1238173 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

楽天プロフィール


Thousand and One Nightsさん

絵のような風景を求めて―中東散策

フォローする

カテゴリ

バックナンバー

サイド自由欄

できるだけ多くの方に中東について知っていただきたいので、ブログランキングに参加することにいたしました。ご協力お願いいたします。読んでいただきましたら、1日1回下のリンクをクリックしてくださいね。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご旅行に関するお問い合わせは「Picturesque Jordan(http://picturesque-jordan.com/)」まで。中東旅行・ヨルダン観光のことなら何でもお気軽にご相談くださいませ。

カレンダー

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

旅行記:″ヨルダンの風景便り″シリーズ

2017.07.26
XML
本日のイスタンブールはとても蒸し暑い日となりました。今日は久しぶりにちょっとゆっくりできた日。昨日までとても忙しかった上に、やらなければならいことが多すぎて頭がパンパンになっていました。ちょっと休憩も必要…。こんな蒸し暑い日はビール飲まんとやってられん! です。グビグビ。

さて7月にいらしてくださったお客様から、素敵な素敵なご旅行のフィードバックをいただきました。これからヨルダンに来られる皆さま、今ご旅行の計画を練っておられる皆様、ぜひご参考になさってくださいね。


3名でお世話になりました。お陰様でヨルダンを満喫しきって、17日に無事に帰国致しました。

ヨルダンの知識はガイドブックである程度は頭に入れておりましたが、やはり現地の温度感が伝わる情報としては、木村様のブログが大変参考になりました。

ヨルダンのハイライトのペトラ遺跡はもちろんですが、個人的には、ムジブのシークトレイルで大はしゃぎしたことが、友人達との旅行として一番の思い出です。大人になってから体を張って一緒に遊ぶ経験は少ないですからね。ちなみに、シークトレイルはガイドさんについて頂いて正解でした。ガイドさんなしでは、滝を登りきることも、下りに岩で滑り台をしたり、飛び込んだり、仰向けでプカプカ流されたりは出来ませんでした。

また、ムジブシャレーでの死海、ワディラムの朝焼け、ダーナの夕焼けは、絶景でした。「神様が作った景色」「人類滅亡後3万年の世界」と言われたら、きっと信じてしまいます。ちなみにワディラムの写真を日本にいる友人に送ったら、「火星?」と言われました。

また、ジュラシュのローマ遺跡も大変素晴らしいもので、ローマ遺跡を初めて見た友人は目をキラキラさせていました。ヨルダンであんな立派なローマ遺跡まで見ることが出来るなんて、とってもお得ですね。木村様に北部をご紹介頂かなければ、うっかりスルーしてしまうところでした。

そうそう、アンマンの博物館に死海文書が展示されていて、エヴァンゲリオン好きな友人は感動して、展示室からなかなか離れませんでした。

ヨルダンは小さな国なのに、海あり、滝あり、谷あり、山あり、砂漠あり、遺跡あり、歴史あり、とにかく見どころ満載な国ですね。中東やイスラム教を十把一絡げに危険と思い込む方もいらっしゃいますが、ヨルダンは普通に個人で旅行できる国だと、私も周囲に布教活動をしていきます。楽しい旅行をサポート頂き、ありがとうございました。

素敵なお便り、ありがとうございました!! 当初はイスラエルも入れるかどうかでお悩みになっていましたが、最終的には7泊8日でヨルダン満喫プランにされ、ダーナやムジブなどの保護区も含めた変化に飛んだ行程になりました。

ムジブ保護区は、やはりかなりお楽しみただいたようです。また、このフィードバックの後にお送りいただいたメールでは、「ワディラムやダーナは自然の畏怖すら感じられましたので、トルコのカッパドキアやアメリカのグランドキャニオンと同様に、ヨルダンの旅行ルートから外してしまうのは勿体無いですね」とお書きいただきました。そうですね、ヨルダンで「保護区」と名がつくところはできるだけ制覇していただいた方が良いと思います。ムジブ、ダーナ、ワディラム…あとは北部にあるアジュルーン保護区もですね。

さてこのお客様にドライバーとの英語でのコミュニケーションについてお尋ねしましたら、「いざ!となれば、木村様にご連絡すれば、細やかに後ろからドライバーさんに指示を出してくださるので、安心していました。万が一の場合に頼れる存在があることは、海外では大変心強いです。大手の旅行代理店では、こんなに細やかに迅速に対応しては頂けませんから」と書いてくださいました。ありがとうございます。

今回は現地でもメールにて主に対応させていただきましたが、お電話の他に WhatsApp というアプリケーションやラインでも対応させていただけます。こうしたアプリのおかげで、時間差がなくコミュニケーションを取ることができますので、大変助かります。

夏から秋にかけてご旅行のお客様はぜひムジブ保護区を行程に含めていただき、全身を使ってはしゃいでいただければと思います。このお客様も別のメールで「ヨルダンは、雄大な自然を満喫したり、好きなだけ広大な遺跡を歩いたり、自分の体を使って全力で遊ぶほうが適していると思いますので、事前の予備知識さえあれば、ドライバーさんだけでも足りるかとおもいます」と書いてくださいました。ヨルダンはガイドなしでも本当に楽しんでいただけますよ。

中東=危険というイメージがまだまだありますが(といいますか、そのイメージは加速していますが…)、こんな風にヨルダンを楽しんでくださっているお客様がおられます。「死ぬ前に見ておきたい絶景」に数えられているペトラ以外にも、絶景はたくさん! このお客様がお書きくださったように「神様が造った景色」を1人でも多くの方にぜひご堪能していただければと思います。

ヨルダンに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村

←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村

足跡ヨルダン・エジプト・イスラエルツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人は違法操業者となります。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2017.07.26 05:30:29
2017.05.24
GWに来てくださったお客様からのお便り第2弾をご紹介します。このお客様がお送りくださったフィードバックは実に8枚にも及ぶもの! 皆さまにすべてをご紹介したいのですが…、一度には無理なので、小分けにして少しずつご紹介するのがいいのか少し悩ませてください。

でも今日は、そのうちの一部をご紹介させていただきます。6日目の行程について書いてくださった部分です。というのも、その日はムジブのシークトレイルに挑んでいただいた日で、シークトレイルについてのご感想が含まれているためです。

 この写真はムジブの写真ではありませんが…

これからヨルダンに来られるお客様の中には、ムジブでのご宿泊をを含めてくださっている方もいらっしゃいますが、夏の期間は特にぜひぜひご挑戦いただきたいこのシークトレイル‼その醍醐味とは…


6 6日目
さて、ペトラを後に、アインムーサに寄って、ショーバックに向かいました。この日は、スペクタクルでした。
 
まず、ショーバック城、ここは素晴らしかったです。Jihadに何度もその旨伝えると、彼も、何度も「そうだろう。」と言っていました。特にトンネルが凄かった。まったく光が届いておらず、他に客もいないので、相当長く感じますから、かなりスリリングでした。

その後、ワディムジブ付近のワインディングロードを通りました。Jihadの勧めで、非常に景観の良いところでランチを取り、その後、ムカーウィルあたりまで戻ってから死海に出て、ムジブシャレーに向かいました。この日は、あまりに長くかつ、迅速な移動をJihadに強いることになったため、申し訳ない気持ちとなりました。しかし、Jihadは、ムジブシャレーのチェックインから、シークトレイルの申し込みから何から手伝ってくれて、「本当にありがとう」という気持ちとなりました。それを伝えると、Jihadは素直にうれしそうにするので、気持ちの良い人でした。

さて、シークトレイルですが、これは、今でもすぐにもう一度やりたいくらいの気分です。終わってしまったときは、名残惜しかったですね。本当に面白い。これは、絶対にやるべきだと思います。最高でした。

その後、死海に浮かびました。猫に引っかかれた傷は沁みました。目に入ると痛かったです。口に入ると最初塩辛いかなと思いますが、その後、苦く感じます。でも何よりもいい経験ですね。夕日を浴びながら死海で浮かぶ。水の柔らかさは、少し温泉を想起させます。シークトレイルがあって、死海があって、でも、殆ど貸し切り状態で、いったいここは何なんだ、と思えてきます。

ムジブシャレーで休むのもまた、いい雰囲気です。シャワーを浴びながら死海が見れるのも良いです。ただ、唯一、ここは、食事をもう少し頑張ってほしい、という感じですね。


ムジブでのお食事はいまいちだったそうです。これは…シェフの腕の問題?? 同じ保護区でもダーナ保護区のお食事はとても良かったようです。やっぱりシェフの問題かな…。

さて、「本当に面白い。これは、絶対にやるべきだと思います。最高でした」というお言葉に象徴されているように、シークトレイルは絶対にやっていただきたい。ムジブ保護区は中に入っていただかないとその全容が見えません。自然が作り出したシーク (切り落ちた岩壁) は壮大で、まるで別世界に入り込んだかのようなムジブ。ここでしかできない体験です。

ただしご注意を 1 点。ムジブ訪問は、週末の金曜日と土曜日はお避け下さい。私のお客様には、週末に当たらないように日程を組ませていただいております。週末は地元のアラブ(特に男性たち)が押し寄せ、とんでもないことになります。混むだけではなく、マナーの悪さに辟易。ムジブのトレイルは週中、ツーリストが数名だけしかいないような時に挑戦されるようにお勧めいたします。

さてこのお客様は、フィードバックの結びに以下のようなコメントを残してくださいました。



9 結びにかえて
木村様に初めてメールをしてから、半年以上が経つでしょうか。当初、まだまだ先の話であったのに、積極的にご対応いただき、ありがとうございました。
 
また、春になって、確定書をいただいた後、その修正にも応じていただき、ありがとうございました。私としては、このような木村様とのやり取りだけでも、ざっくばらんないい方をさせていただくとすれば、「元は取れた」というくらいの感じでした。そして、最終の確定書については、100%を書いてもらったから、これから差し引いていくような日程になるだろうと思っていたのですが、日程は完全に遂行されてしまいました。
 
もう、本当に感謝の言葉に尽きません。それと、余計なお世話かもしれませんが、些か、お安過ぎるのではないでしょうか、という気もしました。ジハードは、日本人の心が分かるというよりも、殆ど日本人のようでした。彼にも、どうぞ宜しくお伝えください。
 
以上、本当に散文であり、かつ、フィードバックというより、単なる私の個人的な旅行記のようになってしまって申し訳ありません。もっと、こういう点をお知りになりたい、ということがあればご指摘ください。できる限り、お役に立ちたいと思います。家族でヨルダンに行くようなことができたら、また、よろしくお願いします。


お客様のご満足がいくご日程でお手配させていただけて何よりでした。お客様のご旅行ですので、お客様がこだわりたいと思われる点にはとことんこだわっていただきたいものです。そしてそのお手伝いをさせていただけたことが何よりでした。

今回、このお客様にはドライバーの Jihad を私の方で指名しました。8日間みっちりのヨルダン旅行。私の方も、Jihad に任せるときは「絶対に大丈夫」という確信があります。とはいえ Jihad だけではなく、他のドライバー達にも絶大な信頼を置いています。取引先の旅行会社お抱えのドライバー達は、本当に強力な助っ人たち。優秀です。

さて、このお客様が送ってくださったフィードバックですが、皆さまにお読みいただけるように何らかの方法でアップさせていただく予定です。日にちごとに分けさせていただくか、内容ごとに分けさせていただくか…。通常私の方でフィードバックを編集することはありませんので、なるべく順序も変えたくないのですが…。しばしお待ちを。

ではでは、6月に来られるお客様もこうしたフィードバックをご参考に、旅行のご準備をお進めくださいね。

ヨルダンに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です 。このホームページの左側および記事の下にある「ブログ村」または「中東旅行」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。よろしくお願いします。

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人は違法操業者となります。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2017.05.28 00:28:35
2017.05.22
なーんだか、5月に入ってもお天気がそれほどスッキリしないイスタンブールです。日本は30度近くなる時もあるとか??? ビックリ。イスタンブールでは、ここ最近は 16 度辺りがせいぜいです。最近のお空はこんな風に曇天続き。


ま、そんなことはさておき…ゴールデンウィーク中にヨルダンにご旅行に来てくださったお客様たちからフィードバックをいただいております。本日は、こうしたフィードバックの数々を読み返しつつ、これまでに来てくださったお客様たちの面々を(といっても、実際にお会いすることがない方々も多いのですが) 思い返しておりました。つくづく思うのは、本当に良いお客様に恵まれていて幸せだなぁ…ということです。

こうしたお一人お一人のお客様との出会いは、他社へ ”丸投げ型” の日本の代理店では経験できないことです。そして丸投げされた側の現地代理店としても、丸投げされたから受けるだけで、とりたててお客様と個人的に関わる必要はありません。フリーとしてやっているからこそ、お客様お一人お一人と関わらせていただくことができます。なので、この仕事をさせていただけていることに心から感謝!

さて、GW中のお客様から頂いたフィードバックからおひとつを本日はご紹介させていただきます。

この度は、ヨルダンの旅行を組んでいただきましてありがとうございました。

GWのヨルダン旅行2泊3日の弾丸スケジュールでネボ山から始まり、マダバ、ペトラ、死海、アンマン市内観光と、とても充実した三日間となり本当にありがとうございました。最初、危険な国のイメージがありましたが、行ってみれば、危険なイメージはまったくなく、観光客も沢山いました。

ペトラ遺跡で、行きの登りだけロバに乗って上がりました。母親は72歳になるのですが、ロバに乗らなかったら絶対に最後まで歩いて登れなかった。行けて綺麗な景色が見れて本当に良かったそうです。ただ、ロバが急な階段を登る時、生きた心地がしなかったと恐怖は感じたそうです。体力に自信がない人は、シークからロバを行きだけでも乗ることはお勧めです。

今回私達は、5月にペトラ遺跡に行きましたが気候は、暑くもなく寒くもなく、とてもいい時期に行ったと思います。ただ、気をつけた方がいいと思ったのが、そんなに暑くないのに日差しが強いです。私は帽子もかぶらず歩いていましたが、髪の分け目のところが全て日焼けし皮がむけて、汁まで出て大変なことになってしまいました。皮膚の弱い方は気をつけた方がいいと思いました。

今回の私達のドライバーのハーリドさんは、とても車の運転が上手く、3日目の帰国日にアンマン市内観光に強行スケジュールを組んでしまったのですが、「よ〜し!全部行くぞ〜」と張り切って、運転してくれました。ただ、予想以上に最終日のホテルのチェックアウトに時間がかかり、出発が遅れてしまい、木村様が教えてくださいましたレストランで食事する時間がなかったのがとても残念でした。

私達のドライバーさんも時間にはかなり正確でした。あと、スーク散策の先でドライバーさんと待ち合わせをした時のことですが、車が私達の反対側にいたので道路を横断しようとすると、ドライバーさんが、「そっちに行くからそこで待って!」車の中からジェスチャーで一生懸命合図をしてくれて、他の車からクラクションを鳴らされながら、車で渡って来てくれました。そういった細かな気遣いが、すごく嬉しかったです。

今まで申し込み前に、他の方の書き込みを見ていましたが、良いドライバーさんが多くいらっしゃるイメージでしたが、私達も良いドライバーさんに出会えました。有難うございました。また、ヨルダン旅行に行く友達とかいたら木村さんの手配をお勧めしたいと思います♪

素敵なフィードバックをお送りいただきまして、ありがとうございました! このお客様は普段は「メールを打つのがとても遅く時間がかかるので、苦になり、あまり返事を」されないということなのですが、「ただ、木村様が、私たちの旅行の前に一生懸命私たちの不安を取り除いて、返事をくださったことにとても嬉しく感じたので、お礼を描きたい一心で打ちました」と有難いお言葉を書いてくださいました。

このフィードバックで「最初、危険な国のイメージがありましたが、行ってみれば、危険なイメージはまったくなく」とお書きいただきましたが、実際、ヨルダンの治安は私が最初に移動した 10 年前から全く変わっていません…。それなのにどんどんと「危険」というイメージが独り歩きして…。残念。でも希望の光星も見えます。ここ半年ほどでしょうか、「以前から温めていた中東旅行のプラン、治安が悪化しているという報道で躊躇していたけど、やっぱり行きたいと思っている」という方々からのお問い合わせが増えています。”百聞は一見に如かず” というのがぴったり当てはまる中東。ぜひ足をお運びくださいね。

さて、このお客様は3名様のツアーで、72歳のお母様もご一緒だったようです。ロバ乗りでてっぺんのエド・ディルまで登られました。このロバ乗りに関しても別途のメールで詳しく触れていただきましたので、近々ご紹介させていただきますね。

中東では5月27日からラマダンがいよいよ始まります。夏ほど暑くはないものの、日が長いこの時期はまだまだ大変なラマダン。私はトルコで初ラマダンを経験いたします! トルコではラマダンといっても、アラブの観光客が減るだけで、町では特に大きな影響はない…といわれていますが、さて真実はいかに?

ヨルダンやエジプト・パレスチナではラマダンに向けて、盛り上がってきていることと思います。でも私にとっての目下のイベントはラマダンというより…今週の金曜日に誘われているダンス・パーティ…。嫌なんですけどね、ダンス・パーティなんて。踊れないのに、踊れ、踊れと言われて無理やり引っ張られるのが目に見えている。恐ろしや~。でも予定を把握されていて、断れない。事故にでも遭わない限り(笑)。イスタンブールでの初ダンス・パーティ…重い腰を上げて行ってまいりたいと思います。

ヨルダン旅行に関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人は違法操業者となります。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2017.05.24 07:05:53
2017.02.14
2月のこの時期…実家のしだれ梅がきっときれいに咲いていることでしょう。昨年のこの時期…しだれ梅がとてもいい香りを放っていました。

さて昨日は2月に来てくださったお客様からのホヤホヤのお便りをご紹介させていただきました。ところで、昨年の10月にいらしてくださったお客様から頂いていたお便りをアップせずにそのままになっていましたので、この機会にご紹介させていただきたいと思います。
木村 様

この度は、ヨルダン旅行の専用車を手配していただくにあたり、大変お世話になりました。母と姉は、海外経験が少なく、もちろん初めての中東地域の訪問とあって少なからず不安を抱えていましたが、日本語の旅程表にアラブの文化や観光地での注意点等を木村さんが詳細に記載していただいていたおかげで、安心して来ることができたと言っておりました。

死海では浮遊体験や泥パックをし、ワディラムでは壮大な砂漠をジープで回り、夜は一面に広がる星空を眺めることができ、ペトラ遺跡は昼間も夜(ペトラバイナイト)も訪問し、大満足だったようです。マダバやネボ山、最終日に行ったショーバック城も、とても雰囲気の良いところで大変気に入りました。

雄大な大自然が魅力的なヨルダンですが、そこに住む人々との出会いもまた楽しいものでした。死海のホテルからモールに散歩している途中、家族連れや若者たちが道端でバーベキューをしており、「ようこそ!」と言いながらしきりに食べ物や飲み物を勧めてくれました。観光地も素晴らしいですが、ヨルダンに住む人々はフレンドリーで人懐っこい人が多く、母と姉はこれもまたアラブの魅力なのか言っておりました。

また、専用車で同行いただいたJihadさんも、とても素敵な方でした。いつも時間通りにいらっしゃって、道中ではヨルダンのことをたくさんお話していただきました。ヨルダンに住んでいて感じることとして、この地で良いドライバーさんを見つけることは、本当に難しいです。

渋滞にイライラ、割り込んできた車にイライラ、自分の思い通りにいかないとイライラして運転が荒くなるドライバーや、どう考えても遠回りで時間の無駄なのに、こっちの方が近い!と信じて疑わないドライバー、目的地に着いて「外で待ってる」と言ったのに、戻ったら車ごとどこかへ行ってしまっているドライバー、集合時間に遅れて来て、毎回いろんな言い訳を聞かせてくれるドライバーなど、良いドライバーさんと巡り合えるのは、実は至難の業です。(木村さんはこの点お詳しいと思います・・・(笑))Jihadさんは、間違いなく優秀なドライバーさんで、日本で認められるレベルのお仕事をされていました。

今回の旅行では、母と姉がヨルダンに来るにあたり、周囲から「大丈夫!?」との反応が何度も出ました。日本からすると、中東にあるヨルダンは治安が悪くて危険な国という印象があるようですが、そんなことはありません。ぜひ、少しでも多くの方に訪問していただきたい魅力的な国です。訪れればイメージがガラッと変わるはずです。最後になりましたが、この度は本当にありがとうございました。

ドライバーのJihadさんは本当に良い方で、いろいろと気遣っていただきました。(良い意味でアラブの感情をぐっと抑えていらっしゃるようにも見えました(笑))アラブの魅力は「人」なのかなとも思います。素晴らしい観光地もさることながら、たまたま出会ったアラブ人との何気ない会話も、母と姉の思い出には強く残ったようです。

以上、長文となり失礼いたしました。今後も何かありましたら、連絡させていただきます。


こちらも素敵なお便りでした。掲載が遅くなりましたが、ありがとうございます。そうですね、ヨルダン旅行の醍醐味の一つは、地元のアラブとの触れ合いかもしれません。こうしたアラブとの触れ合いは、サウジやドバイなどの湾岸諸国ではなかなか持つことができない機会かもしれません。こうした湾岸諸国ではほとんどの労働者が外国人なので、ホテルでもレストランでも出稼ぎの外国人に出会う機会の方が多いかと思います。

それに比べると、ヨルダンでは産業のほとんどの部分でヨルダン人(あるいはパレスチナ系ヨルダン人)が働いています。もちろんエジプト人、シリア人などもたくさんいますが。ですからどこに行っても、アラブ、アラブの世界です。ちょっと怖いと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。アラブはとても人懐っこく、人間臭くて…日本人のお客様はアラブとの触れ合いを皆さま楽しんでお帰りになります。ま、時々アラブ節が炸裂しすぎてお客様の逆鱗に触れ、爆発することもないとは言えませんがね…(苦笑)

そんなわけで、アラブ社会を心行くまで堪能していただけるのもヨルダンかと思います。

さてさて上記のフィードバックでご紹介いただいた Jihad。またまた株を上げましたね! 最近ご指名が多くなりました(笑)。当方でお手配するドライバー達はみな、旅行会社専属・日本人のお客様専属です。繁忙期には外部のドライバーに助っ人に入ってもらう必要があることもありますが、通常はできるだけ旅行会社専属のドライバー達で回すように予定を組んでいます。ドライバーの質はお客様のご満足度に直結します。皆様のご旅行が楽しいものになるように旅行会社共ども心を砕いております。

ご旅行のご相談・お問い合わせお待ちしておりまーす。

一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人は違法操業者となります。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2017.02.14 22:53:02
2017.02.13
まだ風邪を引かずに頑張っているワタクシです。鼻の塩洗い、すごい効果‼ さてこの時期はゴールデンウィークのお問い合わせがぐっと増える時期。そんな中、2月に来てくださったお客様からのお便りをいただきました。皆様の旅のご計画にぜひご参考になさってください。
木村様

昨日無事に帰国致しました。ヨルダンがこんなにも素敵な風景を見せてくれるとは知らず、大満足の旅となりました。

ダーナ保護区は本当に素晴らしく、夕日も星空も雄大な風景も、心に染み入りました。宿泊の翌日、午前中に2時間ほどショートハイクをしてみましたが、そこで偶然会った自称ガイドのおじさんが色々と連れまわしてくれ、それもまた楽しい思い出です。

ムジブのシャレ-では宿泊客が私たちだけで、死海を独占できました。夜は少し雲が出ていましたが、夜遅くには満点の星空となりました。ただただゆっくり、のんびりするには最高の場所ですね。

ダーナもムジブも、ホテルでは私たちのリクエストもすぐに対応してくれ、気持ちよく過ごすことができました。お料理は正直そこまで期待していなかったので、ムジブのディナーは思ったより力作に感じましたし、何より甘い紅茶が身体を温めてくれました。

ドライバーのHaniさんも意思疎通もまったく問題なく、快適なドライブでした。道中でview`pointでは停まってくれ、途中の素敵な風景もゆっくりと眺めることができました。

今回はペトラ→死海というありきたりのコースが、ダーナ保護区とムジブをご提案頂いたことで、変化に富んだ素晴らしい旅行となりました。心からお礼申し上げます。

一口にアラブと言っても、サウジやドバイのGCC諸国とはこんなにも違うということも改めて感じましたし、また違ったアラブの側面を覗くことが出来た気がします。次回は、ムジブ、ダーナでリバートレイルやトレッキングを楽しみたいなと思います。その際はまた是非、よろしくお願い致します。

素敵なお便りをお送りいただきまして、ありがとうございました。お送りいただいたダーナの風景の写真を以下にアップさせていただきます。

今回は私の大のお気に入りの場所ダーナとムジブをご提案させていただきお楽しみいただくことができて、ツアーコンサルタント冥利に尽きます…。ヨルダンの在り来たりの姿ではなく、変化に富んだ様々な表情を見ていただくには最高の場所かと思います。ゴツゴツした男性らしいダーナ保護区、緩やかに時が流れる別世界ムジブ…。このお客様もムジブとダーナを早速周りのお友達にお勧めくださっているようです。ありがとうございます。

このお客様は、別のメールで「むき出しの地球(うまい表現ができないのですが…)を見られる素晴らしい場所として、私もたくさんの人に訪れてみてほしいです」と書いてくださいました。「むき出しの地球」…素晴らしい表現ですね!

春の時期はヨルダンが特別に輝くとき。お花の時期で、ダーナ保護区はきれいに彩られます。ヨルダン北部のアジュルーン保護区やウンムカイスなどの観光地も、かわいいお花が咲き乱れます。この時期に来られるお客様は、死海とペトラだけではなく、ぜひぜひ保護区をご日程にお含めください。そして「むき出しの地球」を楽しんでいただければと思います。

旅のお問い合わせはぜひお早めになさってくださいね。ご相談は無料ですし、お見積もりも無料でお出ししております。ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人は違法操業者となります。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2017.02.13 04:48:25
2016.11.21

皆様、ご無沙汰しております…。超忙しい日々を送っていた上に、1週間ほどインターネットが自宅でつながらず、大変ややこしいことになっておりました。が、本日無事にインターネット回復!です。ブログを更新できていない間もたくさんの方がブログを訪問してくださっていたようで、ありがとうございます。ちなみに、いつの間にかアクセス数が100万を超えていました!

さてさて、10月にヨルダンに来てくださったお客様の中で、フィードバックを掲載してもよいとご了承くださった方々が幾人かおられますので、ご紹介させていただきたいと思います。 今回ご紹介するのは、女性お一人でヨルダンに来てくださったお客様。女性一人では楽しめないのではないか…とご不安に思われる方もおられるかもしれませんが、このお客様のフィードバックを読んでご参考になさってくださいね。

 

つばき

マダバ、ネボは旅のスタートにちょうどよく感じました。私が行った2日前にネボの教会が公開になったとかで、何やら得した気分になりました。モザイクは独特のデザインに思いましたし、美しかったです。

ムジブもよかったですねー。死海が思った以上に荘厳な美しさでした。朝も昼も夜も違った姿を見ることができました。シャレーから死海に降りる階段は途中で崩壊していましたが、無事浮かんでみることもできました。まわりに本当に誰もおらず、せっかく浮いているのにその写真が撮れず残念でした(笑)。

確かにハエはかなり多かったですが、日没時に眺めた死海は本当に美しかった。お部屋は私は十分だと思いましたが、洗面所の水道がつまり気味でした。

シークトレイルもやってよかったです。10月終わりだからか結構な激流でしたが、Haniさんのおかげで最後まで行けました。かなり楽しかったです。ガイドさんがいれば女性一人でも行けると思いますが、本当に一人だと正直厳しいと感じました。

ハニー ムジブ

ペトラ。言わずもがな、素晴らしかったです。エドディルまで徒歩でなんとか行けました。暑すぎない秋でよかった。普段運動していないのでかなりへとへとにはなりましたが、頑張って行ってよかったです。ロバに乗っているひとはそれほどいなかったように思います。ペトラバイナイトも必須ではないけれど、宝物殿の美しさを昼も夜も楽しめるよい機会かと。

ダーナ。ここは思っていた以上に壮大な景色でした。ここまでに蓄積した疲れのせいか体調が今一つで、トレッキングには行けなかったのですが、それでもお部屋のテラスからの景色が素晴らしすぎて満足です。お部屋もスタッフもよかった。大規模な拡張工事がもうすぐ終わるとのことだったのですが、今後もあの雰囲気が保たれるとよいですね。

ワディラム。サハラ砂漠ともまた違った景観で楽しめました。あまり天気がよくなくて星がそれほど見えず残念でしたが、1日の滞在ではしかたないことです。日の出、日の入りの美しさを堪能しました。シャワーもありましたが、水しかでないようでした。オーナーさんはよく気のつくできる男、ですね。さすが。

アンマン。ここは他のところとは全然違いますね。街も好きなので、これはこれで楽しかったです。時間があまりなかったのであまり見られず残念でした。

ウムカイス、ジェラシュ。ウムカイスはこれからもっと発掘が進むのですかね。国境を見渡すことができてよかったです。ジェラシュは保存状態もよく、当時の街の雰囲気を感じることができました。

トルコは行ったことがありましたが、それ以外の中東は初めてでした。遺跡も自然も想像以上に素晴らしかったこと、アラブの人との触れ合いも想像以上に面白かったこと、世界事情に疎い私でもなにがしか中東の抱える問題について考える機会を与えられたこと、全てが本当によかったです。
観光客としてたった1週間の滞在ですから何がわかったわけでもないですが、ヨルダンの人のホスピタリティをたびたび感じました。また行ってみたいと自然に思いました。

そして、今回一人旅だったこともあり、Haniさんの存在は大きかったです。いつも明るくhelpfulで、今回の旅行を非常に楽しく終えられたのは彼のおかげだと思います。とてもよかった。Naokoがホームページに載せて紹介したりできるかもしれないから、ウォータートレイルの写真を送っておいて!とおっしゃっていたので、添付しますね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

素敵なフィードバックをお送りいただいて、ありがとうございました! 女性一人ではムジブのシークトレイルは敷居が高いと思われるかもしれませんが、今回はドライバーの Hani がこのお客様と一緒にトレイルをさせていただきました。

ムジブのシークトレイルは、基本的にガイドなしのコースです。でも難関が幾つかありますので、女性お一人様の場合はビジターセンターでガイドを依頼されるようにお勧めしています。ただし、ガイドが出払っている場合もあり、ガイドが常に同行できるとは限りません。そんなわけで、今回はもしムジブでガイドがいない場合に一緒にウォータートレイルができるドライバーを、ということで Hani に担当してもらいました。

お客様から送っていただいた写真に写っているのは、Haniです…。しっかりちゃっかり彼が楽しんでいる様子がありありと映し出されていますね...(笑)。売り込み上手な男、Hani です。もしかして  Hani がフィードバックを書くようにお客様にプレッシャーをかけたのでは…と心配になってお尋ねしたところ、「Hani さんはアピールしたいのはよくわかりましたが(笑)、そうであってもそうでなくても、私にとってよいドライバーさんだったのは事実なので、大丈夫です」というお返事をいただきました。なんだか複雑な気分…。Hani の奴め! 売り込みが過ぎないようにしっかり見張っていかなければ…。

今回のご日程には、ムジブ、ダーナ、それからウンムカイスなど...通常のお客様があまり含められないスポットが含まれてました。こうした隠れたスポットほど実はヨルダンの魅力が感じられる場所なんですよ。

今後の旅のご計画にぜひご参考になさってくださいね。さて、11月ももう後半に入りました。ブログのほうもきちんと更新していきたいと思います。引き続き応援してくださいね~。


一日一回応援よろしく! です。ヨルダンにご関心がある方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2016.11.21 20:21:28
2016.09.23

秋分の日が終わり、いよいよ秋本番といったところでしょうか。私の一番好きな季節です。さてさて、この9月は本当~にたくさんのお客様をヨルダンとイスラエルにお迎えしております。

一足先にご旅行を終えられたお客様からのフィードバックが届き始めています。これからご旅行をされる方も、今ご検討中の方も必読情報! ぜひご参考になさってくださいね。ちなみに掲載させていただいた写真は、お客様からお送りいただいたものです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

本日帰国しました。66才のシニア女性二人連れの旅でした。周囲の者から「どうしてヨルダンなの?」「危険じゃないの?」などと訝られましたが、行ってみるとヨルダンは平和な国で、皆陽気で親切でした。

 

お客様からお送りいただいたお写真
 
リクエストしたジハードさんは素晴らしい方で、英語が拙い私たちにもわかりやすい言葉でゆっくり話してくれました。知識人でヨルダンのこと、家族のこと、ベトウィンのこと、植物のこと、コーランのこと道中ずっと話が弾んで楽しかったです。

ペトラでは馬車とロバに乗りましたので、楽にエドディルまで行くことができました。ただこれから行く方は、料金のほかにチップがいる事、それも彼らから要求されることを理解の上利用されるといいと思います。初めてロバに乗る方は少し怖いかもしれませんが、私たちは去年モンゴルで何日も馬に乗りましたので、その経験が役に立ちました。エドディルまでの長い坂道を徒歩で行くことを思えば、チップなど安いものです。

ワディラムも、死海も楽しみました。しかしながら、なんといってもジハードさんと一緒に旅したのが一番楽しかったです。どうぞよろしくお伝えくださいませ。

最後に木村さんなくしては、この旅は実現しませんでした。素早い対応で何の心配もありませんでした。木村さまのブログに出会えてよかったです。有難うございました。すべて完璧でした。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 

素敵なフィードバックをお送りいただきまして、ありがとうございました。このブログでもたびたび名前が挙がっているドライバーのジハード。鈍くさいのですが、その朴訥さと人格の良さゆえにお客様からとても人気があります。こんなにお褒め頂くとは…。ジハードは株を上げましたね!

英語ドライバーだけのお手配で不安を感じられる方もおられるかもしれませんが、このお客様は別のメールで「英語がペラペラでなくても大丈夫です!コミュニケーションはできます。生きた英会話の練習になります」とお書きくださいました。ドライバーたちも英語が第一言語ではありませんので、彼らの英語は分かりやすい。勿論アラブ特有のなまりがありますが…(笑) 

さて、このフィードバックで触れていただいたぺトラでのロバ乗りのチップ…。国籍を問わず、ツーリストといつもいざこざが起きています。ぺトラのベドウィンたち…もう露骨に「金、金」とお金をぼったくろうとしますのでツーリストとしてはなかなか大変かと思います。とはいえ、今回フィードバックをお送りくださったお客様は、これも旅の楽しみの一つとして楽しんでくださったようです。

いずれにしても、これから旅行される方々のためにも、この件についてブログで詳しく取り上げる必要があると思いました。今回フィードバックを送ってくださったお客様が詳しくお知らせくださいましたので、次回のブログで徹底解説?? させていただきます! これから旅行を考えておられる方は必読です(笑)。お楽しみに! では皆様も良い秋の一日をお過ごしくださいね ウィンク


一日一回応援よろしく! です。ヨルダン旅行に関心のある方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2016.09.24 07:59:26
2016.09.06
ヨーロッパは9月に入った途端、秋真っ盛り。もう夏は終わって、あとはどんどん寒くなってゆくのを待つばかり…。残暑なんて言う言葉はドイツにはありませんが…、日本のお天気はどんな感じでしょうか。

引っ越し先のエリア

さてさて9月に入って、いよいよ観光のハイシーズンを迎えています。皆様ヨルダンとイスラエルをぜひぜひお楽しみください。今日は、一足先にヨルダンにいらしてくださった8月のお客様のフィードバックをご紹介したいと思います。

秋のライン


木村さま

この度は大変お世話になり、ありがとうございました。無事にヨルダンでの旅程を終え、次の目的地への乗り継ぎフライトを待っているところです。

Khalidさんのサポートのお蔭で、とてもスムーズに、駆け足だった旅程も存分に楽しむことができました。特に最終日は朝から、空港に着いたのが深夜1時、というハードな行程。しかも、アンマン市内では遺跡などの有名ドコロ巡りではなく「この店に行きたい」というのをコマゴマ希望したイレギュラーな客でしたのにどれもきちんとご対応いただけたのは、とてもありがたかったです。(行きたい場所をリスト化し、一部は地図もつけてお渡ししたのが奏功したようです…)

非常にpunctualな方で信頼できましたし、移動中も「このエリアはこんなところ。あそこには石油と水のパイプラインが通っている」などなど”豆知識”を教えてくださり、とても楽しめました。特に最終日、マインからアンマン市内に移動する際に、初日とは違う「マインヴィレッジと、マダバまで行く方面の道」を通ってくださったのも (ご本人曰く、近道のためたまたま、だったそうですが)、初日とは違うヨルダン郊外の小さな町の様子がつぶさに見られてローカル感満点、個人的にとっても楽しかったです。

仕事でサウジと、少しドバイに、旅行でカタールには行ったことがありましたが、ヨルダンのように自国民の方が、旅行者と接するあちこちでも働いている、というのは、国の生の様子が垣間見られて良いものですね… 上記の国々では、接するのはほとんど出稼ぎ外国人の方々で、あまりその国の人のリアルを感じることが少なかったので。。

そして、マイン・ホットスプリング・ホテルですが、施設の老朽化はところどころに感じられたものの、スパもしっかりしていましたし、スタッフの方々のサービスも過剰でなくきちんとしていて、”ラグジュアリー”ではないけれど値段には十二分に見合った素敵な宿だと感じました。

「温泉滝」の水量が減っている、というような記事をどこかで見ましたが、当方滞在中は十分な水量が流れ続けていて問題ありませんんでした。(もしかしたら、どこかで加水しているのかもしれませんが…)「中東のホテルあるある」ですが、朝食ビュッフェも豪華でおいしく、朝から食べ過ぎました…今後案内される際のご参考までに。

暇にあかして長々と書き散らしてしまいましたが、この度の木村さんのコーディネート、そして、ブログで多くのヨルダン情報を発信し続けてくださっていることに、改めて御礼申し上げます。(ブログ、行きたいお店探しにも、大変活用させていただきました)

遠からずまた、この魅力にあふれる国を訪れることができるよう、ヨルダンと、周辺の国々の安定を安定を願ってやみません。次に訪問する際にも、ぜひまた木村さんにご相談させていただきますね。どうもありがとうございました。

 

秋のライン

とても参考になるフィードバックをお送りいただきまして、ありがとうございます! ヨルダンの温泉ハママトマインでの宿泊をお考えの方には、ぜひご参考にしていただきたい情報です。

といいますのは、ハママトマインでは、以前あったタイ系の Evason Main という5星ホテルはなくなりまして、現在は Main Springs という4星ホテルになっています。でも旅行会社によりますと、ホテルの設備も従業員も同じままで、基本的には Evason Main の時代とそれほど大きな違いはないとのことです。

「ゆったり系」のホリデーを希望される方にはぜひ1泊はしていただきたいところです。ただし温泉以外には何もありませんので…急ぎ足でメジャーな観光地をとりあえず制覇したいという方には向いていないかも…。1週間以上のご日程でヨルダンを訪問されるような場合は、含めていただいても良いかと思います。

フィードバックでお書きいただいたように、ヨルダン旅行では常にローカルのアラブと接していただくことができます。サウジやカタールなどのいわゆる湾岸エリアでは、確かにどこに行っても出稼ぎ労働者の方が多いですよね。ヨルダンはそういう意味でも、中東らしさがプ~ンとにおい立つ魅力的な国かと思います。

ではでは、9月にヨルダンにいらっしゃる皆様はぜひご旅行をお楽しみください。そして今ご旅行をお考えの方は、上記のようなフォードバックもぜひご参考に、旅の計画を練ってくださいね!


一日一回応援よろしく! です。ヨルダン旅行に関心のある方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/







最終更新日  2016.09.08 04:54:55
2016.08.03

すでに8月! 日本は夏真っ盛りでしょう。ここ南ドイツは相変わらず気温が低め。日中は25-28度くらい。朝は15度くらいのときも(笑)。それでも日中に太陽が照るので助かります。この時期のヨルダンは連日30度超え、37度くらいになることもあります。でも湿度がないので、カラッカラ。ヨルダンの夏は、”爽やかな灼熱” といったところか…。懐かしい!

さて7月に来てくださったお客様からのフィードバックが届き始めています。今日はそのうちのお一人から頂いたお便りをご紹介します。

ひまわり 

行く前に、テロが勃発して、不安でしたが、空港でハニーさんに会って一安心しました。

ドーハでは木村さんのアドバイスいただいた、空港の無料市内観光をして、中東ってこんなに暑いのかと覚悟しましたが、ヨルダンはカラッと日本より日差しはきついですが、日本より過ごしやすかったです。

ペトラ遺跡には朝早くから、ホテルに朝食のボックスを作ってもらい、遺跡を見ながら贅沢な時間を過ごしました。砂漠ではガイドのお兄さんが一生懸命、歌を歌ったり、写真を撮ったり、よいガイドにあたり、友達も景色、一生懸命なガイドさんに今までになく喜んでくれ、興奮してました。こんな彼女を見たのは初めです。

シートレイル、これは大変でしたが、特にガイドさんには大変ご迷惑をおかけしましたが、最後まで行き滝の所で滑り台のように川を滑り、寝た状態で川の流れのままに下って行ったり、景色もすべて最高でした。念願の死海で泥パックして、ゆっくりでき、今までの海外旅行の中で一番、時間的にも体力的にも観光も丁度良い予定でした。

木村さんに計画していただき、また、現地でお電話でお声をお聞きして安心することができました。また、ハニーもいつも時間通り来てくれ、わずかな英語しか話せないのに理解しようと頑張って下さり感謝してます。

本当に木村さんにお世話になってよかったです。有難うございました。

ひまわり線

素敵なお便りを送ってくださって、ありがとうございました。ドライバーのハニー、頑張ってくれたようです。よしよし。彼も日本人のお客様を請け負うようになって久しい。初めこそ彼の扱いに苦労した私も、今では Hani に絶大な信頼を置くまでになりました。取引先の旅行会社には、日本人のお客様専門のドライバーが何人もいます。彼らは本当によくやってくれています。彼らの働きなしには、お客様に良いサービスを提供することはできませんので、本当に感謝!

さてこのお客様は60代の女性の方でしたが、お友達共々ムジブ保護区でのシークトレイルにも果敢に挑まれ、トレイルを制覇されたようです。 素晴らしい!

春から秋にかけては、皆さまのヨルダン旅行の行程に是非このムジブ保護区でのシークトレイルを含めていただきたいと思っています。ヨルダンの全く違った表情を楽しんでいただけます。何よりも目にする自然が壮大なこと! ワディラム、ぺトラ、死海…この3大観光地に加えて、ムジブ保護区にも是非足を運んでみてくださいね。忘れがたいヨルダン旅行になること、請け合いですよ!

では8月にヨルダンに来てくださる方も、9月に来てくださる方も、それから今ご検討中の方も…ヨルダン旅行をぜひ想い出深いものにしていただけたらと思っています。


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.08.04 04:47:27
2016.02.12

梅が咲きはじめ、もうすっかり(❓)春の気配…季節は確実に移ろっていきますね。この冬は全世界的に異常な暖冬だったところが多かったかと思いますが、1月になるとヨルダンにも大寒波が到来。万悪くご旅行中だったお客様は、死海で泳げない! ぺトラで雨になりペトラ・バイ・ナイトが開催されない! むちゃ寒い! などなど… 気候的には恵まれないご旅行になってしまった方々もいらっしゃいました。

今回フィードバックを送ってくださったお客様は、1月半ばのお客様。強風のために死海に入れないというハプニングに見舞われながらも、リベンジを誓ってくださいました。以下、お送りいただいたフィードバックとなります。

梅とウグイス梅とウグイス梅

この度は、大変お世話になり、ありがとうございました。お陰様で母娘共々、元気に帰国できました。

この旅で一番心配だった英語でのコミュニケーションは、2、3歳児程度の私の語学力でも Google さんの力を借りながら何とか行けました。(笑)母の体調も、「君は、健康優良児かっっ!」とツッコミたくなる位、よく食べ、よく眠り、私より元気でした。

手前味噌で恐縮なのですが、「母、スゴイ!」と思ったのは、ペトラ遺跡でエド・ディルまで自分の足で歩いて行った事です。「今日は、エド・ディルまで行くぞ!」と言ったものの、あそこ迄アップダウンが激しいとは思わなかったので、「うひゃ〜」と思いながら登っていたのですが、数十歩後ろからついてきた母は、「ロバ乗っていけ。」というベドウィンのお兄さんの執拗な誘いを振り払いながら、登りきった事です。。大変な思いをしてエド・ディル見たときは、感動しました。母も満足気でした。

帰り道、欧米から来たと思われる女の人から、「もうしんどくて、テンションが下がっていたけど、(母を見て)頑張って登るわ!」と言われたりと、母は山頂付近で羨望の眼差しを向けられてました。。。照れ笑いしてましたが、とても嬉しそうで、初めてあんな顔を見たような気がします。(それに気を良くしたのか、ゲートまで自分の足で歩いて帰りました。でも、ホテルがすぐ隣でよかったです。助かりました。)

ワディラムの景色も雄大で、ハリッドさんがツアーの途中で出してくれた紅茶とホブスを軽く温めて、チーズを挟んだものも美味しくて、よかったです。

色々ありすぎて、話が前後してますが、ペトラバイナイトも最高でした。砂漠ではちょっと邪魔だった月明かりもすごくいい雰囲気を醸し出して、とても良かったです。

お電話もいただき、(恐らく1度目の取れなかった電話は、私がシャワーを浴びてる最中で、母は部屋にいたのですが、英語が全くダメなので、出なっかたらしです。すみません。)ありがとうございました。お陰様で、恙無く買い物ができました。(ローズウォーターもゲットできました。ワインは空港で買いました。)ハニーさんもとてもいい人で、良かったです。

ただひとつ、残念だったのは、強風すぎて死海に入れなかった事です。きっと神様は「もう一度来なさい。」という事で、入らせなかったのでは、、、と思う事にし、もう一度リベンジします(笑)その時は、またよろしくお願い致します。

本当にいい旅でした。また、好きな国がひとつ増えました。ありがとうございました!!

梅とウグイス梅とウグイス

素敵なフィードバックをお送りいただき、ありがとうございました。お母様とお2人でのヨルダン旅行でした。お母様のご年齢はなんと72歳! でもとても楽しんでくださったようで本当に嬉しく思います。

その後のメールのやり取りで、こんな風にもおっしゃってくださいました。”中東、及びアラブ地域って魅力的な所が多いですし、初めは、「うっ、おいこらっ!」と思う事もありますが、何か憎めないんですよね〜。そういう所を含めて、チョットでも興味がある方には訪れていただきたいです。行く前も帰ってきてからも、アラブ=テロというイメージが強いようで、「大丈夫やった?」と言われる事が多かったです。(仕方がないですが…)行ってみて感じた事は、ヨルダンの人達の間には「テロは、許さない!」というのが感じられたので、ちゃんとしてる国だな、と思いました。。。”

このご意見、嬉しいですね~。日本のメディアも、こんな風にバランスの取れた見方をしてくれれば良いのに…と思ってしまいます。中東関連の報道をしているプレスの方たち、とくに中東在住の方たち、中東の良さをもっと伝えるべきですよ。テロだの何だの…ばかり報道するのは、世間ウケを狙っているのでしょうか。

さてさて、これからどんどん季節の良い観光シーズンに入っていきます。ヨルダン旅行をお考えの皆様はぜひお問い合わせくださいませ。日本ではインフルエンザが流行っているとのこと。皆様、季節の変わり目お体を大切にお過ごしくださいね~。


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。「当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.02.12 13:38:42
このブログでよく読まれている記事

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.