000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

楽天プロフィール


Thousand and One Nightsさん

絵のような風景を求めて―中東散策

フォローする

カテゴリ

バックナンバー

サイド自由欄

できるだけ多くの方に中東について知っていただきたいので、ブログランキングに参加することにいたしました。ご協力お願いいたします。読んでいただきましたら、1日1回下のリンクをクリックしてくださいね。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご旅行に関するお問い合わせは「Picturesque Jordan(http://picturesque-jordan.com/)」まで。中東旅行・ヨルダン観光のことなら何でもお気軽にご相談くださいませ。

カレンダー

2011.07.14
XML
2010年8月にいらしたお客様からの旅行記です。私がブログにムジブ保護区についてたまたまアップしたのがご旅行の直前でした。是非ツアーに含めたいというご要望をいただきました。少しキュウキュウのプランになりましたが、とても楽しんでいただけたようで嬉しく思います。

四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉

木村様

こんばんは。7月31日~8月3日のヨルダン滞在では、お世話になり、ありがとうございました。たった4日間の滞在にも関わらず、思う存分、それはもうめーいっぱい、楽しませていただきました。それもこれも、木村さんのおかげです。本当にありがとうございました。

ヨルダンは、ほんとうにおもしろい国でした。そして、とても優しい国だと感じました。観光客に慣れた人たちは別として、ちょっと街中を歩くと本当にみんな親切で。ヨルダンに来るまでは、心のどこかで構えていた部分もあったので、びっくりするやら、ほっとするやら・・・(アハマドさんが一緒だったことも大いにあると思いますが)。町の薬局でも、雑貨屋でも、シュワルマの売店でも、ほんの少しの会話だったりするのですが、本当に楽しませていただきました。

あと、アハマドさんと離れて二人で行動すると、あっというまに声をかけられて。さすが“日本人女子”ですね。人生最大 ? のモテ期を体験しました(笑) あ、心配しないでください。どの方のお誘いも丁重にお断りしましたので。

ムジブでのガイドの件ですが、前日に手配の電話をしていただき、ありがとうございました。残念ながら、行ってみたら年配の責任者の方に「ガイドは付けられない」と言われてしまい、結局二人で挑戦してきました。女 2 人での挑戦はかなりハードでした。正直、一番最後の滝は 2 人では越えられなかったと思います。偶然通りかかった男性が助けてくださったのでどうにかたどり着くことができましたが、もし、そのグループにあの場所で会っていなかったら・・・リタイアしていたかも・・・

景観は、木村さんが「ムジブに先に行っていたら、ぺトラの感動は半減かも」とおっしゃっていたのがよく分かるほどの美しさでした。本当に、ガイドなしでも勇気を出して行ってよかったと思います。木村さんが、ご自身のブログで紹介してくださったおかげです。最後の最後に、行き先に加えていただいて、本当によかったと思っています。

(ガイドの件、実は、最後の滝のところで助けてくださった男性がムジブのスタッフさんでした。トレッキングを終えてビジターセンターに戻った時に発覚しました。おそらく、私たちのために待っていたガイドさんが、私たちよりも先に到着した他の女性 2 人のグループのガイドとして出発してしまっていたというのが実情のようです。ま、海外ではよくある話。仕方ないですね。)

ムジブで、「シーク」の中をトレッキングしたので、ぺトラでは 7 時の開園と同時にチケットを購入、入場して、馬車でシークを駆け抜けて、まだほとんど人がいないエルハズネを味わいました。テレビで何度も観たエルハズネですが、やっぱり本物は違いました。美しい!!!しかも、まだ人のいないシークを、ひんやりとした朝の風をきって、馬の蹄のパカパカという音を聞きながら走るのもまた気持ちのいいものでした。

さらに、そこからロバに乗って(ムジブで使う予定だったガイド代を活用(笑))、一気にモナストリーまで直行。また、ほとんど誰もいないモナストリーの日陰に座って、雰囲気を味わいました。モナストリーでは 2 時間ほどのんびりしました。山頂だからなのか、すごく風が気持ちよかったんです。だからつい、日陰に座り込んでのんびりと(^-^)

モナストリーからの帰り道は、さすがに自分たちの足でちゃんと歩きました(笑) あっちこっち見ながら、うろうろしながら。ここはさすがに暑かったですね。。。片道だけ、乗り物を駆使してほとんど歩かずに行って正解でした。お金かかりましたけど(^^ゞ

ぺトラのチケットを自分たちで買ったのは、自分たちのペースで過ごしたかったので「自分で買う」と私から申し出ました。カラクが思いのほか良かったので(城も町も人も!)、カラクでかなりゆっくりしてしまい、ワディ・ムーサへ到着したときには、チケットセンターがすでに閉まっていたんです。

アハマドさんは、せめてペトラバイナイトのチケットの手配をすると言ってくれたので、そこはお言葉に甘えました。私たちの「自分でやる」という希望通りにしていただいただけなので、アハマドさんがさぼったわけではないですから、心配しないでくださいね。

最終日も、出発の時間を早めていただいたおかげで、アンマン市内を楽しむことができました。少し駆け足でしたが、私の行きたかったモスクも、友人のしたかった買い物もどちらも希望をかなえて頂きました。ありがとうございました。

たった 4 日間とは思えないほど、あれもこれも、やりたいことを全てやらせていただき、私も友人も大満足の旅でした。木村さんのおかげです。本当にありがとうございました。

水曜日の深夜に帰宅し、木・金と旅行で疲れた体に鞭打って働いて、今ようやくお礼のメールを書くことができてほっとしています。

四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉四つ葉

7月8月はヨルダンで最も過酷な気候。遺跡内は灼熱となり、かなり体力を消耗します。もちろん乾燥していて湿度がない分、灼熱でも過ごしやすいことは過ごしやすいのですが、でもなんせ暑い!! じりじりとお肌が焦げていきます。

このお客様の一味違ったぺトラ観光の方法、皆さまもご参考になさってくださいね。遺跡が開くと同時(朝7時)に遺跡内に入り、馬車とロバを駆使して頂上までズイとひとっ飛び。それから下りは徒歩で…という素晴らしいアイデア!! 脱帽です。

ムジブ保護区は私のお勧め観光スポットです。 ムジブについてはブログで詳しくご紹介しております(http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201006300000/)。皆さまも騙されたと思ってぜひぜひムジブへお越しくださいませ。決して後悔なさいませんよっ。ウィンク


足跡夏休みはヨルダン散歩。http://picturesque-jordan.jp/japanese.aspx






最終更新日  2013.03.03 06:36:58
[旅行記:″ヨルダンの風景便り″シリーズ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.