2358032 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

カツラの葉っぱ 大好き!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Mドングリ

Calendar

Favorite Blog

今度の旅で使おう「… New! KUMA0504さん

せんそうについての… New! マックス爺さん

「暗愚小伝」(2) New! まろ0301さん

暗号資産 New! lavien10さん

地軸の歪み! New! 歩世亜さん

太陽を曳く馬 New! 幻泉館 主人さん

日本の朝鮮統治 鉄… alex99さん

敗戦記念日 msk222さん

ラジオ古典講読「方… 薔薇豪城さん

Comments

Mドングリ@ Re:吉岡桂子記者の渾身記事28(07/29) maki5417 さんへ 何故でしょうね、同業者…
maki5417@ Re:吉岡桂子記者の渾身記事28(07/29) なぜ伊藤さんはちゃんと記しているのに、…
Mドングリ@ Re[1]:『愛なき世界』1(07/18) alex99さんへ 三浦さんは就活作家とも言わ…
alex99@ Re:『愛なき世界』1(07/18) 三浦しおんさん 名前は存じ上げている し…
Mドングリ@ Re[1]:『シンギュラリティ』1(07/17) alex99さんへ 知っていてもしょうがないけ…

Free Space

1【旧ブックマーク】
カールのフランス体験記
再出発日記
第7官界彷徨
ひまじんさろん
マックス爺さん
鹿島槍ヶ岳からのお便り
alex99さん
真理を求めて
chappi-chappiのとんぴん日記
より良い明日をめざして
七詩さんのHP
漫望のなんでもかんでも
幻泉館日録
heliotrope8543さん
LAVIEN
韓国大好き♪
ナナメに歩こー♪
水彩画人
No-Match

太腕繁盛記 生
内田樹の研究室
カツラの葉っぱ大好き!
アイラブサイエンス
編集長ブログ
ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
世間がもし30人の基地だったら

2【官公庁】
神戸市トップページ
神戸市立図書館トップページ
四万十市HP

3【気になる本】
好書好日トップ
千夜千冊:全読譜
吉岡桂子さんの書評
古書ビビビのブログ
全国書店ネットワーク

4【メディア】
NHK-NEWS WEB
日経ビジネスオンライン
Yahoo!ニュース
ロイター(World News)
週間金曜日ニュース
NewSphere
technology

ビジネスジャーナル
WEDGE infinity
日刊工業新聞トップ
青林工藝舎イベント情報
ドングリTwilog
NHKスペシャル放送予定
小冊子『熱風』
WEBマガジン出版翻訳

5【関西、旅行】
ハイパーダイヤ
パルシネマ・上映スケジュール
OSシネマズミント神戸
繁昌亭昼席スケジュール
神戸新開地 喜楽館
INAC神戸レオネッサ
東横イン京都四条大宮
兵庫の温泉・露天風呂
アジアン食堂

6【資源・エネルギー】
Tech-On!エネルギー
素材・エネルギー

7【中国】
大紀元トップ
日中関係/サーチナ
Science Potal China:中国の科学技術の今を伝える

8【韓国】
朝鮮日報
東亜日報/国際
ソウル情報局
大阪コリアタウン鶴橋

9【フランス】
「学校行かずにフランス語!」
Le Monde.fr
グーグルニュース(フランス)
フランス語能力認定試験(TEF)

10【世界】
ことば紀行 バックナンバー

11【エコ・環境】
プラごみ漂う「地上の楽園」

12【仕事・シルバー】
AIBO
ひょうごボランティアプラザ災害関連情報
ひょうごボランタリープラザメールマガジン コラボNEWS
生きがいしごとサポートセンター神戸西

13【リンク集】
all about
法情報リンク集
データベースリンク集(芸工大)
映画ブログランキング

14【その他】
戦争を語り継ごう
こうして日本は格差社会になった
『徒然草』現代語訳

Freepage List

好きな樹


カツラ


低木(お奨め)


ケヤキ


ハルニレ


フウ


ユリノキ


ブナ(お奨め)


ダケカンバ


ウメ


サクラ


アジサイ(お奨め)


沙羅双樹


マロニエ


コブシ


馬酔木


菩提樹


ヤマボウシ(お奨め)


コニファーガーデン


カラマツ


イヌマキ


クスノキ


ハナミズキ


シラカバ


ヤブデマリ


街路樹ベストテン


ハリモミ


クロバナエンジュ(イタチハギ)


庭木の手入れについて


日本の樹木


『カラーリーフ』


『手入れがわかる雑木図鑑』


個人的歴史学


歴史関係リンク


個人的歴史学9


満州あれこれR11


網野善彦の世界R2


中沢新一の世界R1


台湾あれこれR4


明治期の日本大好きアーティストR2


縄文人の世界R7


お楽しみ箱


野草(お奨め)


フータロー日記


遠くへ行きたい2


車が好きだったかも2


サウジアラビアあれこれR6


シルクロードあれこれR2


勝手に関西遺産14


気分はオーストラリアR4


関西人の系譜3


砂漠への憧れ3-R7


キャット・ギャラリーあれこれR3


腹立ち日記


なめきった お役人6


(ニッポンの宿題)シリーズR3


豊洲市場の設計疑惑その後R3


情報整理


総合インデックスR3


アマゾンvs楽天R1


朝日のインタビュー記事スクラップR12


NHKスペシャル・アーカイブ(改9)


新聞連載コラムのスクラップ


トップの壁紙


蔵書録(全項目)改5


内田先生かく語りき9-R8


ドングリの独り言


合宿免許@倉吉


腑抜けの闘病記


日米中の宇宙開発対決R2


飛行機シリーズ3-R3


フランスあれこれ2


団塊世代R4


アヒル(レベル6)との闘い(最新版)


老人力あれこれR1


中華に対する辺境


『中国化する日本』11


日米中EV対決R6


対中最新情報


NHKスペシャル「中国文明の謎」


吉岡桂子記者の渾身記事28


中国関連のオピニオンR2


『イネが語る日本と中国』4


『世界史のなかの中国』3


『日本夢 ジャパンドリーム』5


『中国古代史研究の最前線』4


チャイナ・スタンダードあれこれR1


アメリカ アメリカ


アメリカ アメリカ7


鬼門は自動運転車R4


『ヒルビリー・エレジー』3


個人的エネルギー政策


石炭ガス化複合発電(IGCC)って


シェールガスに期待できるか?4


バイオマスって有効?6


メタンハイドレートあれこれ


水素社会に向けて加速3


個人的エネルギー政策11


映画あれこれ


映画あれこれ1


2本立て館で観た映画R15


お奨め映画1


見たいDVD-R2


リドリー・スコットの世界2


渡辺あやの世界


クリント・イーストウッド監督作品集


リドリー・スコット監督作品あれこれ


第二次世界大戦の戦争映画集1


映画美術3-R2


映画の基本はシナリオ


台湾映画アンソロジー


テリー・ギリアム監督アンソロジー


スター・ウォーズあれこれR3


映画パンフあれこれR2


宮崎駿の世界R1


高畑勲の世界


是枝監督アンソロジーR4


宮崎駿アンソロジー


「戦争映画」を観てきた2


ドイツ映画あれこれ


飛行機映画あれこれ


砂漠の映画あれこれ2


移民を扱った映画R1


山田洋次の世界R2


黒澤明アンソロジーR2


ハードSF映画あれこれ(R2)


原作が先か、映画が先かR7


ニール・ブロンカンプ監督作品集


好きな映画監督のインデックスR1


矢口史靖の世界R1


戸田奈津子の世界


周防正行の世界R1


ブレードランナーあれこれR4


何をおいても音楽を


何をおいても音楽を3


好きな歌リンク1


好きな歌リンク2


テレサテン


うたの旅人


(もういちど流行歌)シリーズ


個人的言語学


日本語が亡びるとき


通訳、翻訳,についてR9


漢字文化圏あれこれR4


漢字の世界R3


言語学的SFあれこれR2


関西人の話法


言語・方言のインデックスR1


方言あれこれ


原発関連


中国、韓国の原発事情3


福島原発関連13


卒原発について3


韓国あれこれ


韓国ほろ酔い旅行記


キムさんとのこと


歴史にみる日本と韓国・朝鮮


釜山ヨタヨタ旅行


韓国あれこれ12


韓国料理あれこれR1


韓国通の人たちR3


呉善花さんという人R1


朝鮮紀行あれこれ


日韓の住まいあれこれR1


森林あれこれ


森をゆく旅


ブナ大好きスペシャル


樹木のアート


森林あれこれ6


新素材CLTの報道より


『林業がつくる日本の森林』4


気になるアート


食わず嫌いの村上春樹R1


村上隆アンソロジーR6


藤田嗣治アンソロジーR4


草間彌生の世界


横尾忠則を観に行こう♪10


関川夏央アンソロジー


伊坂幸太郎の世界R2


和田誠アンソロジーR3


クールジャパンあれこれ3-R1


気になるアート6


スタジオジブリあれこれR2


川上未映子アンソロジーR3


暇になったら、絵を描くのだったR6


高橋源一郎アンソロジーR3


三浦しをんの世界R6


西加奈子の世界R2


村上龍アンソロジーR2


版画あれこれR5


村上春樹アンソロジーR7


先住民や移民にからむ文学R5


無頼派女性作家の系譜R3


絲山秋子ミニブームR8


シュルレアリスムあれこれR2


気になるイラストレーターR2


『ジャポニスム』あれこれR3


『アンドリュー・ワイエス水彩・素描展』


佐野洋子の世界R4


浅田次郎の世界R18


小川洋子ミニブームR4


池澤夏樹の世界R4


陳舜臣アンソロジーR10


シーナの写真付き旅行記R5


サン=テグジュペリの世界R4


漫画・絵本関連


『ガロ』がつなぐ輪R4


現代マンガの索引


バンド・デシネあれこれ


いしいひさいちの世界R4


松本大洋の世界


もう赤瀬川原平さんはいないのかR5


鳥頭ワールドR3


杉浦日向子アンソロジーR4


佐々木マキの世界(その5)


SF風イラスト


絵本あれこれR3


漫画のインデックス


つげ義春ワールドR7


空間アートの世界


非定常空間あれこれR2


安藤忠雄の作品


安藤忠雄 建築を語る


空き家問題あれこれR8


主体的な住居とはR4


個人的民俗学


柳田國男あれこれ


異境、辺境を描く著作R6


藍布の源流


人類学あれこれR1


木地師について


「食の歴史と日本人」


探検本あれこれ(その13)


「紙」あれこれR1


『栽培植物と農耕の起源』6


『食の人類史』5


文学賞を狙って


作家デビューを目指す貴方へ3


最強のエッセイストR5


すっきり書ける文章のコツ80


売れる作家の全技術


文学賞あれこれR1


『職業としての小説家』6


文章修業のインデックスR7


読書術・書評のインデックスR4


13 小説家になるための本


『書いて稼ぐ技術』4


大仏次郎論壇賞の受賞作R1


『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪R5


『みみずくは黄昏に飛びたつ』7


装丁と挿絵


『不思議の国のアリス』がつなぐ輪R2


挿絵本あれこれR2


線描画の達人たちR2


小村雪岱の版画がええでぇ


図書館予約とか


図書館予約の軌跡163


図書館活用あれこれR2


紙の本への拘りR5


予約分受取目録R19


科学的著作


137億年の物語


137億年の物語(続き)


福岡ハカセの世界


『動物たちの生きる知恵』2


『ハトはなぜ首を振って歩くのか』2


「はやぶさ」フリーク2(R1)


『驚異のバクテリア』


次元へのこだわりR1


ブラックホールを見たいR2


ラララ・・・科学の子5


『古今東西エンジン図鑑』


ナショジオの鳥シリーズR1


個人的経済学


個人的経済学21


ピケティさんの世界R1


シェアリングエコノミー


テクノナショナリズムに目覚めた12-R4


2019.07.12
XML
カテゴリ:アート
図書館で『田辺聖子の古典まんだら(上)』という本を、手にしたのです。
先日『やさしい古典案内』という本を読んだところであるが・・・
古典案内の第一人者といえば、田辺聖子さんであろうと思うのです。



【田辺聖子の古典まんだら(上)】


田辺聖子著、新潮社、2013年刊

<「BOOK」データベース>より
古典ほど面白いものはない!読んでみれば、気になる登場人物がきっと見つかるはず。この人が大好き、というお気に入りができたら、もう魅力に気づいたということ。ヤマトタケルが『古事記』の中で詠んだ、後世の私たちに捧げてくれたラブメッセージ。『万葉集』には、かつての恋人へおおらかに歌いかける額田王の姿が…。古典をこよなく愛する著者が、その魅力を縦横無尽に語る。

<読む前の大使寸評>
先日『やさしい古典案内』という本を読んだところであるが・・・
古典案内の第一人者といえば、田辺聖子さんであろうと思うのです。

rakuten田辺聖子の古典まんだら(上)



才媛と言われた清少納言について、見てみましょう。
p146~150
<悲しいことはいいの。楽しいことだけ書くわ:枕草子>
 『枕草子』の作者にである清少納言は、紫式部のライバルです。ライバルといっても、清少納言のほうが世に出るのが早く、生れた年も紫式部より十年ぐらい早いのです。ですから、清少納言が、紫式部という才媛の噂を聞いていたかどうかはわかりません。

 でも、紫式部は後から一条天皇の宮廷に入ったので、清少納言の噂をたくさん聞いていました。『紫式部日記』では、清少納言について「得意顔で利口ぶって書いているけれども、よく読むと、半端なことが多い。漢字も漢文もわかってない。あんな人の行く末なんかたいしたことないわ」とぼろくそです。その表現がきついので、「紫式部ってこんな意地の悪い人なの」という人が多いのですが、物書きとというのはたいてい意地が悪いのです。

 私は紫式部も好きですけれども、清少納言も好きです。清少納言が幸福だったのは、人生で二度とめぐり合えないようなすてきな女性と出会ったことです。一条天皇の中宮となった定子です。日本人の女性のなかで、定子中宮ほど立派な人はいなかったのではないでしょうか。ユーモアがあって、学問があって、心だてが優しくて、しかも大変な美人だったそうです。お父さんの藤原道隆に掌中の珠と育まれ、さまざまな学問を学び、朗らかなる明るい女性に育ちました。

 やがて一族の期待を一身に担って、一条天皇の後宮へ入内します。一条天皇は、定子より3、4歳年下でしたけれど、大変すぐれた賢帝で、心持ちがなだらかな方でした。一条天皇と中宮定子は本当に相思相愛の仲でした。そういう中宮定子に仕えて、清少納言はあこがれと敬愛の念を捧げ、「中宮定子様のことを書きたい。これが書ければ、人生が書けたのと同じことだわ」と、中宮定子讃美の文章を綴りました。

 私は子供の頃、「清少」は姓で「納言」は名前だと思っていました。変な名前だと子供心に感じていたのですが、実は「少納言」というのは役人の官名です。一族に少納言をつとめる人がいたといわれています。「清」というのは、お父さんの清原元輔の姓に由来します。

 清原家は門地が低く、一族はみんな出世が遅かったのです。しかし清原家は代々、歌人として聞こえた家です。「百人一首」には親子兄弟でとられているケースも多いのですが、この清原家は三代ないし四代にわたってとられています。
 清少納言の曽祖父とも祖父ともいわれる清原深養父は有名な歌人です。「百人一首」にとられた歌です。

 夏の夜はまだよひながら明けぬるを雲のいずこに月やどるらん

 清少納言の父・清原元輔は『後撰集』の選者でした。『万葉集』の付訓にあたった梨壷の五人の一人でもあり、これは大変名誉なことです。元輔も歌人として有名で、「百人一首」に選ばれています。

 契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは

「君と僕は約束したではないか。末の松山を波が越せないように、決して互いに心がわりしないと」
 心がわりした女に贈る歌を、人に頼まれて代作したものです。男がやわらかく女を責めています。厳しく責めるのではなく、できるなら、もとのようにと翻意を促しています。「君をおきてあだし心をわがもたば末のまつ山浪もこえなん」という歌がもとになっています。どこかはっきりとはしませんが、海岸の近くにある、この松は、決して波がその上を越えないと伝えられています。心がわりをしないという誓いに「末の松山」を持ち出すのは日本の文学の伝統です。

 清少納言の歌才もよく知られています。
 清少納言は、一世を風靡した能書家・藤原行成と仲がよかったのですが、あるとき、行成と清少納言がおしゃべりをしていて、思わず夜遅くなってしまいました。明日は宮中に1日いなければならないというので、行成は急いで帰ります。

 翌日、行成から手紙が来ました。
「もっとゆっくり話をしていたかったえれども、鶏の声が聞こえたものだから、急いで帰って名残惜しい」

 行成は、小野東風、藤原佐理と並んで三蹟の一人です。清少納言はほれぼれと手紙を眺めたのち、返事をします。
「私には鶏の声は聞こえなかったわ。あなたが聞いたのは孟嘗君の鶏の声では?」

 これは『史記』に記されている故事をもとにしています。孟嘗君という人が敵地を脱出し、函谷関の関所までたどり着いた時のことです。この関を夜のうちに越えたいのですが、明け方に鶏の声が聞こえないと開けないというのが函谷関の決まりです。孟嘗君は食客三千人といわれるほど、たくさん家来がいました。異能の家来がいろいろいるなかに、物真似が大変上手な人がいました。その人が鶏の声を真似て、関を開かせ、孟嘗君の一行は無事逃げることができたのです。

 この故事を踏まえたうえで、清少納言は当意即妙に返歌したのです。それを読んだ行成はとても喜びます。それまで、男同士のように話せる女性はいなかったのでしょう。清少納言はあまり美人ではなかったといわれますが、彼女の才気はそれをカバーして余りあるものでした。


先日読んだ『やさしい古典案内』という本です。

【やさしい古典案内】


佐々木和歌子著、KADOKAWA、2012年刊

<「BOOK」データベース>より
文字を獲得して以来、日本人はさまざまな作品を書き残してきた。漢字で書かれた『万葉集』から、仮名で綴られた和歌へ、そして散文、さらに物語へー。新たな表現方法の誕生は、新たな作品の形式を生み出していく。人々はどういう時に書きたいと思い、どういう思いで新たなジャンルを生み出したのか?江戸時代までの主要な古典の概要と、文字とともに生活してきた日本人の姿を描き出す。身近でわかりやすい古典文学入門。

<読む前の大使寸評>
太子が親しんできた古典といえば国語の教科書に載っている方丈記、徒然草、枕草子程度であり、やや寂しいのである。
・・・というわけで、この本でさらなる古典に目を向けようと思うのです。

rakutenやさしい古典案内


『やさしい古典案内』3:『平家物語』
『やさしい古典案内』2:『方丈記』
『やさしい古典案内』1:『万葉集』






Last updated  2019.07.12 08:28:48
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:『田辺聖子の古典まんだら(上)』1(07/12)   七詩 さん
教科書の印象だけで古典を「つまらない」と思っているのはバカですね。
そもそも面白いものだから世に残っているのではないのでしょうか。
中宮定子の母は女ながらも漢学の才で世に聞こえた人だったそうです。
兄もまた学問所の教授をやるほどの学才があり容姿端麗で光源氏のモデルの1人とも言われている。清少納言も含めた定子中宮のサロンは当時は男の学問とされた漢学の話もでてくるようなサロンとして異彩をはなっていたのではないのでしょうか。
(2019.07.12 07:08:11)

Re[1]:『田辺聖子の古典まんだら(上)』1(07/12)   Mドングリ さん
七詩さんへ
まさに才色兼備の定子中宮ですね。
定子中宮のサロンでは『源氏物語』だけではなくて漢籍が語られ、思いのほか男性的なところが異色ですね。
この路線を正しく継承していたのが、田辺聖子さんだったのでしょう。 (2019.07.12 08:22:15)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.