2010.04.10

巣立てないヒナはナルコレプシー?

カテゴリ:ヨルダン生活編

3日ほど前に、忽然と1羽のヒナが姿を消しました。その前日、「そろそろ巣立ちかな…」という様子でしたので、巣立って行ったのでしょう。どんな様子だったかって、2羽で巣からヨチヨチと出て、窓の外側のせり出した部分から身を乗り出していたんです。

いつも一緒でした 巣立ち前に押し合いへしあい

ところが1羽が巣立った後も、もう1羽は巣立つ気配がありません。一人ぽっちになって、1晩2晩と過ごしていました。ふた親が入れ替わり立ち替わり、この子を巣立たせようとやってきていましたが、巣が心地よいのでしょうか、プウと体を膨らませて巣から出ようとしません。

独りぽっちになりました きょとん 巣立ちしないと心に決めているようです

親が来たときは、さすがに羽をバタバタさせて巣立ちをアピールしているのですが、親がいなくなると同時に、くぅぅぅぅと眠ってしまいます。せかされるのが嫌な子なんでしょうか、それとも居眠り障害(ナルコレプシー)?? よぅ寝る子やなぁと感心するくらい、見る度に眠っていました。

3日間、独りで過ごしたヒナ。私もさすがに心配になってきました。このまま巣立ちできないのでしょうか? 3日目にはもう親もエサを頻繁に運びに来ていない様子。はよ巣立たなあかんで~、と声をかけるとヒナはちょっと目を開けますが、また”くぅぅぅぅ”と眠りに落ちています。可愛いので、「いつまでも居ていいよ、このままペットになる?」と声をかけてしまうのです。 。。


足跡ゴールデンウィークは中東へ。http://picturesque-jordan.jp/japanese.aspx





TWITTER

最終更新日  2010.04.10 21:42:34