702005 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

四つ葉のクローバー

PR

全160件 (160件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

介護関連

March 23, 2013
XML
カテゴリ:介護関連
昨日、今日と母の顔色が大分良くなって来たようです。
血尿も治まっている様子。

最初は流動食で水分厳禁(むせると危険なため)だったのが、お茶を飲めるようになりました。
手の握る力も出てきているし。
なにより言葉がはっきりしてきて、会話が成立する!

「頑張るしかないから、頑張るよ!」
と、入院当初から言っていましたが、本当に前向きに頑張ろうという本人の意識があるのが良いのかも。

透析と抗生剤も効いているようで、ちょっとホッ。

まだ一般病室には入れないんだけど、早く一般病室に入れるといいなあ。






Last updated  March 23, 2013 08:12:57 PM
コメント(0) | コメントを書く


March 19, 2013
カテゴリ:介護関連
(3月19日分)
前夜のものすごい風雨がうそのように晴れ渡ったこの日。
予定通り娘の着付けを済ませ、家の前でも記念撮影などして卒業式へ。
季節外れの暑さになるくらいの晴天。

心配ごとを抱えながらの卒業式でしたが、お天気に恵まれただけでも良かったと思います。

卒業式が始まったのが11時過ぎ。
始まって少しして、携帯に着信。

母の老人ホームから・・・。

どうしたんだろ?
と思いつつ、出るに出られずそのまま切れました。
すると間もなくもう一度着信。

こりゃ何かあったはずだ。

会場の外に出てかけ直してみました。
案の定。

「血尿がひどい。」「ひどい尿毒症を起こしている」「すぐに入院して透析が必要」
なので、「ご家族の了承が必要です」とのこと。
家族が了承しないと、必要があっても対処できないということで。

すぐにお願いしました。

私の方は、式が終わってから長女と一旦帰宅して着替えた着物を持ち帰る必要があったので、何時に駆けつけられるかわからず。
またもや夫に頼んで行ってもらいました。

先生からの説明では「急性なので、透析と抗生剤の投与で炎症が治まれば数値が少しは下がる可能性もある」とのこと。

結局、私が病院に到着したのは、夜8時ちょっと前。
面会時間にギリギリ間に合いました。

1回目の透析を終えて、まだ出血も治まっていない状態。
顔色も手の色も悪く、話はしていたもののどれくら状況がわかっているのか?という感じでした。








Last updated  March 23, 2013 07:44:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 18, 2013
カテゴリ:介護関連
(3月18日分)
この日、午前中途中まで仕事に行き、早退。
そのまま母の病院に行き、退院手続きを完了。
そして老人ホームに寄って、担当の看護士さんと面談。
ところが、退院時にお医者さんから紹介状が出ていて、すぐにでも腎臓専門医に行きできるだけ早く透析を受けた方が良いという指示があったのです。
そこで予定していた翌週の受診を繰り上げ、できれば翌日にでも連れて行きたいということ。
私は翌日長女の卒業式。
その予定は前々から説明してあったので、ホームの方で連れて行っていただけることになりました。
病院へ行ってからのことは、わかり次第連絡を入れてもらうということで、お願いしてきました。
ただし、卒業式最中はすぐに電話に出られないかもしれないので、着信があればこちらから折り返しかけ直しますと伝えておきました。

そして急いで帰宅して、夕飯のことや翌日のおばあちゃん(義母)の朝食など手配(夫と末娘にお願い)してから埼玉へ向かいました。

キャリーケースと着物一式入ったガーメントバッグが重くて、朝からバタバタしていたこともあり、長女宅に着いたあと、グッタリしてしばらく横になっていました。






Last updated  March 23, 2013 07:32:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 15, 2013
カテゴリ:介護関連
(3月15日分)脳梗塞で搬送され入院した母でしたが、日に日に言葉もはっきりし始め、少しずつおかゆなども食べられるようになってきました。
この日主治医に呼ばれ面談しました。
やはり脳梗塞よりも腎機能の方が心配とのこと。
一旦退院して透析を受けられる病院に行った方が良いということを告げられました。
そこで、病院を後にし、母の老人ホームに寄って、退院と別の病院に連れて行ってもらうことの打合せをしました。

退院手続きをするには平日でなければならず。
この日が金曜日で、すでに夕方だったため、最短で翌週の月曜日。
ところが、18日の月曜日に私は長女宅(埼玉)に向かう予定を立てていました。
19日が卒業式だったので、着物一式持って前泊する予定でした。

でも、卒業式終わってからだと20日の休日が挟まって、もっと日が経過してしまいます。
そこで、埼玉に行く前の時間に急遽退院手続きに行くことにしてお願いしました。
ただ、別の病院へはその日のうちには間に合わないので、翌週の月曜日に行くという話になりました。






Last updated  March 23, 2013 07:24:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 11, 2013
カテゴリ:介護関連
(遅ればせながらの振り返り日記。3月11日分。)
あの日から2年と言うこの日。
朝学校についてすぐに母の老人ホームから連絡があり
「ここのところ血圧が高く、薬も効かないようなので今日病院に連れて行きます」
ということでした。
診察の様子をまた後ほど連絡しますという一報だったのに、それから少ししてまた電話があり。
まだ診察受けるほど時間が経ってないのにおかしいな、と思って出ると
「あの後、体が右側に傾いてしまって、今は呼びかけには反応していますが休眠状態になっているので、救急車で搬送します」
という連絡!
ええ?
こりゃ、脳溢血だ!
4年前に脳梗塞やってから、血が固まらにくくなる薬を服用しています。
血圧が高くなっていたというし、血管が切れたんだろうと思いました。
急遽仕事を早退し、病院へ。
職場から1時間かかりました。
病院に行く前に夫に連絡したところ、私より先に駆けつけてくれていました。
病室に着いたら、搬送されてすぐに点滴を受けて意識は回復し話もできるということにちょっと一安心。
結局軽い脳梗塞でした。
お医者さんの話では、脳梗塞自体は軽く、一過性の症状が出たということ。
ただ、それ以上に腎機能の数値が悪いので、入院中に急変するような場合は腎臓の専門医に搬送しますということでした。

母と話した感じでは、まだその日は意識があるとは言っても話がかみ合わなかったり、見えないものが見えているような状態でした。






Last updated  March 23, 2013 07:15:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 11, 2013
カテゴリ:介護関連
手術前の説明では、最短で手術後一週間で退院できると言われていましたが、それはあくまでも普段元気な人の場合。
母は元気ですが、高齢ということもあるし、持病もあるし、手術前5日間ほど寝たきり状態だったので、リハビリがどれくらい進むかによって退院日を決めましょうと言われていました。
術後の傷の具合などもどうなるかわからなかったし。
私としては、1月いっぱいかかるかな?と覚悟していたのですが、5日には先生から「もういつ退院しても構わない」と言われました。
受け入れ側の施設(老人ホーム)と病院とで色々と連絡を取り合ってくれて、リハビリも毎日午前と午後やってもらって、11日退院ということになりました。
退院時は、ホームの方が迎えに行ってくれるので私は立ち会わなくても大丈夫と言っていただき、私は3時間目まで学校に行って、早退して病院の支払いだけ行きました。

7日の始業式以来、連日のように休んだり早退したりの毎日。
1日勤務できたのは水曜日だけ。

母と夫の病院のはしごの日々もあり、毎日多忙でしたが、ようやくこの日に母も退院し、病院通いが終わりとなりました。

この程度で済んだのは、本当に不幸中の幸いだったと思います。






Last updated  January 14, 2013 06:51:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 29, 2012
カテゴリ:介護関連
楽天ブログの方がほぼ放置状態です。
でも備忘録として残しておきたいことだけこちらでアップしておかないと。

今月20日の朝に、母の入居している老人ホームから電話があり、その日の早朝(5時過ぎ)に、母が居室で滑って転んで痛がっているので病院に連れて行きますという連絡。
その時点では、どの程度なのか全くわからず。
とりあえず病院に行って診察を受けてからまた連絡してくれるということだったので、普通に仕事に向かいました。
すると仕事中に連絡があり、
「大腿骨骨折」
とのこと。

うわぁ!

しかも、その病院の先生によると、色々と持病(腎臓と、数年前に脳梗塞も)があって薬を服用しているので、手術に耐えられるかどうかと言う点と、術後の管理がその病院では難しいという話で、別の病院に行くように言われたと。

一旦ホームに戻り、別の病院に行くことになりますという連絡でした。
「手術はどうしますか?(手術をするか、しないか)」
と聞かれ、一瞬判断に迷いました。
リスクがかなり高いということ。
手術に耐えられるのか?
術後の回復はどうなのか?
それでもそのままでは寝たきりになってしまう可能性大。
と言うことで、「手術ができるのであればしてもらいたいが、無理強いはしない」と言うことでお願いしました。

仕事をお昼までで早退させてもらい、午後搬送された病院に向かいました。
やはり最初の診断と同じで、リスクが高いのでその時点では手術するか(できるか)どうか判断できず。
とにかくあちこち検査をして手術ができるかどうか、その専門の先生方と相談して決めていただくことになりました。
ただ、脳梗塞をやって以来、血が固まりにくくなる薬を飲んでいるので、一旦それを止めて、最低5日間置かないと手術ができないので、最短で5日後。
29日から年末年始の休業に入ってしまうのでギリギリその前に手術できるかどうか?

と言うわけで、手術に耐えられるかどうかと言う点と、年末の休業前に間に合うのか?と言う点で、どうなることか?と思いましたが、腎臓の先生に(手術しても)大丈夫と言われ、心臓や肺は大丈夫だということがわかり、26日手術が決まりました。

手術できるというだけでホッとしたものの、毎日見舞いに行くと、母が日々弱っていくような感じで、心配になりました。
動けないのでベッドに寝たままと言うこともありますが、入院した当日は元気に色々と状況を説明していたのに、だんだんと、声も小さくなり、言葉もはっきりしなくなり、目もうつろ。刺激の無い状態で弱ってしまっているのか?
本人の話をよく聞くと
「手術の日が近づいて来るとドキドキして・・・」
と言うことを言っていました。
それにしても何を言ってるのか聞き取れないくらいになってしまっていたので、何度も聞き返したり、わからないまま相槌だけ打ったりしていました。

そして手術当日。
手術自体は1時間かからない程度だということでしたが、術前術後の処置で2時間から2時間半くらいかかるというので、その間時間をつぶすための勉強道具を持参で待機。
おかげで時間はすぐに経って、無事に終わり、先生からも予定通り終わったので、後はリハビリを頑張るように言われました。
母もホッとしたのか、術前よりも術後の方が色々と話ができるようになっていました。
そして術後翌日(27日)にはベッドで座って食事ができ、更にその翌日(28日)にはリハビリが始まり、立ったり座ったりしたそうです。
そして今日(29日)は、立って足を交互に上げる(足踏みする)練習をしたそうです。車椅子でトイレにも行ってるとのこと。

すごい!

現代の医療のすごさ!

大腿骨骨折して、金具入れて釘のようなもので固定して(レントゲン写真でしっかりと金具と釘が写っていました)、翌日には立てるって。

あんなに弱って、このままわからなくなってしまうのでは?と思われた母が、今日は車椅子に座って色々と普通に話もし、向かい側のベッドのおばあさんが付けている器具を自分で外しちゃってうなってるからと、ナースコール押して呼んであげたりしてw

すごい回復力。

リハビリの先生にも褒められたとか。

来月退院を目指してリハビリ頑張って、歩けるようになって欲しいものです。

そんなわけで、年末のあれこれ何も終わっておりませんwww
年賀状やらなくちゃ。






Last updated  December 29, 2012 08:59:18 PM
コメント(4) | コメントを書く
July 8, 2012
カテゴリ:介護関連
≪8日(日)の分≫
今年は私の祖母の七回忌。
命日は今月下旬ですが、先月お寺さんにこの日にお願いしておきました。
と言っても、お寺さんで拝んでもらって卒塔婆を建ててお墓参りに行っただけですが。
前日に、長女宅(私の実家宅)に一泊しました。
長女と末娘と一緒に行き、途中で叔父夫婦と合流してお墓参りに行きました。

前日から雨が降っていて、お寺から歩いてお墓まで行くのに(ちょっと離れているので)卒塔婆を持っていては傘がさせないなあと思っていたのですが、なんとお寺を出る時には雨が止んでいました。
お墓参りが済んで、駅まで歩く途中で少し降り始め、雨宿りも兼ねて途中の喫茶店でお茶しました。

これまでも、祖母のことでお寺やお墓参りに行く時は、必ず直前に雨が上がっていたので、この日もきっと大丈夫じゃないかな~?と言う気がしていましたが、まさにその通りになってびっくり!

祖母の神通力!

生前は雨女だったと言う話ですけどw

たまにしか会わない叔父夫婦に美味しいアイスコーヒーをご馳走になって、少しゆっくり話ができて、良かったです。

(亡くなった私の父が長男だったので、祖母の葬儀からずっと父の代理でやっています。)

ずっと気になっていた祖母の七回忌が無事に終わってホッとしました。

そして三年後には、父の七回忌です。

時が経つのは早いなあ。






Last updated  July 10, 2012 08:13:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 28, 2012
カテゴリ:介護関連
昨日の日記です。
久しぶりに母の老人ホームに行って来ました。
どれくらい久しぶりかって・・・
お正月以来です。

何しろ、1月末に夫が急性心筋梗塞で緊急手術をして、2月は二回も入院したりして。
ちょうど2月中は、ホーム側もインフルエンザやノロウィルスなどの感染予防のために家族の面会を中止していたのですが。

3月は異動の件とか、もう一つの仕事も忙しくなっていたりでバタバタしていました。

4月に入ってからも、歓迎会やら歓送迎会やら、研修やら・・・

で、やっと行って来ました。
今月お誕生日だったので、母78歳になりました。
久しぶりに行ったら、ホームのトイレが改装されてきれいになっていたり、ヘルパーさんが入れ替わっていたりしてびっくり。
母は相変わらずでしたが。(笑)
まあ元気そうで何より。
「今度これ買って送って!」
とメモを渡されました。(爆)

あっちこっち買出しに行かなくちゃ・・・!






Last updated  April 29, 2012 09:08:31 PM
コメント(2) | コメントを書く
April 2, 2011
カテゴリ:介護関連
お正月に行ったきり、わっち☆の受験が終わるまでは落ち着かないので、終わり次第行くつもりでいました。
わっち☆の受験が卒業式前日までかかってしまい、しかも卒業式当日にあの地震。
卒業式の翌日あたりに行くつもりだったのに、それどころではなくなり。
ガソリンを減らしたくないということもあって遠出は控えていました。
やっとガソリンの心配も無くなったし、来週からはまた忙しくなるので今のうちにと言うことでやっと行って来ました。
 
地震後に電話があって送ってくれと頼まれていたものもあったのでそれを持って行きました。

母の居室は二階なので、地震の時は一階に非難したそうですが怖くて看護士さんにしがみついて泣いていたそうです。
久しぶりに行ったホームのエレベーター内には、緊急時用ボックスが設置されていて、万が一大きな地震でエレベーター内に閉じ込められてしまった場合は、そのボックス内にあるものを使って助けが来るのを待っていて下さいというものでした。
なるほど、そういう配慮というか備えは大切ですね。

ホームでは停電は無かったそうです。
少しの間断水していたそうですが、大きな被害も無かったようです。

何かあってもあのホームにいれば大丈夫だと、安心しました。






Last updated  April 3, 2011 08:03:35 PM
コメント(0) | コメントを書く

全160件 (160件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.