219123 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

藤原久敏の『あやしい投資話に乗ってみた』

PR

X

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

IPO(新規公開株)

2021.06.24
XML
カテゴリ:IPO(新規公開株)
本日上場のアルマード。
久々のIPO当選でちょっとワクワクするも、見事に
公募割れ・・・。

公募価格880円に対して初値861円(初値売り)。
まぁ、損失額はわずかですし、公募割れも想定してのこと
だったので、それはそれでヨシぽっ


ただ、本日終値995円と、その後の急騰は悔しい限り
まぁ、初値売りが鉄則なので(マイルール)、仕方ないですが。

ちなみに、本日は4社同時上場。
うち、公募割れはアルマードのみ、この1人負け状態も悔しい限り。
まぁ、そんな不人気銘柄だからこそ当選したわけですが。

で、先日当選辞退した東海道リート投資法人。
一昨日に上場したのですが、よもやの初値>公募価格は悔しい限り。
まぁ、初値101500円>公募価格100000円と利益はわずかですが。


と、IPOに関しては機械的にやっているにもかかわらず、それでも、
これだけグジグジと思ってしまうわけですから、
投資はよほどしっかりとマイルールをもって挑まなければ、
精神上よろしくない
と、あらためて思った次第でございます。






最終更新日  2021.06.24 15:27:00


2021.06.21
カテゴリ:IPO(新規公開株)
IPO、SBI証券にて3連続当選しました!
補欠ですが・・・。

ただ、SMBC日興証券の補欠(※)と違って、少しは希望があるわけです。
※SMBC日興証券では、当選以外はすべて補欠(すなわち、補欠≒落選)

そんな希望を託して申し込むも・・・

まぁ、そうなりますね。

もっとも、繰上当選するような銘柄は、それはそれで怪しいですが。。。

これを、「倍楽しめた」と捉えるか、「ぬか喜びだった」と捉えるか、、、
ここはポジティブに前者で捉えたいものです。
この記事のタイトルは、後者ですが。。。






最終更新日  2021.06.21 21:33:39
2021.06.19
カテゴリ:IPO(新規公開株)
IPO当選しました!
6月のIPOラッシュの中、相当な時間、申込作業に時間・労力を
費やしたので、これで少しは報われたのかな、と。

当選銘柄はアルマード。
卵殻膜を配合した食品、化粧品の企画・開発・販売会社です。

なかなか面白そうですね。

ただ、上場日は4社同時というアンラッキー(資金分散となりマイナス材料)。
ジャスダックで50億円超は大型案件(これもマイナス材料)。
さらには、ほとんどが「売出」です(これはかなりマイナス材料)。

ってなわけで、大方の初値予想は、若干のプラス程度(儲けは数千円か)。
公募割れも十分あるとの予想です。。。

ただ、880円と安いので、ここはトライしてみるつもりです。
少しでも利益が出ることを祈って・・・。



ちなみに、東海道リート投資法人も当選しました。
が、こちらは公募割れがかなり濃厚なので、スパッと辞退。

何より、私が複数単位当選したくらいなので、これはよほど人気がなかった
んだろうな、、、と、トーンダウンした次第です。






最終更新日  2021.06.19 21:30:17
2021.06.09
カテゴリ:IPO(新規公開株)
6月は、IPOラッシュ!
とにかく手数で攻めるしかないので、ひたすら
申込あるのみです。

ただ、やはり当選は至難の業。
たとえば、ワンダープラネットの抽選倍率は約3000倍だった
ようです。。。

まったくもって心折れそうになる数字ですが、
IPOは年間100銘柄程度、それを1銘柄につき平均5~6社から申込むと
して、さらには家族名義もフル動員すれば、参加権は年間1000件程度
あると踏んでおります。
となれば、まったく当たらないわけではありません。
実際、たま~には当たっております。

当たれば、このブログでもネタになるので、やはり、ひたすら
申込あるのみ。
申込手続き(ネット操作)は慣れに慣れきっております。


さて、話変わって、3月決算銘柄の議決権行使書が続々と届いております。
で、株主名簿管理人が三井住友信託銀行の銘柄は、こんなプレゼント企画が。

応募者100名につき1名当選とのことですが、これは各銘柄1口ずつの応募が
できるので、保有銘柄の数だけ、当選確率がアップするわけですね。

となると、理屈上、100銘柄でスマート行使すれば、ほぼ当選するわけか。
さすがに、名簿管理人が三井住友信託銀行の銘柄だけで100銘柄もありませんが、
数十銘柄はあるはずなので、これには当選への期待が高まっておりますスマイル






最終更新日  2021.06.09 20:17:05
2021.06.03
カテゴリ:IPO(新規公開株)

IPO当選のコツは、できるだけ多くの証券会社から申し込むこと。
コツというか、力業ですが、、、。

そんなわけで、ある程度IPOを取扱っている証券会社には、
できる限り口座開設し、そして、すべてのIPOに申込をしております。

先週末発売の株大全「IPO特集」でも、明言していますね。
まぁ、それでもなかなか当選しないのですが、、、。


というわけで、ほとんどの証券会社には口座開設済みだったのですが、、、
実はまだ未開設のところもチラホラ。
その1つが、いちよし証券。

遅ればせながら、先日、口座開設しました。

で、IPO申込の流れを確認してみると、当選連絡は、なんと電話なんですね。
ネット取引の場合、(私の取引している証券会社は)すべてネットで完結するだけに、
これは意外でビックリ。

実際、さっそくIPO申込をしてみると、最後にこんな画面が。

まぁ、まず当選することはないでしょうが、万一連絡がつかなかった場合は
キャンセルとなるのが、ちょっと不安です。。。







最終更新日  2021.06.03 23:43:48
2021.04.27
カテゴリ:IPO(新規公開株)
本日上場のテスホールディングス。
なんと公募価格(1700円)を2割近く上回る2010円の初値。

当選辞退しなければ3万円の儲けだったのですが、残念!
コロナ感染拡大による地合悪化でビビッて辞退したことを後悔。

地合が思わしくない中、予想以上に初値が良かった理由としては、
この先、しばらくIPO案件がないことによる注目度合が、
想定以上に高かったのかな(資金が集まったのかな)、と、
個人的には思っております。






最終更新日  2021.04.27 21:34:48
2021.04.21
カテゴリ:IPO(新規公開株)

IPO当選しました!!

当選の2文字、嬉しい限りです。

さて、当選したテスホールディングスですが、東証1部に上場予定なので、
正直、初値高騰は期待できませぬ。

でも、再生エネルギー関連という時流に乗った銘柄。
そして単独上場、さらにはこの後、しばらくIPOはないという、
注目されやすい状況でございます。

ただ、地合いがヤバイです。
コロナ情勢が厳しくなってきたことから、昨日・今日と株式市場は
大幅下落。
その先行きにも、大きな暗雲が立ち込めてきました。
このセンチメンタルは、キツイ向かい風。

地合いが堅調なら、おそらく購入申込していたと思いますが、
今回は悩みましたが、パス!!
おそらく、若干の公募割れになるのではと予想しています。

上場は27日(火)、さて、どうなるでしょうか?







最終更新日  2021.04.21 21:08:01
2021.04.01
カテゴリ:IPO(新規公開株)

セルムの抽選倍率は、1221倍!

楽天証券では、IPOの抽選倍率を公表してくれるので、
ホンマに参考になります。
抽選倍率と初値騰落率は、だいたい比例しますからね。

前回当選したエイピア(倍率100倍程度)の初値が振るわなかった
のは、まさにその証左。
どうやら100倍程度では、低いほう(人気なし)だということですね。

でも、さすがに1000倍以上となると、これは相当高いほう(人気あり)かと。
となると、セルムの初値は期待できそうですね。
もちろん私は落選ですが、当選した方、おめでとうございます。







最終更新日  2021.04.01 21:31:31
2021.03.30
カテゴリ:IPO(新規公開株)
本日上場のエイピアグループ。
朝からパソコンに張り付き、ドキドキの初値形成を
見守っておりました。

ただ、最初から気配値は相当弱く、公募割れはないにしても、
これは相当早くに値が付く(=初値は低い)のでは、、、と
不安になりました。
ネットでも、「これは弱い」「初値が安ければセカンダリーだ」など
の書き込みがわんさか。

それでもなんとかジワジワと値を上げ、粘って粘って、
公募価格1600円に対して初値は2030円。

当初、初値予想3500円が、直前で3000円に、そして結果2030円と
尻すぼみでしたが、まぁ、多少の利益になったので良しとしましょう。

ちなみに終値は1900円。
初値売りについては、後悔しない結果で良かったです。






最終更新日  2021.03.30 19:50:37
2021.03.29
カテゴリ:IPO(新規公開株)
いよいよ明日、エイプアグループ上場です。
本当にひっさしぶりの、利益の出るであろうIPO銘柄の当選です。

ただ、ネットを見ていると、公募割れの可能性もまったくゼロではありません。
赤字銘柄だの、換金銘柄だの、キナ臭いことも言われております。

中でも、「普段当たらないのに、当たった」「まさかの、複数単位当たった」など、
当選しやすかったとの書き込みも少なくありませんでした。

これはちょっと、不安です。

抽選倍率と初値騰落率は、だいたい比例しますからね。
抽選倍率が低いと(当たりやすいと)、それは不人気ということですから、
初値はあまり上がりません(公募割れのことも)。


で、前置きが長くなりましたが、それではエイピアの抽選倍率は
どのくらいだったのか?
それは、楽天証券が教えてくれました。


134倍です。

う~~~ん、微妙です。
抽選倍率数千倍の銘柄もある中で、決して高くはないですね。

でも、100倍を超えているのですから、絶対的な数字としては、
かなり高いはず。

まぁ、今更ジタバタ言っても始まりません。
もっとも、私は「初値売り」を鉄則としているので、とにかく初値で
売るのみ。
明日、楽しみにしております。






最終更新日  2021.03.29 20:59:04
このブログでよく読まれている記事

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.