302730 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

藤原久敏の『あやしい投資話に乗ってみた』

PR

全91件 (91件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

株主優待

2022.06.30
XML
カテゴリ:株主優待

オリックス株主優待のカタログギフトですが、
3年間待ちわびて、ようやく今年からランクアップ!

オリックス株主の憧れ、Aコースです。


さすが豪華です。
真剣に1時間近く、迷いました(至福の時)。

そして選んだのが、コチラ。

普段、自腹では買わないようなものが、イイですね。


が、ご存じの通り、残念ながら、オリックスの優待は廃止が決まっております。。。

オリックスと言えば、指折りの優良優待銘柄だっただけに、
この優待廃止の発表には、優待投資家の間では衝撃が走りました。

ただ、約2年の猶予期間があるのは、さすが。
我々、優待投資家への最大限の配慮ですね、非常に好感が持てます。

中には、権利確定日直前に、なんなら権利確定日が過ぎてから優待廃止を
発表する会社もあるくらいですから。。。


オリックスは優待だけでなく、配当利回りも優秀。
優待廃止で、その配当利回りがさらにアップすることに期待して、優待廃止後も
ホールドするつもりです。







最終更新日  2022.06.30 11:02:31


2022.06.13
カテゴリ:株主優待
フレンドリーの優待が届きました!

一般的には、優待は100株保有が最も効率的(優待利回りが高い)で、
それ以上保有しても優待内容は変わらない、もしくは保有株数に比例するほど
内容はアップしないものです。

しかし、フレンドリーは

100株保有⇒2000円分
200株保有⇒5000円分(株数2倍で、優待は2.5倍)
500株保有⇒15000円分(株数5倍で、優待は7.5倍)

と、優待内容が、株数に比例してアップするどころか、それ以上の
アップぶりなのです。
これは株主優待の中でも、かなり珍しいタイプです。

なので私も思わず、100株から200株に買い増したわけです。

ただ、この優待を来年以降も続けてくれるのか、、、心配です。
心配しながらも、虎視眈々と買い増しのチャンスは狙っておりますが。


ちなみに、フレンドリーと言いながらも、残念ながら、
あのファミレス「フレンドリー」は存在しません。。

このフレンドリーのロゴマーク、懐かしいです。
我々世代にとっては、古き良き時代の象徴ですね、、、。
それが今や、香の川製麺27店舗を経営するのみ

でも、そのうち5店舗が、私の家からチャリ圏内にあるという、
素晴らしい境遇なのです。
しかも、親会社のジョイフル(←ここでも優待は使える)も近所。

それもあって、買い増したわけです。

それだけ身近な会社ということで、そして株主総会も比較的近所で
行なわれるので、行ってみようかと思ったのですが、、、

定員は先着20名!!
ちょっと厳しそうですね、、、それに、万が一参加できたとしても、
おそらく身内ばかりのような気がする(肩身が狭い)ので、今回は見送り。
でも機会があれば、いつか参加したいとは思っています。

そのときは香の川製麺以外のブランドも立ち上げ、店舗も100店舗
くらいに成長してくれていることを期待しております。
それくらいの規模になれば、もっと大規模に総会もやりそうですしね。






最終更新日  2022.06.13 22:28:41
2022.06.02
カテゴリ:株主優待
東京個別指導学院の優待が届きました。


こちらの優待はカタログギフトで、いくつかの商品の中から1つ選び、
申込をするのですが・・・

今回から、「WEB申込」に変更されていました。

これで少しでも企業側の負担が軽減され、優待廃止を避けることができるなら、
前向きな変更ですね。

ただ、すでに優待が相当負担になっており、
せめて申込受付業務だけでも軽減しなければ・・・との後向きの変更であれば、
いつ優待廃止となってもおかしくない、ヤバイ状況です。

東京個別はカタログ優待なので、本業との相乗効果が見込めず、
優待廃止リスクは大きいわけですから、そのあたり敏感にならざるを得ません。

ちなみに、図書カードを選ばれると、企業の負担は大きくなります。
原価・仕入ベースではなく、額面金額そのまんまの負担額となるわけですから。

でも私は、いつも図書カードを選択しております。

が、その図書カードが「ネットギフト」に。。。
これも、企業の負担軽減の一環ですかね。

ただ、なんだか使い勝手が悪そう、そして、金券ショップに売ることもできない。。。
これは株主にとって、マイナスですね(残念)。

というわけで、紅茶かバームクーヘンを検討しております。


さて、「WEB注文」時には、アレコレとアンケートに答えねばいけません。
そのアンケート項目の1つに、株主優待についての項目が。

株主優待の内容についてですが、、、「株主優待は不要」との選択肢が。

これ、不気味ですね。
近い将来、優待廃止するときに、「株主からの「優待不要」との声が一定数ありましたので」
いった言い訳に使うためではないか、、、と勘繰ってしまいます。






最終更新日  2022.06.02 17:02:39
2022.05.30
カテゴリ:株主優待
北の達人コーポレーションの優待が届きました。


優待内容は自社商品(化粧品等)ですが、毎年、異なる商品が届くので楽しみです。
今年は。。。

リキッドキララという商品でした。

定価は税込で5000円近くするので、現在の株価(2万円弱)からすれば、
優待利回りは25%超と、凄まじい数字です。

つまりは、化粧品はそれだけ原価が安いということですね。
実際、他銘柄でも、化粧品や健康食品優待の利回りは凄まじいものがあります。

でも会社にしてみれば、原価が安いので、負担は(表面的な数字に比べてずっと)少なく、
しかも優待は宣伝になって、それをきっかけに購入、しかも定期コースにしてもらえれば
相当な利益です。

なので、心配なくらい優待利回りは高いものの、意外と優待廃止・改悪リスクは
低いのかもしれません。
優待廃止・改悪の波が吹き荒れる昨今においては、常に優待廃止・改悪のリスクには
目を光らせておかねば、ですね。

ちなみに、リキッドキララの効果は、このとおり。

もはや化粧品というより、メイクですね。
効果あり過ぎて、なんだか怖くて使えません。。。






最終更新日  2022.05.30 09:23:31
2022.05.11
カテゴリ:株主優待
レトロな喫茶店、「喫茶ピノキオ」。

これは「串家物語」「まいどおおきに食堂」でお馴染みのフジオフードグループ
新業態で、ここ最近、凄まじい勢いで出店しています。

それだけ力を入れているようですが、さて、どんなもんなんでしょうか?
というわけで、これは株主としても気になるところで、本日、行ってきました。

一押しの「ピノキオプレート」とやらを注文。
なかなかテンション上がる見た目ですが・・・個人的な感想とては、、、

オムライス:まぁまぁ、美味しい
ハンバーグ:まったく肉の味がしない、ハンペンみたい
付け合わせ:まったくもって普通
プリン  :微妙、美味しいと言えば美味しいし、そうでないと言えばそうでない
      とりあえず、やわらかい

つまり、全体的に微妙かと。
でも、お店の雰囲気は落ち着いていて、座席も広く、レトロな感じも良く
好印象でした。

でも、これで税込1320円は、ちょっとお高く感じました。

まぁ、株主優待があるからいいんですけどね(←これが言いたかった)。

個人的には、ここが「串家物語」や「まいどおおきに食堂」以上のブランドに育つかと
言われれば、正直、それはちょっと厳しいかと思います。
株主の立場としては、ピノキオ出店ラッシュはやめてほしいかと。。。

株主優待を拡充してくれるのであれば、文句はありませんが。

でも今、株主優待業界には、逆風が吹いております。
そう、優待実施企業数が、2020年度、11年振りに減少したのです。
そしてこの流れは今も続き、先日はなんと、優待銘柄として有名なオリックスが
優待廃止を発表しました。。。

そしてちょうど、先日アップされたプレジデントオンラインの連載コラムが、
まさに、この株主優待ネタでございます。 
ヤフーファイナンス等にも転載され、現在、第5位です。
もしよろしければ、ぜひご覧くださいませ。☞​記事はこちら。






最終更新日  2022.05.11 22:24:15
2022.05.06
カテゴリ:株主優待

先日、「雪国まいたけ」からの株主優待が届きました。

昨年秋頃にこの銘柄を購入したので、今回が初優待。
初めての優待は、嬉しいものです。

3,000円相当の自社製品ということは知っていましたが、
いきなり送られるのでなく、AセットかBセットかを選んで申し込めとのこと。
Aセット・Bセット、いずれの商品も複数入っているので、
AセットとBセットのそれぞれの商品を程よくブレンドして、
最初から全株主共通のセットにしておけばいいのでは・・・と思いました。

その方が、会社にとっても株主にとっても、
選択・申込(受付)の手間・コストが省けますしね。

なのに、なぜ、そんな手間を・・・?

☝お申込みがない場合、優待品はお届けいたしかねます。

もしかして、申込忘れを期待してのことか??

16万円で購入した株価は、現在、10万円程度まで下落・・・。
株価がダダ下がり中なこともあって、恨み節もあってか、どうしても、
そういった穿った見方をしてしまいます。
もちろん、真相は不明ですが・・・。

ライバルの「ほくと」株価が堅調なだけに、余計に悔しいものです。







最終更新日  2022.05.06 22:37:20
2022.04.19
カテゴリ:株主優待
先日、久しぶりに眼鏡を買いました。

45歳、いよいよ近くのものを見るのが少しツラくなってきて、
少し度を下げたレンズにて。
まだ老眼鏡は必要ないですが、これからは視力がドンドン不安定になって
きそうなので、度の異なる眼鏡がたくさん必要になりそうな予感。。。

数年後には老眼鏡が必要になるでしょうし、そうなれば、年を追うごとに
買換えることになりそう。
さらには、遠近両用も試したりしそうなので、これから眼鏡出費が嵩みそう。

でも大丈夫。
愛眼の優待券があるので。

愛眼優待は、メガネが3割引。
それが年間2枚、家族分でも保有しているので、合わせて4枚です。

つまり、年間4本までなら、メガネが3割引き。
そんなに買わんだろう・・・と言いたいところですが、案外、買うことに
なるかもしれません。






最終更新日  2022.04.19 21:19:54
2022.03.27
カテゴリ:株主優待

藤久の優待、お買物優待券。


半年毎に2,500円分は嬉しいのですが、手芸にまったく興味ない私にとっては、
少々持て余し気味なんですよね(←では、なぜ買った?その理由は​こちら)。。。

まぁ、普段行かないお店に行くのも、いい経験だと思って行きました。
わざわざ自転車で1時間かけて。


何とか使えそうな、汎用性のあるモノを、ピッタリ2,500円也。

ミシン糸、糸通し、布ハサミ・・・ただ、これらのモノって、
100均でも全然売っているんですよね。

ちなみに、近所のダイソー。

むしろダイソーの方が、必要最低限の商品が過不足なく陳列されていて、
選びやすかったです。


布用ハサミも、しっかり置いておりました!

なので、2,500円分タダで買えて喜んでおりましたが、実は、
同じ商品が、ダイソーだと500~600円で十分買えたという、残念な事実。。。


株主として、これはちょっとヤバいのでは、、、と身をもって感じた次第です。
実際、先日は業績下方修正・配当見送りという状況。
でもって株価も低迷しており、現在、絶賛含み損中。。。

15~16年も保有すれば、株主優待で元が取れる計算ではありますが、
その間に、何らかのサプライズで注目されてほしいものです。
シルバニア記念優待やら、ヴォーグ学園コラボなど、なんやかんや話題作りには
頑張ってくれているようなので、そのあたりに期待しつつ、
じっくり気長に、持ち続けたいと思います。







最終更新日  2022.03.27 21:38:53
2022.03.19
カテゴリ:株主優待
ペッパーフードサービス。
そう、いきなり!ステーキでのブレイクで有名ですね。
そして、その後の凋落っぷりでも有名ですが。。。

それは、株価推移を見れば、一目瞭然。

いきなり!ステーキの大ヒットにより、株価は仮想通貨並みの大暴騰。
その後、ブームの終焉とともに、株価は大暴落。

コロナ禍もあって、これはただの業績悪化レベルではなく、決算書を見れば、
倒産もささやかれるくらいの危機的な状況でございます。

3万円台の株価とはいえ、ここからさらに下がる、下手すれば0円となる可能性も
十分にあり得る状況です。

が、優待銘柄なんですよね。
しかも、年間2,000円分のお食事券は、現在の株価からすればかなりの高水準。

というわけで、倒産リスクは十分に認識した上で、先日購入。
上手く3.5万円程度で買えました。
これは、宝くじを買ったと思って。

まん防も全面解除となる見通しなので、それをきっかけに外食業界全体が
息を吹き返し、その流れで、業績急回復を期待したいと思います。

その兆しが見えれば、株価は5~6万円程度まではすぐに上昇するかと。
そして当面の危機的状況さえ落ち着けば、株価もその水準で落ち着くかと。

そこからの一段高には何らかの材料が必要となりますが、それには少し時間が必要。
そもそも、優待銘柄は売るつもりは毛頭ございません。

なので、読みが当たり、株価5~6万円程度で落ち着く状況となれば、
それは「宝くじが当たった」と思っております。
と考えれば、かなり当選確率は高いとは思うのですが、、、さて、どうなることやら。

そのワクワク感と、優待だけで、すでに元は取っているつもりです。






最終更新日  2022.03.19 21:36:16
2022.03.14
カテゴリ:株主優待

先週木曜日、優待復活を願って購入したフレンドリー​(記事はこちら)​ですが、
なんと本日、優待復活となりました!!​​

100株保有で年間2000円分の食事券(しかも使用枚数無制限)。

当然の如く、ストップ高!!

これまで、買った途端に大暴落は何度もありますが(自慢にならない)、
買った途端のストップ高は初めてかもしれません。

株式投資の醍醐味ですね。

しかも、3月末権利確定なので、これはどこまで行くか、楽しみです。
もっとも、優待銘柄となった以上、再び廃止とならない限り、売るつもりは
毛頭ありませんが。







最終更新日  2022.03.14 21:31:39
このブログでよく読まれている記事

全91件 (91件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


© Rakuten Group, Inc.