177388 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I LOVE SNOW

木工室2001~2004

木工室 木工室
トリトンワークセンター2000を購入前は、下の写真の左下にある丸の子を逆さにしたものに、天板をつけて、ガイドの板をクランプでとめて仕込みをしていました。丸鋸くん 仕事場
こんなに作業台の上を散らかし、試作をしていました。

作業台



2003年度から、木工専用室となりました。他の学習で使用しないので、レイアウトが自由でとても楽です。
moxtukousitu2
下の写真は昨年度の同じ教室です。かなり、違いますでしょう。

木工室1 sagixyousitu2001
木工室3



転勤の決まった2004年3月5日、この部屋のすべてのものを片付けました。残ったものは、ボール盤、ベルトサンダー、糸鋸、テーブルに逆さに取り付けた丸のこ(精度が出ず、危険だけどトリトン購入前はほとんどはこの機械で仕込みました)、トリマ1台です。木工はとにかく機械・用具のいるものだとつくづく思いました。たくさんお金かけたなぁ。でも、お金では換えられない指導の自信がつきました。決して器用でもなく、アイディアがあるわけでもない私ですが、ひたすら貪欲に試作、試作でした。3年間で35種類ほどの試作をしました。このうち大半は、生徒が私の案を引き継いでくれました。最後の2003年度は300個という大量製作ができました。自分ひとりでやったなんて思ったら罰が当たりますね。木工班の生徒は3年間で14人、3年間木工を続けてくれた生徒は、3人。本当にありがとう。厳しさに耐え、作る喜びを知り、巣立っていった生徒!!一人の生徒は、高校の木工科に合格。「先生、木工がんばってね」の一言をいい去って行きました。「お前みたいな、やつがいないと木工なんてできないよ」
おとなになっても、わすれないで、木屑にまみれた日々を・・・・。
 私に木工を教えてくれた先生、業者の方、この部屋を木工室へとコンバート許可をしてくれた先生方、一緒に木工を指導してくれた先生方、本当にありがとうございました。
そして、この木工室よ、本当にありがとう。たくさん使って、たくさんよごして、床のタイルもはがれたし、木の粉だらけにしてごめんね。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.