1278785 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

実践!『企業価値評価』講座|

お勧め書籍



厳選!投資に役立つお勧め書籍


 

株式投資で収益を上げるためには 「良い会社を割安な価格」 で購入すればよいのです。

従って、勉強すべき内容は


1、良い会社を見極める方法


2、割安な価格で買う方法



の2点ということになります。
 



1、良い会社を見極める方法


良い会社を見極める方法を学ぶには ビジネス というものについて、その 本質 を見抜く訓練が必要になります。ただし、これはかなり時間のかかる作業でもあります。

一般のビジネス本は、多くの場合 ハズレ となっています。
時流と、はやりのテーマに乗って、短絡的な書物が沢山出ています。これらの本を読み、投資に生かすことはまず困難です。

もしビジネスについて、普遍的に分析する“目”を本当に持ちたい方は

企業参謀』という本を読むと良きっと 衝撃 を受けると思います。


これは、大前研一という今では世界的に有名な経営コンサルタントが、世界最強のコンサルティング会社、マッキンゼーに入社した1年後のわずか32歳の時に書いた本ですが、その圧倒的な洞察力から、初版から20年以上たった今でも売れつづけています。


それから、やはり素晴らしいのが 『ビジョナリーカンパニー』 と 『ビジョナリーカンパニー2』 です。
                                  
本当に良い会社の条件を、徹底した取材と分析によって明らかにしています。
これも大ベストセラーですから、ご存知の方もいらっしゃると思います。
特に、『ビジョナリーカンパニー2』がお勧です。





2、割安な価格で買う方法


割安な価格 で買う方法を学ぶには 「割安」 という意味について 本質的 に理解する必要があります。

割安とは、会社の 「価値」 と比較して、その 「価格(要するに株価)」 が安いこと を表します。
会社の価格(株価)の方は、いつでもYahoo! Financeなどで確認できますから、私達が学ぶべきことは、目にはみえない会社の「価値」の算出方法なのです。会社の価値を算出する方法を バリュエーション(価値評価) といいますが、これを知っているか、知らないかが投資収益のすべてを決定します。

本当に、投資をまじめに考えるのであれば、投資を始めて早い段階でこのバリュエーションの考え方を学ぶべきです。
そうでなければ、株式投資が、根拠なき ギャンブル となってしまいます。

そこで、まず、私がお勧めする書籍は 『バフェットからの手紙』  です。株式投資に関する最高の良書です。

ウォーレン=バフェット は、オマハの賢人と呼ばれる 世界最高の利益 を上げた投資家です。
バフェットに関する本は、いくつか出ていますが、この本は、唯一、バフェット自身が書いた本です。
(正確には、「会長からの手紙」という株主向けレターの編集版)。

その鋭さに、感銘 を受けること間違いありません。

しかし、この本は中級者向けかもしれません。投資をはじめて間もない方には理解ができない部分があるかもしれません。
初心者の方は 『億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 』 を読むとよいかもしれません。「億万長者を目指す・・・」といういんちき臭いタイトルとは裏腹に、その内容は、驚くばかりの堅実で確実な投資内容になっています。内容は簡潔・明快。読むと ショック を受けることになると思います。投資に対する偏見・思い込みがすべてひっくり返されることになるかもしれません。まさに パラダイムシフト が起こるでしょう。


バリュエーション(価値評価) について、もっと詳しくお知りになりたい方は、プロ のバリュエーション手法を最も判りやすく説明した『MBAバリュエーション 』 を読まれると良いと思いす。

                                   
MBAという怪しげなタイトルに沿わず、誠実で、分かり易い文調に好感が持てること間違いありません。

また、企業の“価値”を見抜く専門書として、ダイヤモンド社から出ている 『バリューエション(企業価値評) 』 という本もおすすめです。

                       

バリュエーション(企業価値評価)に関して 不動の地位にあるのこのマッキンゼー社の本 です。投資のプロや財務戦略家であれば、絶対に一冊は持っています。(というか読まざるを得ないほど有名。) ただ、この本は、あまりにも分厚いので、途中で挫折してしまうかもしれませんね。

私たちシェアーズでは、企業価値評価に関するセミナーDVDを提供しています。
10年かかる投資知識を1日で学べる内容になっています。オススメ度★★★★★です。
 
「企業価値を見抜いて投資せよ!」(キャッシュフローバリュエーション編)
                      

さて、最後にご紹介したいのが、 『フィッシャーの「超」成長株投資』 です。

                            

財務分析は “結果(業績)” の分析にすぎない。肝心なのは “結果(業績)” を生み出している源泉、つまり 事業 を分析する力 をつけること。投資家にとっての 事業分析 についての最良書がこのフィッシャー書です。バフェット氏いわく 『私は、グレアムとフィッシャーから投資のすべてを学んだ』 とのこと。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか?

早く成果を上げるためには、 本質を捉えた良書 何度も読み返す ことが大事です
。是非、お試しください。

 

 

 

 

ホームへ戻る

 

 




Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.