000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

X

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

珍ヨーロッパ滞在記

2017.01.25
XML
1月も後半です。日本も寒いことかと思いますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?? こちらドイツ北部は、想像していたよりずっと温かく(といっても、マイナス1度ら辺をウロチョロする気温ですが)、こんなんやったら楽勝やね、フフフ…とつぶやいている今日この頃です(笑)。

というのも、マイナス15度にもなる! と脅されていたので…。そんなん耐えられない~と日本から大量のカイロを持ち込み、万全の備えをして臨んだドイツでの初めて冬…。でももう1月も終わりだし、何のかんの言っても極寒といわれるものは2月3月で終わるはず。ドイツの冬を切り抜けたも同然ですわな。

といっても、この冬は絶えず風邪を引いていました。12月中元気だったのはオマーン旅行をしていた1週間のみ。その前後は風邪の症状。オマーン旅行の後はさらに風邪をこじらせて、声は出ないし、大変な思いをしました。声がようやく元に戻ってきた…と思った年末年始らへんからはまだ別の風邪。今度はひどい鼻風邪でして…

我ながら、一体どないしたん??? と不思議で仕方がない。思うに、ドイツで使用されているヒーターが原因でしょうかね。家の中が超乾燥するんです。それから、室内と外界との気温差も原因かもしれません。室内では半袖でも過ごせるほどガンガンにヒーターがついていて(もちろん果てしなく乾燥)、外に一歩出ると超寒い。バスや電車でもガンガンにヒーターがついていますので、出たり入ったりを繰り返しているうちに体温調節が狂ってくる…という感じでしょうか。

いずれにしても、こんなにしょっちゅう風邪を引いていたら、生活の質にも影響が出てしまいます。どうしたものやら…と鼻をぐずぐず言わせながら悩んでいた私に、ドイツ人の友達が提案してくれたこと…。それは塩水で鼻の中を洗うというもの。
 
塩小さじ1に水は200ミリ。ドイツには鼻を洗う専用のカップ❓ も売られているようですが、この友達は、そんなん使わんでもええ! と請け合いました。

ボールに塩水を作って、片方の鼻の穴を指で押さえながら片方の鼻で塩水を吸い上げるというもの。喉まで塩水が流れて来たら、飲まずに吐き出し、鼻水も一緒にプーーーーンと出し切るという方法です。

鼻がツーンとしない? と聞きましたら、最初は確かにちょっと技術がいるけど、慣れたら全然大丈夫だと。それから塩水の分量を間違えなければ鼻は痛くならない! といわれました。

ほほう…。とても説得力があったので、早速試してみることに。1回目は塩水を飲み込んで大変なことになりました。でも次から何となく感覚がつかめてきて、鼻だけ洗えるように。そして、なんと、鼻水が出るわ出るわ。どこにたまっていたん? というくらいの量。これを毎朝続けるようになりまして…

現在のところ2週間以上風邪を引いておりません! これは12月と比べるとスバラシイ快挙です。ドイツに来て、とにかく体調が思わしくなく、きちんと食べ、ビタミンも取り、睡眠もよく取るようにかなり徹底的に生活を組織していても風邪を引くという…もはや万策尽きたと諦めそうになっていた頃でしたので。

というわけで、塩水で鼻の中を洗うというこの健康法、私にはとても合っているようです。この友達が言うには、すっごく気持ちいいので毎日やってる、ということですが、私もその意味が分かるようになりました(笑)。なので毎日の習慣として定着。皆さまもぜひお試しあれ。

そして寒い冬をぜひこのまま元気に乗り切りたいものです!

一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人は違法操業者となります。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2017.01.25 01:37:43


2017.01.08
昨日今日とドイツは超冷え込みまして…。あちこちで雪が降っているそうな。私の住む北部は雪こそ降りませんが、今日は道路が一日中凍結状態…。もうどこもかしこも ”つるんてん” なんです。さらに朝よりも昼間になるほうが凍結がひどくなり…。

歩道なんて歩けたものじゃありません。一部が凍結しているのではなくすべてが凍結しているので、滑るわ滑るわ…! よたよた歩く姿はペンギンのようで、我ながら笑えて来ました。しかも、目の前で若い男性が滑って大回転するシーンに出くわし…。まるで映画のスローモーションを見ているようでした。この男性、階段でつるっと足を滑らせて、それでも若いので何とか体勢を立て直して着地した…かに見えましたが、どこもかしこも凍っているので着地した足がさらに滑って、さらに立て直そうとした別の足も滑って…ついにはドターーーンと転んでしまいました。笑える笑える! でも人を笑っていと自分が次に転ぶ番になるねんで! と自分を立て直し、一歩一歩よたよたと足を進めていたのでした。

さらに、お年寄りもすってんコロリンし、救急車が出動する始末。こんな日にお年寄りは外に出たらあかんね。でもこの凍結のすごさは実際に歩いてみないと分からない。部屋から見ている限り、まぁ寒そうではあるけれど、ここまで凍結しているとは想像もできませんでした。この北部に5年間住んでいるというドイツの友達も、これまでこんなに凍結したのは見たことがないというほど。

お昼間にはもう歩けないほど歩道が凍結し、一歩足を勧めれば一歩下がる始末(笑)。私も歩道で右往左往しているときに顔見知りの男性に救助されました。この男性、初めは私の腕をつかんでいたのに、どさくさに紛れて手をつないできて、心の中では「手を離せ~。手をつなぐな~怒ってる」と叫んでいたのですが、ここで手を振りほどいて一人で歩き始めてもすってんコロリンしてやはり救助されることになることは必至。なのでつながれるままになっていましたが、くっそーこのヤロウ‼ どさくさに紛れて‼ と心で悪態をついていたことは否めません。

ところで今見つけたのですが、何とドイツの新聞に「凍結した道路でこけないためにペンギン歩きをお勧めする」という記事が載っていました!



でも…ペンギン歩きをお勧めすると言われる前に、もうこういう歩き方しかできませんからっ(笑)。そんなこんなで、バスに乗る前によたよたと歩き、バスから降りてよたよたと歩き、とにかく前進することすらままならずに悪戦苦闘した一日でした。転ばなかったのが幸い(笑)。

この寒さ、今日がピークだったらしく、明日以降は少し回復するらしいです。1月に入って、ドイツもやはり冬本番! ドイツで経験するマイナスの世界は、やはり日本の寒さとは一味も二味も異なります。これからの寒さがどこまでになるか分かりませんが、今のところユニクロのダウン2枚重ねでやり過ごせているドイツの冬。ユニクロでこのまま持つか…はたまたユニクロでは対応できないほどの寒さが来るのか…戦々恐々であります。

一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2017.01.08 04:38:19
2016.11.09

やっぱり昨日の寒さは普通じゃなかった! なんと今朝起きたら、ドイツでの初雪でした! 凍えるような寒さ! でも昨日ほどではない…やっぱり雪が降る前日って、独特の寒さがありますね。

朝だけでやむかと思えば、一日中こんな感じでした。でも私の住んでいるエリアではそれほど積もることはなく、いつも雨交じりの雪になって道路はぐちゃぐちゃになるそうな…。

我が家からの風景

いつものバス停も…

すっかり雪景色

今日はさすがに長靴を履いて出かけました。ドイツ人の友達は、長靴は寒いから履きたくない…といっていましたが、今回私が日本で買ってきた長靴…、すごく優秀で暖かくもあるということが今回判明。ニヤリ。

長靴

 ←それがこの長靴。やっとこさ出番です。

インターネットで買ったので、ご覧になったことがある方もおられるかも。フィードバックを見てみると、すぐに劣化した…などとも書かれているので、その真価はまだ分かりませんが。

でも今日履いた感じでは、とても軽いし、歩きやすいし、何より暖かい。もちろん靴下はしっかり履いていますが、あの長靴独特の下からしんしんと冷え込む感じがない。

というわけで、すっかり気に入ってしまいました。色もグリーンは可愛いし…。明日から活躍しそうな長靴です。今シーズン持てばいいかなと思っています。きっと活用度高いでしょうし。

ま、そんなわけで、今年は11月に初雪のドイツ。日本も12月中旬並みの寒波が来るとか来ないとか…? 皆様お風邪には気を付けてくださいね。


一日一回応援よろしく! です。初雪が待ち遠しい方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2016.11.09 06:23:56
2016.11.07

ずいぶんご無沙汰しております…。先回のアップから約1か月が経ってしまいました! 10月もお客様のお手配で立て込んでおり、11月前半までバタバタとしていました。そんなうちに、もうこちらドイツの気温は5度などになっています。来週はもっと下がるようで、2度とか、マイナスとか…11月前半でマイナスになるとは…! しかし、これでもドイツでは「秋」という扱いです。

それで、ドイツの家はかなり暖かくしてあるので、服を脱いだり着たり、来たり脱いだりするうちに、やっぱり…またまた風邪を引いてしまいました。室内と外界との温度差がひどすぎるんですよね。ドイツに来るとしょっちゅう風邪を引いています。

室内が暖かいからといって室内で薄着をするよりも、室内でもそれなりに厚着をしておく方が良いのではないかと…これまで自分が風邪を引くパターンを分析してそう思っています。でもドイツ人って、室内では半袖とかになっているんですよね~。私はフリースを着て丸まっているというのに。

さてそんなドイツの秋の日…ぶらぶらと歩いていた近くの公園で、紅葉がとてもきれいだったので、ついつい写真を撮ってしまいました。

近くの公園

紅葉

秋の風景

近くを通りかかったおばちゃんに撮ってもらいました。ドイツ語でぺらぺらとまくし立てて、去って行かはりました。紅葉がきれいだと言っていたのは分かりました(笑)。「schön(ショーン)!」「toll(トール)!」を連発しておられたので…。私も「ya,ya,sehr toll!」とそれだけ返して、あとはよく分からないままでしたが…

そんなドイツの秋。いつになったら「冬」という扱いになるんでしょう。12月に入ったら「冬」なのかもしれません。今年の冬、そんなに寒くならないように願っています。今でもカイロを3つほど張り付けて出かけていますので…極寒になった時の装いに今から頭を悩ませています。日本も紅葉が美しいころでしょうか。お風邪には気を付けてお過ごしくださいね!

さてさて、9月10月とたくさんのお客様をお迎えしたところで、今は年末年始のお問い合わせ・お手配で忙しくなっています。皆様、旅のご計画はぜひぜひお早めに…。


一日一回応援よろしく! です。ドイツの冬に関心のある方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2016.11.07 05:55:43
2016.09.17

現在ブレーメンにおります。6日間朝から晩まで忙しい日々を送っていたのですが、6日目の今日はすべての予定が無事に終了しまして、夕方からはブレーメン市内を観光してきました。ブレーメン市内観光の様子はまた追ってアップさせていただきます。

きっと大したことがない街なんやろうなとブレーメンをけっこうナメていた私でしたが、英語もほとんどの場面で通じるし、人々もオープンマインドでフレンドリー。かなり開けた都市であることにびっくり。良い体験をさせていただきました。

そんなこんなで、明日は帰路に着きます。

さて今日はドイツ人のキッチンについて。ドイツに来て一番びっくりしたのは、キッチンが小さいこと。http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201507110000/ まぁドイツの家そのものが狭いんですけど…。田舎に行けば別ですが、いわゆる都市部では狭いアパートが多い。大都市ならわかりますが、地方都市でもそうなんです。部屋数は3室とかあっても、1室1室がやはりどう考えても狭いです。

キッチンのスペースも限られています。ドイツ人って結構でっかい人も多いのに、どうやって小さなアパートに収まるんでしょ? そうそう余談ですが、部屋が小さいからベッドも小さい小ぶりなものが多い。ヨルダンではシングルベッドというものを見つけるのが大変 (売ってあるのはダブルベッドがほとんど)だったのですが、ドイツではシングルベッドよりさらに一回りくらい小さいベッドもよく見かけます。でっかいドイツ人はそれにどうやって収まるんでしょうかね??

ま、ベッドの話は置いといて、皆さんはドイツ人といえばきれい好きで几帳面…という印象を持たれるでしょうか❓ ドイツ人といってもいろいろいますので一概には言えませんが、私のこれまでの観察によると、確かにかなり几帳面な人が半数以上、いや、もっとでしょうね。私の経験内では、80%ほどがかなり几帳面できれい好きなような気がします。

例えば、下のキッチンを見てください。ジャジャーン
キッチン

私の友達の家のキッチン。この家に引っ越してきて1年経つそうです。でもどこかの展示場のキッチンのようにきれいです。この状態が普通。いつもピッカピカです。料理していないんじゃないかと錯覚するほど磨き上げられています。そして物が少ない。

でも彼女はきちんと毎食作っていますし、料理の腕も確か。でもキッチンがすごくキレイ…。そして、こんな風にキッチンをピカピカに保っているドイツ人の友達が多いんです。シンク内に汚れたお皿をほっぽり出しているなんてあり得ない! (もちろんその反対の人も少数ながらいますヨ)

あ、ちなみに「ドイツ人」と書きましたが、実は上の写真のキッチンの持ち主はアフリカのガーナ出身。れっきとしたアフリカ人です。でもドイツに20年以上住んでいて、パスポートではドイツ人となっています。彼女をはじめとして、私の友達にはキッチンが非常にきれいなドイツ人(又はドイツ国籍を持つ外国人)が多い。

いやぁ…私の場合、水不足のヨルダンでは、食器を「水の日」に洗うようにためることもありましたし、シンク内はいつも何かが入っていました…。ちなみにこの「水の日」については、以前のブログでアップしています。http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201302220000/

ま、そんなわけで、シンク内が常にピッカピカのキッチンというのは、私にとっては非常に新鮮なこと。ぜひ見倣いたい‼ ちなみに皆様のキッチンはどんな感じなんでしょうか…? 興味があります(笑)


一日一回応援よろしく! です。ドイツに関心のある方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2016.09.18 05:44:38
2016.09.11

ドイツ北部は異常なほど良い天気が続いています。9月に入ってあっという間に秋の気配…と思ったのは1日くらいのことで、ここ1週間ほどは雨も降っていません。これってドイツにしたら、異常気象に入るんではなかろうか…。

さて、引っ越しが終わって1週間と少し…。と思ったのもつかの間、明日からはブレーメンというところに1週間ほど滞在してきます。ブレーメンも北部であることには違いありませんが、私の住む場所からは電車でえっちらおっちら移動しなければなりません。

この1週間は家の片付けと捻挫の養生で、おとなしくしていました。今までの疲れがどっと出たようで、新しい生活を始めるにあたって少しゆっくりできたのは嬉しいことです。そして…何だ、この解放感??? ―と思って気付きました。

そう、南部にいた時は私のご近所さん(同じアパートの上階)にトルコ人のおばちゃんがいたんですが、このトルコ人のおばちゃんに悩まされていたのです。悩まされる…とまで言うと失礼ですが…、お世話にもなったのですから。でもこのトルコ人のおばちゃん…毎日でも私に家に来てほしいようで、絶えず電話で私を食事に誘う。1週間に1回くらいなら、いえ10日に1回くらいなら行きますよ。でも毎日は到底いけない!!

しかもその誘い方がかなり強引。「○○作ったんやけど、来る…?」なんていう誘い方ではありません。「アンタは今から私の家に来て○○を食べることになっている」みたいな言い方で、初めは「は? 誰のことを言ってはりますねん…?」とビックリしたものです。こっちの予定はお構いなし。いやいやいやいや、家におりませんがな、私!

そのうちこのおばちゃんもちょっと賢くなって、まずは「家にいるんか?」と開口一聞くようになった。 しかし! 私とて家にいたとしても、色々用事があるわけで暇をもてあそんでいるわけではない。 普段ほとんど家にいないわけですから、たまに家にいるときはゆっくりしたいし、掃除もあるし、とにかく自分の予定というものがあるわけです。

隣人からのお誘いしかも「忙しい」といっても通じない。彼女はいつも家にいるので、とにかく誰かに来てほしい。独りで食事をするより誰かと食事をしたいわけです。「家にいてもどうせ食べなあかんでしょ、だったら私の家でさっと食べて帰ったらいいやん」といとも簡単に言い放つこのおばちゃん。

でも…いったん足を踏み入れるとちょっとやそっとでは逃がしてくれません。もう何回も何回も同じ話を聞かされるわけです。2時間なんてあっという間。

そんなわけで、もうこのおばちゃんから電話がかかってくる度にドキッとするようになってしまいました。また恐怖のお誘いか…と。 

南部にいる限り逃れられない運命…。これも私の移動を決めた要因(ま、主な要因ではありませんが)の一つであります。 南部では私はアラブに囲まれていました。このトルコ人のおばちゃんも、トルコ人とはいえ、私と話す言語はアラビア語。彼女はトルコとシリアとの国境にほど近いカーミシリというシリアの地域に住んでいました。だから、彼女はトルコ語よりアラビア語のほうが堪能です。

そんなわけでドイツとはいえ、日常的に使っていたのはアラビア語ですし、接するのもほぼアラブ。でもここ北部では、少なくともご近所さんにアラブはいません。今までとは全く違う環境です。アラブにはいい面もあるんですが、ご近所さんにするにはちょっと…。いや、人恋しい人ならいいですよ。アラブは放っておいてくれませんから。でも私は自分のプライバシーが過度に侵害されるとストレスがたまるタイプ。だからアラブからすれば、なんてつれないご近所さんなの! と思われるタイプ。

アラビア語のことわざに「家を選ぶ時はまず隣人を見ろ」というものがあります。新しい家を選ぶときには、どんな家かよりもどんなご近所さんかのほうが重要だという意味。アラブ社会では、ご近所さん付き合いは一にも二にも大切なこと。

レバノンにいた時も、一番の恐怖はご近所さんとの「サバヒーエ」でした。サバヒーエとは、一緒に朝食を取ったり朝のコーヒーを飲んだりするもので、レバノンでは毎日のようにご近所さんと朝の時間を共にする。2011年にアップした記事を見つけました。http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201108080000/ このサバヒーエ、レバノン人はだーーーい好き! 私にとっては恐怖の時間でした。朝くらい自分のペースで活動させてぇな! と思ったものです。

ヨルダンではレバノンほど密着したご近所さん付き合いはありませんでしたが、やれコーヒー飲んでいけ、 やれ家に入れ…と絶えずお誘いがあるのは同じ。いいんですけどね…時間があったら。でもね、そこまで暇人じゃないんです。

そんなわけで、ドイツ南部でも絶えず恐怖のお誘いにさらされ…私は疲弊していたことは事実です(笑)。なので、そのお誘いがないこの生活! なんちゅう解放感! この解放感にもうちょっと浸りたいですね。 とはいえ明日からはブレーメン。行ってまいりま~す。


一日一回応援よろしく! です。ドイツに関心のある方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2016.09.11 06:36:47
2016.09.08

無事にドイツ北部への引っ越しが終わりました~。南部にはサヨナラ~。もう二度と戻ることはありません…(のはず!)。いやぁ、短い期間でしたけれども、ドイツ南部がいかに閉鎖的かを身をもって体験いたしました。旅行で行くのはいいですが、私にとっては住む場所ではないですね。

てなわけで、ドイツ北部のとある町に移動してきた私。私の家の近所はこんな感じです。静観な住宅地です。でも徒歩で5分くらいのところに大きなショッピングセンターもありますし、バスもたくさん走っていて、交通の便は良さそう。これから少しずついろいろ発見していきたいと思います。ここでのシリア・イラク難民たちとの関わりも楽しみです。

家の近所

南部から北部へは車で7-8時間ほどかけて移動してきました。レンタカーで、これまた人生初のバンを運転することに。まぁ、バンでも乗用車でも運転の手順は同じわけで…何とか運転してきました。

人生初のバン

いやぁ、引っ越しは本当に大変。国から国へと移動をしている私ですから身軽なはずなのに、なんでこんなに荷物が多いのでしょう。何はともあれ、今回の引っ越しが無事に済んでとりあえずはホッとしています。

と、ところが引っ越しの当日に大変な事故がっ! 荷物をすべて運び終え、IKEAで家具も新調し、これで作業は終わり…! というときに、アパートの階段から落ちまして…足首をひどくねん挫いたしました。何ということ! もう立てなくて、歩けなくて…。階段から足を滑らせたときに、すごい不気味な音を聞いたんですよね。足がグキッとねじれた音が…。

そして、足はどんどん腫れてきてゾウのようになり、内出血で真っ黒になり…ついにドイツで初めて病院に行く羽目に。その後、下の写真のようなものをはめられまして…2週間ほどは着けているように言われました(睡眠時だけ外せます)。下の写真でも足の色が変わってプクプクに腫れているの分かりますか? 恐ろしや~。

足のケガ

そんなわけで、散々なスタートを切ったドイツ北部での生活。足の事を言い訳に、家にこもってダラダラしています。歩いたらダメと言われていますし…。たかがねん挫と侮っていてはいけないらしい。しっかり治しとかないと、あとからいつまでも痛みが残るのだとか…。これまでの疲れを取るいい機会かもしれません。

さて私の新しいアパートは、日当たりの良い3階。特に私の部屋には朝日が差し込んできて、最高! 南部でのアパートは1階で超寒かったのですが、今のアパートはぬくぬく(多分ね)で、今から冬が楽しみです(笑)。ドイツでの家探しは、何階に部屋があるかということも大切なポイント。こうやって住んでみないと、何事も分かりませんね。すべて経験。

また私の住む町や難民たちの様子について、少しずつアップしていこうと思っています。せっかくドイツにいるのですから、その間はドイツを楽しまないと! と思っています。取り急ぎは引っ越し終了のご報告まで。


一日一回応援よろしく! です。ドイツに関心のある方もそうでない方もポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/







最終更新日  2016.09.08 19:28:10
2016.07.29
あんなに寒かったドイツ南部も、1週間ほど北部に滞在して帰ってくると、夏になっていました。といっても、日中の気温は30度には達しませんが…せいぜい27度といったところか。日が沈むと21度ほどになります。過ごしやすいと言えば過ごしやすいですが…いつまた寒くなるか戦々恐々といったところです。
 
遂に夏到来 太陽の光が嬉しいこの時期。
最近知ったのですが、ドイツ北部のハンブルクのほうが全般的に南部より気温が高めらしい。冬もハンブルクのほうがマイルドらしい。ドイツ南部は、アルプス山脈に近いために気温が低くなる…なんてこと、最近初めて知りましたがな! 知ってたら絶対南部には来なかったよね…(笑)
 
というわけで、冬が来る前にドイツ南部から退散する計画を立てています。私には、南部のマイナス15度とやらの世界には住めそうもありませんから。
 
さらに私の住む南部のちっちゃい町は、井の中の蛙みたいなドイツ人が多すぎて、私にはどうも合わないんですよね~。北部に行ってみて、それがはっきりと分かりました。というのも、私の住むこの街では英語を話すドイツ人の数が圧倒的に少ない。はっきりいって通じません。ドイツ全土がそうかと思っていたら、北部のハンブルクでもベルリンでも英語はかなり通じます。特にハンブルクは国際的な港町なので、ドイツ人でも英語を話せないほうが肩身が狭い。英語を毛嫌いするこの片田舎とは話が違います。
 
先日も、この南部の片田舎にあるシリア人の住む難民キャンプを訪ねていた時の事。ボランティアで難民たちのお世話をする初老のドイツ人女性が訪ねてきました。英語もドイツ語も話せないアラブとのコミュニケーションはかなり大変なようで、たまたま居合わせた私が通訳をする羽目に。
 
でも私のドイツ語は話になりませんから、私としては英語を話すしかない。このドイツ人女性は幸い英語を話せたので、コミュニケーションはうまくいきまして、「居てくれて良かったわ!」と感謝してもらえました。その時にこの女性に「いやぁ、この南部の町では英語がほとんど通じませんからね~」と言ったところ、この女性は「あら、そう…❓ 多分、あなたが日本人なまりの英語を話すからよね」と言い放った!!!
 
はあ??? そう、これこそ典型的な田舎人の発想! なんじゃ、この上から目線は ムカッ?? と開いた口がふさがりませんでした。英語の発音が問題なんじゃないわい。単にあんたら南部の田舎人が英語話せんだけやろーーーーー、アホかいな! そんなら何? 私がドイツ語なまりの英語を話したらあんたらは英語を話せるわけ❓ いずれにしても話せんやろっ、とかなり苛立ちました(笑)。
 
あー、もう世間知らずの田舎人とは付き合ってられん! とはいえ、田舎がすべて悪いのではなく、私がたまたま住むようになったこの田舎町が問題のようで、かなり人々のプライドが高く、ドイツの中でも特別ドイツ色が強い町のようです。というのも、北部に行ってみると、同じドイツ人があまりにもフレンドリーで、オープンマインドであることにビックリ!
 
ちなみに私はこの田舎町から間もなく退散する予定ですので、この際名前を明かしちゃいますと、ここは「アウグスブルク」。カトリック色がとても濃いこの町。ここに住むドイツ人のほとんどがここで産まれ、ここで育ち、ここで死んでいく。新しい風がほとんど入らない田舎町です。半年過ごして、ここに住む人々があまりにも自分たちの街アウグスブルクを誇りに思っていることにびっくり + 違和感…。
 
ここに住む日本人はそう多くありませんが、たまたま一人お会いしたことがありまして、その人も「アウグスブルクはすごくきれいな街だ」とアウグスブルクに住むことに限りなく誇りを感じているようでした。私には何がいいのか、いまだにさっぱり分かりませんが。
 
ついでに言いますと、このアウグスブルクの外人局の対応は極めて悪い。受付の女性は、外国人に早口のドイツ語でまくしたて、彼らが理解できないと逆上して叫び始めますから。勿論こちらが英語なんて話そうものなら、生きて帰れそうもありません(笑)。こんな態度の悪い女性を外人局の、それも受付に置くこと自体、アウグスブルクの自治体の常識を疑う。私も当初、外人局に数回足を運びましたが、一緒に行ってくれたドイツ人の男性も呆気にとられて、「彼女、むっちゃ態度悪い。礼儀のかけらもない…。多分人生うまくいってないんだね」と言っていました… 
 
今となっては、それがドイツ全土でまかり通っている態度ではないことを知って、かえって嬉しく思います。ここが特別酷かったんですね。というわけで、もうすぐおさらばする予定の南部アウグスブルク。ここをあえて選ぶ日本人はそれほどいないと思いますが、念のため…ここに住むことはお勧めいたしません(笑)。私もあと少し、この南部色を楽しみ(❓)たいと思います。

一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.07.30 05:51:03
2016.07.13

ドイツ南部は昨日からシトシトしとしと雨、雨、雨…。あの~、むっちゃ寒いんですけど…(涙)。

本日の昼間の気温は17度なり。そして夜は11度ですよ。これってヨルダンの12月の気温より低いですやん! そして雨が降ってはいるものの、日本のような湿気はあまり感じません。あの高温多湿な日本の気候とはうって変わって、昨日はユニクロの薄手のダウンを来て長靴を履いていました。日本の友達からは熱帯夜というメールが来ていましたが…熱帯夜なんてドイツ語にそもそもそういう単語があるのかどうか。多分ないでしょうね。

寒い雨 冷たい雨が降り続いています。

こんな風にドイツでは毎日かなりの気温差があります。これに慣れなければ! 私のアパートは超寒いので、家でもユニクロのダウンにお世話になっている昨日と今日(笑)。7月でこんな調子ですからね~。今からドイツの冬が怖い!

昨日は久しぶりに街の中心部へ出かけました。…が、まず路面電車のチケットの買い方に戸惑い、行先の駅を忘れてウロウロする始末。そしてドイツ語は全く出てきません。ドイツに来た当初に苦労して学んだ数少ないドイツ語…かかった時間の割に忘れるのはあっという間!  またゼロから始めなければ。

そんな中でも、懐かしいシリア難民の友達たちを昨日は訪ねてきました。みんな元気そうでした! 笑顔で迎えてくれて、過ぎ去った時間の差を感じさせないほど。でも変化もたくさん起きていました。以前いた顔ぶれが少し変わり、難民キャンプから普通の家に引っ越した人もたくさん。ビザがもらえた人から難民キャンプを出て、アパートに引っ越します。ドイツではこの家探しがかなり難航しますが、それでもみんな逞しく行き先を見つけて移動していきます。

それから難民キャンプにいる子供たち、もう自由にドイツ語を操っています!! 子どもたちの脳ってすごい! 1年の間にドイツ語でのコミュニケーションはほぼ問題なく出来るようになっています。まさに WOW! と感嘆してしまう。30代40代の親世代は四苦八苦しているというのに。頼もしいですね。

私のアパートは荷物でごった返していて、足の踏み場もないほど。少しずつ片づけていきます。しかし、寒いなぁ!


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.07.14 06:24:00
2016.07.11

ドイツのアパートに戻ってまいりました~。いやぁ、ドイツも思っていたより気温が高い。とはいえ、日本のあの湿気のある暑さとは比べ物にならないほど爽やかです。日本と比べたら、ドイツの暑さなんてちょろいもんです(笑)。

ドイツ入りした翌日からフランクフルトで3日間のミーティングに出席していたので、ドイツ南部にある自分のアパートに帰って来たのは昨日の夜。旅行のお問い合わせが入ってきていましたので、お答えしてからとろけるように眠りに就いて…今日の朝は何とか元気です。今日は一日グダグダと過ごすつもり。

アパートの掃除もありますが…なんせ8か月間空けていたので。でもその割にアパートはきれいでした。締め切っていた独特の臭いがありますが…。

Back Home アパートから見た中庭の様子。以前と変わらない景色。

ドイツ南部では、今が一番いい季節かと思います。8月に2週間ほどとても暑い日が続くと思われますが、9月に入った途端、朝晩はもう薄手のダウンがいるほどになります。ドイツの夏は短~い!

私の時差ボケはすっかりなくなった模様ですが、頭だけはまだボーーーーッとしています(笑)。日本滞在が予定よりずっと長くなってしまったので、ドイツ流を思い出すのに時間がかかりそう。ドイツ語もすっかり忘れてしまったので…ゼロからのスタートであります。

ドイツ生活の様子、またブログ上で綴ってまいります。まずは無事に着いたというご報告まで


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくだされば嬉しいです~↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/







最終更新日  2016.07.11 18:51:32
このブログでよく読まれている記事

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.