000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

四つ葉のクローバー

英語辞書(10冊)





英語辞書





書籍名:リーダーズ英和辞典
著者名:松田徳一郎
出版社:研究社

感想:なんと言っても収録項目数27万と言うのが魅力。専門用語、スラングも
   豊富に出ているので、新聞・雑誌をよむのには最適。
   私が使っているのは大学時代に買った初版第1刷で、
   まだ26万語でしたが現在のものは改定されて27万語になています。





おすすめ書籍名:アドバンストフェイバリット英和辞典
著者名:浅野博・阿部一・牧野勤
出版社:東京書籍

感想:収録語数約86,000語。可算名詞(C)、不可算名詞(UC)の表記が
   あるのは、地味だが重要なポイント。
   「語源」「文化」「語法」などの情報が必要に応じて出ている。
   例文も豊富。
   また、ページを開いた時に平らにまっすぐ開いて戻らない点が
   とても評価できる。






おすすめ書籍名:旺文社レクシス英和辞典
著者名:花本金吾・野村恵造・林龍二郎
出版社:旺文社

感想:総項目数98,000。新しいタイプの辞書。
   100人のネイティブに聞いた文法・語法の使用率がグラフによって
   分かり易く表示されている。
   学校で習った文法だけが正しいのではなく、ネイティブは違った使い方も
   していると言うことがわかる。
   受験生の段階でコレを見るとかえって混乱するか?
   コミュニケーションを取る時に実際に使われている用法がわかるので
   実践英語向き。




書籍名:会話作文英語表現辞典
著者名:ドナルド・キーン、羽鳥博愛
出版社:朝日出版社


感想:実用的な和英辞典と言ったところ。
   例文総数21,500。
   見出し語に関連した表現ですべて例文なので、すぐにそのまま使える。




書籍名:英会話とっさのひとこと辞典
著者名:巽 一朗、巽スカイ・ヘザー
出版社:株式会社DHC


感想:実用的な和英辞典であり英会話教本でもある。
   場面別に分かれているので使いやすい。





おすすめ書籍名:RANDOM HOUSE WEBSTER'S COLLEGE DICTIONARY
著者名:Random House / Websters
出版社:Random House Inc





書籍名:Random House Word Menu
著者名:Stephen Glazier

出版社:Ballantine Books (マスマーケットエディション)




おすすめ書籍名:Language Activator: Helps you write and speak natural English


出版社:Longman


感想:一つの言葉から,類語との使い方の違いとその例文が豊富で
   わかりやすい。
   口語,公式表現,非公式表現,なども出ている。
   コロケーション(慣用的な結びつき)も出ている。
   読んで楽しめる。





おすすめ書籍名:オックスフォード実例現代英語用法辞典


出版社:研究社/オックスフォード大学出版局

感想:やはりわかりにくい文法事項や単語の使い方を,間違えやすい例として具体的に挙げながら説明してあります。
特に嬉しいのは,アメリカ英語とイギリス英語の表現の違いも出ているところ。
新聞の見出しの英語の特殊な文法(使い方)も出ています。
堅い表現やくだけた表現,数字の読み方(読むときの区切り方まで)も出ています。
英語を外国語として学ぶ学習者にとって,かゆいところに手が届くと言う感じでしょうか?
「辞典」ですから,アルファベット順に出ていて調べやすいと言うところもありますが,「趣味の英語」としては,読み物として,思い立った時に好きなページから読み込んでいくのも楽しいものです。





おすすめ書籍名:アドバンストフェイバリット和英辞典


出版社:東京書籍



感想:見出し語数10万語,英訳はネイティブが校正しているし,間違えやすい語法や文型もきちんと説明され,日本文化の紹介に役立つ情報とその英訳例も豊富。
巻末付録には,世界の人名,国名,都市名,手紙・ファックス・履歴書・Eメールの書き方,翻訳のコツ,場面別応用表現集などなど・・・

ただの和英辞典と侮ること無かれ・・・って感じです。
まさに和英学習辞典の様相です。絶対おススメ!



BackHomeNextPAGE TOP


© Rakuten Group, Inc.