000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

カツラの葉っぱ 大好き!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


Mドングリさん

継続は力なり

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
映画    音楽  映画鑑賞  ランニング 

Calendar

Favorite Blog

軟骨的抵抗者 演歌の… New! 幻泉館 主人さん

仙台七夕2017 … New! マックス爺さん

ざわめきと ノイズ… lavien10さん

今月の映画評「太陽… KUMA0504さん

メモ  モダンジャズ alex99さん

2017夏の特別見学会 takanebiranjiさん

「アイヒマン実験再… まろ0301さん

カールのフランス体… karlneuillyさん
うるとびーずの ♪MY … うるとびーずさん

Comments

Mドングリ@ Re:『韓国の小さな村で』1(07/14) chappi-chappiさんへ >韓国って、大使の…
chappi-chappi@ Re:『韓国の小さな村で』1(07/14) 韓国って、大使のお気に入りでしたっけ? …
水と油のブランディング@ Re:原題が『重慶森林』という映画(09/12) 文化的に和鋼博物館の断絶が起きていてせ…
Mドングリ@ Re[1]:『私の息子はサルだった』(07/05) chappi-chappiさんへ >他人事とは思えな…
chappi-chappi@ Re:『私の息子はサルだった』(07/05) 他人事とは思えないタイトルの本でおます…

Free Space

1【旧ブックマーク】
カールのフランス体験記
再出発日記
第7官界彷徨
ひまじんさろん
マックス爺さん
鹿島槍ヶ岳からのお便り
alex99さん
chappi-chappiのとんぴん日記
より良い明日をめざして
七詩さんのHP
重信川の岸辺から
大阪で水彩画一筋
漫望のなんでもかんでも
幻泉館日録
heliotrope8543さん
三鷹、聞いたか、吉祥寺
LAVIEN
韓国大好き♪
水彩画人

『神戸百景』を歩く
1000planches
オーサ・イエークストルム公式ブログ
いい国作ろう!
PAGES D'ECRITURE
ベニシアのブログ
神戸の花と木(今の花と木の様子)

内田樹の研究室
カツラの葉っぱ 大好き!
北の国から猫と二人で想う事
絵入りエッセイ
アイラブサイエンス
ナナメに歩こー♪
西加奈子公式サイト

2【官公庁】
神戸市トップページ
神戸市立図書館
四万十市HP
西神戸医療センター:がん相談支援センター
日本・サウジアラビア産業協力タスクフォース

3【気になる本】
自費出版の窓
兵庫の古本屋 新着情報
漫画onWebとは

4【メディア】
デジタル朝日:連載リスト
「日経ビジネス」トップ
ロイター(World News)
週間金曜日ニュース
ナショナルジオグラフィック・トップ
WEDGE infinity
GLOBEバックナンバー
NHKスペシャル放送予定
ちちんぷいぷい公式サイト
Gettyimages

5【関西、旅行】
ハイパーダイヤ
繁昌亭昼席スケジュール
OSシネマズミント神戸
パルシネマ上映スケジュール
湊山温泉イベントカレンダー
横尾忠則現代美術館
兵庫県立美術館
休暇村を探す
「川西英 神戸百景 -百の版木をきざむ旅-」
神戸新聞【特集】阪神・淡路大震災

6【資源・エネルギー】
Tech-On!エネルギー

7【中国】
日中関係/サーチナ
尖閣諸島問題/Yahooニュース

8【韓国】
朝鮮日報
東亜日報/国際
大阪コリアタウン鶴橋

9【フランス】
Le Monde.fr
グーグルニュース(フランス)

10【言語】
「学校行かずにフランス語!」
旧字体・新字体変換

11【セキュリティ】

12【仕事・シルバー】
ひょうごボランティアプラザ災害関連情報
ひょうごボランタリープラザメールマガジン コラボNEWS
生きがいしごとサポートセンター神戸西

13【リンク集】
all about
法情報リンク集


14【その他】
幡多と中村から
桂離宮HP
戦争を語り継ごう
社会実情データ図録
雲南懇話会
『徒然草』現代語訳もくじ
今日は何の日?徒然日記
FINEPIXf200取説
バードリサーチ 鳴き声図鑑
鳥の聞きなし

Freepage List

好きな樹


カツラ


低木(お奨め)


ケヤキ


ハルニレ


フウ


ユリノキ


ブナ(お奨め)


ダケカンバ


ウメ


サクラ


アジサイ(お奨め)


沙羅双樹


マロニエ


コブシ


馬酔木


ドングリの樹


菩提樹


ヤマボウシ(お奨め)


コニファーガーデン


カラマツ


イヌマキ


クスノキ


ハナミズキ


シラカバ


ヤブデマリ


街路樹ベストテン


ハリモミ


クロバナエンジュ(イタチハギ)


庭木の手入れについて


日本の樹木


『カラーリーフ』


『手入れがわかる雑木図鑑』


北国の春状態/野鳥を呼ぶ庭づくり


個人的歴史学


歴史関係リンク


個人的歴史学9


日清戦争について


『東アジア「反日」トライアングル』3


網野善彦の世界


ナショナリズムの季節R2


台湾あれこれR2


明治期の日本大好きアーティスト


『日本の起源』6


お楽しみ箱


野草(お奨め)


フータロー日記


遠くへ行きたい2


車が好きだったかも2


サウジアラビアあれこれ2


関西あれこれ2


シルクロードあれこれ


勝手に関西遺産13


気分はオーストラリアR4


関西人の系譜3


ディープな関西味R1


腹立ち日記


平成の関東軍2


なめきった お役人4


お役所システム7


(ニッポンの宿題)シリーズR3


豊洲市場の設計疑惑その後R2


情報整理


総合インデックスR3


アマゾンvs楽天


朝日のインタビュー記事スクラップR2


NHKスペシャル・アーカイブ(改2)


ブログ年度目次


サイバーリテラシー8


Web 最前線3


トップの壁紙


蔵書録(全項目)改3


ドングリの独り言


トレーニング日誌2


合宿免許@倉吉


腑抜けの闘病記


元エンジニアとして2


飛行機シリーズ3


フランスあれこれ2


団塊世代2


ドングリスタンへようこそ!(その2)R1


アヒル(レベル6)との闘い(最新版)


中華に対する辺境


『中国化する日本』11


日米中EV対決R3


対中最新情報


NHKスペシャル「中国文明の謎」


『おどろきの中国』


中華関連書籍(R6)


『イネが語る日本と中国』4


『世界史のなかの中国』3


アメリカ アメリカ


TPP協定交渉の分野別状況(抜粋)


TPP交渉反対の輪(最新版)


アメリカ アメリカ7


鬼門は自動運転車


個人的エネルギー政策


石炭ガス化複合発電(IGCC)って


シェールガスに期待できるか?3


バイオマスって有効?6


メタンハイドレートあれこれ


水素社会に向けて加速3


個人的エネルギー政策10


映画あれこれ


映画あれこれ1


映画あれこれ4


お奨め映画1


お奨め映画3


リドリー・スコットの世界2


渡辺あやの世界


クリント・イーストウッド監督作品集


リドリー・スコット監督作品あれこれ


第二次世界大戦の戦争映画集1


映画美術3


映画の基本はシナリオ


台湾映画アンソロジー


テリー・ギリアム監督アンソロジー


アジア映画あれこれ


映画パンフあれこれ


宮崎駿の世界R1


高畑勲の世界


是枝監督アンソロジーR1


宮崎駿アンソロジー


「戦争映画」を観てきた2


ドイツ映画あれこれ


飛行機映画あれこれ


砂漠の映画あれこれ2


移民を扱った映画R1


山田洋次の世界


黒澤明の世界


ハードSF映画あれこれ(R2)


原作が先か、映画が先か


ニール・ブロンカンプ監督作品集


好きな映画監督のインデックスR1


矢口史靖の世界R1


人生の贈りもの:戸田奈津子


周防正行の世界


ブレードランナーあれこれR2


何をおいても音楽を


何をおいても音楽を3


好きな歌リンク1


好きな歌リンク2


テレサテン


うたの旅人


(もういちど流行歌)シリーズ


個人的言語学


日本語が亡びるとき


通訳、翻訳,について


漢字のベクトル


漢字の世界3


つれづれなるままに「徒然草」6


関西人の話法


ホンモノの日本語を話していますか


言語・方言のインデックスR1


方言あれこれ


個人的言語学12-R1


原発関連


中国、韓国の原発事情3


福島原発関連13


卒原発について3


『検証福島原発、1000日ドキュメント』


韓国あれこれ


韓国ほろ酔い旅行記


キムさんとのこと


歴史にみる日本と韓国・朝鮮


釜山ヨタヨタ旅行


韓国あれこれ11


韓国料理あれこれ


韓国通の人たちR3


呉善花さんの本R1


『ソウルの風景』


森林あれこれ


森をゆく旅


ブナ大好きスペシャル


樹木のアート


森林あれこれ6


新素材CLTの報道より


『林業がつくる日本の森林』4


気になるアート


食わず嫌いの村上春樹R1


村上隆アンソロジー


藤田嗣治アンソロジー


草間彌生の世界


横尾忠則の世界R1


関川夏央アンソロジー


伊坂幸太郎の世界R2


和田誠アンソロジー


クールジャパンのいかがわしさR2


気になるアート6


スタジオジブリあれこれR2


川上未映子アンソロジー


暇になったら、絵を描くのだったR3


高橋源一郎アンソロジー


三浦しをんの世界R4


西加奈子の世界


村上龍の世界


版画あれこれR1


村上春樹アンソロジー


先住民や移民にからむ文学R5


無頼派女性作家の系譜R3


絲山秋子ミニブームR8


シュルレアリスムあれこれR2


気になるイラストレーターR1


『ジャポニスム』あれこれR1


『アンドリュー・ワイエス水彩・素描展』


佐野洋子の世界R1


浅田次郎の世界R5


漫画・絵本関連


漫画あれこれ4


現代マンガの索引


バンド・デシネあれこれ


いしいひさいちの世界R2


松本大洋の世界


もう赤瀬川原平さんはいないのかR3


鳥頭ワールドR1


杉浦日向子アンソロジーR1


佐々木マキの世界(その3)


SF風イラスト


絵本あれこれ(改1)


漫画のインデックス


空間アートの世界


非定常空間あれこれ


安藤忠雄の作品


安藤忠雄 建築を語る


空き家問題あれこれR1


個人的民俗学


柳田國男あれこれ


「探偵!ナイトスクープ」の世界


フィールドワークへの挑戦2


アホの遺伝子を継ぐ人


藍布の源流


人類学あれこれ


木地師について


「食の歴史と日本人」


探検本あれこれ(その8)


中沢新一著『東方的』


「紙」あれこれR1


『栽培植物と農耕の起源』6


文学賞を狙って


作家デビューを目指す貴方へ3


随筆あれこれ


すっきり書ける文章のコツ80


売れる作家の全技術


文学賞あれこれ


『職業としての小説家』6


文章修業のインデックスR1


読書術・書評のインデックスR1


13 小説家になるための本


『書いて稼ぐ技術』4


大仏次郎論壇賞の受賞作R1


装丁と挿絵


本に携わる職人たち2


『アール・デコの挿絵本』2


線描画の達人たち


小村雪岱の版画がええでぇ


図書館予約とか


図書館予約の軌跡(最新版)


図書館あれこれ


朝日デジタルの書評から(最新版)


予約分受取目録(最新版)


科学的著作


137億年の物語


137億年の物語(続き)


福岡ハカセの世界


『動物たちの生きる知恵』2


『ハトはなぜ首を振って歩くのか』2


「はやぶさ」フリーク2


『驚異のバクテリア』


次元へのこだわりR1


ブラックホールを見たい


ラララ・・・科学の子5


『人類が消えた世界』


個人的経済学


個人的経済学21


ピケティさんの世界R1


シェアリングエコノミー


テクノナショナリズムに目覚めた11


2012.02.08
XML
カテゴリ:歴史
海兵隊のグアム、岩国移転などしびれの切れた米への強い不満が見られる昨今ですが・・・・
加藤教授がインタビューで、日米開戦のメカニズムを原発の安全神話を引き合いに出して答えるところや、昇竜中国を語るところが今日的です。

加藤陽子

東大教授加藤陽子さんへのインタビュー <真珠湾が教えるもの>
(デジタル朝日ではこの記事が見えないので、2/8朝日から転記しました・・・そのうち朝日からお咎めがあるかも)

Q:日米開戦の真相について、新しい見方は出てきていますか。
A:これまで戦争回避に努めた側に焦点が当てられてきたのですが、近年、軍部以外で開戦に積極的だった勢力の対米観が新資料から明らかになりました。41年の日米交渉を担当した外務省アメリカ局の課長らがむしろ強硬で、「交渉は屈服だ」と考えた。また、国際法を担当する条約局などは、開戦する場合、無通告開戦の選択肢も準備していました。
 国際合意として、自国を守るための自衛戦争であれば最後通牒などによる開戦通告は不要とされていました。仏領インドシナに日本が進駐したことで、米国は対日経済封鎖を断行した。軍部や外務省内の強硬派などは、この措置を、戦争行為の一環とみなし得ると考えるわけです。

Q:なぜそこまで米国を敵視していたのでしょうか。
A:37年から続く日中戦争への米国のスタンスが問題とされました。普通の国民から国際法の専門家まで「アメリカはずるい」との感情を抱いた。米国は41年3月に武器貸与法を作りました。合衆国防衛に必要だと認められる国、英国や中国やソ連に武器の貸与や無償譲渡を行う法律です。自らは参戦せず中立と言いながら、一方に与してよいのか、という批判です。

Q:米国の意図はどこにあったのでしょう。
A:武器貸与法が成立した時、ジャクソン司法長官は、米国が中立のルールを無視してよい理由を次のような言葉で説明しています「日本やドイツが行っている侵略戦争は国際共同体に対する内乱である。よってアメリカは中立に伴う義務を無視できる」。犯罪だから、戦争に関するルールを守る必要も、必ずしも宣戦布告する必用も無いという理屈です。
 これは、9・11後の対テロ戦争で、アルカイダに対する態度と同じです。現に米国は、アフガニスタンにも、イラクにも宣戦布告していませんね。41年に日本やドイツに対して示した姿勢が、その後の米国の行動様式を規定したように思います。

Q:その姿勢が外務省を反米に向かわせたと。
A:米国は国際連盟に加わらないまま、欧州や極東に秩序を形成しようと図ります。しかし世界恐慌となると、国内産業を守るためとして関税を一気に引き上げ、国際社会に打撃を与えました。一方、日本も、武力で極東のルールを変更したのですから、日米は似ています。
 
 当時の軍部や外務省の感覚では「日中戦争が長引き、結果的に多くの犠牲者が出ているのはアメリカのせいだ」という意識がありました。本来は早期に決着のつくはずの戦争がおわらないのは、米国と英国が中国を援助しているからだ、と見ている。手前勝手な論理ですが、対米強硬派にとっては、経済封鎖から真珠湾攻撃までは地続きの一本道に見えていたのかもしれません。

Q:歴史修正主義者といわれる人たちは、米国が日本を挑発し、開戦に追い込んだと主張しています。
A:それは違います。37年の日中戦争勃発時、米国政府、特に財務省や国務省は「日本には戦争を続ける能力がない。交渉で強く圧迫すれば日本は屈服するはずだ」と考えていました。国務省の極東担当の顧問だったホーンベックは41年11月の時点で「日本は8割方屈服する。日米開戦はない」と踏んでいました。だから絶対妥協しようとしなかった。

 一方で、東条英機内閣の外相だった東郷茂徳は、日米交渉が成立する可能性は1割しかないと考えていた。東条首相はもう少し甘くて、交渉成功の見込みは3割と見ていましたが。戦争回避の可能性は1~3割しかないという日本と、8割避けられると思っていた米国の見方が決定的にずれていました。

Q:なぜずれたのですか。
A:米国財務省などは、日本の経済力を過小評価していました。実際には、日本は対米戦に備え財政的にも準備を進めていた。日中戦争以降、軍事費を特別会計とし、戦費の3割を中国に、7割を対英米、対ソ戦に向けて残しておいた。米国も戦争の抑止に失敗したといえます。

Q:戦費を準備していたということは、日本は最初から開戦する気だったのでは。
A:すでに23年の時点で、開戦の計画は日米双方にありました。どちらも、中国の経済支配をめぐる日米対立が原因で戦争が起こり、その戦争は日本の奇襲で始まり、米国の対日侵攻がそれに続く、という想定です。ということは、逆に、中国問題以外での日米対立はなかったとも言えるのです。東郷外相は、中国問題を交渉項目から抜くことで軍部を説得し妥協案を作りました。11月26日に中国と仏領インドシナからの即時撤兵を求めるハル国務長官の文書「ハル・ノート」に接し、東郷が「暗澹たる気持ちになった」と言ったのは大げさではないと言われています。

Q:ハル・ノートで日米開戦は決定的になったといわれています。
A:実はハル・ノートの冒頭には、「一時的にして拘束力なし」との文言がありました。必ずしも最後通牒とは言えません。戦争は違法だという考え方が浸透した時代ですから、それは避けたいはずです。ルーズベルト大統領も現地時間12月6日午後9時に、昭和天皇に平和的解決を呼びかける親書電報を出します。日本側の交渉打ち切りの暗号電報の解読が大統領に届いたのはその30分後ですから、分かっていて親電を出したわけではありません。 しかし、英米側が極東基地の防備などに時間をかけられないうちに、また、石油備蓄が最多の時に開戦すべきだとする軍部は、ハル・ノートを「天佑」ととらえます。米国の強硬姿勢を口実に、開戦に持ち込めると踏んだからでした。

Q:最終的に開戦の決定を主導したのは誰だったのでしょう。
A:形としては大本営政府連絡会議と閣議決定によって開戦が決定されたので、軍と内閣双方の一致がありました。しかし、意思決定に至る状況判断において、軍と文官では情報に大きな非対称性があったと思います。東郷外相でさえ、開戦が12月8日で攻撃地点は真珠湾とマレー半島だ、と12月1日まで知らされていませんでした。陸海軍はグルー米国大使がワシントンへ送った電報をはじめ、あらゆる暗号を解読していましたが、軍に不利になる情報は統帥事項として内閣に上げなかった。この点、日清、日露といった過去の戦争が伊藤博文など元老の指導下になされたのとは対照的です。

Q:専門家が知識を独占していた点では、原発推進の過程と似ているような気がします。
A:どちらも専門家が無謬性の神話にとらわれ、外部の批判を許さない点で共通しています。軍部は、日露戦争の戦勝を神話化し、自国軍の能力を客観視する目や、欠陥を指摘する人々を排除していきました。原発も安全神話ゆえに、最悪の場合の想定を行わなかったのでしょう。

Q:多くの国民が開戦を明るく受け止めたことを指摘していますね。
A:目的の見えない中国との戦争と違い、開戦後3日間で英米の戦艦10隻を沈めた事実などが大きいでしょう。日本人にとって戦争とは、勝利することで不平等条約状態から脱出を図れたという、力のリアリズムとしてプラスに理解されてきたはずです。屈辱を強いられてきた日本が、武力によって国際環境を自国に有利に切り開く、このような自己イメージだったのではないでしょうか。

 30、40年代の日本の空気は、いまの中国に似ているように思います。中国は、環境・資源・貿易・資本のルールを押しつけてくる米国にいらだっている。自分たちのやり方ではなぜダメなのか、軍備を増強するとなぜ非難されるのか、と不満を持っているはずです。

Q:戦争回避の失敗から、現在の日本は何を学ぶべきでしょうか。
A:日本は、背負ってきた近代そのもの、明治以来の歴史全体を否定されたと考えて対米戦争に踏み切りました。原理的な対立が起きた時、どこまで退却しうるか、大正デモクラシー期に戻るか、など具体的な歴史イメージを豊かに持っておくことが大切でした。そうしたイメージを持っていない今の日本社会の状況が、昔のこの時代に似ていて心配です。

<取材を終えて>
 ネットには、「真珠湾攻撃は謀略だった」という説があふれている。真犯人は米国。陰謀論はいつも単純明快だ。だが歴史家の話は逆だ。次々と人名が登場し、史料が引用され、細部にいり込む。検証に検証を重ねて、やっと事実が浮かび上がる。歴史に向き合うには、単純化の誘惑を退け、入り組んだ道を辛抱強くたどるしかないのだろう。
(聞き手:尾沢智史)

たまたま、加藤教授がサイパン島を訪ねるNHK番組を見たことがあるんですが、その戦略的視点と平和主義的言動には目を見張る思いがしたものです。
原発もあの戦争も、「負けるまで」メディアも庶民も賛成だった?  

ところで・・・・
だいたい海兵隊という部隊は、宣戦布告前に先制攻撃をかける部隊であり・・・・日本の抑止力というこじつけには若干疑問もあるわけですね。
映画「アバター」を見た後だけに、特にそう感じるのです。







Last updated  2012.05.20 10:16:12
コメント(0) | コメントを書く
[歴史] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.