寄り、アプローチしてくるか
ご覧いただく角度や目線によって、あらゆる表情を見せる作品です。

紅花は開花が早く、つぼみの黄緑色からオレンジ・赤になるまでの過程も美しく
生のままでも、ドライとしても楽しめる花材
展示期間の10日の間に、つぼみからドライへと
次々に開花し、色やその様子が変化していく過程を楽しめます。
柳は枝を切った断面、まっすぐ伸びる様子、弾力があり荒々しく勢いある枝の感じ
いろいろな表情を感じていただけるよう作成します。

地面にはキラリと光る水を鉄花器に注ぎます。
ご覧いただく方が、この作品とどう向きあい、
何を感じ、何を持ちかえっていただけるのか
そんなことを考え企画してみました。









最終更新日  2019/01/26 02:10:07 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.