138095 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

藤原久敏の『あやしい投資話に乗ってみた』

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

投資型クラウドファンディング(株式型)

2019.09.22
XML

先日、某クラウドファンディング業者から、個人宛にメールが届きました。

内容は、SNS等による情報発信・拡散の自粛のお願い。

ちなみにその業者は「株式型」クラウドファンディング業者でして、
すなわち、未公開株企業の株式に投資するタイプです。

なので、その業者が、投資判断材料として提供している、
株式発行企業の情報は、SNS等での発信・拡散を控えろ、との内容でした。

まぁ、ライバル社に事業計画等が漏れるとマズイので、それはその通りなんですが、
個人宛でメールが届いたことで、おお、と思ったわけです。

私はその業者で(口座は開設していますが)投資はまだやっておらず、
そもそも、個別企業の情報など発信・拡散はしておりません。
ただ、業者からのDM等はアップしたことはあります。

なので、一人ひとりの投資家のブログまでチェックしているのか、、、と、
なかなか感心した次第です。
が、どう考えても、そこまでは手は回らないはず。
となると、目ぼしい投資家だけチェックしているのか?

となると、クラウドファンディングの著書があり、雑誌でも取材を受けたことのある
私も「目ぼしい」投資家として目を付けられたのか?
と、ちょっと嬉しくも思った次第です(←自意識過剰)。


でも後日、一斉送信にて、こんなお詫びのメールが、、、。

SNS等での情報発信・拡散自粛のメール、個人宛にお送りしてすみません。

はい、どうやら投資家全員に、個人宛として送っていたようですね。
ちょっと特別視されたと思って浮かれていた自分が、恥ずかしかったです。

たしかに、個人宛に、「SNS等での情報発信・拡散自粛」にメールには、
心当たりのある人は、ちょっとビックリするかもしれませんね。
私のように、名前を出して活動している人間はともかく、ハンドルネームで
ブログやっている人(ほとんどの人がそう)など、「なんで、このブログが私だと
分かったんだ!?」とちょっと怖くなるかもしれません。
そして、不快に思う人もいるかも。

多分、そんなクレームがあったのでしょう。
それで、前述のお詫びメールなんですね、

っていう、一件でした。







最終更新日  2019.09.22 21:34:05


2019.09.06

投資型クラウドファンディングの中でも、
最もハイリスクハイリターンと言われる「株式型」。
言わば未公開株投資なので、そりゃ、ハイリスクです。

でも、自分の投資したお金が直接、その企業のために使われるので、
投資家冥利に尽きるというもの。
もっとも、いつになるか分からない上場(買収)とならない限り
換金できないわけですから、投資スタンスとしては「ダメ元」で
やるべきですね。
上場(買収)のみが、投資の出口(エクジット)というわけです。

で、前置きが長くなりましたが、そんな「株式型」から、
エクジット案件がでたそうです。

私はまだ「株式型」へは投資をしていませんが、
主だった取扱い業者には、口座を開いてはいます。

その業者の一つ、ファンディーノから、わざわざDMが届きました。


わざわざDMを出すくらいですから、けっこうなことなんですね。
いや、実際、私も、数年の間はエクジット案件など出ないと思っていたので、
ちょっと驚きです。

ただ、利益は1.5倍と、ちょっと微妙ですね。
リスクの大きさを考えると、4~5倍くらいあると、夢が持てたのですが、、、。

でも、投資型クラウドファンディング全体としては、嬉しい知らせで
あることには変わりません。
これをきっかけに、業界全体が、ますます注目されてほしいものです。







最終更新日  2019.09.06 18:15:02
2018.10.08

現在、保有している未公開株は5社。

かつてグリーンシート市場で購入するも、閑散相場にて売るに売れず、
ずっと保有しているのが以下の4社。

・仙台の牡蠣販売会社
 かつてはIT企業だったのが、まさかの牡蠣販売に転身。
・沖縄の不動産屋さん
 先日、沖縄出張で泊まった街に店舗があったことに後日気付く。
・栃木の人材派遣会社
 数年前、代表者の著者が送られてきた。
・東京の花屋さん
 毎年、株主優待(なんと3000円相当の高級チョコレート)が届く!

グリーンシート市場が廃止された今、もはや売却はほぼ不可能となっておりますが、
たまに、会社(もしくは代表者個人)から1~3万円程度での買い取りの打診がきます。

でも、年1回送られてくる報告書の、上場企業にはない親近感のわくスケール
面白く、ずっと保有しておくつもりです。

ただ問題は、代表者個人(某異業種交流会で知り合った)を通じて購入したホテル運営会社。
すさまじく大きなスケールの理念はあるのですが、創業からホテル運営の実績はゼロ。
ほぼセミナーやチャリティ活動のみとなっております。

そして気付けば社名変更、そしてホテル事業の分社化。
私の中では、この会社に対する信用など地に落ちて、地中にめり込んでいる状態です。

約10万円で購入した株の純資産(実質的価値)は数千円・・・むしろ今後、どんな奇策(?)を
講じてくるか、ある意味、楽しみにしております。


ちなみに、現在保有中以外の未公開株は、すべて倒産。

つまり、未公開株では大失敗(でも、ネタと経験になったという意味では成功?)ですが、
それでも懲りずに、次の手を考えております。

そう、それは投資型クラウドファンディング、の、株式型。
今、未公開株への投資手段は、基本的には、この投資型クラウドファンディング(株式型)なのです。

すでに代表的な運営業者には口座開設済み。
目下、有望な未公開株を血眼で探しております。







最終更新日  2018.10.08 21:11:46

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.