1812181 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

プロフィール


Thousand and One Nights

カテゴリ

カテゴリ未分類

(13)

ヨルダン生活編

(293)

旅行記:″ヨルダンの風景便り″シリーズ

(72)

アラビアンナイトの国―オマーン情報

(30)

乳と蜜の流れる約束の地―イスラエル情報

(27)

Great Persia の世界 イラン情報

(8)

東と西が出会う国 トルコ情報

(97)

悠久のエジプト

(4)

ワディラムの情報

(22)

アラブとは何ぞや? アラブを徹底的に分析

(19)

徒然なるままに、わたくしごと

(150)

あれこれ アラブ世界

(142)

ぶらっとアンマン

(46)

おいしい! アラブ料理

(51)

おススメの観光スポット

(30)

旅行前にチェック! ヨルダン旅行のヒント

(43)

ショッピング in ヨルダン

(18)

シロウトによるアラビア語うんちく

(22)

ヨルダンの現地旅行会社

(17)

ヨルダンから中東のほかの国々へ

(28)

もっときれいになりたい! アラブ式美容法

(14)

海外レンタカー

(2)

最新のツアー情報

(25)

シリア事情あれこれ

(44)

ヨルダン:ムジブ保護区

(12)

ヨルダン:アジュルーン保護区

(6)

ヨルダン:ダーナ保護区

(12)

レバノン生活編

(31)

中東の治安情報あれこれ

(2)

徒然なるままに雑学

(1)

あんなホテルこんなホテル 中東のホテル

(17)

日本人アテンド小話

(5)

スペイン生活編

(9)

珍ヨーロッパ滞在記

(24)

我流レシピ集

(1)

ワタシハ猫ニナリタイ

(10)

掲示板:緊急のお知らせ

(5)

イスタンブール生活編

(1)

バックナンバー

サイド自由欄

できるだけ多くの方に中東について知っていただきたいので、ブログランキングに参加することにいたしました。ご協力お願いいたします。読んでいただきましたら、1日1回下のリンクをクリックしてくださいね。


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご旅行に関するお問い合わせは「Picturesque Jordan(http://picturesque-jordan.com/)」まで。中東旅行・ヨルダン観光のことなら何でもお気軽にご相談くださいませ。

カレンダー

2010.12.07
XML
中東といえば聖書の地。古(いにしえ)の過去からイエス・キリストに至るまでの数千年、聖書に登場する様々な人物が行き廻り、数々のドラマを繰り広げました。ヨルダンも聖書にたびたび登場します。とはいえ、聖書時代にヨルダンという国はありませんでした。ヨルダンには聖書にちなんだ場所が数多く残されています。

そんな名所の一つが、今日ご紹介するムカーウィル。バプテストのヨハネがヘロデによって打ち首にされた場所と言われています。とはいえ、実は本当の現場だったかどうかは不明。ヨハネの打ち首現場といわれる場所は別にもう一つあり、そちらの説のほうが有力といわれています。そんな訳でかどうか知りませんが、このムカーウィルは訪れる観光客の少ないひっそりとした観光地となっています。

やっと頂上に着きました 頂上の遺跡 小高い山の頂上にある遺跡

ヨハネの打ち首ってなんじゃらほい? と思われる方も多いことでしょう。少し簡単にご説明しますと・・・バプテストのヨハネはヨルダン川で人々にバプテスマを施していたことから、この名前で知られています。イエスの親族であったといわれています。

ヨハネはヘロデ王によって投獄されていたのですが、ヘロデ王のいわゆる内縁の妻ヘロデアはかねてからヨハネを憎んでいまして、殺したいと思っていたのです。そんなとき、格好のチャンスが訪れました。ヘロデアの連れ子サロメがヘロデ王の宴会の席で踊りを見せてヘロデ王を大変喜ばせたのです。

ヘロデ王はみんなの前でサロメに「何でも欲しいものを与えよう」と誓いました。サロメが求めたものは・・・「バプテストのヨハネの首を大皿に載せて,ここでわたしにお与えください」(マタイ14:8)。これはもちろん母親ヘロデアの指示によるもの。ヘロデは深く憂えたのですが、自分の大言を取り消すことはできず、体裁を取り繕うためにヨハネの打ち首を命じます。

ヨハネの首は大皿に乗せて運びこまれ、サロメに、そしてヘロデアのもとに運ばれました。

頂上に見えるのがムカーウィルの遺跡

さてこのムカーウィル、小高い丘の頂上にあります(紫の矢印の部分が遺跡)。ビジターセンターから延々と歩いて登っていかねばなりません。かなりの距離と運動量。車はビジターセンターまでしか入れませんので、あとは徒歩で。

ビジターセンターがはるか遠くに見えます ひたすら歩く道

左上の写真は振り返ってビジターセンターを撮ったもの。黄色の矢印がビジターセンターの場所です。かなり歩いたことがお分かりになるかと思います。でも頂上の遺跡から見渡す景色は最高です。遺跡には何の説明もなく、幾つかの円柱が残っているだけ。健脚の方にはお勧めの観光地です。


足跡新春の中東情緒をお楽しみください。http://picturesque-jordan.com/






最終更新日  2012.04.12 00:14:57

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.