1811542 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

プロフィール


Thousand and One Nights

カテゴリ

カテゴリ未分類

(13)

ヨルダン生活編

(293)

旅行記:″ヨルダンの風景便り″シリーズ

(72)

アラビアンナイトの国―オマーン情報

(30)

乳と蜜の流れる約束の地―イスラエル情報

(27)

Great Persia の世界 イラン情報

(8)

東と西が出会う国 トルコ情報

(97)

悠久のエジプト

(4)

ワディラムの情報

(22)

アラブとは何ぞや? アラブを徹底的に分析

(19)

徒然なるままに、わたくしごと

(150)

あれこれ アラブ世界

(141)

ぶらっとアンマン

(46)

おいしい! アラブ料理

(51)

おススメの観光スポット

(30)

旅行前にチェック! ヨルダン旅行のヒント

(43)

ショッピング in ヨルダン

(18)

シロウトによるアラビア語うんちく

(22)

ヨルダンの現地旅行会社

(17)

ヨルダンから中東のほかの国々へ

(28)

もっときれいになりたい! アラブ式美容法

(14)

海外レンタカー

(2)

最新のツアー情報

(25)

シリア事情あれこれ

(44)

ヨルダン:ムジブ保護区

(12)

ヨルダン:アジュルーン保護区

(6)

ヨルダン:ダーナ保護区

(12)

レバノン生活編

(31)

中東の治安情報あれこれ

(2)

徒然なるままに雑学

(1)

あんなホテルこんなホテル 中東のホテル

(17)

日本人アテンド小話

(5)

スペイン生活編

(9)

珍ヨーロッパ滞在記

(24)

我流レシピ集

(1)

ワタシハ猫ニナリタイ

(10)

掲示板:緊急のお知らせ

(5)

イスタンブール生活編

(1)

バックナンバー

サイド自由欄

できるだけ多くの方に中東について知っていただきたいので、ブログランキングに参加することにいたしました。ご協力お願いいたします。読んでいただきましたら、1日1回下のリンクをクリックしてくださいね。


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご旅行に関するお問い合わせは「Picturesque Jordan(http://picturesque-jordan.com/)」まで。中東旅行・ヨルダン観光のことなら何でもお気軽にご相談くださいませ。

カレンダー

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

もっときれいになりたい! アラブ式美容法

2017.08.16
XML
本日はとてもとても大切な予定が入っていたのに、出かける前になってガスが出ない。シャワーを浴びようとしても水。仕方がないからお湯を沸かそうと思ったら、ガスがつかない。もうこんな大切な時に‼ と焦りつつ、どうしようもないので水シャワーを浴びて身支度を整えます。その間に大家さんと不動産屋さんにメッセージを送って、ガスが出ないけど…と打診。

結局分かったのは、私の家がある道路全体でガスの供給が止まっているとのこと。不動産屋さんも同じエリアに住んでいますので、自分のところにもガス来ていないよ~という返事。まぁそれならいいのですが…。いったいいつ復旧するのやら。明日の朝もシャワー浴びれなかったら困りますよ。お料理もできませんし…。ときどきイスタンブールでは断水になることはあるのですが、ガスがストップするというのは不動産屋さんも初めてのことだとか。はよ復旧せーーーい。

そんな今日ですが、大きなイベントが終わりまして…。ほっと一息ついているところです。さて、以前のブログ記事でトルコのローズウォーターについてアップいたしました。https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201707230000/ その時に「”Rosense(ローゼンス)” というローズをたっぷり使ったトルコオリジナルの基礎化粧品ブランド」について触れたのですが、その後このブランドの商品を買う機会がありまして…。現在も愛用中なのであります。

ひと言でいうと、むっちゃ良い‼
 クリームとローズウォーター

何が良いって、香りが良い。それから品質も良い。ローズウォーターがいいのはもちろんですが、私が驚いたのはクリームです。250g のたっぷりサイズで、全身に使えますし、もちろん顔にも使えます。これを付けると本当に朝までしっとり。このサイズで390円…。あり得なーーーい。

ローズウォーター(写真の真ん中)は15リラですので、450円。これもびっくりのお値段。ちなみにローゼンス・ジャパンの公式ホームページを見ますと、このローズウォーターは3200円で売られていました。ふむ、まぁトルコの10倍とまではいかなかったけど…せやけど、取り過ぎですわね。あと、ここで扱われているローズのワセリンは、トルコの10倍以上でした。というのも、あるトルコのサイトでは150円で売られていましたから。日本では2100円。

ローズ系のものは日本ではどうしても高額になります。今日はローズオイルを入れたお湯に足を浸して足湯を楽しみました。これはガスの供給がストップする前でしたけどね。その後ガスは出なくなり、お湯のシャワーも浴びれなかったので、足湯だけでもしておいてよかった~。ローズオイルもここでは20ミリのが600円と日本と比べたら格段に安い。

そんな感じで、上質のものがこんなに安く手に入るなんて‼ トルコにいるからにはトルコブランドを使った方がお得ですよね。これからもイイものを発掘していきたいと思います。それにしても、先回のブログでアップしたカラヴァンサライのコーヒーも含めて、実はローカルブランドが非常に充実しているトルコ。なんだか…世界に売り込めてないところが残念ですね。私も積極的にトルコブランドを探して使っていきたいと思っています。トルコ、頑張れ~。

トルコに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村

←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村

足跡ヨルダン・エジプト・イスラエルツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人は違法操業者となります。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2017.08.16 05:56:51
2015.11.03
半年ほど前に「アラブ式? 週に1回だけのシャンプーで髪を美しく」というブログ記事をアップいたしました。

 

http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502150000/

その中で、"アラブ式"とは髪を洗わないことで、私自身も洗髪の回数を減らすようにしているとお伝えしました。その頃は、週に1回だけの洗髪というのは耐えがたく、頑張って週に2回に抑えています、と書いたのですが、その後週1回の洗髪に成功して…8ヶ月後の現在でも週1回の洗髪を続けております。

sea salt週に1回の洗髪と言っても、髪の毛は毎日お湯で流して、油分やホコリは洗い流します。それからリンスは毎回ほんのちょっぴり使います。シャンプーを使うのが週に1回ということです。

で、この方法、本当にいいです。毎日シャンプー洗髪をしていたなんて夢のようです。気になる頭の油分は、お湯ですすぐだけでさっぱりしますし、髪の毛が本当に元気になりました。髪の量も増えました。

シャンプーで髪を洗わない代わりに、塩洗髪を週に1回取り入れています。これは、髪をお湯で洗い流すだけではなく、塩水で頭皮をマッサージするもの。その後、お酢のリンスで仕上げます。

この塩洗髪ですが、我流ながら方法は…

1. まず髪の汚れをお湯でしっかり取る

2. その後、温かいお湯に小さじ 1 程の塩を投入して、塩水を作ります。

3. この塩水で頭皮をマッサージしながら髪全体に塩水を行き渡らせます。

4. その後は必ずお湯でしーーっかり塩を濯ぎ落とします。

5. 最後に、お酢をちょっぴり入れたお酢湯を作り、髪全体にリンスの代わりに行き渡らせます。

これでオシマイ!

サラサラ、ツヤツヤになります。お酢のツンとしたニオイが気になる方もおられると思いますが、このニオイはすぐに飛んでしまいます。塩をつけた後の髪の毛はキシキシしていますが、お酢のリンスをすると髪の毛はあっという間に滑らかになり、サラサラになりますヨ。

これで髪の毛にはムースもスプレーも要らず、ブローだけで整います。塩シャンプーをした日は、特に髪の毛にコシが出てがセットしやすいので、美容院に行った? などとよく聞かれます。経済的で髪の毛にヨイ! でも塩はちょっと良いものを。私は死海の塩を使っています。シャンプーなんて1年に1本買うか買わないか…といったところかと思います。シャンプーを選ぶ楽しみは減りましたが、その分、リンスは色々な種類のものを楽しんでいます。

それから最近始めたのは、ボディクリームの代わりにオリーブオイルを使うこと。これはヨルダンにいるときに一時試してみたのですが、かえってお肌が乾燥したりかゆくなったりするのでやめていました。が、インターネットで調べると、それはオリーブオイルの質が良くないからみたいです。上質のオリーブオイルを使う必要があるのだとか。そして上質のオリーブオイルを見分けるには、まずエキストラ・ヴァージンであることに加えて、原産国、パックされた日付、使用期限がハッキリ記載されている必要があるとのこと。

フムフム。そこで、この基準を参考に質の良いオリーブオイルを買って、お肌に試してみることに。すると、アラ! 本当に肌は乾燥しないし、オリーブオイルだけで事が足ります。私はオリーブオイルを塗る前に、ローズウォーターを体に付けています。ローズウォーターはヨルダンでは激安でしたが、ドイツでは多分ヨルダンの2倍はするかな。それでも、トルコ系やアジア系のお店で買うと安い。200ミリのボトルが1ユーロくらいです。

というわけで、ボディクリームからも卒業。髪は塩洗髪、体はローズウォーター+オリーブオイル。ローコストで happy に過ごせます。ヨーロッパは生活費が高いので、節約家のドイツ人にならって私も節約に努めています(笑)。ヨルダンでは旅行もしたい放題だったのになぁ…(涙)。ヨルダンでの7年間は神様が私を徹底的に甘やかしてくれたんだと思います。でも、またヨルダンとは違った楽しみがあるドイツ。いろんな意味でしばらくはドイツ流に慣れていきたいと思います。


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2015.11.05 03:39:08
2015.05.05
先日フェイシャルのエステに行って来たという記事をアップいたしました。その時に、エイジングケアのお試しコースを申し込んでいたのですが、実際に肌を見てもらうと、「シミ」対策としてのホワイトケアを勧めていただきました。

その時に言われたのが、「お肌のキメが細かくてハリがありますね。中東で7年間日焼けした肌とは思えないほどツルツルですし。ただ、シミが少し気になります。エイジングケアよりもホワイトケアにしましょうか」ということでした。私自身は自分のお肌がきれいだと思ったことは一度もないので、"きめが細かい" と言われたことにビックリ。衝撃的でもありました(笑)。小さい頃はかなりひどいアトピー肌だったので、みんなが何のケアもしない中学生の頃から、やれ化粧水だの乳液だのと塗りたくってかなり気を遣ってケアをしてきた方ではありますが…。でも、もともとお肌がきれいな人たちに比べると、やっぱり「きれいなお肌」とまでは到底いきませんねぇ。

洗顔ただ、お肌がとても弱かった分、自分なりに色々と観察・実験をしてきました。で、最近ようやく自分の肌が今までで一番調子が良くなってきた感じはあります。

その理由というのが、1年ほど前から「洗わない洗顔」方法を始めたこと。「洗わない」というと語弊がありますが、要は洗顔フォームを使わないということです。

エステでも、「何を使っておられるんですか?」と聞かれたのですが、答えは「何も使っていません」。基本的に洗顔フォームは使わず、お湯だけの洗顔。酵素のパウダーを使うのが月に1回ほど(あるいはふた月に1回??)。

でもクレンジングは念入りにシッカリとします。私が愛用しているのは、フランスの BIODERMA シリーズ。そういえば以前にこの化粧品のことをアップしたことがあったな~と思ってみてみたら、なんと2008年にその記事を書いていました。http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/200812230000/  2008年から使っているということは…実に7年間も使い続けている!! でも本当に浮気ができないくらい完璧なクレンジング剤なんです(笑)。これでシッカリとメイクを落とし、後はぬるま湯ですすぐだけ。これが夜の洗顔。朝はぬるま湯だけ。

この「洗わない」洗顔方法で、顔に必要な皮脂がきちんとキープされ、乾燥肌もかなり改善したように思います。それから使うのは、カツウラの化粧水と馬油だけ。カツウラの化粧水は10年ほど、馬油は12年ほど使っています。時々ブログでも書いていますが、私は「熱しにくく、冷めにくい」タイプです。ですので、ハマったものはいつまでも使う。BIODERMA もカツウラも馬油もそんな典型です。

思うに、市販の洗顔料は必要な皮脂まで落としてしまうようにできていると思います。それでお肌のトラブルが増えるわけで、化粧水、美容液、乳液、朝用クリーム、夜用クリーム…とすべてをシリーズで買わせるように、きちんと計画されているように感じます。シリーズで買うとなるとかなりの値段になります。これが商業界の狙い!!

だから、本当は手をあまり加え過ぎないほうがいいのではないか。これは、洗髪にも言えることかと思います。以前のブログで、アラブは洗髪の回数が極端に少ないと書きました。http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502150000/ でもこれこそが、髪を美しく保つ秘訣のように感じます。実はそのブログ記事をアップして以降、私の洗髪の回数は週に1回になりました。塩洗髪を取り入れたからなのですが…。塩洗髪をすると、髪が落ち着くので、ヘアケア(ヘアクリーム、ムース、スプレーなど) も要りません。これについては、また機会があれば書きたいと思います

奇しくも、美肌・美髪で知られる女優のアマンダ・セイフライドさんが、美髪の秘訣は「洗いすぎないこと。洗髪は週に3回」とおっしゃっていました。さらに彼女は週1回の塩洗顔をされているとのこと。フムフム、やはり手を加え過ぎないのが一番良さげですね。

私の「洗わない」洗顔・洗髪方法ですが、別に経済的効果を狙ったわけではないのですが、結果的にかなりの節約になっています(笑)。旅行も楽チン。だってシャンプー、リンス、洗顔フォームを持ち歩かなくていいんですから。というわけで、いったんハマったこの「洗わない」洗顔・洗髪方法、10年後も続けているかもしれません ウィンク

しかし、シミが少し気になると言われてしまった以上、私の今後の課題はシミ対策です。海外に住んでいると、シミやそばかすを顔中にたっぷり作った女性たちに出会うことが多いので、自分の顔にできたシミを大目に見てしまう。シミ対策にはついつい手を抜きがち! シミ対策は日本の化粧品のほうが進んでいると思うので、この帰国中に美白のための化粧品を探したいと思います。


↓応援のポチッ、一日1回お願いします。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2015.05.06 00:09:51
2015.02.18

明日の夜から大雪になるといわれているヨルダンです…。ほんまか? 今回は先回1月の大寒波ホダを上回る雪の量だそう。ほんまか~~? と半信半疑の私です。だって今日も気温はそれほど下がらず、雪が降るとは思えない。でも、在ヨルダン日本大使館からも「降雪などにご注意ください」というメールが届いているし…。雪に備えておいたほうがよさそうです。

私とアメリちゃんも、2月後半に計画していたヨルダン横断の旅をいったんキャンセルしました しょんぼり。むっちゃ楽しみにしていたのに~。でも雪が降らずともかなり寒くなることは確かなので、こんな寒い時期にわざわざ旅行しなくてもいいか、という結論に至りました。このリベンジは春のお花の咲く頃に!

さて先回のブログで、アラブ式 髪の毛を美しく保つ方法をご紹介しました。http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502150000/ シャンプーでの洗髪を週1回に抑えるというもの。私は週に2回に何とか抑えていますが、ここ最近は4,5日に1回ほどでも良いようになって来た…? かな。特にシャンプーの前にココナッツオイルで髪の毛をマッサージすると、頭皮がかなりきれいになるのか、頭皮からの油分がかなり抑えられる気がします。このままいけば、今は到底不可能に思える週1回の洗髪もやがて可能か???

ベビーパウダー

さて今回は先回に続き、髪のメインテナンスのウンチクに関連したお話。純粋な「アラブ式」とは言えませんが、私がヨルダンにいる間に知った知識なので、勝手に「アラブ式」と呼ばせていただきます。

髪の健康を守るために髪の毛をなるべく洗わないようにしたいのですが、何度か触れているようにネックになるのが頭皮からの油分。どうしても洗いたてのサラサラ感は失われるので、洗いたい! という衝動に駆られます。

そんな時どうするか? ジャジャーーン。なんとベビーパウダーを頭皮に降りかけるという方法です。髪の分け目を移動させつつベビーパウダーを少量降りかけて、頭皮に軽くマッサージ。

これだけで頭皮の油分が気にならなくなります。ベビーパウダーの意外な使い道! 私も半信半疑で何度かやってみましたが、本当に効果的なんです。でもジョンソンのベビーパウダーの香りは嫌いなので、私が愛用しているのはインド(あるいはネパール?)のブランド「Himalaya(ヒマラヤ)」のベビーパウダーです。

ベビーパウダーを振りかけると髪の根元が少し白くなってしまいますが、時間と共に気にならなくなります。シャンプーする前日など、髪の油分が気になる時はこのベビーパウダーを活用して乗りきっています。

さて私は週に2回の洗髪に慣れっこなりましたが、ルームメイトのアメリちゃんはまだまだ格闘中。彼女の髪の毛は猫っ毛である上に、頭皮からの油分が多いので…すぐにべっとりしてしまう。そのため、シャンプー毎日派の彼女。でも彼女も洗髪の回数を控えたほうが良いという情報をゲットして以来、シャンプーの回数を減らそうと頑張っています。そんな彼女ですから、ベビーパウダーもかなり活用しています。

ところで彼女を見ていて気付いたことは、シャンプー後のゆすぎが極端に少ないということ。だから頭皮にシャンプーの成分が蓄積されて、これが油分の余分な分泌につながるのではないか…と。実際、私はかなり徹底的に髪の毛をゆすぎますので、シャワーの時に使うお湯の量が非常に多い。

ヨルダンでは一度に沸かせるお湯の量が決まっていて、そのお湯を使い果たしてしまうと沸かし直さなければいけません。私がシャンプーをする日は沸かしたお湯をほとんど使い切ってしまうのですが、アメリちゃんがシャンプーしても、沸かしたお湯の90%は残っている状態。そんなわけで、アメリちゃんのシャンプー後のすすぎが足りない、という結論に至りました。

ま、そんな訳でいろいろと分析しては、あれやこれやと挑戦している私たち。シャンプーの回数を減らすと、シャンプーの持ちが良くて経済的です。特に私が使っているのは安い市販のシャンプーではないので、シャンプーの持ちが良いと助かります ウィンク。ベビーパウダーの思わぬ(?)使い道、皆さまもお試しくだされ。


↓良ければ応援のポチッしてください。↓ 皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。本ホームページまたブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/







最終更新日  2015.02.19 03:32:53
2015.02.15

砂漠の国ヨルダン。空気が極度に乾燥していますので、ヨルダンに来た当初は、髪もお肌も目も唇もパッサパサに乾燥して泣く思いをしました。今では 8 年目の中東生活ですから、体はかなりこの気候に順応しています。

でも今から3,4年ほど前でしょうか、抜け毛が非常に多くなり、白髪も増えた時期がありました。30代でもう老化か~と思っていたのですが、ここ1年-1年半ほどは抜け毛もかなり少なくなり、白髪もほとんどなくなりました。アラブ式の髪の洗い方を取り入れたためでしょうか、よく分かりませんが、何はともあれ嬉しい!

アラブ式 (かどうか分かりませんが…) の髪の洗い方というのは、まず髪をなるべく洗わない、というもの。私のアラブの友達は老いも若きも、洗髪は週に1回から2回だけ。私の友達のお母さんは、家で髪を洗ったことがないという…(笑)。というのも、彼女は週に1回だけしか髪を洗いませんし、自分ではドライヤーでヘアセットができない。そのため、週に1回美容院に行って髪を洗ってもらい、ヘアセットをしてもらい、1週間そのままで過ごしているのです。

ヨルダンとかレバノンではこういう人、結構います。水不足のヨルダンでは、家で髪を洗うよりサロン(美容室)に行って洗ってもらうほうが早いし、電気が1日のほとんどカットされているレバノンでは好きな時にドライヤーが使えないので、やはりサロンに行って洗髪+ヘアセットしてもらったほうがラク。これで500円から600円くらいです。なので、中東のサロンは常に人で混み合っています。

ところで、週に1回しか髪を洗わないなんて、私には信じられない! と思っていました。人生の大半を毎日シャンプーして過ごしていた私には、髪を洗わないということが信じられない行為。でも、髪を毎日洗うこと=界面活性剤を毎日使うことですし、髪への負担は相当かと思います。それで私も洗髪の回数を減らすようになりました。でも週に1回という訳にはいきません。今では頑張って週に2回に抑えています。

以前は髪を洗った翌日には、もう頭皮からの油分で髪が重くなって、髪を洗わざるを得ない! という感じでしたが、今は油分も少なくなったかと思います。多分悪循環だったんでしょうね。ただ、シャンプーは使わなくても、髪は毎日お湯で洗い流してリンスだけしています。

お気に入りシャンプー 今のお気に入りシャンプー

ドイツ製のアルガンオイル入りシャンプーです。香りも品質も大好きです。私は "熱しにくく冷めにくい" タイプなので、コレと決めたらずっと愛用者。なので、このシャンプーも1年以上リピーターしています。ドイツに行った時もシッカリ買ってきました。写真の左側にあるのは、アルガンオイル。ほんの1滴を手のひらに伸ばして髪に付けます。写真の右側にあるのは、アルガンオイル入りのスプレー。髪の毛を落ち着かせたいときに使います。このシリーズ、お勧めですよ!

さてさて、アラブ式の髪の毛メインテナンス方法は他にもあります。シャンプーの数時間前に、オイルで頭皮をマッサージするというもの。ココナッツオイル、ローズオイル、キャスターオイル、ブラックシードオイル、ルッコラオイル…などなど、いろ――んなオイルを一緒に混ぜ合わせて、頭皮にマッサージ。

これがまたよい! 特にココナッツオイルは髪にとっても良いと感じます。それから髪の毛をシッカリ太くするのは、キャスターオイル。これはまゆ毛やまつ毛にも塗っています。まつ毛が長く濃くなるのだそう。これに関しては私はまだ実験中で輝かしい結果はまだ出ていませんが…。ホントなら嬉しい。キャスターオイルはかなりこってりしたオイルなので、髪にマッサージする時は量をかなり抑え目にする必要があります。

ま、そんな感じで、洗髪をしないというのがアラブ式。アラブに限らないのかもしれませんが…。アフリカなどでも、洗髪しないって当たり前みたいですもんね。アフリカ人は頭皮の油分がかなり少ないのだとか。羨ましい…。私も週2回の洗髪にしてから、目に見えて髪の毛が元気になりました。今後も頭皮の "混ぜこぜオイル・マッサージ" で、髪の毛をしっかりメンテナンスしていきたいと思います!!


↓良ければ応援のポチッしてください。↓ 皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。本ホームページまたブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/







最終更新日  2015.02.15 21:40:51
2009.05.09

ニキビ肌に朗報のアラブ式美容パックをご紹介します。

え? ほんまに~? と一瞬思うのですが、効果は実証済みなんですよ。方法も材料も手間要らず。準備するものはアスピリン錠、重層、ヨーグルトです。

フェイスマスクの材料 パックに使うのはこの材料だけ

混ぜ合わせるだけ 混ぜ合わせます。重曹を入れるとじゅわじゅ~と少し膨張。

分量は、小さめのアスピリン錠2錠(大きめなら1錠または半錠)、ヨーグルト小さじ半分、重層小さじ4分の1 です。まずアスピリン錠を細かく砕いて粉末状にします。それからヨーグルトと重曹を入れるだけ。よく混ぜ合わせます。

すごく少なく感じますが、重層のおかげでジュワジュワ~~と少し膨張します。さてこれをお肌に乗せます。ニキビがある場所には少し多めに。目の周りは避けてくださいね。

10分から20分ほど経つとパリッと乾いてきます。乾いたら、ぬるま湯で流して後は通常のお手入れ。この方法で、ニキビが治ったという人、すごく多いんですよ。騙されたと思って試してみてください。ただし1回ですっきり治るわけではありません。週に2回など根気強く続けてみてくださいね。

この方法は、友達の友達(レバノン人)から習ったもの。このレバノン人女性とは実際にお会いしたことはありませんが、自分でクリームなどを作って販売されているのだそう。このニキビ撃退法は、かなり効果的だそうです。私の友達も、結婚式前にこのパックでお肌をしっかり整えて本番にのぞんだのだそう。

私も1回友達の家でやってもらいました。フム。確かにお肌がきれいになったような気がします。早速アスピリン錠や重曹を購入し、今日は2回目のパックに挑戦。ここ最近ヨルダンは砂がビュンビュン舞う天気。肌にとっても過酷です。このパックでキレイを目指します!


足跡中東への旅を創作しませんか?  http://picturesque-jordan.jp/japanese.aspx まで。







最終更新日  2009.05.10 00:05:50
2009.02.05

アラブの男性はすっごく毛深いです。まるで野獣のよう・・・。男性がここまで毛深いのだから女性が多少毛深くても許されるのではないか、と思われるかもしれません。少なくとも私はそう思っていました。

日本ではムダ毛処理だの何だのと、外面に必要以上に気を遣わないといけなかったけれど、アラブはそんな世界とは無縁、やれやれ・・・と思っていたのです。ところがどっこい、アラブ女性の“美”の追求ときたら、日本人以上です。しかもアラブ男性がかなり口うるさく女性に美を求めてきます。ムダ毛なんて許されるわけがない。

サロンで働くフィリピン人の女の子(初対面)が私のナチュラル(?)な腕を見て、「こういうの、アラブ男性は accept (アクセプト)できないのよね」と一言コメントしておりました・・・初対面でこんなこと言うか?

さてアラブ世界では、ムダ毛=汚いというイメージがあるらしく、女性はサロンに通い、全身のムダ毛を徹底的にきれいにします。結婚式前には本当に全身の毛を剃ってしまうのがアラブ流です。もちろん頭と眉毛は残しますが、それ以外は本当に全身です! これには到底ついていけません・・・

さて、そんな女の子の強力な助っ人は、シュガーと呼ばれる脱毛ジェル(?)。ジェルというか・・・シュガーという名の通り、原料は砂糖です。見た感じ、触った感じは、ネチョネチョのはちみつの固まりといったところ。

脱毛用”シュガー” かなりネバ付きます。

シュガーのケース シュガーのケース。

使い方ですが、説明書によると、このはちみつの固まりのようなものを手で温めて柔らかくし、トロリとしたものを足や腕に延ばして固まるまで待ち、固まってから一気にはがすのだそう。一度でムダ毛はなくなるし(痛いらしいですけど)、あとのお肌はツルツルになるらしく、ほとんどの女の子が「シュガーで脱毛する」と言います。

私もやってみたのですが、一回目はうまく行きませんでした。固まる前に睡魔に襲われ、そのまま布団で眠ってしまったのです・・・翌朝、布団はネバネバ。かなり最悪でした。

今度はアラブの友達の指導のもと、もう一度挑戦してみる予定です ^^ 前にアラブの友達に「どうやって使うの?」と聞いた時「初めはコツがいる」とのことでした。やはり、まず彼女たちのやり方を見てからすればよかった! ”少しのことにも先達はあらまほしきことなり” ですね。







最終更新日  2009.02.06 12:38:01
2009.01.22

私にはとても親しい日本人の友達がヨルダンにいます。この友達の旦那さんはフランス人で、ヨルダン大学の先生です。このご夫婦とは日本にいたときからのお付き合いです。ひょんなことから、申し合わせたわけではないのに同時期にヨルダンに移動してきました。

私がヨルダンに到着して2週間後に彼らが日本からヨルダンに到着。移動当初の苦労を共にし、怒ったり泣いたり笑ったり、共にたくさんの経験をしてきました。

この日本人の友達は、とぉってもきれいな肌をしています。50歳なのですが、30代にしか見えません。この間はタクシードライバーから「17歳でしょ」と聞かれ、これにはさすがにキレていましたが(笑)

さてこの友達は、いわゆるコスメフリーク。ありとあらゆるコスメを試し、その知識の広さは無限です。私も彼女からいろんなことを教わっています。

ヨルダンではオイル類がすごく安く手に入ります。ヨルダンのどのドラッグストアでも安価で売られています。友達のオススメは、アーモンドオイルとセサミオイルを使ったフェイスマッサージ。

セサミオイルとアーモンドオイル どちらのボトルも1JD (130円) で購入できます。100ml の瓶。

セサミオイルもアーモンドオイルもビタミンを豊富に含んでいて、乾燥肌に効果的です。お風呂上りにこの2種類をたっぷり顔に乗せて、丁寧にマッサージします。余分なオイルは後でふき取ります。

シリア人の友達もこうしたオイルを使っているそうで、やはりきれいな肌をしています。

きれいな肌には、それなりの秘訣があるんですね~。







最終更新日  2009.01.27 09:33:35
2008.12.23

海外で生活するということには、自国では経験しない苦労がいろいろ伴うものです。旅行に来るのと実際に生活するのとは、まったく異なる経験です。でもせっかくの海外生活ですもの。楽しまなければもったいないです。

楽しむコツは色々あると思うんですけど、まずネガティブな比較は絶対にしない、ということだと思います。「日本ではこうだったのに」とは絶対に言わない。ポジティブな比較は大歓迎です。それからその国の良い面に注意を向けることでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが、ではヨルダンに住む利点は何でしょうか? いろいろありますが、今日は化粧品の話。ここではフランス製の化粧品が日本よりずっと安くで手に入ります。女性にとっては重要なポイントですよねっ(笑)。

ロック化粧品、アベンヌ化粧品、それから下の写真にあるようなビオデルマ化粧品などが、半額とまでは行きませんが、それでも日本で買うより30%-40%ほど安い値段で売られています。

ビオデルマ

このビオデルマ化粧品は日本ではまだそれほど知られていないかもしれませんが、無添加で上質な化粧品です。「フランスの皮膚科医が信頼を寄せるブランド」などという風に宣伝されています。でも本当に肌が弱い人でも安心して使える良いブランドだと思います。

私の肌はかなり敏感かつ乾燥肌なのですが、このビオデルマ化粧品はまったく抵抗なく使えます。私の日本人の友達もこの種類がお気に入りで、彼女のフランス人のご主人もこのブランドだけはアレルギー反応が出ないそうです。

こうした化粧品にご関心をお持ちであれば、ヨルダンに観光で来られた時についでに購入されるのも手ですよね。私はヨルダンで大量購入して、オークションなどで日本の皆様にお分けしようかなとも考えています(笑)。







最終更新日  2015.05.05 23:36:40
2008.12.15

私から見ると、シリア人は「おばあちゃんの知恵袋」みたいな存在です。親しくしているご家族が特別そうなのかもしれませんが・・・。彼らから学ぶことは数多くあります。

昨日伝授された生活の知恵は、ローズウォーターを使ってお肌にご褒美をあげる話。私のお肌の調子があまり良くないので、薦めてくれました。まず洗顔はなし。化粧落とし用のミルクでしっかりお化粧は落としますが、それだけ。石鹸も洗顔フォームも使いません。ぬるま湯で残りのメイクをやさしくきれいに流した後は、ローズウォーターで肌を整えます。その後、乾燥の度合いに応じてアーモンドオイルを塗るかクリームで保湿。

汚れがこれで落ちるの? と思いますが、彼女たちの肌を見ていると「これでいいんだ」と納得しちゃいます。シミしわ、肌荒れなどなく、本当にきれいです。

ローズウォーターですが、100%ピュアのものがヨルダンではとっても安く手に入ります。日本で値段をチェックしたことはありませんが、絶対ここより高いはず・・・・・。

ローズウォーター 約330mlで1,350フィルス。200円もしません。

こちらではローズウォーターを料理に使うことも多いので、食品売り場にたくさん種類が並んでいます。友達によると、レバノンからの輸入が一番いいのだとか。このブランド、「アンジャル」もとても質がいいのだそうです。

さてローズウォーターは本当に香りがいい。幸せな気分になります。しかも値段が安いので、浴びるように使っても良心が痛まない(笑)。これだけでお肌の調子も良くなりそうです。

ヨルダンに来られることがあれば、ローズウォーターを買っていかれるのもいいかもしれませんね。ちょっと重いけど。







最終更新日  2008.12.15 23:21:47

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.