1967644 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

プロフィール


Thousand and One Nights

カテゴリ

カテゴリ未分類

(14)

ヨルダン生活編

(293)

旅行記:″ヨルダンの風景便り″シリーズ

(74)

アラビアンナイトの国―オマーン情報

(30)

乳と蜜の流れる約束の地―イスラエル情報

(27)

Great Persia の世界 イラン情報

(10)

東と西が出会う国 トルコ情報

(119)

悠久のエジプト

(4)

ワディラムの情報

(24)

アラブとは何ぞや? アラブを徹底的に分析

(19)

徒然なるままに、わたくしごと

(158)

あれこれ アラブ世界

(143)

ぶらっとアンマン

(46)

おいしい! アラブ料理

(52)

おススメの観光スポット

(30)

旅行前にチェック! ヨルダン旅行のヒント

(45)

ショッピング in ヨルダン

(18)

シロウトによるアラビア語うんちく

(22)

ヨルダンの現地旅行会社

(17)

ヨルダンから中東のほかの国々へ

(28)

もっときれいになりたい! アラブ式美容法

(14)

海外レンタカー

(2)

最新のツアー情報

(27)

シリア事情あれこれ

(44)

ヨルダン:ムジブ保護区

(12)

ヨルダン:アジュルーン保護区

(6)

ヨルダン:ダーナ保護区

(12)

レバノン生活編

(31)

中東の治安情報あれこれ

(3)

徒然なるままに雑学

(1)

あんなホテルこんなホテル 中東のホテル

(17)

日本人アテンド小話

(5)

スペイン生活編

(9)

珍ヨーロッパ滞在記

(24)

我流レシピ集

(1)

ワタシハ猫ニナリタイ

(11)

掲示板:緊急のお知らせ

(5)

イスタンブール生活編

(1)

サウジアラビア情報

(2)

ツーリストビザ解禁! サウジ情報

(4)

バックナンバー

サイド自由欄

できるだけ多くの方に中東について知っていただきたいので、ブログランキングに参加することにいたしました。ご協力お願いいたします。読んでいただきましたら、1日1回下のリンクをクリックしてくださいね。


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご旅行に関するお問い合わせは「Picturesque Jordan(http://picturesque-jordan.com/)」まで。中東旅行・ヨルダン観光のことなら何でもお気軽にご相談くださいませ。

カレンダー

2012.11.08
XML

先回のブログでは、中東生活のうっ憤を晴らすかのようにアラブ男性への挑戦状をたたきつけました(http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201211060000/ ) パンチ。アラブ世界で暮らすのはけっこう大変なことです。それでも中東の魅力に惹きつけられて5年目。

「何がそんなに魅力なんですか?」と聞かれることがありますが、ひとことで言うと…そうですね、中東に眠る「ダイヤモンドの原石」に惹きつけられているのだと思います。ダイヤモンド? ヨルダンにダイヤモンドがあったのか? と思われた方、この場合の「ダイヤモンドの原石」とは、文字通りのダイヤモンドのことではありません。

どの国にも良い人と悪い人がいます。中東でもそう。中東の場合、悪い人の割合が他に国と比べて少し (いや、かなり?) 高いだけで、良い人もたくさんいます。私の場合、先回のブログで書いたような「毛深いだけが取り柄の情けない男 ショック」に会う確率も非常に高いですが、その反面、素晴らしい人格の持ち主 (男性女性を問わず) に会うこともあります。

中東に眠るダイヤモンドの原石たち

そんな人たちを私は「ダイヤモンドの原石」と思って、非常にいとおしく感じてしまうのです。研磨されたダイヤモンドはさん然と輝きますが,未加工のものはただ鈍く光るだけです。とはいえ、未加工のダイヤモンドは美しい宝石になる潜在能力を内部に秘めています。

私が日常的に出会う人たちー私の友達を含めて―の中には、とことんアラブでありながらも、キラリと光る何かを持っている人たちがいます。アラブ世界は第3世界と呼ばれ、いろんな面で遅れているし、がっかりさせられることも多い。腹の立つこともいーーっぱいありますが、そんな一部の人たちが持つキラリと光る潜在能力にかけてみたいと思うのです。

「くっそーーー!!」と思う気持ちと愛おしさとが混在した、相反する感情が同居しています。全く対照的な感情なのですが、自分でも不思議なくらいきちんと同居してくれていて、「プチンムカッ」とキレても長続きしない。「ダイヤモンドの原石」の存在が「まだまだこの国も捨てたもんじゃない」と私をなだめているかのようです。それで何度キレても、やはりこの国にいたいと思ってしまう。そんな不思議な感情に動かされて5年目。

中東で出会った大切な友達 (レバノンで亡くなった友達も含めて: http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201202060001/)、友達ではなくても日常生活の一コマでふと接する人格者たち、それは誠実なタクシーのおっちゃんであったり、珍しく純粋な若者であったり、とても親切な薬局のおじいちゃんであったりと色々ですが、そんなダイヤモンドの原石を見つけると、自分はまだまだこの国に住み続けるんだろうな~とそんな予感がしております。

皆さまも「ダイヤモンドの原石」、見つけておられますか?


足跡ヨルダンツアーのことなら:http://picturesque-jordan.com/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←読み終えたら応援のクリックしてくださいね。







最終更新日  2012.11.11 03:58:07
[徒然なるままに、わたくしごと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.