1966712 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

プロフィール


Thousand and One Nights

カテゴリ

カテゴリ未分類

(14)

ヨルダン生活編

(293)

旅行記:″ヨルダンの風景便り″シリーズ

(74)

アラビアンナイトの国―オマーン情報

(30)

乳と蜜の流れる約束の地―イスラエル情報

(27)

Great Persia の世界 イラン情報

(10)

東と西が出会う国 トルコ情報

(119)

悠久のエジプト

(4)

ワディラムの情報

(24)

アラブとは何ぞや? アラブを徹底的に分析

(19)

徒然なるままに、わたくしごと

(158)

あれこれ アラブ世界

(143)

ぶらっとアンマン

(46)

おいしい! アラブ料理

(52)

おススメの観光スポット

(30)

旅行前にチェック! ヨルダン旅行のヒント

(45)

ショッピング in ヨルダン

(18)

シロウトによるアラビア語うんちく

(22)

ヨルダンの現地旅行会社

(17)

ヨルダンから中東のほかの国々へ

(28)

もっときれいになりたい! アラブ式美容法

(14)

海外レンタカー

(2)

最新のツアー情報

(27)

シリア事情あれこれ

(44)

ヨルダン:ムジブ保護区

(12)

ヨルダン:アジュルーン保護区

(6)

ヨルダン:ダーナ保護区

(12)

レバノン生活編

(31)

中東の治安情報あれこれ

(3)

徒然なるままに雑学

(1)

あんなホテルこんなホテル 中東のホテル

(17)

日本人アテンド小話

(5)

スペイン生活編

(9)

珍ヨーロッパ滞在記

(24)

我流レシピ集

(1)

ワタシハ猫ニナリタイ

(11)

掲示板:緊急のお知らせ

(5)

イスタンブール生活編

(1)

サウジアラビア情報

(2)

ツーリストビザ解禁! サウジ情報

(4)

バックナンバー

サイド自由欄

できるだけ多くの方に中東について知っていただきたいので、ブログランキングに参加することにいたしました。ご協力お願いいたします。読んでいただきましたら、1日1回下のリンクをクリックしてくださいね。


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご旅行に関するお問い合わせは「Picturesque Jordan(http://picturesque-jordan.com/)」まで。中東旅行・ヨルダン観光のことなら何でもお気軽にご相談くださいませ。

カレンダー

2011.05.03
XML

レバノンと一言(ひとこと)でいっても、この国に住むのはレバノン人だけではありません。レバノンは多宗教・多人種国家。アルメニア人やクルド人、シリア人など様々な人種が入り乱れて生活しています。観光で来られる日本人のお客様からすればアルメニア人もクルド人もシリア人もレバノン人も見分けがつかないと思います。顔の構造が似ているんですから仕方ないですよね。

顔の彫りが深くて、お目めぱっちり、まつ毛がクルン、立派な眉毛に全身を覆うもじゃもじゃの毛…男性を例にとりますと、レバノン人、シリア人、クルド人に関わりなく これが彼らの身体的描写です。が、見慣れてくると、少しずつ違いが分かるようになります。

レバノン人は日本人のさらに上 (?) をいっています。日本人と中国人の違いが分からないというのは分かりますが、日本人とインド人・フィリピン人・スリランカ人もみな同じ顔だと主張します。ここまで来ると、「ちょっと、おたくの目に問題あるんちゃうん?」と言いたくもなりますが(笑)。この点、ヨルダン人やシリア人のお目めにはそれほど問題がなく、レバノン人のお目めにとりわけ問題があるようです。

そんな風にインド人と日本人との見分けすらつかないレバノン人、特にレバノン人男性にありがちな傾向ですが、レバノン人だということに不必要な誇りを持ち、ともすれば他の民族や人種を見下げる傾向にあります。そんな彼らに「あんた、クルド人?」などと聞くと、顔を真っ赤にして憤慨します。「俺様はレバノン人だ!! なぜそれが分からん? クルド人かなんて聞くな」というわけです。

なんたって、俺、の世界ですから。

人のことはインド人だと決めてかかるくせに、自分が同じこと (というか、それよりずっとレベルの高いこと) をされると憤慨するというのは極めて矛盾しています。が、こうした明らかな矛盾も中東では日常茶飯事。

なんたって、俺、の世界ですから。

ときどき私の中の「イジワル虫」が悪さをし、私はわざと「あんた、クルド人?」「あんた、シリア人?」とレバノン人男性に聞くことがあります。むふっ。どういう対応を相手がするか分かっているんですけど。このイジワル虫がモゾッと動くのは、あまりにも横柄なレバノン人男性に対してだけ。ちょっぴりからかってみたくなるんです。プライドを身にまとってカッコいいと思い込んでいる「裸の王様」には、これくらいの可愛いイジワルしてもいいですよね??

地球は一つ

レバノン人の持つ「誇り・プライド」が内戦の原因でもあり、経済上の発展を妨げるものであり、レバノンをいまだに第3世界に押しとどめている主な理由でもあります。

注) アラブは全体として誇り高き国民と言われますが、レバノン人のそれは他のアラブ諸国をはるかに上回ります。なので、今日のブログの内容は、レバノン人だけに当てはまります。同じアラブでもヨルダンやシリアでは国民性が異なります。

小さな小さな国の中で威張り散らしてても、何にもならへんで~。世界は広いんやから。・・・って言っても分からへんやろなぁ。なんせプライドが高いから(笑)

ちなみに題名に、有名なジェーン・オースティンの小説名「プライドと偏見」(Pride and Prejedice) を使っていますが、今日の本文とオースティンの素晴らしい名作には何の関係もありません!! オースティン・ファンの方、ごめんなさいね~。


足跡中東旅行のことなら http://picturesque-jordan.jp/japanese.aspx まで。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ         ブログランキング  応援してくださる方はクリックしてくださいね。







最終更新日  2011.05.04 22:05:43
[あれこれ アラブ世界] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.