238297 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

藤原久敏の『あやしい投資話に乗ってみた』

PR

X

全24件 (24件中 21-24件目)

< 1 2 3

銀行預金

2018.11.23
XML
カテゴリ:銀行預金
信金や信組、そしてJAといった地域金融機関は、
普段よく目にしているはずですが、意外とスルーしている人は
少なくありません。

でも実は、一般的な銀行よりも好金利なケースも多いのです。
ネット銀行よりも好金利なことも珍しくありません。
しかも、諸々の特典が付いたりもしてきます。

なので私は普段から、大いに活用しております。

そして今回、目を付けたのは、JA大阪南のウィンターキャンペーン。
この超低金利時代の中、金利は大健闘の0.25%。
しかも、新米2㎏プレゼント付き(←JAっぽくて、むしろこちらが嬉しい)。




かなりの大盤振る舞いですね。

JAは1年物のみですが、信金・信組の中には、2~5年物で
0.5%程度のものもあります。
そう、地元の地域金融機関は、意外と狙い目なのです。
地元に特化してるので、マネー雑誌やネットに情報が少ないケースが多く、
まさに「知る人ぞ知る」ところだったりもします。

なので、「あやしい」と感じる人もいますが、そこは大丈夫。
今回の貯金は、しっかり貯金保険制度の保護対象です。






最終更新日  2018.11.23 21:03:47


2018.09.11
カテゴリ:銀行預金
前々回の記事にて、最も手堅くて美味しい商品として、「おまけ」つき預貯金を
紹介しました。

実は、それに匹敵する商品があります。
それは、大和ネクスト銀行の「懸賞定期預金」

将来の「日経平均株価」や「円ドルレート」を当てるものです。
ズバリ当たれば5万円、ズバリでなくても、数字が近ければ数千円ゲット。

当たらなくても、ペナルティはありません。
その場合は、通常の定期預金ですから、まったく「あやしく」はありませんね。

30万円以上で3ヵ月もの。
毎月実施されているので、100万円あれば毎月応募できますね。

ちなみに今(9月募集分)は、円ドルの為替レートを当てるもの。

11月末の円ドル為替レートを予想し、±5銭ならホールインワン賞として5万円!
ホールインワンを除く上位50名にはニアピン賞1万円もしくは5千円。
さらに上位51位~100名までにはワンオン賞として3千円。

これが参加料ナシで参加できるわけですから、参加しない手はありません。

私の場合、上位に食い込めば、仕事柄、
ちょっと表現を盛って「大和ネクスト銀行主催為替予想大会で上位入賞」などと
アピールできます。むしろ、それが狙いですが。






最終更新日  2018.09.11 21:43:35
2018.09.10
カテゴリ:銀行預金

今の時代、最も手堅くて美味しい商品の一つが、「おまけ」つき預貯金だと思っています。
「おまけ」とは、粗品だったり、景品だったり、宝くじだったり、と。

株主優待的な楽しさがありますが、株と違って元本保証ですから、これは安心。

ただ、一昔前なら50万円くらい定期預金するだけで、洗剤やら醤油やらけっこういろいろ
もらえた記憶があるのですが、、、先日、200万円預金しても、ポケットテッシュ1つだけでした・・・。

そんな中、JAバンク大阪が、またもやってくれました。

大阪満菜Ⅲ


そう、Ⅰ、Ⅱと続き、Ⅲです。
私自身、もちろんⅠ、Ⅱとやっており、Ⅲを心待ちにしておりました。

30万円預金すれば、カタログの中から1つ、好きなものを選べます。
お米、野菜、果物、スイーツ、ラーメン、ドレッシング、、、見ているだけで
楽しくなってきますね。
先日申込んでから、何日もネチネチと悩んでおります。



1人2口(30万円で1口)までなので、家族名義をフル動員です。
それくらい、お得と思っております。JA、侮れません。

あやしい商品が多い中、これはまったくあやしくはないと思います。
でも、「いや、何かウラがあるかもよ。。。」と何でも疑う人もいるでしょうが、
何も調べずに、ただただ「疑い深い」のも、どうかな、と。。。







最終更新日  2018.09.10 23:08:49
2018.06.11
カテゴリ:銀行預金
銀行預金でも、気を付けなければいけません。

①日経平均株価や米ドルなどの相場に、満期金が連動するタイプ
②満期期間が、銀行の判断で決定されるタイプ
③懸賞金や(一定要件を満たせば)特別金利がつくタイプ

上記①~③のうち、とくに①には注意。

株価や為替の動きによっては、預金なのに元本割れする可能性アリです。
一見、魅力的な金利をつけてくれるのですが、それに不相応な大きなリスクを
負うことになります。

結果的にお得になるケースもありますが、それはただただ結果論。

少なくとも、銀行はどう転んでも損しないように設計されています。
それが預金者側にとってはどういうことか・・・ですね。

②は、元本割れすることはありません。
しかし、「機会損失」という意味では、元本割れに匹敵するリスクを負うこと
になります。

たとえば、将来金利がグ~ンと上がっても、今の低い金利で長期間拘束
されるのですから。

こちらも一見、魅力的な金利をつけてくれるわけですが、
そのかわり、「いつでも解約できる」という権利を奪われているのです。
(一般の預金と違って、中途解約時には元本割れの可能性アリ)


ですが、③については、「アリ」だと思っています。
これは元本割れはありませんし、たいてい1年物なので、機会損失も
ほとんどありません。
ゼロに近い金利など期待せず、一発を狙ってドキドキ感を味わう方が、
はるかに楽しいかな、と。

なので私は、むしろ、この③タイプの預金を積極的に探しております。

実際、地元信組での懸賞金付定期預金をちょくちょく預けておりまして、
ちょくちょく1000円が当たっておりました。
また、かつて私が勤めていた尼崎信用金庫の「タイガース預金」の人気は
凄まじいものがあったものです(タイガースが優勝すれば金利アップ)。


さて、前置きが相当長くなってしまいましたが、久々に、このタイプの
預金を見つけ、預けることに。

それが、楽天銀行の楽天イーグルス応援定期預金



野球にはまったく興味のない私ですが、このブログが楽天ブログという
縁もありますし、せっかくなので。

ただ、順位を確認してみると・・・ダントツの最下位ではないですか!

野球に疎い私は、ここから優勝の可能性がどれだけあるか分かりませんが、
抽選でサイン入りユニフォームや帽子が当たるようなので、そちらにも期待して。
ファンではないので、とくに欲しくはありませんが。

ただ、最初は、最高預入額の50万円と思っていたのですが、20万円に減額。
話のネタにでもなれば、と。






最終更新日  2018.06.11 13:23:55
このブログでよく読まれている記事

全24件 (24件中 21-24件目)

< 1 2 3


© Rakuten Group, Inc.