000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の砂漠-ヨルダンから

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

中東の治安情報あれこれ

2020.07.03
XML
ふと気づけばブログのアクセス数が200万を超えておりました。皆様いつもご愛読いただきまして、ありがとうございます。ここ最近、1日当たりのアクセス数が連日1000件を超えているのですが…なぜでしょう? 以前にも書いたように違法操業者が嫌がらせをする前にアクセス数が増えることがあったので、今回もそうなのか~? と心の準備は一応しております。とはいえ、純粋に読者さんが増えているのなら嬉しい限り。このブログを書き始めて12年が経ちます。時が経つのは早いですね~。

さて今回はレバノンのお話。私がレバノンに住んでいたのは 8-9 年ほど前になります。レバノン人といえば…、アラブの間ではそのプライドの高さでよく知られています。見栄っ張り文化のアラブの中でもトップクラスの見栄っ張り。なんでも自慢したがります。一般的には、ですよ。もちろんレバノン人と一括りにしても、色々な人がいます。でもザックリまとめて言ってしまえば、見栄っ張りでプライドが高いのがレバノン人。

レバノン人は自分たちのことをアラブだと思っていません。自分たちは「フェニキア人の子孫だ」と言い張ります。フェニキア人とは何ぞや? 聖書にはフェニキア人のことがたくさん出てきます。今のレバノンにあたる部分に住んでいた国民で、カナン人とも呼ばれています。でも、カナン人ははるか昔に国民としては消滅しているので、レバノン人がフェニキア人の子孫という根拠が何なのかよく分かりません。ま、それを非常に誇りとしているのがレバノン人です。

レバノン人ときたらお国自慢もかなりすごいです。レバノンほど美しい国はない。四季がある! と胸を張るのがレバノン人。それから「レバノンではスキーをした後に海に行って泳げるんだ!」というこのセリフもレバノン人からよく聞きます。つまり雪もあり海もあり、なんて多様な自然に囲まれているんだ! という自画自賛です。いや、それって単に国が小さいってことやん…と心の中で突っ込む私。スキーをした後に泳ぎに行きたい人なんているんか? しかも四季がある国なんて別に珍しくもないわ。もうね、レバノン人と話していると突っ込みどころ満載です。

そう、彼らは裸の王様…。でもそのレバノン人の誇りは一体どこへやら? 現在のレバノンは経済危機の悪化で暴動化したデモがあちこちで行われています。国民の35%がすでに貧困レベルで、その数は間もなく70%になるともいわれています。物価の高騰に歯止めが利かず、食べ物を買うことすらできない人が増えています。

私の友達もかつてのお給料は 1500 ドルだったのに、ほんの数か月でその額が 200 ドルになってしまったそうです。レバノン通貨の価値が暴落しているので、同じ仕事なのにお給料が 7分の1 になってしまいました。ちなみに家の家賃は 550 ドル。200 ドルのお給料では払えません。幸いなことに彼女のお兄さんがドイツにいるので、家賃代を送ってもらっています。そうでなければ生活できない。200 ドルのお給料は食料品に消えていきます。

そんなレバノンから届いた辛口のジョークがこちら↓



これ…笑えるけど哀しくなるジョーク。アラビア語で「ドルの価値が下がったら水槽に入れる魚を買おう」と書かれています。つまり水槽に入っていた熱帯魚を調理して食べている。そこまでしないと食糧がないということ。家にある水槽は空っぽになってしまったけど、ドルの価値が下がったらまた魚を買って入れよう…という、笑っていいのか悩んでしまう辛口ジョークです。絶体絶命のようなこの状況をジョークで笑い飛ばす精神はよろしいですな。

というわけで…先が見えないレバノンの経済危機。ゴーンさんもそんなレバノンに逃避行したけれど…悠々自適な生活を送っているはずがありません。むしろ狂暴化したデモ隊が自分の家に押し寄せないか不安に思っているはずです。日本政府もこういう経済危機を盾に、ゴーンさんの引き渡しを強く求めてもいいんじゃないかなと思いますけど…。レバノンの政治家も保身のためならゴーンさんを引き渡すことに同意すると思いますよ。ま、政治がもともと機能していないので、交渉役がそもそもいるのかが疑問ですがね。

いやぁ…いつかは国として崩壊すると思っていたけど、こんな形で来るなんて。レバノン人の誇りは何処へ? レバノンという国は好きではありませんでしたが、大切な友達がたくさんいます。みんなこの危機を頑張って乗り越えてほしいと思います。

コロナ休暇の後は中東へお越しください! 一日一回応援よろしく~↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村


足跡ヨルダン・イラン・トルコ・エジプト・イスラエルツアーなど、中近東のツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com

足跡アフェリエイト始めました。次世代の旅のお供になりそうな新しい形のお財布 Rivollet。ご関心のある方は覗いてみてください。https://revollet.io?token=NOUcgl8s

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Levant」(旧名 Picturesque Jordan) は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありませんし、レストランが所有するツアー関係のサイト当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201908240000/

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201910120000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2-3名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人男性がおりますが、違法操業者となります。さらに詳しくお知りになりたい方はお問い合わせくださいませ。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2020.07.03 06:16:52


2020.01.16
​アメリカとイランの対立をきっかけに中東情勢に再び注目が集まっています。一触即発の危機は脱したとはいえ、まだまだ安心できないと報道されていますね。

とはいえ、中東情勢の緊張は今に始まったことではなく、何十年も同じような状況が続いています。中東に住むアメリカ人に警戒警報が出るのも今に始まったことではありません。時々思い出したかのようにメディアで大きく取り上げられますが、実は中東の状況が激変しているわけではありません。私自身は12年来中東在住ですが、この12年間メディアで取り上げられる中東の姿とは異なり、戦地ではない国々(シリアやイラク以外)では人々の生活はごく普通に営まれています。

とはいえ、ご旅行をお考えの方の中には周りからの反対が強くて、気持ちが揺らぐ…なんて方もおられることでしょう。お気持ちはよく分かります。私も日本に一時帰国するたびに「中東みたいな危険なところに住んでて大丈夫???」と聞かれます。12年来ずっと同じ質問…(笑)。これが一般的な質問ですね。

でもよく考えてみてください。​メディアで取り上げられているときも、メディアで忘れ去られているときも、中東の状況ってほぼ同じ​なんです。ですからいきなり危険になったかのように騒ぎ出すというのは、私にとっては非常に不可解。

というわけで…あまり神経質になっていただく必要はありません。ヨルダン観光局からもイスラエル観光省からも、そしてその他の中東の国々:オマーン、サウジアラビア、トルコ、エジプトからも特に注意を喚起する警戒情報は出ておりません。現在私のお客様もヨルダンをご旅行中ですが、全く問題ありませんよ。当方では2月、3月、4月、5月とご旅行のご予約が入ってきております。もちろん何かありましたら、すぐに皆様にお伝えしますが、現時点ではどの国の観光も問題ありません。

*ただしイランは外務省ストップがかかっており、レバノンは経済不況が進み過ぎて個人的にはあまりお勧めできません。

さて、年末年始にはサウジアラビアにもお客様をお迎えできました! 私のツアーコンサルタント人生では、サウジのお手配は初めて。終わってみると結果オーライで良かったのですが、まぁサウジの旅行会社との取引は大変ですわな。それでもサウジが魅力的な国であることには変わりありません。

↓安倍首相もサウジ訪問で訪れたのが、サウジの世界遺産「マダイン・サーレハ」。このマダイン・サーレハへの玄関口となる村が Al Ula です。写真は Al Ulaで撮ったもの。



次回からサウジの情報もさらにアップしていきたいと思っています。中東の絶景ツアーにご関心がある方、中東に関してご質問がある方は、ご遠慮なくお問い合わせくださいね。​​​

サウジ旅行に関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村


足跡ヨルダン・イラン・トルコ・エジプト・イスラエルツアーなど、中近東のツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com

足跡アフェリエイト始めました。次世代の旅のお供になりそうな新しい形のお財布 Rivollet。ご関心のある方は覗いてみてください。https://revollet.io?token=NOUcgl8s

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Levant」(旧名 Picturesque Jordan) は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありませんし、レストランが所有するツアー関係のサイト当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201908240000/

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201910120000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2-3名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人男性がおりますが、違法操業者となります。さらに詳しくお知りになりたい方はお問い合わせくださいませ。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/






最終更新日  2020.01.16 00:59:36
2018.08.13
このお盆休みを利用してヨルダンにいらっしゃるお客様も多いのですが…ヨルダンのサルトで銃撃戦があったというニュースであります。

サルトにテロリストのアジトが幾つかあったようで、警官との間で撃ち合いになりました。最終的にアジトは犯人たち自身が爆破したようです。建物が爆破される瞬間の様子をとらえた映像がヨルダンから届いています。Twitter を張り付けることができませんでしたので、URLのみ。

https://twitter.com/twitter/statuses/1028376488314331136

今回の銃撃事件では警官が4名亡くなり、幾人かのけが人が出ている模様。逮捕されたのは現時点で5名だということです。まぁ…サルトの住民にしてみたらいい迷惑で、突然銃撃が始まり、建物が崩壊し…なんのこっちゃという感じだったかと思います。蓋を開けてみたら反政府分子のアジトがあったということです。

日本でも何かの事件が起きたときにその町の住民へのインタビューが報道されることがありますね。「全然知らなくてビックリしました」とか「まさかこの町でこんなことが起きるなんて」なんていう声をよく聞きますが、今回のサルトの件もそんな感じだったかと思います。通常の住民はテロとは全く関係のない生活をしているので…。

ヨルダンではセキュリティにかなりの力が入れられているので、大きな事件に発展することはまずありませんが、銃撃事件が起きたとなるとあまりいい気はしません。サルトへの観光が現在可能かどうかはまだ分かりませんが、しばらくはツーリストが入れないように封鎖される可能性もあります。ご観光予定のお客様には、新たな情報が入り次第お知らせいたしますね。

中東情報に関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村


足跡ヨルダン・エジプト・イスラエルツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」や「月の砂漠ツアー」という名前で開設されている Facebook 等のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/
ヨルダンでは現在活動している日本語ガイドは2名となっております。それ以外で「日本語ガイド」と名乗っているヨルダン人は違法操業者となります。

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/じ






最終更新日  2018.08.13 18:43:36
2016.12.19
むむっ、ヨルダンから少し不穏なニュースが飛び込んできました。本日12月18日(日)にヨルダンの観光地で、観光客お一人を巻き込む銃撃戦があったというニュース…。観光客お一人を含む10名が死亡したということです。この10名の中に、犯人が含まれているのかどうかは現時点では不明です。また負傷者も27名ほど出ているらしい。

事件が起きたのは、十字軍のお城として有名なカラック城。



ニュースを見る限り、この事件に一番驚いているのはカラック市民ではないかと思われます。カラック城は観光地とはいえ、市民が普通に生活する場所。こんなのんびりした田舎町で、なんでまた銃撃などが起きるのか…市民たちが戸惑っている様子がテレビの映像で映し出されていました。

カラック城はヨルダンの治安部隊が制圧しているようで、中にいたツーリストたちも避難できているようです。

ヨルダンではセキュリティと治安維持に並々ならぬ努力が払われていて、周りの国々のゴタゴタに巻き込まれずにここまできました。ペトラなどメジャーな観光地にはたくさんのツーリストポリスが配置されていますし、町中でもフレンドリーな警察官達が歩いているのを頻繁に目にします。ヨルダンに来られるお客様たちは口をそろえて「ヨルダンが安全な国であることにびっくりした」と言われます。

そんな中で今回の事件。犯人が誰なのかも現時点では分かっていません。案外、部族間のゴタゴタが発端だったりして…。でも観光客を巻き込んでしまった以上、ヨルダンが被るであろうマイナスのイメージは避けられませんね。残念です。

一番ショックを受けているのがヨルダン市民でしょう。まさかヨルダンで? しかもなぜ田舎町のカラックで?? というのが本音かと思います。カラック城はとても小さな観光地で、市民の行き交う場でもあるために、セキュリティ対策なんていうものとはあまり縁がないとてものんびりした観光地です。この「のんびりモード」がかえって仇になったのか…。

いずれにしても、現時点で入手できる情報はとても限られています。今後の捜査で明らかになることがあるかと思いますので、私もしっかりした情報を皆様にお伝えできるようにしたいと思います。取り急ぎ、入ってきたこのニュースを急いでアップさせていただきました。新しい情報が入りましたら、順次アップさせていただきます。

一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan-月の砂漠ツアー」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/







最終更新日  2016.12.19 07:26:49
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.