1839221 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

プロフィール


Thousand and One Nights

カテゴリ

カテゴリ未分類

(13)

ヨルダン生活編

(293)

旅行記:″ヨルダンの風景便り″シリーズ

(72)

アラビアンナイトの国―オマーン情報

(30)

乳と蜜の流れる約束の地―イスラエル情報

(27)

Great Persia の世界 イラン情報

(9)

東と西が出会う国 トルコ情報

(98)

悠久のエジプト

(4)

ワディラムの情報

(23)

アラブとは何ぞや? アラブを徹底的に分析

(19)

徒然なるままに、わたくしごと

(150)

あれこれ アラブ世界

(142)

ぶらっとアンマン

(46)

おいしい! アラブ料理

(51)

おススメの観光スポット

(30)

旅行前にチェック! ヨルダン旅行のヒント

(44)

ショッピング in ヨルダン

(18)

シロウトによるアラビア語うんちく

(22)

ヨルダンの現地旅行会社

(17)

ヨルダンから中東のほかの国々へ

(28)

もっときれいになりたい! アラブ式美容法

(14)

海外レンタカー

(2)

最新のツアー情報

(26)

シリア事情あれこれ

(44)

ヨルダン:ムジブ保護区

(12)

ヨルダン:アジュルーン保護区

(6)

ヨルダン:ダーナ保護区

(12)

レバノン生活編

(31)

中東の治安情報あれこれ

(2)

徒然なるままに雑学

(1)

あんなホテルこんなホテル 中東のホテル

(17)

日本人アテンド小話

(5)

スペイン生活編

(9)

珍ヨーロッパ滞在記

(24)

我流レシピ集

(1)

ワタシハ猫ニナリタイ

(10)

掲示板:緊急のお知らせ

(5)

イスタンブール生活編

(1)

サウジアラビア情報

(2)

ツーリストビザ解禁! サウジ情報

(2)

バックナンバー

サイド自由欄

できるだけ多くの方に中東について知っていただきたいので、ブログランキングに参加することにいたしました。ご協力お願いいたします。読んでいただきましたら、1日1回下のリンクをクリックしてくださいね。


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご旅行に関するお問い合わせは「Picturesque Jordan(http://picturesque-jordan.com/)」まで。中東旅行・ヨルダン観光のことなら何でもお気軽にご相談くださいませ。

カレンダー

全293件 (293件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

ヨルダン生活編

2017.10.17
XML
カテゴリ:ヨルダン生活編
本日はヨルダン初のヨルダン製ビールのご紹介です。ヨルダンの首都アンマンから15分ほど離れた Fuheis (ファヒス)という村にヨルダン初のマイクロブルワリー (microbrewery) = ビール工場ができました。このファヒスはクリスチャンの村ですので、オーナーさんもクリスチャンの方であろうかと思われます。

このビール工場は予約制でツアーも取り扱っているようです。ビールにご関心がない方も、このファヒスというこじんまりとした可愛い村の観光ついでに足を延ばされても良いかも。ファヒスは観光場所ではありませんが、地元のヨルダン人はこのファヒスにピクニックに出かけたりします。緑が多くてアンマンとはまた違ったヨルダンの風景が楽しめます。

ヨルダン初ヨルダン製ビール…ブランド名は "CARAKALE" です。私は今回のアテンド中にワディラムのレストランでいただきました。お味は…これはですね、私の味覚はさっぱりあてになりませんから。でも美味しかったです(笑)。すっきりとして飲みやすいビールでした。

この "CARAKALE" ですが、きちんとホームページも持っています。​http://www.carakale.com/home/​ 本格的‼ オーナーさんの意気込みが感じられます。

ホームページによりますと、ヨルダン発のオリジナルビールブランド  "CARAKALE" のミッションは…

1- CREATE A BEER CULTURE IN JORDAN (ヨルダンでビール文化を確立する)
2- BECOME THE FIRST INTERNATIONALLY RECOGNIZED JORDANIAN BEER AND A CRAFT BEER AT THAT! (ヨルダン発の国際的に広く認められたビール・およびビール醸造所となる)

というものだそうです。うむ、ここでもオーナーさんの意気込みが感じられます。

ヨルダンにはオリジナルのワインはありましたが、ヨルダン製ビールというのはかなり勇気がいる試みだったかと思います。頑張ってほしい。しかしヨルダンブランドだからお値段安くしてほしいよね…輸入ビールと変わらない値段だったら、あえてヨルダンブランドに挑まなくても名の知れた海外ブランドに流れちゃう人がいるかも。まぁヨルダンではもともとアルコール類はびっくりするほど高いのですが。

ま、そんなわけでヨルダンに今おられるお客様もこれからいらっしゃるお客様も、ぜひこのヨルダンオリジナルのビール "CARAKALE" をお試しになってくださいね。味覚が全く頼りない私に変わってお味のコメントをしてくださる方もお待ちしておりまーす。

ヨルダンに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村

←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村

足跡ヨルダン・エジプト・イスラエルツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/service_Introduction_Japanese.html

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」や「月の砂漠ツアー」という名前で開設されている Facebook 等のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人は違法操業者となります。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2017.10.24 06:31:20
2016.08.26
カテゴリ:ヨルダン生活編
8月も終盤に近付きました。1週間後の引っ越しを控えて私のアパートはひどい有様です…。すでにすべての家具は取り去られ、キッチンもありません。↓ これが今の元(もと)キッチンの様子…。まぁひどい状態です(笑)。



ちなみにドイツではキッチンがついていないアパートも多く、そういうアパートに入るときにはキッチンも設置しないといけません。何とまぁ面倒くさい事か。でもキッチンのデザインや色などにこだわるドイツ人も多く、どんなんでもエエから付いてたらいいねん、という感覚ではないようなので…。私のようなテンポラリーの滞在の場合、基本的なものさえ付いていたらキッチンのデザインなんてどうだっていいわけですが。

さてはて、これで1週間後に本当にこの家を片付けてきちんとおさらばできるのか…多少疑問ではありますが、やるしかありません。なぜって、もう大家さんとは鍵を渡す日を決めていますし、車の手配も済んでいますし、引っ越し先でのお手伝いも確保しています。そろそろお尻に火が付いてきましたっ。

さてさて、9月はヨルダン観光のピークシーズンにあたります。私の方でも今年はお客様が多く…嬉しい悲鳴を上げています。毎年ですが、この時期の特徴は、1週間から10日間ほどの長いご旅行のお申し込みが多いこと。数日だけという単発のお客様はほとんどおられません。また、9月はご家族連れも普段より多いです。今年の9月は文字通り、月の初めから終わりまでずーーーっとお客様が入れ代わり立ち代わりいらっしゃいます。気が抜けない月になりそうです。

ドライバーたち総出で頑張ってもらいましょう!!  すでにお手配がお済みになったお客様も、今その途中の方も、ご質問等がおありでしたらご遠慮なくどんどんお寄せ下さいね~。

一日一回応援よろしく! です。中東に関心のある方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan "月の砂漠ツアー"」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/もと






最終更新日  2016.08.31 06:56:02
2016.07.06
カテゴリ:ヨルダン生活編

昨日7月5日がラマダン最後の日でした。そして今日から中東諸国では大型休暇イードが始まっています。断食をされた皆さま、お疲れ様でした~。終わりましたね、今年も! きっと皆、満足感と心地よい疲労感と開放感に満たされて今日を迎えていることでしょう。日の出から日没まで断食…という大変な1か月でしたから、イード期間中ははじけちゃってください(笑)。

私のアラブの女友達は、ラマダン期間中とイード期間中、毎日毎日親族や家族と顔を合わせている必要があるので「とにかくヨルダンを出たい! 外の空気が吸いたい!」と言っております。そう、このラマダン期間中は家族や親族がお互いを訪ね合って、日没と同時に食事を一緒にします。初めの数日は良いでしょうが、確かに1か月間まるまる親族を訪ね歩き、毎日毎日時間を一緒に過ごす…というのは疲れるでしょうね。いや、私なら絶対にできませんがね。

この大型休暇イードは今週の土曜日(7月9日)まで続きます。この期間中にヨルダンにご旅行にいらっしゃるお客様もおられます。お店等は閉まっているかと思いますが、観光地は普段通り開いています。普段とは一風変わったイード独特の雰囲気を楽しんでいただけるかもしれません。

 

イードの始まり

 

それでは、中東諸国にいらっしゃる皆さまは、それぞれ思い思いのイードを楽しんでくださいね~。


一日一回応援よろしく! です。↓イードを祝う方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.07.06 11:31:03
2016.06.05
カテゴリ:ヨルダン生活編

2016年も6月に突入しまして…ラマダンが始まるのは明日、あるいは明後日…のどちらかと予測されています。いよいよ今年もやってきました、ラマダンの季節。イスラムの暦は太陰暦に従いますので、ラマダンの始まる日は年々異なります。毎年少しずつズレて、今年は6月の初旬からの始まりとなります。私がヨルダンに最初に来た当時(9年前)は、9月がラマダン月でしたね~。

Ramadan

 

さてさて、アンマン市のラマダンはどんな風になるのでしょうか…。アンマン市の渋滞は年々悪化して、年がら年中絶えず渋滞するようになっています。3週間前にヨルダン入りした時も、木曜日の夜はすっばらしい渋滞‼ 中東の木曜日の夜…といえば、日本ではいわゆる金曜日の夜のような感じ。中東では翌日の金曜日が週末ですので、木曜日の夜はパーッと街にくり出す人で溢れます。だから夜11時や12時でも、場所によっては車で大混雑・大混乱! あーーー、これぞアンマンの風物詩…という感じです。

ラマダン中は、官公庁もオフィスもいつもより早めに閉まります。我先にと自宅に向かう車で、15時16時の街は大渋滞になることでしょう。ラマダン中、日中はみんな断食していますので…もう大変です。いやぁ…皆様のご健闘を祈ります。

ラマダン中もヨルダンに来られるお客様がおられます。ラマダンは観光そのものにはそれほど影響はありません。観光地は普段通り営業しています。でも普段は開いているレストランや商店が閉まっていたり…など多少不便なことも。

ラマダン中のご観光の醍醐味は、夜の街! 断食を終えて、日没にイフタールと呼ばれるお食事をとった後、アラブたちは長い夜の時間を街に繰り出して過ごします。日中は閉まっているお店も夕方以降に開きはじめ、深夜、いえ未明まで営業することも。ですからこの時期のお客様は、夜の街に繰り出してみてくださいね。アラブの家族連れなどでにぎわっていると思います。

ではでは、断食される方もされない方も良いラマダン月を~。


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.06.05 18:20:00
2016.05.04
カテゴリ:ヨルダン生活編

GW真っ最中‼ 皆様も春らしい一日を楽しんでおられるでしょうか?

またまたロイターでとても衝撃的な画像がありました。もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、アフリカのケニアで密輸業者から押収された105トンの象牙が燃やされたというニュースです。

ケニア

象牙

この105トンの象牙は、6000頭のゾウに匹敵する量だそうです。なんと衝撃的‼ 105トンという量の象牙を一度に焼却するのは歴史上初めてのことだそうで、これによってケニア政府は、「象牙の密輸を決して許さない!」「アフリカゾウを絶滅の危機から救う!」という政府の姿勢を明らかにしたということです。この大規模な焼却は4月30日に行われたようです。

それにしても…6000頭のアフリカゾウが象牙のために殺さるなんて。しかも象牙を取るために、顔を切り取るなどのひどい行為が密輸業者の間で普通に行われているとは…。頭が半分削られて放置されているゾウを見かけるのは日常茶飯事だという話もありました。

貪欲のため、己の利益のためには手段を選ばないというのは、どんな人種の人間にも共通するものですね。そのために人間を殺したり、動物を殺したり…。人間はそこまで落ちぶれるのか、と悲しい思いがします。「良心」というものが鈍磨してしまうのでしょう。

密猟者の摘発に力を入れているケニア政府、頑張れ~!! こうした密猟者がすべて摘発されるということはないかもしれませんが、彼らの活動を少しでも封じ込めることができれば…と思いますね。

密輸ではありませんが、ヨルダンでもツアー業界の違法操業者の取り締まりが強化され始めました! 2016年5月から新しい法律が施行されています。新しい法律の詳細については、お客様個人個人にご説明させていただいております。これにより、政府に登録されていない違法操業者の活動がかなり制限されることが期待されています。ヨルダン政府、頑張れ~!


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.05.04 10:38:10
2016.03.03
カテゴリ:ヨルダン生活編

こんなニュースが飛び込んできました…。3月1日の夜から3月2日の未明にかけて、ヨルダンの都市イルビッド(Irbid)で治安当局と jihadist militants (聖戦主義者) の間で銃撃戦があり、8名が死亡…だそうです。あちゃー、ヨルダン…。

jihadist militants (聖戦主義者) というのは、まぁつまりイスラム過激派=テロリストっちゅうことですわな。今回イルビットで治安当局に抑え込まれた彼らは、爆弾とか武器を隠し持っていて、市民を攻撃する予定だったということです。

死んだのは、過激派に属するアラブが7名と警察官1名。合計8名です。

さて、今回のこの事件ですが、ヨルダンの治安がこれによって悪くなる、とかヨルダンが危険だということに直結することはありません。もちろん、ヨルダン国内にイスラム国を支持するアラブがいることは確かです。これは、ヨーロッパ各国にもイスラム国の思想を支持する若者たちがいることと何ら変わりありません。

ヨルダン政府はこうした過激な思想を持つ危険人物をマークしていて、水面下で抑え込んでいます。私たちが知らないところで、治安維持のためにヨルダン当局はかなりの努力を傾けていますし、治安の維持に成功しています。今回の事件も、本当は水面下で行われるはずだったかと思います。が、今回は過激派のアラブが執拗に抵抗してきたので、治安当局としてはやむなく武力行使に至ったかと思います。

ヨルダンの治安部隊の展開は午後19時から。過激派のアジトを押さえこむ作戦でした。イルビットに住んでいても、アジトの近隣に住んでいない限りほとんどの一般の人々は気付きさえもしなかったかもしれません。もし抵抗に遭わなければ、あっという間にアジトは抑え込まれ、ニュースにもならなかったかと思います。

ヨルダンのポリス

イルビット市内に展開するヨルダン警察。BBCのホームページからお借りました。

ただし今回は、相手側がひるまずに抵抗してきたために、まぁニュースになってしまったという訳でしょう…。多分イルビット在住であっても、ほとんどのアラブは翌朝、あれ? なんか警察官の数がいつもより多い? なんで? えーっ、そんなことがあったのぉ? 全然知らんかった~、という感じなのではないかと思います。

まぁそんな訳で…ヨルダンも他の国々と同じように、イスラム国の思想に洗脳された者たち(主に若者たちであろうと思われます)をいかに封じ込めるかに手を焼いていると思います。人の思想というものは法律では変えられない。イスラム国の手法は、この過激な思想を独り歩きさせることです。そうしたら、イスラム国というものがも存在しなくなっても、その思想は脈々と受け継がれていく。やがて第2のイスラム国が台頭する。それが狙いではないかと思います。

ヨルダンの若者たちも、貧困や失業にあえいでいます。ヨルダンという国自体、リッチではありませんし、他のアラブ世界同様、ご多分に漏れずコテコテのコネ社会。努力しなくてもトントンと事が運ぶアラブと、どんなに努力しても身を粉にしても全く報われないアラブもいる。若者たちの間でもそうです。仕事はコネがあれば見つかるし、コネがなければ見つからない。

そんな状況ですから、イスラム国の思想に惹かれる若者がいても全然おかしくない。イスラム国に惹かれる若者たちの理由は国によっても様々かと思いますが、ヨルダンに関していうなら、生活苦、希望のなさ、お金のなさ…この辺が一番大きな理由なのではないかと思います。

とにもかくにも、ヨルダン政府は治安維持に全力を挙げていますし、テロを許さない! という気風が強く漂っています。「思想」との闘いは根深いものがありますから、過激派を武力で押さえればいいというだけの話ではありませんが…。いずれにしても、やっていくしかありません。国としては、1に治安維持、2に治安維持です。頑張ってほしいものです、ヨルダン。


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。「当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.03.03 15:03:42
2016.01.27
カテゴリ:ヨルダン生活編

今回の寒波は全世界的なものだったのでしょうか…。ヨルダンでも先週の土曜日から天気は大荒れで、雹が降ったり雪が降ったりしたようです。本日は気温が零下で、政府からは昨日の時点で、道路が凍結するために朝早くの運転は避けるようにという通達があったそうです。

本日はすべてのオフィスが10時からの営業。凍結した道路を走るリスクを避けるためです。毎年、凍結した道路で事故が起きるのはヨルダンも同じ。しかも凍結した道路を走る恐さを知らない無謀者がすっごいスピードでぶっ飛ばして、事故に遭うという…。

寒波到来

雪

今年は去年のヨルダンより雪の量は少ないようですが、気温はかなり低いようです。昨日の時点では、マイナス8度になるとかいわれていました。実際にマイナス8度にまで下がったのか定かではありませんが、いずれにしてもカンカンに冷え込んでいることは確かなようです。

今ヨルダンには私のお客様もいらっしゃるのですが…なんと万が悪いこと! それでも今のところ、すべての予定通りに動いてくださっているので…ヨシとしなければなりませんね。ヨルダン南部で雪が降る場合、ぺトラやワディラム行きの道路が封鎖されるなんてことも以前にはありましたので。

さぁ、この寒波、明日までといわれています。その後ヨルダンの天気は回復に向かい、来週はポカポカ陽気になりそうな感じです。

私も寒波の影響を受けて少し風邪気味であります。葛根湯とビタミンを飲んで何とか食い止めようと頑張っています。皆様もお大事にお過ごしくださいね。


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。「当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.01.27 22:35:54
2016.01.19
カテゴリ:ヨルダン生活編

サウジとイランが対立し、中東情勢はまたもや緊張! …なーーんて思われたのもつかの間、今日のロイターの記事では"制裁解除でイランが「のけ者」脱却へ" なんていうタイトルの記事が出ておりました。

この記事によりますと、"欧米による制裁が解除されたことで、イランが「のけ者」状態から地域的大国へと変身し、米国と新たな関係に入ったことが裏付けられた" ということです。

慌てているのはサウジ。「サウジ指導部に経験と知恵が欠けている」なんてこともはっきりと書かれています。ま、そうでしょうなぁ。湾岸エリアの王位のほとんどは世襲制。野心と利己心に満ちた典型的アラブの若造に国を任せるなんて、むちゃな行為でしょうなぁ。

さて、まぁそんな風に世の中が動いているので、ヨルダンがとばっちりを食うのはいつものこと。「イランとサウジが緊張状態にあるからヨルダン旅行も危険」…なんていう飛躍したご意見を聞くこともありましたが、どういう根拠なのかよく分かりません。ヨルダンとサウジが隣同士だからでしょうか。

ささ、そんなご意見等々は置いておきまして…先日写真の整理をしていましたら、いつかブログにアップしようと思っていたぺトラ関連の写真が出てきました。ヨルダン旅行に来てくださった方がぺトラ・バイ・ナイトの時に撮られた写真です。幻想的な雰囲気が出ていますね。

ぺトラ・バイ・ナイト

ぺトラの夜

ぺトラの星空。この日の星空はとてもきれいでした。カメラでは、満天の星空を撮るのはやはり難しかったか…でも幻想的で素敵な写真に仕上がっていますね。私自身は今まで、ぺトラ・バイ・ナイトや星空をカメラできれいに撮れたことがありませんので…こうして撮られた写真を使わせていただくことしかできません。

さて、お次は下の写真 。これはぺトラ遺跡内のどこで撮られたショットだと思われますか…??

ツボ

何と! これはぺトラのエドディルの頂点にある壺の横で撮られたショットなんです。

Al_Deir_ぺトラ 

エドディルの壺…というと、黄色で囲んだ部分がそう。実はここへは昔々は一般のツーリストでもアクセスが可能でした。でも多分誰かが足を滑らせたか、くらっとしてバランスを崩したか…でいずれにしても落ちてしまったか何かで、それ以来ツーリストがこの部分へ上ることは禁止されているのだそう。

今でもぺトラに住むベドウィン達は、自由自在にここへアクセスしています。アテンドしているときに時々、ぺトラのベドウィンがこの壺付近で逆立ちをしたり飛んだり跳ねたりしてパフォーマンスをしているのを見かけることがあります。見てる方はハラハラドキドキ。でも飛んだり跳ねたりしていると、ギャラリー(見物人)から拍手や喝さいがもらえるので、ベドウィンの方は涼しい顔をして大ジャンプなどを繰り返しています。あ~こわ。

でも、私も一回はこの壺付近まで近寄ってみたい…。とはいえ、きっと足がガクガクしてジンジンして、動きが取れなくなるに決まっている…。ちなみに上の写真の女性は、私の取引先の社長さん。彼女はハイカーだし、昔ガイドとして働いていたので、こうした場所はお手の物。スバラシイ!

皆様もぺトラに来られたら、このエドディルの壺付近でパフォーマンスをして居るベドウィンがいないかどうかちょっと確認してみてくださいね ウィンク


足跡2016年1月の混載募集中! ワディラムでのジープツアーをシェアしませんか??http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201512070000/


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。「当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.01.19 20:23:36
2015.12.31
カテゴリ:ヨルダン生活編

現在ヨルダンにいらっしゃるお客様から失望のメールが…大晦日のぺトラ・バイ・ナイトがキャンセルになったということ…びっくり まさか! 大晦日にキャンセルにする??? というわけで、急いで旅行会社に連絡を取りますと…

確かにキャンセルになったということです。嗚呼!! その理由が、ツーリストが少ないから。へ? プラス、天候も悪いから。ということらしいです。確かに今晩からヨルダンは雨になることが予想され、明日は100%の確率で雨の一日らしい…。う、ううむ。

 

weather in Jordan

 

これまで持ってきてたお天気もここへきて下降気味。あとちょっと持ってほしかった…。ヨルダンでは雨は長続きせず、降っても半日とか、長くて1日で終わります。ですから、1日でもずれていたら雨に遭わずに済む、ということも多々あります。1日違いで、かなりの差。

本当に残念です。大晦日のぺトラ・バイ・ナイト、きっと皆様楽しみにされていたことと思います。でもなんせキャンドル (ろうそく) の灯りですから、風が強かったり雨が降ったりすると大きな影響を受けてしまうのも事実。しかし、ツーリストが少ないというのも理由だとは。雨が予想されるにしてもまだ降っていない場合、もしツーリストの数がとても多かったら、多少天候が不順でもとりあえずぺトラ・バイ・ナイトは開催されたのかもしれません。こういうところ、さすがヨルダン!

そんなわけで…私も何と言っていいものか…。早く天候が回復して、ヨルダン旅行中の皆様が快適にご旅行をお続けになるよう祈っています!!!

 

足跡2016年1月の混載募集中! ワディラムでのジープツアーをシェアしませんか??http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201512070000/


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。「当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2015.12.31 22:08:26
2015.12.29
カテゴリ:ヨルダン生活編
海外での私のポリシーは、日本人と混じらない、ということ。ヨルダンでもドイツでも、あえて日本人とはお付き合いしません。そんなわけで、ヨルダンではほとんど毎日がアラブと過ごす日々。ま、時には嫌になってアラブと接しなくても良い場所に逃れてはいましたが…。

ヨルダンで仲良くしてもらったアラブたちの中には、富裕層のアラブもいれば、アシュラフィーエと呼ばれる地区などに住む比較的貧しいアラブもいましたし、ごくごく一般的なアラブたちの家庭にもたくさんお邪魔しました。シリア人もいればイラク人やレバノン人もいました。多分、かなりの数のアラブの家庭に上がり込んできたと思います。

さて、アラブには異常な潔癖もいます。その反面、極めて無頓着な人もいる。今回はヨルダンのトイレあるある話。

アラブの家庭でトイレに入って困ること…

トイレ

その1.トイレットペーパーがない
アラブには、トイレットペーパーを使わないという人、まだまだかなりいます。用を足した後はどうするか? 水で洗います。アラブの旧式のトイレは日本でいうしゃがみ込みタイプのものですが、こうしたトイレには特に、せっけんとじょうろみたいなものが置いてあるだけで、トイレットペーパーはない。こうした旧式のトイレがあるアラブの家庭はヨルダンの都市部では稀ですが、洋式タイプのトイレの場合でもトイレットペーパーを置いてないところが多々あり、むちゃくちゃ困る! どうせいっちゅうねん、と思わずつぶやく。

その2. 用を足した後に流していないトイレに案内される
水不足のせいもあるのか、単なる習慣なのか、用を足しても流さないアラブも結構いる。一人ではなく、何人もの人が用を足したことが見え見えなトイレ(=溜まりに溜まっている! 時に大きいものの場合もある)に案内されたとき、はね返りが怖いし、はね返ってきたものから病気が移りそうで困る!

その3. 自信満々で通されたトイレに便がこびりついている
自分はきれい好き! と自負しているようなアラブでも、なぜかトイレに便がこびりついていることがある。多分、彼女自身はきれい好きでも、子供や夫が無頓着なのだろう。で、こうしたトイレに案内されると、まるで私がしたように見えるではないか! 困る、それは困る! だからといって他人のトイレにこびりついた便をどうして私が掃除しないといけないのだろうか…と真剣に悩むことがある。

その4. トイレの便座がない
トイレの便座がない便器も多々ある。座っていいものか、空気椅子で用を足すのか悩む

その5. 水が流れない(あるいは水の流れが非常に悪い)トイレに案内される
水不足のヨルダンでは、トイレの水が切れている家庭も結構ある。これがたまたま水の日の前日などで例外的にないのか、 トイレが壊れていて水が出ないのか、よく分かりません。用を足した後に流さずに出ることは日本人としてできない。でも水が出ない。困る!! トイレの中を見回して、バケツのようなものがあれば、それに水を入れてトイレの便器に流し入れることもあります。水道の水も切れているときは hopeless!!

その6. 汚物入れがないトイレに案内される
ヨルダンでは、トイレの便器の中に使用済みのトイレットペーパーを捨てることはできません。パイプが細すぎて詰まりの原因になるからです。じゃあ使用済みのトイレットペーパーはどこに捨てるのか。トイレには通常、ゴミ箱のような、日本でいう汚物入れが置いてあって、ここに使用済みのトイレットペーパーを入れます。多分、日本人の感覚からしたら「汚---い」! でもヨルダンでは、これが普通。これが普通な国って、ヨルダンだけではなく結構ほかにもあると思います。

が、トイレットペーパーは何とかあってもこの汚物入れがないトイレの場合、使った紙をどこへ捨てたらいいのか…思わず便器の中に入れそうになりますが、入れたはいいものの、水が出ないトイレだったら大変。それが詰まりでもしたら私の責任になりますから、紙を流した痕跡は残したくない。ああ困る! 頼むよ~。基本的なものは置いといてチョウダイ‼ と心の中で叫ぶのです。


終わりに:私の場合、友達やお客様が自分の家のトイレを使うとき、必ず事前にチェックします。まさか、とは思うけど、流し忘れてないか、清潔かどうか…さっと目で確認する。上に書いたその2とその3に関しては、アラブがちょっと確認してくれさえすればほとんど起きない問題だと思うのですが…。でも不思議なことに、その2に関してはヨルダンで時々経験したのですが、本当に流すことが習慣ではない家庭もあるらしく、彼らにとっては老廃物(…)が流していないトイレに客人を案内することは特に恥ずかしいことでもないらしい。

いやぁ、恐るべしヨルダン! そんなわけで私は、トイレを借りる家と借りない家とを見定めて、絶対にきれい‼ と確信が持てるアラブの家でだけトイレを借りていました。トイレは毎日使う場所であり、多分人生のうちでかなりの時間を過ごすところでもあるので…(特に私はトイレで本などを読むのが好き。笑)、やっぱりきれいにしておきたいと思いますね。

 

足跡2016年1月の混載募集中! ワディラムでのジープツアーをシェアしませんか??http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201512070000/


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。「当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2015.12.31 21:24:26

全293件 (293件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.