107001 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

かなログ☆

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

かなうた☆日記「水色」

2008年02月14日
XML
「後ほど」5日後なの~?という記憶力のウルトラ級のあなた、大丈夫です。気のせいです。


あのあと、日付が変わっても容量減らしても動画がアップできずにいて、そのうちに、
「ま、い~や。今はアップしないほうがいいってことかも知れないから放っとこう。」
と思ったが最後、ここ2,3日はブログの存在すら忘れてました。

忘れすぎね~★それね~・・・。


で、今日ケータイ携帯電話に保存したままになってたその日の動画を「どんなだったっけ?」って聴いてて、「あ~そういやブログに送ったら今日もはね返って来んのかな~」って軽い気持ちで送信したら、あれまあ、あっさり載っかってました。



わたし「うわ~びっくりした!何でアップされてんの??」←アップしたのは、あなたです★
びっくりして、あわてて本文書いてます。



「水色」は、歌詞が先に一気に出来ました。
春の色といって浮かぶ色は、ピンク、黄色、若草色…みなさんそれぞれあると思いますが、わたしは何か「水色」なんです。

で、例えば「何で春さくら水色なの?」って聞かれて「何でかっていうとね…」って答えるとき、こんな理由があったらいいかな…っていうのを想像で書いてみました。
だって、わたし自身の「春さくら水色」は単なる感覚で、説明できないんだもん!

歌詞の中の「僕」みたいに、こんなコテコテのストーリーがあってもいいじゃん!
中学生日記ノートみたいでもいいじゃん!



「水色」

一度しかない偶然だった
君は普段乗らない電車に乗り
僕はバイクが壊れていた

ドアの手すりにもたれるように立つ君を
僕が先に見つけたけど
駆け寄って来る足音を待ってた
祈るように

水色の細くやわらかい袖に
春の風が吹いて
ドアが閉まる前の一瞬は
僕だけの永遠に思えた

次の駅までたった5分
君の横に居られることが
どんな大きなキセキより
心をとらえていく

きっと誰も気にかけない
ニュースにもならない
3月最初の日曜日を揺るがした
春雷


壊れたバイクの話なんか
どうでもいいのに 僕は演じた
顔も上げずに 話し続けた

教室のいちばん遠くの席で聴いてる
笑い声が今日は
こんなに近くで聞こえるんだな
僕のために

見慣れた景色が迫る
減速が始まってる
きっと明日になれば元どおり
隅と隅の存在

5分だけ僕のそばにいた君は
ためらいもなくホームに
ポンと降りた
さっきより強く春の風が吹いてる

その日から
どんなにあたたかい色よりもやさしく
僕に春を告げるのは
君の後ろ姿思い出す
あの水色


詞:kana☆(宮沢河南)



ま~中学生がバイクに乗ってるとしたらそれはどうかなと思うけど…>y<。
ちなみにわたしの中のイメージでは、もっと年齢的に上のような気がしてます。
むしろ、現在大人になってて「10代後半はこんなだったかな」っていう感じが出ればいいなと思います。



は~びっくりした。←まだ言ってる…★






Last updated  2008年02月14日 22時36分31秒
コメント(0) | コメントを書く


2008年02月09日
   






                                          


                                          ゆうべ夢の中で、自分が何故か髪をムーミンに出てくる“ミイ”みたいにしているのを見て、起きてからホントに頭の上のほうで“おだんご”にしている今日のわたし。→


冬の曲(?)を仕上げている反動なのか、時々軽やかな3拍子のフレーズが浮かんできます。

「あ、これ。こないだ書いてた歌詞にいいかも。イントロはこんな感じ…♪」
先に(っていうか、とっくの昔に〉仕上げなきゃなんない曲の練習そっちのけで、新しい曲のイメージ演奏が続きます。

こんなんだから、「完全に仕上がんないけど、だいたい出来てる曲」がわんさわんさと散らかっていく訳さ…。(←誰だよ、この口調?)
今年は、仕上げる方もがんばってましゅ。ちゃんとした形で、いろんな人に聴いてもらえるようにしたいから。


今日は楽天さんが『動画ビデオ』をうまく飲み込んでくれないので、様子を見ながら後ほど新しい曲のさわりだけでもアップするね。






Last updated  2008年02月09日 22時27分00秒
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.