000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

実践!『企業価値評価』講座|

究極の注目銘柄 9つの条件



究極の注目銘柄を探す9つの条件

 


よく皆さんから、「どのような銘柄を買えば利益を出す事が出来ますか?」
という旨の質問を受けます。

そこで、『究極の注目銘柄を探す9つの条件』を公開いたします!


この9つの条件を満たす銘柄が見つかれば、躊躇せずに買いですよ!

 



1、PERが、10倍以下

2、PBRが、1倍以下

(*)上記の条件では、ROEが10%以上ということになる。


3、過去5年間(できれば10年間)の売上/営業利益は増加基調


4、単純なビジネスモデル

顧客が決まっているし、これからも顧客は離れていかないだろうもの。売っている商品やサービスも単純。当然、財務諸表、特にバランスシートが単純なもの。いくつかの会社を有する連結でなく、単体会社がベスト。

トヨタやソニーのバランスシートなんて誰も理解できないのではないでしょか?バランスシートは、株式預金者の元本を計算する基礎です。元本がわからないのに投資はできませんよね・・・


5、あまり敵がいない会社

地域密着型とか、ネジを作っているとかニッチな会社。はやり物でないければ安定してますね。


6、株主を大切にしている会社

IRが充実していたり、対応が良い会社は良いですね。


7、買いづらい銘柄

単元株が高い場合。例えば一株1200円で、1000株からしか買えないとすると、1単元(1000株)購入するのに、なんと120万円かかってしまう。この手の会社で、「良い会社」を見つけたら、本当にラッキーです。


8、目立っていない会社


例えば上場しているのが、JASDAQ(店頭)、2部上場、名証、大証、福証、札証などのマニアックな証券市場だと、良い会社でも気づかれていなく、割安に放置されているケースが多いです。


9、小さい会社


小さい会社だとラッキーだ。例えば時価総額が100億円以下。
ファンドマネジャーも手を出さなければ、アナリストもフォローしていない銘柄は、価値と価格のギャップも大きい傾向にあります。つまり割安に放置されがちなんですね。

 

 

 

考え方は、ものすごく単純です。良い会社なんだけど、なんらかの理由で、今のところあまり評価されていない会社を狙うんです。

1~6は良い会社の条件です。7~9は割安に放置されている理由です。


こういう会社に投資したいものですね。例えばPERが10倍で、PBRが1倍ってことは、元本はすでにあって、あとは毎年10%の利息がつくってことです。

どうでしたでしょうか?

簡単ですね!?

 

 

究極の注目銘柄を探すための次世代ツール 

バリューマトリクスはこちら 

 

 

 

次のコラムへ  ホームへ戻る

 

 

 



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.