000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

全18件 (18件中 11-18件目)

< 1 2

ショッピング in ヨルダン

2009.05.20
XML
昨日、「熱波到来」などというタイトルを付けた割りに今日は風が気持ちの良い過ごしやすい一日でした。

今日はサロンに行ったあと、ヨルダンに初進出のダイソーに行ってまいりました。このお店の情報は、ブログを読んでくださっているアンマン在住の方から掲示板で教えていただきました。

ダイソーはサウジには10店舗、レバノンには3店舗など、かなり中東に進出しているようです。でもヨルダンでは今年になって初めて。しかも場所が Istaklal Mall というかなりマイナーな庶民向けモール。客層も地元のムスリムがほとんどという、条件的にはちょっと(かなり?)キビしい場所です。 リピーターや新しい客層を増やしてヨルダンで生き残れるか? 見守るしかありません。

 ダイソーの入口 お店の入口

ダイソーの看板 仏像たち

 ダイソーの宣伝看板。           ↑ これは日本のダイソーにないだろうという商品。ありますか?

品揃えとしては、日本のダイソーで見かける懐かしい商品がほとんど。日本で手に入るダイソー商品がここで手に入るとは! 値段はというと、日本の2倍から3倍。日本だと100円で手に入るのに...と思うとなかなか踏み切れないのですが、でも日本から送ってもらう送料を考えると、たとえ2倍3倍高くても、結果的には安いかもしれません。

さらにダイソーの文房具はかなりお得。ヨルダンの文房具は、まったく! 可愛くなく、機能性からはほど遠く、デザインも限られるうえに高い! のです。なので、ダイソーの文房具はかなり嬉しい。

でも・・・ヨルダンへのお土産に100円ショップで大量購入していたのに、それができなくなってしまいます。友達に日本で買ったダイソー商品がチラホラ見つかり、ぎくっ。値段がばれてしまうではないか。

ダイソーではアラビックの音楽が流れています。さらに頭にかぶり物をしたムスリム女性たちがほとんど。まぁ・・・お客さん自体、それほど多くありませんでしたが。日本の音楽もあるのだけど、ヨルダン人には人気がないそうです(笑)。

便利な日本製品がたくさんありましたが、説明が日本語だけだったりして、ヨルダン人には良さが伝わりにくい様子。スタッフの女の子が個人的にアラビア語の説明文を付けたりいましたが、スタッフ自身もよく分からない商品がたくさんあるようです。翻訳を頼まれたので、少しお手伝いをすることになりました。

ヨルダン人は全体として「安けりゃいい」という考え方。細やかで繊細な便利品がどこまでウケるのでしょうか。お店の人によると「なんでこんなに高いの?」という意見もたびたび聞くそうです。さらにタッパーなどは「なんでこんなに小さいの?」という意見もあるそうな。でっかけりゃいい、というのもヨルダン流? さ~て、本当にこのダイソー、どないなるんでしょうね。







最終更新日  2009.05.21 00:50:31


2009.01.19

お土産にアラビックスイーツはいかがでしょうか? アラビックスイーツは、見た目がとてもきれいですし、かなり手間ひまかけて作られています。日本人からするとちょっと(というかだいぶ)甘めなので沢山は食べれませんが、プレーンな紅茶とともに1個か2個つまむと、とってもおいしいのです。

スイーツを売っている店はたくさんありますが、このお店はフランス人の友達のオススメ。管理も行き届いていて、安心して購入できます。

Zalatimo Brothers 外観はこんな感じ。

アラビックスイーツのおいしい店 Zalatimo Bros. という名前です。

お店の場所は Shmesani (シメサニ) 地区です。アンマンの3スターホテルから5スターホテルは、この Shmesani 地区に結構かたまっているので、このお店にはアクセスしやすいかもしれません。ダウンタウンからはちょっと離れていますが・・・。

目印は、Kempinski (ケンピンスキー) ホテル。5スターホテルですが、このケンピンスキーのすぐ裏にあります。タクシーで行かれるときは「ケンピンスキーまで」と言われるといいと思います。このお店を道路ではさんだ向かいには、確か Bank of Jordan (ヨルダン銀行) があったと思います。

このお店、とにかくたくさんの種類のスイーツがあるので、店内をブラッと覗いて見られるだけでもいいと思います。初めて食べる方は「なんやこれ~。むっちゃ甘いなぁ」と思われるかもしれません。私もそうでしたが、今ではすっかり慣れました。砂糖なしのアラビックコーヒーと食べるとオイシイですよ~。アラブはこの激甘スイーツにプラスして、紅茶であれコーヒーであれ3杯、4杯と砂糖を入れるのですから驚きなんですけれどね。







最終更新日  2009.01.19 16:45:00
2009.01.03

旅行に行くと、ついお財布のひもが緩んで買いすぎてしまいます。でもお土産を選ぶのは難しい。贈る相手を思い浮かべながら品定めをするのは楽しいですけれど、時には選びあぐねて疲れたりもします・・・。

さて、観光地の先々でお土産を買うのもいいですけれど、まとめて買ってしまいたいときにはこのお店がオススメ。 「Al-Afgani」というお店です。アンマン市内に幾つかあります。Mecca Mall にも入っています。

高価なものは売っていませんが、ヨルダンらしいものが売っているので、ちょっとしたお土産にはいいのではないでしょうか。

お土産屋さん この名前が目印。

観光地では結構な値段で売っているものが、この店では比較的リーズナブルな値段で手に入ります。バーゲンして値切って、「やったぁ、こんなに安くしてもらった」とホクホクでいたら、このお店でもっと安くで売っていたり・・・。がっくりですよね~ ショック

ヨルダン土産の店     サンドアート

私はこのお店で、サンドアートをお土産用に購入。これも観光地で買うよりは安めだと思います。観光地で買ったことがないから何ともいえませんが・・・(笑)。写真の小さいのが750フィルス、大きめのが1JDで売っていました。

私はこのサンドアート、かなりお気に入りなんです。自分がもらったら嬉しいなぁと思うんですけど、どうなんでしょうかね~。







最終更新日  2009.01.03 19:30:44
2009.01.01

アンマン市の西部にある"CITY MALL"は、"MECCA MALL"(メカモール)と併設されており、2つのモールの間は歩くと10分くらいの距離です。

この CITY MALL には、Carrefour (カルフール) という大型スーパーマーケットが入っています。カルフールは関東にもあるのでご存知の方が多いと思いますが、ここヨルダンにも進出しています。私は日本では"田舎っぺちゃん"だったので、カルフールとやらにはお目にかかったことがありませんでしたけれども。

ヨルダンにこられた際は、カルフールに足を伸ばして品揃えなどを観察してみてくださいね。スパイスの量り売りなど、日本にはない(のでしょうかね?) ものもたくさんあると思いますよ。

カルフールでは、Dead Sea グッズも比較的安くで購入できます。1階にある食料品コーナーを突っ切って、2階へとあがってください。2階は生活用品のコーナーですが、その一角に化粧品のコーナーがあり、死海グッズが売られています。お土産のまとめ買いにはいいと思いますよ。私もここで、日本へのお土産に死海の泥パックやバスソルトを大量に購入する予定です。

CITY MALL 

CITY MALL の裏側から撮りました。まだまだこのエリアは開発中。かなりの土地が余っています。

このCITY MALL には、M・A・C やなどのコスメの店も入っています。M・A・C は口紅もアイシャドーもチークもとにかく色が充実しているのがいいですね~。

かわって Mecca Mall には、THE FACE SHOP という韓国ブランドのコスメの店が入っています。日本でも知っている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。この FACE SHOP でいいのは、ローション (化粧水) が充実していること。

ここヨルダンでは、ローションを見つけるのが本当に大変なのです。みんなつけないみたいです。極度に乾燥している国ですから、お肌に水分補給をたっぷりしたいのに、お店ではほとんど売っていません。

しかもこちらではローションというと乳液のことなんです。化粧水のことはトニックといいます。乳液やクリームは数限りなく売ってあるのですが・・・。私のお気に入りのビオデルマ化粧品も、化粧水だけはヨルダンで展開されていません。ニーズが少ないのだそうです。なんででしょうね~。

ローションを探して約1年放浪しましたが、やっとこの FACE SHOP で化粧水に巡り合えました。ありがたや、ありがたや。ヨルダンの乾燥した空気はお肌にとってはかなり過酷ですねぇ。しっかりケアせねばなりませぬ。今年1年も頑張ります。


足跡ヨルダンの見どころについては http://picturesque-jordan.jp/japanese.aspx をご覧ください。







最終更新日  2009.06.15 07:09:54
2008.12.26

今日は美味しいチョコレート屋さんのご紹介。アンマンに滞在されることがあれば、ぜひ足を延ばしてみてくださいね。

このチョコレート屋さんは「パヴァロッティ」という名前です。イタリアの有名なテノール歌手と同じ名前。でもイタリア人のお客さんは少ないんだと言っていました(笑)。

アンマンの第2サークルにあります。ダウンタウンからもそう遠くないです。第2サークルには“Belle Vue”(ベルヴュ)ホテルがありますが、このチョコレート屋さんは Belle Vue ホテルの真横にあるのですぐに分かると思います。

セカンドサークル 第2サークル。

店内にはたくさんの種類のチョコレートが売られています。こちらではキロで値段が表示してあって、量り売りでチョコレートを買うのが一般的です。

チョコレート屋さん きれいにディスプレイされています。 

ナツメヤシ入りのチョコレート   ちょっと小さめのナツメヤシチョコ

 ナツメヤシ入りのチョコレートです。         こちらはちょっと小さめの箱。16個入りだったかな。4JDです。

おススメは、ナツメヤシ入りのチョコレートです。このチョコレートはナツメヤシが中に入っていて、チョコレートでコーティングされています。かなり美味しいですよ。空港などでも売っているようなのですが、かなり高くなるようですので、市内で買っておくとお得だそうです。私も日本で配るためにたくさん購入しています。

こんな風に包装してくれます

お土産だというと、こんな風にきれいに包装してくれます。若い店主がいるときには、気分で安くまけてくれることがあります。「今日は気分が乗っているから」などと訳のわからない理由で、チョコの箱が 4JD になったり 5JD になったり。

もし買いに行かれることがあれば、「日本人なんだけど・・・。日本人にはまけてくれるんだよね~」などと揺さぶりをかけてみてくださいね。もしかすると「しゃあないなぁ」と言いながらサービスしてくれるかもしれません。







最終更新日  2008.12.27 03:32:07
2008.10.27

ヨルダンに来て出会った“とてもイイもの”―それは「呼吸する靴」です。これは GEOX というイタリア製のブランド。知っておられる方も多いかもしれません。

私の足は日本人の中ではかなり大きい方で、日本では本当に靴に苦労していました。25,5か、ブーツなら26センチの足です。私の足は幅が細くて縦が長いので、ロンドン留学時代は全く靴に苦労しませんでした。ところが日本で大きい靴を買うと、必ずと言っていいほど幅も広いのです。これには参ります。

ヨルダンではひたすら歩くため、足がさらに5ミリほど大きくなったような気がします…。

イタリア人の友達が勧めてくれたのが GEOX。彼らは、このブランドの靴しか履かないというのです。私も履き始めて実感。このブランドの靴を履くと、他のブランドの靴は履けなくなります。

というのも、GEOX のコンセプトは“呼吸する靴”。足が蒸れないように、靴の底にはたくさんの小さな穴があいていて、空気が抜ける仕組みになっているのです。ところがこの穴、空気は逃しますが、外からの水は通しません。つまり雨が降っても靴に水が入ってくることはないのです。本当に快適です。足が蒸れない上に、上質の革でできているので柔らかく足にフィットし、いくら歩いても疲れません。

蒸れた足 通常の靴だとこの写真のように蒸れます。

  靴の底に開けられたたくさんの穴によって蒸れない構造になっています。 呼吸する靴

ヨルダンではこのブランドの靴が時々セールされているので、関心のある方はおっしゃってください。履いたら最後、“とりこ”になること間違いなし!です。







最終更新日  2008.10.27 06:26:12
2008.10.26

ヨルダンでお土産を買うとしたら、どういうものがいいんでしょうか? ―これもよく観光客の方から質問されます。

まずご紹介したいのは、サンドアートと呼ばれるものです。ご存知の方もおられると思います。愛知万博の時も、ヨルダンのセクションなどで売られていました。その後名古屋では、金山駅前などでこのサンドアートが実演、販売されていましたヨ。

サンドアート ラクダの模様が一般的。

こちらはサンドアートのミニボトル版です。 サンドアートミニ版

サンドアート用の瓶 写真のような大小の瓶に砂を流し込んで、模様を作ります。

私は個人的には、このサンドアートが大好きで、小さな瓶のものを買ってお土産にしたりしています。中には仕上げの蓋がきちんと閉まっておらず、日本に着いたときに砂がこぼれていたのもあったので、購入時にはきちんとチェックしてくださいね。でも瓶の蓋はきっちりと糊づけしてあるので、ほとんどの場合は大丈夫です。

こうしたサンドアートは、場所によっては交渉して買うことができます。小さな瓶だと、5本買うから1本2JDにして!といった買い方ができるかもしれません。

色が瓶によって微妙に異なりますので、ぜひお気に入りの色合いを見つけてくださいね。

 

 

 







最終更新日  2008.10.27 06:55:14
2008.10.04

ヨルダンでは観光地を主に訪れるため、どこでお土産を買えばいいのかよく分からない、と言われる方が多いです。

アンマンにはモールが幾つかあり、まとめてお土産を買うには最適の場所となっています。観光地で売っているのと同じものが、かなり安く手に入ったりもします。

行きやすくて便利なのは、「Mecca Mall」と「City Mall」。この2つは歩いて7-8分ほどの距離に並んで立っているので、行ったり来たり、品定めも可能です。

さて場所ですが、アンマン市内の西に位置しています。アンマン市の地図は後日アップしたいと思います。タクシーに乗って「イラー メッカモール ラウサマハット」(メカモールまでお願いします)というだけで大丈夫です。アンマンの中心からだと3JD以内で着くと思います。それ以上取られたら、「ぼったくり」ですので 怒ってる

モールに入っているお店については、おいおいレポートしていきますね。以下のブログもご参照ください。

Mecca Mall: http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/200901030001/

City Mall: http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/200901010001/

City Mall の中 City Mall です。

広々とした店内 広々とした店内。

 







最終更新日  2009.01.14 18:53:18

全18件 (18件中 11-18件目)

< 1 2


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.