217253 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

藤原久敏の『あやしい投資話に乗ってみた』

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

FX(外国為替証拠金取引)

2021.02.16
XML
以前の記事​でも書きましたが、みずほ証券FXでのリラポジションが、
2年半程前に強制ロスカット。
以後、ず~~~と放ったらかしでした。

これはイカンと、さすがに意を決して、数年振りにログインを・・・と
思うも、FX口座がありません。
どこを探しても、みずほ証券にFXがないのです。

調べてみると、なんと、一昨年末にFXサービス終了。
そりゃ、ないわけです。

ただ、強制ロスカットされたとは言え、少しは残高は残っているはず。
となると、それはどこへ行ったのか・・・。

面倒ですが、コールセンターに連絡して質問しました。
長い間、放りっぱなしだと、こんな面倒な目に遭います。。。

回答によると、証券総合口座に入金されたとのこと。
詳細は、2019年末の取引残高報告書をご覧くださいとのこと。

さて、取引残高報告書の閲覧をするのも、一苦労。
使い慣れていない画面は、何がどこにあるか、よく分からない。
アチコチの口座で取引するのも考えモノだな、、、と思った次第
です。

ようやく報告書を探し当て、確認。
1万円少々ですが、たしかに入金され、知らない間に、他の資金とまとめて
引き出しておりました。
とりあえず、一安心でございます。

ただ、口座に入れていた20万円がほとんど吹き飛んだことを、
あらためて、確認することになり、残念。。。
何かの間違いで、強制決済されていなければ、、、との淡い期待は
吹き飛びました。

まぁ、ようやく骨を拾うことができて、若干スッキリです。
こうやって、一つ一つ、パンドラの箱を開けております。

パンドラの箱は、あと2つ。
マネックスFXとセントラルFXでの豪・NZドル、ランド、リラポジション。
それぞれ70万円、150万円の証拠金がどうなっているのか、、、。

株価が堅調なうちに、開けていきたいと思います。






最終更新日  2021.02.16 14:11:56


2021.02.15
6年程前、外為ドットコムにて、トルコリラ・メキシコペソの
ポジションを構築しました。
当時、リラは45円程、ペソは8円程度。
現在では、リラは15円程度、ペソは5円程ですから、凄まじい円高ですね(とくにリラ)。。。

ただ、当初ポジションは、それぞれ1000通貨のみ。
すなわち、リラは45000円、ペソは8000円。
なので、凄まじい円高にも、それほど大きなダメージではありません。

が、

ナンピン買いを、恐ろしく深追い設定してしまっていたのでした。

リラは約1円刻み、ペソは約0.3円刻みで、円高が進むごとに、
購入する設定にしていたのでした。
なので、円高進行に伴い、ガンガン約定していくわけです。

そして2~3年程に、ついにクラッシュ!
リラが20円を切ったあたりで、力尽きてしまいました。

クラッシュ(ロスカット)の通知はメールで来るので、
それは分かっていました。
ただ、気持ちもクラッシュして、ログインできずに、今の今まで
ズルズルと。。。

でも意を決して、今日、ログインした次第でございます。
口座に入れていた30万円はほぼなくなっていたと思っていたのですが、
3万円ほど残っていたことが、せめてもの救いです。

そんな救いに気も紛れたのか、先ほど、また新たに30万円を入金して、
再びリラ、ペソ、どさくさに紛れて、ついでにランドの新規ポジションを
注文したことは、ここだけの秘密です。

高金利通貨は、長い目で見れば通貨安となり、結局は、金利収入は為替差損と
相殺されてしまうという、教科書通りの為替相場を実感はしているのですが、
それでも高金利通貨はやめられません。
机上の知識と、気持ちは別モノでございます。

あと、不測の円安事態への備えということ、で。






最終更新日  2021.02.15 14:01:58
2021.02.11
今から7~8年くらい前のことでしょうか、
FXのポジションを取りまくっていた頃がありました。

アチコチの業者に、それぞれコンセプトを持って。

その中には、もはや「パンドラの箱」になってしまった口座も
ございます。
もう怖くて開けられない、開けたくない。。。

でも、さすがに何年も放置できないので、ボチボチ、それらも
開けていきたいと思っています。

まず、第一弾。

SBI証券での、欧州(主に北欧)通貨コレクション。
200円近くで買ったポンドの含み損が怖くて、ブレクレジット選挙からは
まったくログインしておりません、、、。
あと、ノルウェイ通貨のクローネや、ポーランド通貨のズロチも保有しており
今思えば、なんでこんなマニアックな通貨を買ったのか?

いずれもスワップ金利はたいしたことなく(ほぼゼロ)、おそらく、
なんとなくの北欧への憧れか。。。

そんなミーハーな理由のせいか(?)、いずれも円高が進行
しかも気が付けば、ズロチはマイナススワップという事態に!

こりゃいかんと思い、思い切って、本日決済。

取引額がそれほど大きくなかったので、損失は20万円程で済みましたが、
残念無念。
でも、なんだかスッキリしました。

と、今回の記事は、何の有益な情報もない、ただの愚痴ではありましたが、
まぁ、リアルな経験だということで。


ちなみに、ポジションがなくなったしまった口座はなんだか寂しく、
すぐさま、南アフリカランドを発注したのは、ここだけの秘密です。
(と書きながら、太文字で強調)






最終更新日  2021.02.11 21:29:00
2019.10.14

本ブログ、初のFXネタです。
リーマンショック時の南アフリカランドでの大損から、しばらく
FXには遠ざかっておりましたが、数年前から復帰しております。

スタンスは、高金利通貨の永遠ホールド
証拠金を十分に入れて、スワップ金利を一生受取るとの作戦です。

リラ・ランド(←懲りてない)をメインに、
アチコチの証券会社・FX会社でやっております。

うち、ポジションの1つが、みずほ証券でのリラ1万単位。
約5年前に45円でポジション構築。
取引金額45万円で証拠金20万円ほどなんで、レバレッジ2倍です。

まぁ、これで多少、リラが下落しても大丈夫だろう。
言ってるうちに、スワップ金利もドンドン貯まってくるので、一生、
ポジションは維持できるだろう・・・と。

ところが、リラはみるみる下落。


実に見事な、右肩下がり。
そしてついに昨年夏、十分な証拠金・積もったスワップ金利にもかからわず、
15.64円でクラッシュ!!


結果的に、15円台に突っ込んだのは一瞬で、その後は落ち着きを取り戻し、
いったんは20円まで回復し、今は18円台で安定といったところ・・・。


あと少し、耐えてくれていれば・・・と、思わずにはおられません。
まるで、私のポジションを狙い撃ちしたかのような値動き、悪意を感じずには
おられません。
まぁ、FXあるある、なんでしょうが。

証拠金20万円はほとんど吹き飛びました。

実は、他の証券会社・FX会社でも、同じような事態が発生しております。
しかも、ナンピン買いを設定していたところは、もっと悲惨。

そのあたりはまた、後々、投稿いたします。
って、この投稿も、ロスカット発生後、ゆうに1年以上経過してからの投稿ですね。







最終更新日  2019.10.14 20:38:21
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.