702122 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

四つ葉のクローバー

PR

全201件 (201件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

我が家の日常

January 8, 2013
XML
カテゴリ:我が家の日常
元々予定していた入院と手術(心臓の血管にステントを入れるカテーテル手術)ですが、まさか母の入院と重なるとは思ってもみなかったことです。
でも、本当は12月中に手術したいと希望していたのに、病院の予約の空きが無くて1月7日入院、8日手術ということになったので、もしも希望通り12月中だったとしたら、母の手術と手術日が重なっていた可能性も大いにある。
しかもその日は義母(夫の母)の通院予約日だったので、もしも3つ重なっていたらどうなっていたことか!
(でも、もしそうなっていたとしても、どうにかやりくりしてあっちこっちそっちと行かなきゃなんなかったろうな・・・)
そうならなかっただけでも不幸中の幸いか。

7日は、始業式の日。
お昼前に下校になるので、私は午前中だけ仕事に行き、その足で三女わっち☆の学校まで迎えに行き、わっち☆を拾って帰宅。
お昼を済ませて、今度は夫の入院で病院に向かう前に、母の病院へ。
夫とわっち☆と私で母の病院に行き。
日々回復している母に、夫の方が
「お大事に」
と言われる始末。(爆)

そしてそのまま夫の入る病院へ。(隣の市内)
入院手続きを済ませてナースセンターに行くと、すぐに病室に案内され入院着に着替えて、すぐ点滴が始まりました。

その日、私は夕方から仕事があったので帰宅して夕飯の支度など済ませて仕事へ。

翌日(手術当日)は、仕事を休み病院へ。
当初2番目になるはずだったのに、緊急の患者さんの手術が一人入り、二人入り、結局4番目になり。
さらに、1時間程度で終わるはずの手術が予定を大幅に上回り2時間半以上かかりました。
このドア↓の前の廊下の長椅子で3時間近く待たされました。
  • IMG_0712.jpg

予定以上の造影剤を入れて、何度も映像で確認しながらの処置だったようです。
血管にバルーンを入れて血管を広げる時に一旦血流が止まるために相当苦しくなったと言っていました。
まあ、何とか無事に終わったので良かったのすが、待たされている間、どうなっているのか中の様子が全くわからず・・・。
途中経過とか教えてくれるといいんだけど・・・。
一応時間をつぶすためにお茶のペットボトルと勉強道具は持って行ったので良かったんですが、お昼すぎには終わると思っていたので食べるものを持って行かず。
全部終わって病室に戻ったのが3時過ぎ。
お腹がすきすぎてクラクラしました。

翌日、私は普通に1日勤務してから病院へ。(母の病院に先に行き、その後で夫の病院へ)
本当は翌日には熱が下がるはずなのに、なぜか1日微熱が下がらず、夜になっても点滴が外れず。
10日の退院予定が伸びるか?と心配しましたが10日の朝には36度台になり、退院直前まで点滴をしていたものの、延期にならずに無事に退院できました。






Last updated  January 14, 2013 05:38:25 PM
コメント(0) | コメントを書く


August 16, 2012
カテゴリ:我が家の日常

毎年恒例8月16日お盆のミッション。
私の実家の方のお寺さんに行って、
父方、母方、双方のお墓に「○○家先祖代々」と言う卒塔婆を建てること。
その卒塔婆が拝み終わって受け取れるのがこの日の15時から。
なので、それまでの時間に他のところのお出かけをリンクするのが毎年恒例。

と言うわけで、今回向かったのは

上野

です。

朝7時前に家を出ました。
わっち☆と一緒です。
電車に乗ってしばらくしたら、隣に座っていたわっち☆の様子がおかしい。
どうしたの?
と聞いたら、
「お腹が痛くて・・・」
と苦しそうな顔。
しょうがないので、急遽途中下車しました。
トイレを済ませ、念のため持ち歩いていたビオフェルミンを飲ませました。
また途中で痛くなると困るので、ちょうどすぐにあった特急の特急券を買って乗ることにしました。
これが大正解。
有料特急ならトイレがあるからね。

で、無事に到着。

前日にオンラインでチケットを買ってあったので、
最初に向かったのが、東京都美術館。
s-マウリッツハイス2.jpg

マウリッツハイス美術館展


例のごとく・・・図録買いましたw
s-マウリッツ図録.jpg

この図録、今までのと違ってかなり良かった!
何しろビニールでパッケージされて密封されていたのは初めて。
色も良かったし。
透明プラスチックのカバーも付いていました。

マウリッツハイス美術館展すっごく良かったんです!!!
私好みの絵がほとんどだったってことですけど。

フェルメール、レンブラント、ルーベンス、ヴァン・ダイク、ハルス、ブリューゲル、クラースゾーン・・・

オランダ絵画の黄金時代の作品こそが、私の好みなのだと再確認しました。

その後お昼は、PARK SIDE CAFEで。
s-park side cafe.jpg
↑わっち☆が食べたトマトとモッツアレラチーズのパスタ。
(私はカルボナーラだったんだけど、写真撮る前に食べちゃったw)


お昼食べてから、今度は 国立西洋美術館へ。

ベルリン国立美術館展


こっちもフェルメール、レンブラントあったけど、時代の幅がありすぎて・・・・
好みのはごく一部。

で、お土産は・・・
s-マウリッツ・ベルリンお土産.jpg
マウリッツの方が圧倒的に多い!

本当は、マウリッツハイス行った後に、六本木に行ってエジプト展を見に行きたいと思っていたんです。
が、わっち☆の調子が悪そうだったので、無理をせずに近場で済ませました。
(ベルリンは行けなくてもいいと思っていたんだけど)

予定より早く見終わって、そのまま実家のある埼玉に向かいました。
3時前に駅前ではっち☆と待ち合わせしていたのですが、1時半に着いてしまったので、駅前のスタバで時間をつぶしました。

はっち☆が来てからすぐにお寺までタクシーで向かい、卒塔婆を受け取ってお墓(2箇所)へ。
とにかく暑かった~!
お墓にお水をかけても、まさに焼け石に水状態。
お線香に火を着ける間も暑くて大変でした。

でも何とかミッションを完了しました。

途中でちょっと冷たいものを飲んで一息ついて。

やっぱり暑さが違う。
我が家の周辺は、コンクリートが少ないので夕方になればスッと涼しくなるんだけど、周り中コンクリートと建物ばかりのところだと熱気がこもってる。

おととしくらいの暑さよりはまだマシだったけど。

とにかく無事にミッションを終え、わっち☆もその後復活して良かった良かったw









Last updated  August 17, 2012 03:40:54 PM
コメント(2) | コメントを書く
August 4, 2012
カテゴリ:我が家の日常
(毎度のさかのぼり日記。《8月4日の分》)

この日から成人式前撮りの予約が開始になりました。
秋の日程(10月と11月)の分なので、きっと早い者勝ちになるだろうと思って、開店と同時くらいにお店に行き、無事に希望日を予約してきました。

長女の時は、ゴールデンウィークに前撮りしましたが、今回は次女がGWは避けて欲しいということだったので、秋にしました。

今年の秋は忙しくなりそうです。


そして、この日の夕方は、母の老人ホームの納涼会。

毎年末娘と二人で行っています。

納涼会2012

毎年暑い時期だけど、この日は夕方から涼しくなったのでとても過ごしやすく、良い夕涼みとなりました。

聴覚過敏のある私としては、疲れがたまったり、寝不足だったりすると太鼓の音などがもう耐えられなくなるのですが、この日は意外と大丈夫でした。
生の和太鼓の迫力はすごかった!

ホームの周辺の地域の方々や地元の婦人会の方々なども参加していて、良いホームなんだな、と思いました。






Last updated  August 9, 2012 08:23:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 30, 2012
カテゴリ:我が家の日常
今日無事に義兄が退院しました。

大きな手術だと思っていましたが、手術して1週間で退院できるなんて!

(入院した時に10日程度と言われていたようです。「入院期間」が10日間だったってことです。)

日本の現代の医療ってすごい。

病院にいる方が何かあったときに安心ということはあるけど、予定通り退院になったということは順調な回復だったということで、その意味では一安心。

今後もまだ色々と大変だろうけど。








Last updated  July 30, 2012 07:37:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 24, 2012
カテゴリ:我が家の日常
6月に義兄(夫の兄)が入院しました。
最初は肺炎の疑いということで、一週間から十日ほどの予定でした。
肺炎の可能性だったのに、熱がなくておかしいと言われ、抗生剤の点滴を受けても一向に良くならず。
生体検査をしたところ、癌とわかりました。
ステージ4。
左側の肺が真っ白だと言われ、片肺全摘出になるのか放射線治療になるのか?
最初に入院していた病院では処置ができず、一旦退院。

そして、今月20日に国立がんセンターに入院しました。

そしてこの日24日が手術日。

我が家から車で3時間はかかるというので、朝5時前に家を出ました。
(夫の運転)

ところが、朝早かったため道はガラガラで1時間半ほどで到着してしまいました。
病院に着いたのが6時半過ぎ。
手術開始予定が8時半だったので、それまで待たされ。
しかも実際に手術室に入ったのは9時前くらい。

PHSを持たされて
「院内だったらどこにいても構いません」
ということでしたが、結局それから6時間半待たされました。

結局、左側の肺の上部だけの摘出で済んだそうです。

今の医療ってすごいなあ。
肋骨も切ることなく、脇から開けて摘出し、気管支と血管の一部も切り取ってつないだりしたそうですが、出血は100CC程度だったので輸血も無しだったとか。

術後にICUに運ばれた時には、もう話もできる状態。

そして、翌日(昨日)の夕方にはもう歩けたそうです。
血圧などもそれほど問題ないので、普通食が出ているそうです。

順調にいけば10日ほどで退院予定とか。

すごいよ!日本の医療!








Last updated  July 26, 2012 07:31:51 PM
コメント(4) | コメントを書く
May 5, 2012
カテゴリ:我が家の日常

予報通り天気も良くなり、予定通り今日出かけて来ました~!

毎年GWには、どこか都内に行っているので(<「都内」と言う言い方がすでに都内の人間じゃないことを表現していますね!)すが、去年はどこに行ったかな~?と、すぐに思い出せない!
でも、こんな時はブログをやっていて良かったと思う・・・。

はい、去年はこんなところに行ってました!

おお!そうだった!そうだった!
レンブラント、かなり好きです!

で、今年はどこに行ったかと言うと・・・?
一ヶ所目。
レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想展
10時開場だったので、9時半にはっち☆と109前で待ち合わせて行きました。
(末娘も同行。)
会場は入り口ですでに行列。
10時になるまでドアの外で待たされ、10時になる頃に誘導されて中へ入りました。
ダ・ヴィンチも好きです。
もちろん、図録も買いましたよ!↓
s-IMG_0375.jpg

Bunkamuraの次に、本当の予定では、東京駅のお菓子ランドに行くつもりだったんです。
でも、Bunkamuraを出たのが11時半を回っていたので、お腹がすいていたし、
「きっとお菓子ランドも混んでるよね~」
と言うことで、次の目的地、上野に向かいました。
上野に行ってお昼を食べてから国立博物館に向かうことにしたのです。
で、上野に着いてアトレで食べようと思ったら、どこも行列。
そりゃ、GWのお昼時ですからね。
でももう並ばずに食べて早く移動したい!ってことで、ファーストキッチンへ。
(パスタを食べました。)

食べ終わって、博物館に向かう途中、西洋美術館前にさしかかったとき、
ユベール・ロベール展の看板が目に飛び込んで来ました!
「これも良さそうだね・・・」
と私がつぶやいたら、長女が
「私はむしろ(博物館よりも)こっちの方が見たい!」
と言うので、急遽こっちにも寄ることにしました。

これが、予想以上に良かった!大正解!
私好みの絵だわ~!
で、やっぱり図録を買いました~!(爆)
s-IMG_0376.jpg

図録だけじゃなく、ファイルとかハンカチ(メガネ拭き)とかも。(笑)
ファイルとメガネ拭きも増殖中ですwww

そして、最後に博物館へ!↓

s-IMG_0377.jpg

やっぱり、曽我蕭白が良い!!
雲龍図が迫力でした!
ここでは、図録は買わずにファイルを買いました~!↓
s-IMG_0378.jpg

わっち☆もこの雲龍図が気に入ったらしく、同じファイルを自分で買ってました。

西洋美術館から博物館に向かう途中で、「上野の森親子フェスタ」の本屋さんもチェックしながら歩きました。
途中で高橋由一展の図録を持ってる人とすれ違って、
あっちも行きたいな~!と思ったものの、もうとにかく歩き疲れて足がクタクタで・・・
欲を言えばインカ帝国展も行きたかったんだけど・・・
(欲張りすぎ?)






Last updated  May 5, 2012 09:58:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 25, 2012
カテゴリ:我が家の日常
《経過の記録としてアップします》
夫がまた入院しました。
と言っても今回は心臓ではなく、その心臓のための薬による薬疹が相当ひどくなってしまったためです。
最初は21日くらいに、かゆみが出始めていたようです。
22日の夕方帰宅したときには、体・手足と赤く発疹が出ていました。
普通の蕁麻疹とは違うような発疹に見えました。
素人の私は「薬疹じゃないの?」と言っていたのですが、薬自体は入院中から飲んでいるものだし、何か食べ物のせいかもしれないと思っていたようです。
でもあまりにも広がってきていたので、このまま夜中になって呼吸器系まで狭くなってしまったら大変だし、心配して過ごすよりも早く診てもらった方が良いと思って、総合病院の夜間受付で診てもらいました。病院に着いたのが夜7時半くらいで、検査などしたらもしかしたら夜中になるかも?と思って覚悟したものの、「緊急性は無い」と言う診断でヒスタミン剤の注射をされ、蕁麻疹用のヒスタミン剤と軟膏が出され帰って来ました。病院に着いたときに検温して38度5分だったのにそちらの薬は出されず。
とりあえず、薬をもらったので一安心して9時過ぎには帰って来れました。
24日が退院後の診察日と言うこともあったので血液検査等はその時にすれば良いという判断だったようです。
そして昨日の24日。朝には真っ赤だった発疹が黒く変色していました。異様な色でした。私も仕事を休んで夫を連れて行きました。自分で運転どころか歩くのも、足の裏が腫れて歩きにくい状態でしたから。
予定通り血液検査とレントゲンを撮って、診察室に入って、心臓のことよりもその肌の異常な状態を見た担当の先生はすぐに皮膚科に行くように手配してくれました。
そして皮膚科で。あまりのひどさに、皮膚科の先生方4人も集まって来て、写真も撮られたそうです。
明らかに薬疹で、心臓の薬の一つの副作用に挙げられている症状だったようです。ただ、その一番重篤な副作用であるとすると、最悪の場合全身の皮膚が脱落していくことになる・・・・と言うことで、腿の皮膚を採取して病理検査に回されました。
検査結果が出るまでの1時間にようやくお昼を食べに行くことができました。
ずっと熱も38度台。時々悪寒でぶるぶる震えるし、皮膚は焼き芋が焦げたような色になってるし、いったいどうなっちゃうんだろう・・・と心配でしたが、幸い最悪のケースではないことが判明。
薬を変えてもらって、ステロイドを投与して様子を見ることになりました。
そのまま帰ることもできるけど、と言われましたが、病院で様子を見てもらうことにしました。
いつどういう症状になるかわからず心配しているよりも病院で管理してもらった方が良いので。
すぐに入院となり点滴を打たれ、夜には熱も下がったようです。
今朝の段階では、まだ皮膚の状態は変わらずだそうですが(今朝メールが来ました)熱が下がって、やっと汗が出たそうです。
とりあえず様子を見るために月曜日(27日)まで入院予定です。その間に少しでも回復してくれることを祈るばかり。
それにしても・・・薬は怖いですね。






Last updated  February 25, 2012 12:04:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 10, 2012
カテゴリ:我が家の日常
《2月10日(金)分》
前日の500m歩行で、問題が無かったようで、やっと院内自由行動になりました。
そして、11日(土)の退院が決定。

最初の説明では、普通1ヶ月と言われた入院ですが、ショートコース(1週間程度)、スタンダードコース(2週間程度)、ロングコース(1ヶ月程度)とあって、術後6時間おきの血液検査の数値次第でそのコースが決まると言われていました。
そして最初の血液検査で「ショートコース」と決定されていたのです。
が、200メートル歩行が予定より余分に入ってしまったので、一日延びました。
それでも、この程度で退院ができたのは本当にラッキーでした。
新機能自体はそれほど落ちていないのだそうです。

私は一つ目の仕事を終えてわっち☆を迎えに行って、そのまま病院へ行き、院内自由行動が取れるようになったので、三人で1階の売店まで行って買い物ができました。
この日は金曜日でWワーク日だったので、ゆっくりもしていられず、退院時に支払う預け金の額を知らされて愕然としながら急いで帰りました。

帰って、夕飯とお風呂の支度をして急いでもう一つの仕事場へ。
さらに、仕事終わって帰ってからヤッピー☆の迎え。
まあいつもの日常ですが、その合間に病院が挟まった感じ。
もう一つの仕事の方も忙しいので休んでいられないし、手術と入院費用と三人分の学費の納入があって、むしろWワークを増やさなくちゃいけないわ・・・と思いました。






Last updated  February 12, 2012 10:49:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 9, 2012
カテゴリ:我が家の日常
本当は、この日がリハビリ最終日の予定でしたが、一日ずれてこの日500m歩行。
その前に、午前中担当の先生から説明があるというので行きました。
病室に先生がレントゲン写真を持って説明に来てくれました。
一本は、ステントを入れて回復していること。
そのステントは、抗がん剤が塗ってあるタイプのものだということ。
これは、塗っていないタイプのものだと内側が動脈硬化と同じように徐々に蓄積されて狭くなりやすいけれど、抗がん剤が塗ってあるタイプのものは蓄積されにくいということなんだそうです。
でもこれは、術中に(部分麻酔だったので)「どっちのステントにする?」と夫自身が聞かれて「(蓄積)しにくい方で」とお願いしたのだそうです。
(手術中に本人に聞くのか?まあ意識はあるわけだからね。)

そのステントを入れた場所とは別の血管が、細くて途切れ途切れになっているんだけど、そちらは細すぎてステントを入れてもすぐにその内側が詰まる可能性があるので、ステントを入れずに血液をさらさらにする薬で対応しましょうということでした。

これで様子を見て、9ヵ月後にまたカテーテル検査をするそうです。

そして、午後500m歩行。
これは結構きつかったようで。
そりゃあ、普段から500mなんて歩いてないし。
ずっと動いていなくて500m歩くのはきついでしょうね。
でも、何とかクリアはしたようでした。






Last updated  February 12, 2012 10:39:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 8, 2012
カテゴリ:我が家の日常
《2月8日(水)分》
この日は栄養指導があるというので、休みを取って行きました。
当初出されていたリハビリ予定は9日までになっていたので、もしかしたら9日に退院になるのかもしれないと思って、8日と9日の両日休みを取っておきました。
ところが、前日の200メートル歩行がクリアできず、一日延期。
この日はとりあえず栄養指導を受けに病院へ。
夫も一緒に、これまでの食生活などを聞かれました。
うちで出している食事自体は問題無いと言うことになり、問題はその食事の合間の間色。
仕事中に食べたり、仕事が終わって帰宅するまでの間におなかが空いて食べてしまうものなどがいけないということ。
それはわかりきっていることでしたが。
身長から割り出された適正体重になるまで、あと10キロ減量が目標になりました。
入院中にこの時点で3キロ減になっていましたが、退院してからリバウンドしないようにすることが大事。
入院中の食事は、ほとんど動かないので一日1500キロカロリーで出されていますが、仕事をしたり普通の生活に戻ったら2000キロカロリーまで良いそうです。
ご飯なら200グラムまで、食パンで2枚など、本当に「普通」の量です。
野菜を多めに取ること、果物をを取ること、乳製品を取ること、を気を付ければ量的には辛いほどじゃないでしょう。
一番大きいのは、タバコをやめること。
これだけは絶対に守ってもらわないと!
本人覚悟はできているようですけど。

家にあったタバコは全部処分し、車の吸殻も捨てて、車の中全体に消臭スプレーを噴霧しておきました。
(^^)v

この日の午後、再度200メートル歩行をして、この日は無事クリアできました。






Last updated  February 12, 2012 10:02:10 AM
コメント(2) | コメントを書く

全201件 (201件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.