701450 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

四つ葉のクローバー

PR

全226件 (226件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

職場での子どもたちとの日常

May 26, 2012
XML
前日までお天気が心配されたものの、当日は朝早くからよく晴れていて、一日暑いくらいの天気でした。

去年までの勤務校は、9月に運動会でしたから、練習中(練習開始が7月)から本番まで猛暑・酷暑の中行われていました。

それにくらべると暑いと言ってもまだマシなほうなんですが、それでも暑かった~!
うぐいすが鳴く中の運動会は初めてでした。
今まではセミの声がうるさくて、そのセミの声が暑さを増長させているように感じましたから。

児童数の少ない各学年単学級の小規模校のため、一つの学年が出場する競技の数がすごく多い!
全校児童の参加するものもたくさんあるので、低学年の出番は全部合わせて10種目!
その10種類分の入場の隊形を覚えなくちゃいけない。
練習の最初のうちは、大混乱でしたが、本番近くになって、だいぶスムーズに並ぶようになりました。

そしてどの競技も本番は上出来!

子どもたち、すごいよ!
よく覚えたなあ~。

私が担当している子どもたちも、4月に比べると走り方も安定してきたし。
一人は4月頃、体の動きがすごくバランス悪かったけど、必死に走る姿がだんだんバランスよくなってきました。
体も成長している時期なのでしょう。(やっと前歯が抜けたしw)

私はと言えば、まだ声が変ww

運動会最中もマスクしていました。
どうしても大きい声出しちゃうし。
歌も一緒に歌おうとしたけど、高音部は全く声が出ず、あきらめました。

でも無事に終わって良かった♪






Last updated  May 28, 2012 07:32:42 AM
コメント(0) | コメントを書く


April 12, 2012
更新が滞りがちですが、ぼちぼちアップしていきます。
新年度が始まって1週間。
私は隣の小学校に異動になりました。
それまでの学校の三分の一くらいの規模の学校。
各学年単学級です。
今は都会でも子どもの数が減ってるので単学級が増えているようですが、前任校は学年二クラスずつあったので、ずいぶん少ないなあという印象。
でもそのかわりすぐに子どもたちの名前を覚えました。

前任校では、「支援員(介助員)」でしたが、今年度は「学習支援員」という肩書きになり、仕事の内容も「学習支援」主体になりました。
一番の違いは、トイレの自立ができているのでそういった「トイレ介助」が無くなったこと。

職員室に自分用の机もあり、ロッカーもあり。(これまでは無かった)

一番戸惑っているのは、日課の微妙な違い。
ずっと染み付いている時間の感覚が少しずつずれていて、時差ぼけのような毎日。やっと少しわかり始めたかな~?というところ。

辞令交付と同じ日に歓迎会があり、一番最初に校長先生に特別支援教育の話を色々としてしまいましたが、校長先生はとても熱心に聞いて同意して下さり、「先生方みんなにそういう話(特別支援教育の話<どんな支援が必要かとか、視機能の話とか)を知って欲しいなあ」と言われました。
理解のある校長先生のおかげで、とても仕事のしやすい環境となっています。

担当する子どもたちとも、まるでずっと前からココにいるような気がするほど馴染んでいます。
子どもたちの今年1年間の成長が楽しみです。






Last updated  April 12, 2012 09:27:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 31, 2012

今日で23年度が終わりですね。
ブログの更新が滞って、こんな時期になってしまいました。
と言うわけで、今年度の総括。
の、前にご報告。
4月から隣の小学校に異動になります。
今度は学習支援員として採用になります。
これまでも学習支援も行っていましたが、あくまで介助員という範疇でした。
うちの町では、今まで「学習支援員」と言う採用がありませんでしたから仕方ないのですが、今回初めて学習支援員の募集が始まり、そちらで応募して採用になりました。
今までの勤務校には7年間勤めました。
最初の3年間は末娘わっち☆もまだ小学生でしたから、保護者でもあり職員でもありという状態でしたけど、そのずーっと前の長女が入学した時から数えると、連続16年間お世話になった学校です。(三人娘の保護者として12年間プラス勤務7年間←うち3年間は保護者兼職員)
まだ実感がありませんが4月からは新しい職場でまた頑張ります。

そしてこの一年間の総括。
まずは知的クラス2年生ダウン君のH君。
おうちでも大事に育てられているために無邪気に素直に育っています。
今年はそんなH君も、初めての反抗期のような場面が見受けられました。
やっとそこまで成長したんだな、と言う感じです。
給食で麺類やパンが出た時に、袋を開けることができませんでした。
3学期になって、みんなで励ましたり声をかけてアドバイスしながら、初めて自分ひとりの力で袋を開けられました。
開いた瞬間、パッと顔が輝き、本当に飛び跳ねて喜んでいました。
これまでおうちでも、袋物はお母さんやおばあちゃんが全部開けてから渡していたんだそうです。だから自分で(自力で)開けたという経験が無い。
どうやって、指や手を使って、どんな風に力を入れて、どこを引っ張ったら良いのか、と言うことが全くわからなかったようです。
ゼリーやヨーグルトが出た時も、やっと開けることに成功しました。
少しずつ学校で色々な経験をして、できなかったことができるようになっています。

1年生ダウン君のK君。
この一年間、遅刻しなかったのは1日だけでした。
朝起きられないとか、起きたあともグズグズしていてなかなか学校に行く気になれずにお母さんがてこずっているようです。
学校に来てしまえば、すごく頑張って「おべんきょうだいすき!」と言うほど。
ひらがながほとんど書けるようになりました。
読むのも上手になってきました。「み」と「り」だけ、発音するのが難しいようですが、それ以外は全部読めます。
体重も順調に成長しつづけ、3月で41キロ。
これ以上増えないように気をつけて欲しいんだけど・・・

1年生女の子Lちゃん。
年度途中に、普通学級から知的クラスに来ました。
最初なかなか読むのと書くのが一致しなかったりしましたが、3学期の終わりにはほとんどのひらがなが読めるようになりました。そしてカタカナまで結構読み始めています。一人で絵本を読めるようになりました。

K君とLちゃんの最大の課題は、トイレの自立。
これは何としても来年度に何とかして欲しいなあ。

そして今年度一番成長を見せたのは、情緒クラスの自閉っ子3年生F君。
ある程度の会話が成立するようになりました。
自分から「○○先生、これ、どうやってあけるの?」などと質問したり、L君たちに「L君、ティッシュ落ちたよ!」などと注意したりできるようになりました。
英語の時間には、ALTの先生に英語で質問されて英語で答えていました。
「F君が日本語でも英語でも会話が成り立つようになって来たわ~!」
と感動しました。
さらに、昨日の離任式で。
情緒クラスの先生が退職されることになり、F君はおうちで先生宛のお礼の手紙を書いて持って来たのです!
離任式の花束贈呈では、F君が自分の手紙を読んで花束を渡すことができました。
これには一同びっくり!
もちろんお母さんがおうちで書かせてくれたのでしょうけれど、これまでのことを考えると、あのF君のお母さんがそんなことをしてくれるなんていうのにもびっくり!
最後の最後に驚かせてくれました。

みんなこの1年間に本当にすごく成長しました。
4月からその成長の続きを見ることができないのが残念。
でもまたそのうち再会したときに、どんな風になってるか、楽しみです。






Last updated  March 31, 2012 09:16:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 31, 2011
久しぶりに楽天日記。
2学期が終わって、更に今年も終わってしまう今日になっての2学期総括その1(笑)
 
まずは、職場の子どもたち編。

特別支援学級(知的)の1年生Kちゃん。
書けるけど読めない状態だった9月から3ヶ月経って、その頃読めなかった字が読めるようになりました。
やっぱり毎日の積み重ねですね。
感情のアップダウンが激しくて、自分ができないことや嫌なことがあると、とたんに能面のような顔(無表情)になって固まってしまいます。
知的クラスですが、情緒面の問題が大きいと感じます。
それでも少しずつできることが増えているので、これからも少しずつステップアップしていくでしょう。

同じく1年生のJ君(ダウンちゃん)。
J君の課題は生活習慣の確立。遅寝と暴飲暴食をやめないと・・・。体重増加がまずいです。(現在40キロ)
トイレの自立は小学校卒業までを目標に。
愛嬌のあるJ君は1年生の中でみんなに声をかけてもらえるキャラクターです。
入学当初は筆圧も無かったのに、ひらがながだいたい書けるようになっています。

2年生G君(ダウンちゃん)
2年生ですが、一番幼いG君。おうちで大事に大事に育てられているのがよくわかります。カタカナもマスターして、一人で絵本が読めるようになりました。
もう少しお兄ちゃんになれると良いんだけどね。

特別支援学級(情緒)の、自閉っ子F君3年生。
ある意味F君の成長が一番大きかった。
入学当初は会話ができず、コミュニケーションを取るのが難しかった(トイレの自立もできていなかった)けど、今学期はF君の方から他者に話しかけたり、質問したり、質問に答えられる(普通の受け答えができる)ようになってきました。
まだまだ長い会話にはならないけど、画期的なこと!
「F君がこんなこと言えるようになるなんて!」
とその都度感激していました。
行事の参加も一人でできるようになってきたし。
そうそう!ようやく今学期前歯が抜けたのでした。
普通、年長さんくらいには前歯の乳歯が抜けるのに、3年生になってから抜けたってことは、全体的に発達が遅れているってことでしょう。
F君が伸びる時期が今なんでしょうね。







Last updated  December 31, 2011 12:35:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 22, 2011
今年担当している特別支援学級1年生Kちゃん(女の子)。
最近ずいぶんひらがなの読み書きが上達してきました。
1学期までは、自分の名前の字も一対一対応していませんでした。
フルネームで書いているのに、どの文字がなんという読み方かをわからずに書いていました。
最近は一文字ずつ読みを確認して書けるようになっています。
それでも、まだ五十音全部と言うわけではなく・・・
字の形も上手になってきて、今まで読めなかくて最近書けるようになった字
「う」「よ」「め」「ろ」「や」
なども、形良く書けるようになっています。
が・・・・

言われた字を書くことはできる。
言われた字のカードを取ることもできる。
「読めるようになったね~!」
と言った直後に
「まめ」の「め」が読めなくて考え込んでしまいました。

今、
「まめ」
と言われて
上手に一人で
「まめ」
と書けたのに。

その書いた字を読んでごらんと言われて
「ま・・・」
だけしか読めず。
「め」
が出てこない。

言われて、書ける。
言われて、選べる。

聞いた音がヒントになって選ぶことはできる。
ヒントが無くなると、自分でアウトプットできない。


もう一人、別の仕事で関わっている中学1年生の女の子。
こちらは普通学級だし普通の学力。
何の遅れも無いごく平均的などこにでもいる中学生。
英語の問題で、穴埋めの単語が書ける。
問題に答えて書くことはできる。
でも、読めない。

二人の状況は似ているけど、原因は違うんだろうか?

Kちゃんの場合、ディスレクシアの読字障害なのかもしれない。
脳機能障害(脳卒中や怪我による脳障害)で言語障害を起こした場合にも似ている。
「わかっているのに出てこない」

人の顔はわかるのに名前が出て来ない時と近いものがあるのかな?

でも、「う」や「や」も同じ状況だったのに、最近は「う」も「や」も一人で読めるようになったからね。
少しずつ成長(発達)してるのがわかる。
きっとあと少ししたら「め」も読めるようになるんだろうな。







Last updated  September 22, 2011 09:05:39 PM
コメント(4) | コメントを書く
March 31, 2011
(ここのところtwitterに移行していて、ブログの更新が滞っていました。
今日は大事な節目の日なので、久しぶりに更新します。)

本日をもって、10年間勤めた保育所を退職しました。
長女はっち☆が3歳児の時から通っていた保育所です。
次女ヤッピー☆も三女わっち☆も通いました。
わっち☆が年長さんの時に私の勤務が始まり、一年間は、わっち☆と一緒に通いました。
わっち☆が修了してから9年(小学校6年+中学校3年分)。
なので、はっち☆の時から連続18年間同じ保育所に毎日通ったわけです。

早番担当だったので、朝の2時間だけでしたが、1歳児から5歳児まで全年齢児が一緒の時間帯でしたから、1歳児で入った子が修了するまでずっと一緒でした。
入った時はまだ歩けなかったような子が年長さんになるまでをずっと毎朝一緒に過ごしてその成長を見ることができました。

なついてくれる子もたくさんいて、朝教室に入って来るなりまっすぐに私のところにダッシュして抱きついて来たり、膝の上に乗ったり、手を引っ張られたり・・・
お絵描き、折り紙、動物カード(かるた)、じゃんけんカード、積み木、ブロック、おままごと・・・
毎朝色々なことをしました。
子育てを経験した後だったから良かったのかもしれませんが、子ども達の面倒を見るのが好きだったんですね。
苦になることはありませんでしたから。

最後は本当にあっけなく終わりました。

明日から新年度。
新年度は、小学校ともう一つのバイトの二つだけになります。
さてさてどうなることやら・・・・






Last updated  March 31, 2011 09:24:59 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 25, 2011
最近ここの更新が滞っています。
メインがツイッターになっている今日この頃です。

今朝、保育所で年長さんの女の子が
「先生お手玉やろう!」
と言って、両手に一つずつ持ったお手玉を立ったまま私の方に同時に二つ投げて来ました。
その時たまたま私も立っていて、他の子の方を向いていたので、不意打ちを食らったような状態。
いつもその子とは、床(じゅうたん敷き)の上に正座して二人で向かい合って、お手玉を相手に向かって放っては(相手が)キャッチする、と言うことをやるのです。
(文章にするとわかりずらいかな~?)
片手に一つずつのお手玉を持って、両手のを同時に相手に向かって投げます。
投げられた方は、やっぱり両手でそれぞれのお手玉をキャッチするのです。
上手に投げてくれれば、上手にキャッチできて、それをずっと続けていけるのです。
それを、今日は立ったまた急にやられたもので、一つはキャッチしたもののもう一つは体の右後方に飛んで行ってしまい、それをつい右手で取ろうとパッと手を伸ばした瞬間!!!

右肩(右腕の付け根部分)に激痛が!!!!
相当の激痛で
「いった(痛い)・・・・」
と言ったまま崩れ落ちるように膝を着いて、そのまましばらく動けなくなりました。
まさに悶絶状態。

はい、二度目の四十肩です。

一回目は左肩を7年ほど前にやりました。
その時は通院することができずに自然治癒を目指したため、完治するまで1年半かかりました。
今回も通院どころか診察すらしていません。
が、もう二度目なので完全に四十肩であることはこの痛みの種類からしてわかります。
できるだけ毎日ストレッチをして、これ以上ひどくならないように、早く治るように心がけています。
今のところ左のピーク時よりもまだまだ楽な方です。
腕を上げるのはできるし、物も持てるし。
60キロのB君を持ち上げることもできてます。(爆)
ただし、ある角度にするとダメと言うのがあって。
例えば腰に手を当てるとか、着替える時に袖から腕を抜く時とか。
ひじを曲げた状態で後に引くと言う動作が痛い・・・
ゆっくり動かせばまだ良いのですが、瞬間的な早さの動きになると激痛が走り、涙が出るほどです。

これ以上悪くならないうちに治したいなあ・・・








Last updated  January 25, 2011 08:23:31 PM
コメント(4) | コメントを書く
December 22, 2010
小(私)・中(わっち☆)・高(ヤッピー☆)と、終業式。
朝のうちは、嵐のような天気で、雨と風が強くてどうなるかと思いましたが、登校時刻くらいから急速に回復して青空!
しかも暖かい!
暖かいにもほどがある!
いったいどうなったるの~?と言うお天気でした。

担当している車椅子B君(6年生)は、何とかと言うダイエットサプリを飲んでいるとかで、その効果なのか、今学期は体重が増えず現状維持。(58キロ台をキープ)
ただし、先週お誕生日があり、今週クリスマスがあり、来週お正月(<ええ?もう?)があるので、この怒涛の高カロリーウィークを無事に乗り越えて新学期を迎えることができるのか?
(あまり期待はしていませんが)
ちなみに、今年のお正月は胃腸炎になって逆に体重が少し減ったのでした。

それから情緒クラスのF君(2年生)。
このF君の成長はめざましかった!
2学期になってから、すこしずつ会話が成立するようになりました。
言葉で表現することが増えてきて。
絵もだいぶそれらしいものが描けるようになったし、粘土で形を作って、それが何かを言えるようになったし。
ひらがなの読みも全部覚えて、書くのも上達しました。
授業ではカタカナは、やっていないのに、いつの間にかカタカナも読めるようになっています。
F君の場合、手先が器用で、図形の認識力があるので、お手本があればマネをして再現することが可能。
運動神経も悪くないので、最初は全くできなかった縄跳びも、少しずつ上達して連続で何回か跳べるようになっています。
トイレの失敗はゼロ。
もう、それだけでも立派になったと思うのに、普通に言葉でやり取りができるようになってきた、と言うそれが目を見張る成長ぶり。
最初の頃は、問いかけにも全く答えられず、何やら一人でF君語をつぶやくばかりでしたから・・・
PCの操作もずいぶん覚えました。
覚える力があるから、前回やったことを次の時にちゃんと覚えていてできる。
PCで絵を描いたり、その絵を貼り付けたり縮小したり拡大したり移動したり、自由自在に動かせます。
塗り絵も上手になって、色を塗り分けるようになりました。
最近やった塗り絵は子供と動物のイラスト屋さんの冬のイラスト素材(クリスマス)の塗り絵を使わせていただきました。(お世話になりました!)

1年生普通学級Iちゃんも、連絡帳を書くのが早くなってきて、一文字ずつ大げさに褒めてあげると、調子に乗って字を丁寧に書けるようになりました。
Iちゃんは、お口が達者なのでトラブルにもなりやすいけど、Iちゃんなりのずいぶん成長したようです。
知的支援級のダウンちゃんGくん(1年生)。
ひらがなを読むのがとても上手になって、ひとりで絵本を読めるようになりました。
1年生普通学級(高機能)自閉っ子Hくん。
トラブルもほとんど無く、平和に2学期を終えることができました。

さて、我が家のわっち☆。
1学期より、ほんの少しだけ成績を挽回できたかな?
家庭学習ノートの総数では、学年2位の表彰状をもらって来ました。
が・・・受験はどうなることやら。
(1ヶ月を切りました)
前期がダメなら、後期、後期がダメなら2次募。
そうなったら決まるのは卒業式頃になってしまいます。
がんばっておくれ~。






Last updated  December 22, 2010 06:11:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 7, 2010
せっかく写真を撮ったので、ちょっと作ってみました。
おゆうぎかい






Last updated  December 7, 2010 10:01:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 4, 2010
保育所のおゆうぎ会後に職場のみなさんとの昼食会。
ま、おゆうぎ会の打ち上げってことね。
でも昼食ってところがミソ。
片づけが終わってからだったので、出発したのが1時過ぎ。
結局2時近くになったからおなかぺこぺこでした。
でも、前から気になっていたバリ風レストラン。
バリ風コーヒーも初めて飲みました。
前からバリに行きたいと思っていたし。(海外で一番行きたいところかも)
店内に流れるバリの音楽(ガムラン)も癒される。

お料理も美味しかった。

で、食べ過ぎました。(爆)
家に帰ってすぐに胃薬飲んだけど、夕飯食べられず。
完全に食べすぎでした。






Last updated  December 5, 2010 10:03:08 AM
コメント(2) | コメントを書く

全226件 (226件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.