3040523 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

カツラの葉っぱ 大好き!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Mドングリ

Calendar

Favorite Blog

北海道を襲う低気圧… New! 歩世亜さん

中間報告「鬼滅の刃… New! KUMA0504さん

全体主義国家とディ… New! マックス爺さん

{風に立つライオン} New! lavien10さん

満月の夕 #11 New! 幻泉館 主人さん

My Favourites】 ​​… alex99さん

ローザ・ルクセンブ… 薔薇豪城さん

お願い! msk222さん

大晦日 まろ0301さん

Comments

Mドングリ@ Re[1]:幡多の方言(01/05) alex99さんへ スイス訛りのドイツ語、南の…
alex99@ Re:幡多の方言(01/05) 昔、珍しく、東ドイツでプラント案件があ…
Mドングリ@ Re[3]:『病が語る日本史』1(12/08) alex99さんへ ジャレド ダイヤモンドの「銃…
alex99@ Re[2]:『病が語る日本史』1(12/08) Mドングリさんへ >ジャレド ダイヤモン…
Mドングリ@ Re[1]:『病が語る日本史』1(12/08) alex99さんへ 北海道と大阪は看護士が足…

Free Space

1【旧ブックマーク】
カールのフランス体験記
再出発日記
第7官界彷徨
ひまじんさろん
マックス爺さん
鹿島槍ヶ岳からのお便り
alex99さん
真理を求めて
chappi-chappiのとんぴん日記
より良い明日をめざして
七詩さんのHP
漫望のなんでもかんでも
幻泉館日録
heliotrope8543さん
LAVIEN
韓国大好き♪
ナナメに歩こー♪
水彩画人
No-Match

太腕繁盛記 生
内田樹の研究室
カツラの葉っぱ大好き!
アイラブサイエンス
編集長ブログ
お隣さんの国:韓国からの手紙

2【官公庁】
神戸市トップページ
神戸市立図書館トップページ
四万十市HP

3【気になる本】
好書好日トップ
千夜千冊:全読譜
吉岡桂子さんの書評
岩波書店
全国書店ネットワーク

4【メディア】
NHK-NEWS WEB
日経ビジネスオンライン
ブリタニカ・オンライン・ジャパン
東洋経済オンライン
週間金曜日公式サイト
Washington Postのトップ
ビジネスジャーナル
WEDGE infinity
日刊工業新聞トップ
青林工藝舎イベント情報
ドングリTwilog
NHKスペシャル放送予定
小冊子『熱風』
みんコミトップ


5【関西、旅行】
ハイパーダイヤ
パルシネマ・上映スケジュール
パルシネマのKAWARA版
OSシネマズミント神戸
神戸新開地 喜楽館
兵庫県立美術館
兵庫の温泉・露天風呂
アジアン食堂

6【資源・エネルギー】
Tech-On!エネルギー
素材・エネルギー

7【中国】
大紀元トップ
初めての中国、驚きの中国
Science Potal China:中国の科学技術の今を伝える

8【韓国】
朝鮮日報
東亜日報/国際
大阪コリアタウン鶴橋

9【フランス】
「学校行かずにフランス語!」
Le Monde.fr
グーグルニュース(フランス)
フランス語能力認定試験(TEF)

10【世界】
ことば紀行 バックナンバー
ハイパー世界史用語集

11【エコ・環境】
海洋プラスチック問題について

12【仕事・シルバー】
ひょうごボランタリープラザメールマガジン コラボNEWS
生きがいしごとサポートセンター神戸西

13【リンク集】
all about
法情報リンク集
データベースリンク集(芸工大)
J-STAGEの概要

14【その他】
順心神戸病院外来受診
西暦・和暦変換表・簡易電卓
こうして日本は格差社会になった
国字の一覧
wikipedia修辞技法

Freepage List

好きな樹


カツラ


低木(お奨め)


ケヤキ


ハルニレ


フウ


ユリノキ


ブナ(お奨め)


ダケカンバ


ウメ


サクラ


アジサイ(お奨め)


沙羅双樹


マロニエ


コブシ


馬酔木


菩提樹


ヤマボウシ(お奨め)


コニファーガーデン


カラマツ


イヌマキ


クスノキ


ハナミズキ


シラカバ


ヤブデマリ


街路樹ベストテン


ハリモミ


クロバナエンジュ(イタチハギ)


庭木の手入れについて


日本の樹木


『カラーリーフ』


『手入れがわかる雑木図鑑』


個人的歴史学


歴史関係リンク


個人的歴史学9


満州あれこれR13


網野善彦の世界R2


中沢新一の世界R1


台湾あれこれR4


明治期の日本大好きアーティストR2


縄文人の世界R11


東インド会社あれこれR1


お楽しみ箱


野草(お奨め)


フータロー日記


遠くへ行きたい2


車が好きだったかも2


サウジアラビアあれこれR7


シルクロードあれこれR3


勝手に関西遺産14


気分はオーストラリアR5


宇宙への関心R1


砂漠への憧れ3-R7


キャット・ギャラリーあれこれR3


腹立ち日記


なめきった お役人6


(ニッポンの宿題)シリーズR3


バンクシーあれこれR2


情報整理


総合インデックスR3


アマゾンvs楽天R2


朝日のインタビュー記事スクラップR16


NHKスペシャル・アーカイブ(改9)


新聞連載コラムのスクラップ


トップの壁紙


蔵書録(全項目)改5


内田先生かく語りき(その22)


ドングリの独り言


合宿免許@倉吉


腑抜けの闘病記


日米中の宇宙開発対決R2


飛行機シリーズ3-R3


フランスあれこれ2


団塊世代R4


アヒル(レベル6)との闘い(最新版)


老人力あれこれR3


中華に対する辺境


『中国化する日本』11


日米中EV対決R6


対中最新情報


NHKスペシャル「中国文明の謎」


吉岡桂子記者の渾身記事34


中国関連のオピニオンR2


『イネが語る日本と中国』4


『世界史のなかの中国』3


『日本夢 ジャパンドリーム』5


『中国古代史研究の最前線』4


チャイナ・スタンダードあれこれR3


アメリカ アメリカ


アメリカ アメリカ7


鬼門は自動運転車R5


『ヒルビリー・エレジー』3


個人的エネルギー政策


石炭ガス化複合発電(IGCC)って


シェールガスに期待できるか?4


バイオマスって有効?6


メタンハイドレートあれこれ


水素社会に向けて加速3


個人的エネルギー政策11


映画あれこれ


映画あれこれ1


2本立て館で観た映画R20


お奨め映画1


見たいDVD-R2


リドリー・スコットの世界2


渡辺あやの世界


クリント・イーストウッド監督作品集


リドリー・スコット監督作品あれこれR1


第二次世界大戦の戦争映画集1


映画美術3-R2


映画の基本はシナリオ


台湾映画アンソロジー


テリー・ギリアム監督アンソロジーR1


スター・ウォーズあれこれR3


12映画パンフレットR2


宮崎駿の世界R3


高畑勲の世界


是枝監督アンソロジーR4


宮崎駿アンソロジー


「戦争映画」を観てきた2


ドイツ映画あれこれ


飛行機映画あれこれ


砂漠の映画あれこれ2


移民を扱った映画R1


山田洋次の世界R3


黒澤明アンソロジーR2


ハードSF映画あれこれ(R2)


原作が先か、映画が先かR7


ニール・ブロンカンプ監督作品集


好きな映画監督のインデックスR1


矢口史靖の世界R1


戸田奈津子の世界


周防正行の世界R2


ブレードランナーあれこれR4


何をおいても音楽を


何をおいても音楽を3


好きな歌リンク1


好きな歌リンク2


テレサテン


うたの旅人


(もういちど流行歌)シリーズ


個人的言語学


日本語が亡びるとき


通訳、翻訳,についてR17


漢字文化圏あれこれR5


漢字の世界R4


言語学的SFあれこれR2


関西人の話法


言語・方言のインデックスR2


方言あれこれR1


原発関連


中国、韓国の原発事情3


福島原発関連13


卒原発について3


韓国あれこれ


韓国ほろ酔い旅行記


キムさんとのこと


歴史にみる日本と韓国・朝鮮


釜山ヨタヨタ旅行


韓国あれこれ12


韓国料理あれこれR1


韓国通の人たちR3


呉善花さんという人R1


朝鮮紀行あれこれ


日韓の住まいあれこれR1


森林あれこれ


森をゆく旅


ブナ大好きスペシャル


樹木のアート


森林あれこれ6


新素材CLTの報道より


『林業がつくる日本の森林』4


気になるアート


食わず嫌いの村上春樹R1


村上隆アンソロジーR6


藤田嗣治アンソロジーR5


草間彌生の世界


横尾忠則を観に行こう♪10


関川夏央アンソロジー


伊坂幸太郎の世界R5


和田誠アンソロジーR3


クールジャパンあれこれ3-R1


気になるアート6


スタジオジブリあれこれR2


川上未映子アンソロジーR3


暇になったら、絵を描くのだったR6


高橋源一郎アンソロジーR3


三浦しをんの世界R8


西加奈子の世界R2


村上龍アンソロジーR3


版画あれこれR5


村上春樹アンソロジーR10


先住民や移民にからむ文学R6


無頼派女性作家の系譜R3


絲山秋子ミニブームR8


シュルレアリスムあれこれR2


気になるイラストレーターR2


『ジャポニスム』あれこれR3


『アンドリュー・ワイエス水彩・素描展』


佐野洋子の世界R4


浅田次郎の世界R22


小川洋子ミニブームR6


池澤夏樹の世界R4


陳舜臣アンソロジーR10


シーナの写真付き旅行記R5


サン=テグジュペリの世界R5


漫画・絵本関連


『ガロ』がつなぐ輪R4


現代マンガの索引


バンド・デシネあれこれ


いしいひさいちの世界R4


松本大洋の世界


もう赤瀬川原平さんはいないのかR5


鳥頭ワールドR3


杉浦日向子アンソロジーR4


佐々木マキの世界(その6)


SF風イラスト


絵本あれこれR7


漫画のインデックス


つげ義春ワールドR7


空間アートの世界


非定常空間あれこれR2


安藤忠雄の作品


安藤忠雄 建築を語る


空き家問題あれこれR8


主体的な住居とはR4


個人的民俗学


柳田國男あれこれ


異境、辺境を描く著作R6


藍布の源流


人類学あれこれR3


木地師について


「食の歴史と日本人」


探検本あれこれ(その14)


「紙」あれこれR1


『栽培植物と農耕の起源』6


『食の人類史』5


文学賞を狙って


作家デビューを目指す貴方へ3


最強のエッセイストR5


すっきり書ける文章のコツ80


売れる作家の全技術


文学賞あれこれR1


『職業としての小説家』6


文章修業のインデックスR10


読書術・書評のインデックスR8


13 小説家になるための本


『書いて稼ぐ技術』4


大仏次郎論壇賞の受賞作R1


『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪R6


『みみずくは黄昏に飛びたつ』7


小野正嗣のあれこれR2


装丁と挿絵


『不思議の国のアリス』がつなぐ輪R3


挿絵本あれこれR5


線描画の達人たちR4


小村雪岱の版画がええでぇ


図書館予約とか


図書館予約の軌跡218


図書館活用あれこれR2


紙の本への拘りR5


予約分受取目録R22


科学的著作


137億年の物語


137億年の物語(続き)


福岡ハカセの世界


『動物たちの生きる知恵』2


『ハトはなぜ首を振って歩くのか』2


鳥の本あれこれR7


『驚異のバクテリア』


次元へのこだわりR1


ブラックホールを見たいR2


ラララ・・・科学の子5


『古今東西エンジン図鑑』


ナショジオの鳥シリーズR1


個人的経済学


個人的経済学21


ピケティさんの世界R1


シェアリングエコノミー


テクノナショナリズムに目覚めた12-R4


2015.12.21
XML
カテゴリ:気になる本
父の蔵書棚から『韓国人が見た日本』という本を見つけたのです。
1984年刊ということでかなりの古本であるが、朝鮮日報社編というのが・・・
興味を惹くわけでおます。

日韓で隣国に対する国民感情は、今が戦後で最悪のようだが、当時はどうだったか?ということで読んでみよう。

【韓国人が見た日本】
韓国から見た

朝鮮日報社編、サイマル出版会、1984年刊

<「BOOK」データベース>より
古書につき、データなし

<読む前の大使寸評>
1984年刊ということでかなりの古本であるが、朝鮮日報社編というのが・・・
興味を惹くわけでおます。

朝鮮日報といえば右翼的言論で日本のサンケイ新聞に匹敵するのだが、韓国での売れ筋トップというところが恐れ多いのかも。

rakuten韓国人が見た日本


巻頭に、1984年時点の朝鮮日報編集局長・崔さんのことばが載っています。
p2~3
<はじめに>
 日本に国を奪われたのち、日本の教育を受け、日本式の思考を経験した世代は、日本について多くのことを知っているかに見えた。それにもかかわらず、日本に対する知識は普遍化されえなかった。日本を知っているということが親日の烙印を押されると言う民族のわだかまりは、時代的に不可避であった。また日本を知っているといっても、それは植民意識の延長線上で、韓国人としての視角を見失ったものでもありえた。

 あれこれの理由から、韓国人にとっての日本は「豊かな国」として憧憬の対象にもなり、あるいは「掠奪者」としての呪詛のシンボルにもなるというように、きわめて整理されない「葛藤の国」に終始してきた。昨日の日本と今日の日本を、そしてそれをつなぐ日本の意識の脈を提示し、説明する書籍一冊すら出版されることがなかった。

 このような状況は、植民統治を受けるという国恥を実感できない、いわゆる「ハングル世代」の膨張とともに、深刻な様相に発展しはじめた。日本を皮相的に観察するしかなかったこの世代は、それぞれの尺度で日本を測った。日本を民主主義が理想的に発展した国してのみ認識する政治的偏重もあったし、経済大国としてのみ把握する経済一辺倒の見解が生まれたかと思えば思えば、あるいは、日本という国はまあまあの国でしかないのに、韓国はなぜ過去の束縛から脱皮できず、被害意識にのみとらわれているのかというような評価も、間断なく生まれた。

 朝鮮日報が、83年に「克日の道」シリーズをはじめたとき、克日という表現について多くの論議があったという事実一つからだけでも、今日の韓国社会に内在する日本に対する意識の幅がいかに広いかを知ることができる。

 ある人は、「日本が何であるからといって、日本を克服することを民族意識定立の一命題にしなければならないのか」と抗議したし、また他の見解は、克日という表現自体が日本への劣等意識を表すものだと主張した。日本を知ろうとすること自体を白眼視し、それを拒否する考え方もなくはなかった。一言でいって、日本は韓国人の意識を今も正面切って悩ませつづける怪物でもあった。

 このような状況は、朝鮮日報をして、日本はわれわれにとってどのような国であり、どのような意味をもつ国であるかを探り当てる必要性を、いっそう切実に感じさせるものであった。


この本の視点は歴史・政治・経済・生活・伝統など多岐にわたるが、一例として美意識に関する記事を見てみましょう。
p246~248
<柳宗悦批判:金両基>
 1919年の3・1独立運動に対する日本政府の弾圧に、即時、筆をもって強く抗議した柳宗悦は、韓国の民衆工芸をとおして民芸論という民衆芸術論を確立し、韓民族を非常に愛した日本人であった。韓国美の特徴を「白と線」だと説いた、そのひとである。

 宗悦は、「挑戦の美はすべて悲哀の美だ」という美論を展開し、その美論が50余年間、定説のごとく通用してきた。1983年、宗悦のその美論を批判する論が、韓国でも話題を集めている。時期遅れの感はあるが、歓迎したい。

 じつは70年代のはじめ、私は日本で柳宗悦の韓国美論について批判を展開し、朝日新聞の紙上で数年間論争を続けた。それを、世間では白の論争とよんでいる。

 宗悦の悲哀の美論を、わたしは過去の日本の植民地歴史観に汚染された美学であり、宗悦の誤認であると批判した。白の論争をとおして、韓国の美を悲哀の美だと説いた宗悦の定説は、日本からその姿を消していった。少なくとも、マスコミでは使われなくなった。それとは反対に、私が主張した韓民族の楽天性と飛翔が注視されている。

 ところで、白の論争での私の主張と相通じる芸術論が、十余年後の今年、韓国内でも話題にのぼっているが、遅きに過ぎると指摘せざるをえない。

 民族芸術論を確立する作業は、たいへん急を要するということは、二言を待たない。ところが、その作業は宗悦の悲哀を美論を黙殺したり無視しては、不可能なことである。その点から、時期が遅きに過ぎたと指摘しておきたいのだ。

 天才的な美学者であった宗悦が、工芸と同じ程度に、韓国の民衆のなかに深く入っていったならば、そうした誤認は絶対に起こらなかったにちがいない。宗悦の鋭い目も、結局は、わが民族芸術を表層的に観察したにすぎない、ということになる。それは、外国文化を鑑賞したり観察するときなど、必ず起こってくる問題である。韓国人もしばしば、日本文化を表層的に観察して、それをあたかも真理のごとく誤認することが少なくない。おたがいにその点を深刻に反省しなければならない。

 韓国と日本の文化には、似たところが世界のどの国よりも多いだろう。しかし、類似性が濃いからといって、それが必ずしも共通点になるとは限らない。同じ素材でつくっても、異色なものに仕上がるのが、民族的な特徴といえるのではなかろうか。

 日本のお新香も韓国のキムチも、同じく白菜を素材にした漬け物である。同じ素材の白菜を用いた漬け物なのに、漬けあがったキムチとお新香は、あまりにも対照的だ。こうした例は、たんにキムチとお新香にかぎらず、文化、芸術、政治、経済でもしばしば見受ける。

 文化や芸術などで誤認や錯覚が生じても、時間的な余裕があり、生命や民族の存在に直結するようなことは非常に稀である。が、政治や経済の面では、瞬間的にたいへん大きな問題に発展する憂いがある。

 韓日間に不協和音が生じるたびに、両国のリーダーたちがもう少し、おたがいに相手国の民族心理や思考方式を理解していたならば、もう少し睦まじい交流が生まれるであろうに、という想いにかられる。









Last updated  2015.12.21 10:03:19
コメント(2) | コメントを書く
[気になる本] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.