1453397 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

プロフィール


Thousand and One Nights

カテゴリ

バックナンバー

サイド自由欄

できるだけ多くの方に中東について知っていただきたいので、ブログランキングに参加することにいたしました。ご協力お願いいたします。読んでいただきましたら、1日1回下のリンクをクリックしてくださいね。


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご旅行に関するお問い合わせは「Picturesque Jordan(http://picturesque-jordan.com/)」まで。中東旅行・ヨルダン観光のことなら何でもお気軽にご相談くださいませ。

カレンダー

2010.12.05
XML

12月になりました。今年もあと少しで終わり・・・。本当に時の経つのって早いですね。ブログの更新を怠っているにも関わらず、たくさんの方が毎日ブログを訪問してくださっているようで、ありがとうございます。クリスマスから年末年始にかけての中東ご旅行に向けて、このブログを読んでくださっている方も多いことと思います。

今日は死海博物館のご紹介。ヨルダンには幾つかの博物館がありますが、どの博物館も名ばかりで・・・ほとんど整備されておらず、全くもって充実していないのが現状。そんな中で一番新しい博物館がこの「死海博物館」。この博物館は「Dead Sea パノラマ・コンプレックス」という最近建てられた建物の中に入っています。

このDead Sea パノラマ・コンプレックスは、ヨルダンのRSCN (王立自然保護協会) が管理・管轄する建物。死海のリゾートホテルエリアからは15KMほど離れた場所にあり、死海を眼下に望む岸壁に建てられています。

眼下の死海とごつごつした岩山が対照的 死海パノラマコンプレックス

お車がないとアクセスは非常に難しいのですが・・・。死海エリアにご宿泊の方は、ぜひ足を延ばしてみてくださいね。この博物館、まだまだ内容は充実していないとはいえ、RSCN もかなり力を入れている様子。死海の成り立ち、死海付近の環境、地理的特徴などなど・・・死海に関する情報なら何でも(???)手に入ります。

どんどんちっちゃくなる死海死海が年々小さくなっているのは皆様、ご存知でしたか? 死海の水面は毎年30センチずつ下がっているのです。このままでは近い将来死海がなくなってしまうといわれています。現在、アカバ港が面する紅海から死海まで水を引くプロジェクトが進行中。死海保存に向けての試みです。

パノラマコンプレックスから眼下に死海を見下ろします 

パノラマ・コンプレックスから眼下に見下ろす死海はまさに絶景。周りのゴツゴツした白い岩肌と青い死海のコントラストが得も言われぬ美しさを作り出します。

見下ろす死海はまさに絶景

眼下には死海、眼前には死海の向こう側、パレスチナが広がります。さて、このコンプレックスには死海博物館のほかに、会議室やレストランも入っています。レストランはハママトマインにある Evason Main ホテルが所有するもの。死海を眼下に見下ろしながらいただくお食事は、格別です。営業時間はお昼の12時から夜の9時。私が訪れたのは猛暑のまっ最中でしたから、照りつける日差しが最高潮に達するお昼の12時にお食事は到底できない状況。もちろんお客さんも誰もいませんでした・・・。この日はうだるような日差しでした。夏にはちょっとお勧めできませんね。

まだまだ知られていないこのパノラマ・コンプレックス。死海に来られた方は、この絶景だけでも見る価値ありかもしれませんよ。お時間の余裕のある方は、ぜひどうぞ!!


足跡年末年始は中東で。http://picturesque-jordan.jp/japanese.aspx






最終更新日  2010.12.06 07:18:21

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.