137221 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

藤原久敏の『あやしい投資話に乗ってみた』

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

投資型クラウドファンディング(ファンド型)

2019.04.13
XML

ようやく先月、スイーツファンドの報告が届きました。
その内容は、、、

営業者は資金繰り困難のため、破産手続きを検討している。

とのこと。

そして先日、その営業者からのメッセージが届きました。
その内容は、出資者への平謝りと、厳しすぎる現状についてでした。

社員等には辞めてもらい、銀行にはリスケをお願いし、
そして「売れるものはなんでも売る」との現状。
代表自身も、困窮を極める状況とのこと。

私自身、出資者として、これまでの経緯を見守ってきましたが、
その原因は、基本的にはたった1つの単純ミスです(たぶん)。
飲食事業の怖さを、目の当たりにしました。

甘いスイーツファンドでしたが、苦い経験でした。


出資額はパーになりましたが(10000円⇒223円)、
出資額以上の経験を得ることができたと思っています。
営業者の方は、気の毒ですが・・・。







最終更新日  2019.04.13 14:58:18


2018.12.24

今年9月に運用期間が終了した、某スイーツファンド。

これまでの日記でも書いたとおり、壊滅的な状況となっており、大幅な
元本割れは覚悟しておりましたが、、、

投資額10000円(手数料込みで10800円)に対して、
償還額はなんと223円!!

想定以上の事態です。
そこまで酷かったのか、、、と。

ファンド運営業者からは、「事業状況については別途事業より報告
させていただきます。今しばらくお時間賜れますと幸いです」とのこと。

はい、楽しみに待っております。







最終更新日  2018.12.27 00:41:25
2018.10.16

投資型クラウドファンディング、今回は「ファンド型」への新規投資。
投資先は、途上国未電化家庭用太陽光システムファンド

家庭用ソーラーホームシステム製品を、途上国へ展開・普及していく
事業への投資となります。

ちょっとイイコトをした気分になれるファンドですね。
もっとも、このファンドを選んだ理由としては、事業内容に賛同して、、、
ではなく(もちろん、素晴らしい事業だとは思いますが)、

投資額1万円と少額からOK
投資家の集まりが好調で、ファンド不成立リスクが小さい
他に興味をそそられるファンドがあまりない

といった理由でございます(正直に告白)。

そして気になる投資家特典(ファンド型の大きな魅力!)は、
0.5tco2(2000円相当)のカーボンオフセット・サービス
これによって、日本人の平均年間排出量(1人当たり)の約4分の1弱が
ゼロになり、その分、地球環境に貢献できるとか。
正直、そのしくみはよく分かっておりませんが、なんだか証明書が送られて
くるそうで。
一応、楽しみにしておきます。

ちなみに、運営業者は「セキュリテ」
現在、投資型クラウドファンディング運営業者としては、こちらの
一強状態だと思います。







最終更新日  2018.10.16 16:54:55
2018.09.25
この5月、クラウドファンディングのカテゴリにアップした
記事(スイーツファンド非常事態)ですが、、、ようやく今日、投資家特典が
届きました!!

濃厚クリームスプレッド×3個。


まだ食していませんが、相当甘そうで、私好み。
とにかく、届いて良かったです。

ただ、相変わらず売上は壊滅的な状態で、今週で会計期間が終わるというのに、
損益分岐点売上の2~3割程度
このままでは(というか、おそらくこのまま)、大幅な元本割れは避けられそうには
ありません。
償還率も2~3割程度でしょう、つまり、7~8割下落ということですね。

もっとも、一口1万円ではありますが。

ちなみに特典は2000円相当で、この経験も加味すれば、私的には十分に
元は取ったと思っております。
いえ、決して、強がりではなく・・・。






最終更新日  2018.10.08 21:08:48
2018.05.21

昨年のはまぐりファンド、いろいろ思うところはありましたが、
そうそう悪い印象ではなかったので、引き続きすぐに(昨年末から)、
新たなクラウドファンディングに投資しました。

とある、スイーツファンドです。
私好みの、超甘々スーツに魅かれてまして。

1口1万円とお手軽で、投資家特典としてスイーツが送られてきます(それが目的)。


ところが、いつまで経っても届きません・・・。
運用開始半年経っても、届きません。

そう思っていたところに、1通のメールが。

すみません、諸事情により遅れています。

とのこと。


おお、なんだと、と、気になってログインして(※)、ファンドの現状をチェック。
※特典目的だったので、ファンドの現状は気にしていなかった

ファンド売上はブログ等でアップするな、と書いてあったので詳細は控えますが、
たしかに諸事情により、なかなかの事態に・・・。
倒産覚悟だの、取引停止だの、物々しい現状が書かれておりました。
たしかに、投資家特典を送っている場合ではないな、と納得。

もうすぐ運用期間が終わるので、その段階で、また詳細はアップしたいと思います。

おそらく、大幅元本割れは避けられそうにありません。

その分、経験・ネタとして、元は取りたいと、今から目論んでおります。
でもとりあえずは、せめて投資家特典のスイーツだけは送ってきてほしいと、切に願っております。







最終更新日  2018.10.08 21:08:34
2018.05.17

クラウドファンディングとは、不特定多数の投資家からネットを通じて小口資金を募って、
その資金で事業を行い、その結果次第で償還金が変動するもの。

まだまだ新しいしくみ故に、「あやしい」と感じる人も少ないないでしょう。
私の感覚でも、株や債券、投資信託といった運用商品というより、一口オーナー的なもので、
とにかく楽しむ、応援する、ネタにする商品かな、と(現段階では)。

そんな視点でアレコレ(楽しんで)選んだ結果、記念すべき、私の初クラウドファンディングは、
昨年に投資した『伊勢桑名はまぐりヒルズ店ファンド』でした。

その名の通り、六本木ヒルズにあるはまぐり専門店に投資するファンド
店(桑名〇貝焼きはまぐり新三郎店)の売上に応じて償還金が変動します。

私自身、はまぐりは好きでも嫌いでもなく(そもそも、食べたことあったのかな?)、
どちらかというと、六本木ヒルズに魅かれたことは否定しません。

あとは、一口2万円・運用期間6ヵ月というお手軽さも魅力でした。

で、結果はというと・・・

償還金は、20,221円。

ギリギリですが、なんとか元本割れは逃れました。
いい経験をさせていもらったことを思えば、十分に満足いく結果でした。

が、実はなんと、手数料2,000円が取られております。
一口2万円に対して手数料2,000円・・・高くないか?

残念ながら、目新しい商品は、そんなもんなんですね。
なので、トータルでは元本割れという結果となりました・・・が、なんと、
投資家特典として、このはまぐり屋さんのお食事券1万円分がもらえたのです。

株主優待ファンとしては、優待利回り50%は見逃せません!

一人ではまぐり料理1万円分・・・豪遊しました。
でも、普段食べないものを食べ過ぎて、お腹を壊したことを、ここに告白いたします。

正味の運用では「勝ち」。
でも、手数料込みでは「負け」。
でもでも、投資家特典込みでは「勝ち」。
でもでもでも、お腹壊したので「負け」。

という、なんともややこしい結果となりました。







最終更新日  2018.10.08 21:08:16

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.