『暮らしとお金』 FP HISAが綴る 日々の雑感

カレンダー

コメント新着

face of hatsudai@ Re[1]:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) Hiro-Sさん >この中国の分析の文章はHisa…
face of hatsudai@ Re[1]:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) Hiro-Sさん >この中国の分析の文章はHisa…
Hiro-S@ Re:◆朝日新聞・慰安婦誤報のその後(08/18) 日本は勿論、お隣の国も、左翼オバケみな…
Hiro-S@ Re:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) この中国の分析の文章はHisaさんが書かれ…
かみかわ@ Re:◆設備投資ようやく起動か? 投資CFは流出になるのが個々の企業に取…

全1166件 (1166件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017.11.18
XML
カテゴリ:国力とお金



●さてこのところの日中関係は小康状態だ。​​​しかし相変わらず尖閣周辺には中国の海警の船が頻繁に近づき、領海侵犯さえする。

●長らく 中国が領有の根拠とする二つの歴史資料・文書が、このたび否定された。長崎純心大学の石井准教の記者会見で明らかにされたものだ。
すでに一つは誤りであることが自明のことになってたが、残る一つが明確化されたということだ。
●それによれば、中国の主張=歴史上、尖閣諸島は台湾に付属していた‥という主張は誤りだったということ。
●清朝の役人が1722年に記録した台湾の地理書「台海使さ(木へんに差)録に、釣魚台と名づけられた島の記載が有る。中国はこの記載を根拠に尖閣諸島=釣魚台としていたのだが、実はこれ間違いで、別の島だったというのだ。
●それを示したのは、1970年に台湾政府が発行した公式地理書「台湾省通志」は清朝代記載の釣魚台は台湾島南部の台東県の島として認定していたとのこと。つまり尖閣諸島とは別物ということだ。これは公開文書だったのだが、発見されてなかったんだね。
●この意味は重い。完璧に中国の主張を覆し、国際法上でも、歴史的にも日本の領有権を主張し補強できる資料となりそうだ。
●さて当の中国はこれを示されてどう反応するかはわからないが、そもそも必要とあれば、黒を白と言い張るお国柄なので、そう簡単に引っ込めないだろうね。
●最も 関係改善を目指しつつある両国だから、一時的に引っ込める可能性はある。あるいは尖閣侵入を自粛する可能性もあるのではないか?
何しろ対外的なこともそうだが、国内の保守層の反発に対応するには一定の論拠が必要なんだろうね?







最終更新日  2017.11.18 07:53:01
コメント(0) | コメントを書く

2017.11.14
カテゴリ:健康とお金
​​​

●実は先月28日に老母を特養に見舞った際、今年5月に肺炎を患い、2週間後に奇跡的に回復したその様子を喜んだものだった。・100歳までは無理でも、何とか2~3年は可能かと思っていた。 ところが
●なんと週明けの11月1日の早朝に亡くなってしまった。あっけない事の顛末に、ええって感じですぐには実感が十分でなかった。葬儀の執り行いや役所への様々な届けでこの10日はせわしかったからだ。しかし介護保険証や高齢者医療の保険証・障がい者手帳など、目に見えるものを廃棄手続するのが、何とも生きてた証を消すようで忍びなかったね。ああ母はなくなったんだと・・部屋にはすでにお骨が安置してるにもかかわらずね。
●しかし、週明けに嘔吐してこれから病院に入院させますという施設からの連絡に、私はと言えば、まだ多寡をくくってた感じだったのだが、・・‥意識はあるし話もできると聞いてたからだ。
●亡くなる6時間前には老母と短い会話をして、返事も結構しっかりしてたので、何とか大丈夫そうだね・・と思ったものだった。看護師もそう深刻そうな感じではなかったのでそう思ったのだが、今にして思えば、どうやら安眠モードに入りつつあったんだね。‥というのも声かけして返事はしっかりしてるものの、すぐに目を閉じてしまうのが少し気になっていた。入院手続きの書類の説明を受けて引き揚げたその後、数時間かけて徐々に細胞のスイッチをオフに切り替えていったんだろうね?





●96歳で施設に入る1年半前までは、ヘルパーさんの手助けで、自分でカートを押して買い物に行ってた位だから元気な母だったと思う。介護保険のお世話になったのもかなり高齢の92歳くらい。内臓疾患もなく苦しむこともなく、あっけなく亡くなってしまった大往生だったのが、せめてもの救いだろう。
●よく言われる話・・親が死んで初めて思い起こす親不孝‥というが、まさに私の場合忸怩たる気がするね。
十数日が過ぎて、ようやくこのような話を日記に書き留める気になった。
●葬儀はごく身内の家族葬だったが、参列者もそれなりの歳でこればかりは順番に廻って来るよね。果たして私自身にはいつ訪れるのか?せめて悔いのないようにしたいものだ。​​






最終更新日  2017.11.14 19:23:41
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.12
カテゴリ:健康とお金



●日本人のコメ消費量は、1962年ころ一人当たりで年に118.3kgだったそうだ。それが、2016年には54.4kgと半分の水準になってるんだって。
●確かに食生活が豊富になり、何もコメを食べなくても生きていける時代だ。パンもあれば、麺類も多種多様なものがあり、肉類が主食と言う人もいるだろう。

●ところがこの数年のコメ離れは、どうも景色が違うらしい。雑誌やTVなどが特集したので一気にブームになったようだ。女性の方が多分多いのだろうが、ダイエット目的の糖質制限と言うことで、コメが敬遠されてるようで、いわゆるご飯離れのブームの様なのだ。

筆者も血糖値が少し高いこともあり、ご飯の食べすぎには注意しており、満腹感を得るに、カロリーにならない
こんにゃくを食べるようにしているので、解らなくはないのだが。
極端なケースでは、コメからできる日本酒さえ避けられてるとか・・

具体的には、カレーライスはお米にかけるのではなく、おからやキャベツの上にかけて食べる。これで満腹感は十分だそうで・・ まあその食べ方も案外とおいしいのかもね?

●飲食業界も当然 対応しており、回転寿司のくら寿司では野菜の日(そんなのあったっけ?)831で野菜と読み、8月31日がそうなんだって。
寿司のシャリを大根の酢漬に替えるんだとか・・シャリ野菜と言うらしい。またシャリの量を半分にして、糖質制限をした寿司(シャりプチ)は女性に好評だと言う。

●その他弁当のご飯を、ブロッコリーや湯豆腐に置き換える、また麺抜きのラーメン(??)なんて店もあるとか
この動き 一面でリスクもある。炭水化物を極端に減らすと糖質摂取が減りすぎて、免疫機能が落ちるらしく、病気になる確率が高くなる。何事もバランスよくやることだよね。

●危機感を持つのはJA・全農だ。おにぎり1個のカロリーが約180kカロリーということをめどにして、食事量のコントロールをするように、キャンペーンを16年2月から始めたそうだ。農業生産がコメを中心に落ち込むのはなんとしても避けたいところだからだ。







最終更新日  2017.11.12 12:01:02
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.29
カテゴリ:健康とお金



●昨年の5月から、今年で96歳になった老母の世話がさすがにできなくなり、自宅から車で40分圏内の特別養護老人ホームにお世話になることとなった。


●特養のイメージはとにかく入居待ちが何十人、あるいは百数十人いると聞いてたので、半ばあきらめてたのだが、埼玉県では新設の施設も結構造られて、また入居基準が、介護度が高くなるほど優先と言うことに変わったと言うこともあって、介護度4の老母は、意外に早く入居できることとなった。良かった良かった・・・が感想でした。

●おそらく緑内障由来の視野の狭窄で、2級の身体障がい者と言うのも応援してくれたんでしょうね?

●歳の割には元気でヘルパーさんにあまり手間をかけない入居者でしたが、今年5月に肺炎を起こして急遽病院に入院、点滴生活を約2週間経てようやく特養の生活に復帰。

●何しろ点滴で命をつないでたわけで、体重は激減したんですね。以後の特に食事の様子をヘルパーさんと小まめに観察していたのですが、さすがにこの夏は食卓に突っ伏した姿がめだち、食事も半分残すなどもうだめか?‥と正直思ったものでした。

●ところが どっこい、さすがと言うか母親の生命力は大したもの。

10日ほど後の訪問時の様子を遠目で観察すれば、結構しゃきっとしてテーブルに着き(車椅子ながら)、あたりの様子を観察してる風情・・ああ余裕がある、こりゃ大丈夫だと正直思ったね!

●その後も 床ずれが左足大腿部に出現(大腿骨骨折で金属棒が入ってるんですが) 入浴時に顔色が蒼白になり心配した・・などの報告もありましたが、今日訪ねると杞憂が払拭された感じで・・・良かった良かった。

●ボケはあるものの、長男の顔はすぐに見分け、質問への応答や他の会話はなりたつので、まずは良しとしよう。

何より 最近は完食 しかも自分でヘルパーさんの介助なく食べてるそうだから、ここまでくればもう100歳は超えてもらわなければ・・・と思うこの頃ですね

●自分はどうかと言えば、血糖値が高かったものの最近はALb1Cが6ポイント台に落ち着き、内臓脂肪も減ってお腹がぺしゃんこになり、まずまずかな?何とか老母を見習って85歳までは生きたいものですね?







最終更新日  2017.10.29 04:30:22
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.24
カテゴリ:国力とお金
​​

●日本の企業や個人が海外に持つ資産、具体的には企業の工場など生産設備や株式などへ投資・個人の投資信託など証券投資の総額がこの5年で5割も増えて、約1000兆円になった。GDPの約2倍に近い。ちなみにGDPは研究開発費を計上できるようになり534兆円位だ。ちなみに政府が持つ負債も1000兆円を超えてるから、それと同額位の資産を、企業・個人は海外に持ってるということだ。
●政府の資産もあるわけで、日本の国債が暴落しないことや、北朝鮮危機が迫ると円が買われるなど(昔は有事のドル買いだったが)膨大な政府負債にもかかわらず、日本が安全牌として機能するのもこんな理由が有るんだね?

●米国はこの額2600兆円と、日本の2.6倍にもなるが、分母の額が違うので、日本のそれは突出しているのだ。米国の伸び率は1割弱、欧州は逆に減っている。
●内訳は半分が証券投資だが、6月末で453兆円となったらしい。3年で100兆円の伸びだという。直接投資先はアジアと米国、証券投資では半分が米国だ。​
低金利の日本では、証券投資の国内投資はうまみがなく、必然的に海外にお金は向かう。
●やはり5年で2倍になったのは、企業や金融機関の投資で残高168兆円となった​個人も同様で100兆円を超えて、主に米国のREITや低格付け債だという。
●この額が膨らんだ理由には円安の影響もある。ドル建て投資額が円安で水膨れしたもの(5年で150兆円)だが、それを除いても、実際の投融資額が5年で200兆円も増えた。
●対して外国の企業や個人が日本に投資する額は650兆円と言うことで、日本から見れば対外的に負債となり、その差引額が冒頭の350兆円と言う額になる。
この額 26年だったか連続して世界一の純資産残高、つまり世界最大の債権国と言うことになる。ずいぶん前からずっと世界一のお金持ちなんだね日本は。
●米国などは、対外投資こそ日本の2.6倍にもなるが、差し引きでは世界最大の債務国になり、中国はGDPこそ日本の倍以上になったが、純資産残高で言うとはるかに及ばないほど、ダントツなのだ。
●東日本大震災後、燃料の輸入などで赤字だった貿易も、このところの貿易収支は黒字化して、インバウンド(旅行収支など)も黒字化、海外投資の上り(所得収支)も巨大な額となり、経常収支は黒字基調で、さらに純資産残高は増えていきそうだ。
●お隣中国などでは、ひところ日本は「失われた20年の衰退している国」・・と言う認識がメディアなどで報道されていたが、最近の論調を見ると、それがとんでもない誤解だという論調が多いようだね。つまりGDPは国内で生み出される富の総和だが、日本は海外で稼ぎまくり、対外資産を積み上げて、見た目のGDPには反映しない構造になってるのだと。成熟債権国に近づいてるということだ。
●またトムソンロイターの選ぶ、革新的企業世界100社のうち、日本企業は34社も入っており米国よりも多い。東芝や神戸製鋼所、タカタ、シャープなど、このところの日本企業のほころびが目立つが、一方では次への芽が醸成されてるということも、中国メディアは主張しており、ノーベル賞受賞者がなぜ中国には出ないのかと分析、まだまだ日本に追いつくには時間が必要と・・・結構堅い分析をしているような論調が目立つようになってるね。



​​






最終更新日  2017.10.24 00:23:31
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.22
カテゴリ:健康とお金
​​​​​

●聞きなれない言葉だが、実は2012年にすでに介護サービスのひとつとして導入されてるんだよね。複合型サービスとして登場したものの、小規模多機能介護事業者が参入するには、看護師の確保などが必要で、いまだ350施設と(2017.4月))と、介護事業所が5155あるのと比べるといささか少ないそうだ。

●病院などの医療的なケアが必要無くなった要介護者が、施設に入らずとも自宅や介護拠点で、介護サービスと医療処置をワンストップで受けられるようにしたものだ。自宅に医師や看護師が訪問するなどだ。

●ネーミングの悪さもあって、普及が今一だったが、ここの所、都市部を中心に注目されてきた。自宅で死にたい・・は多くの高齢者の望みだが、世話をする人の負担や、又は施設利用料の余裕がない場合など、このサービスにも一定の役割が有りそうだ。

●泊り、通い、訪問の3タイプでサービスが受けられるので、在宅生活を維持しながら、介護と医療の両方を家族が支えることができるそうだ。

●例えば、退院後に在宅療養をする場合の移行支援や、施設に通所して看護師の遺ろうよる栄養管理や、たんの吸引、又その家族へ自宅でのケアを指導するなどだ。人工呼吸器の管理・人口肛門の管理・インスリン注射・浣腸・痛みのコントロール・床ずれの処置なども含まれる。

●徘徊や妄想症状のある認知症患者への適切なケアを、看護師が観察・指導も可能だ。また末期がん患者が、緩和ケア病棟や特別養護老人ホームなどに入院・入所できるまでの、患者の痛みなどをケアする場合などもある。

●利用料も施設などに入ることを考えれば安い。要介護3の場合は月額2万5千円でその他食費や宿泊費などはかかるが、自宅で医療サービスを受けたい要介護者のニーズは高いようだ。このように在宅に戻るまでの受け皿の意味もあり、自宅で死にたいと考える要介護者にとっては不可欠なサービスで、本人のみならず介護する家族の休息(レスパイトケア)さえ可能にする。

●是非ともこのサービスの広報と予算化を図りたいものだね?


​​










最終更新日  2017.10.22 21:04:58
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.19
カテゴリ:健康とお金



●厚生労働省のデータベースによれば、40歳以上で、大腿骨近位部骨折を患った人が、2015年で約15万人いるそうだ。内訳は男性3万人、女性12万人と圧倒的に女性が多い。

●この部位は足の付け根の股関節に接する部分に近く、骨折すると寝たきり状態になるなど、介護が必要になることが多い。

●高齢になると、骨粗鬆症になることが多く、とりわけ女性は顕著になる。筆者の老母も施設に入る直接のきっかけはこの部位の骨折で、今も補強のための金属が入ったままだ。
●近畿大や大阪医科大の調査では人口10万人当たりの調査で、罹患率が高いのは主に西日本や沖縄、対して東北は押しなべて平均以下だそうで、関東については平均値に近い。
●全国平均を100とすると女性では、兵庫が120 和歌山・沖縄が118 奈良・大分が116だった。男性は沖縄が144 和歌山・長崎が126,佐賀124.兵庫・鳥取が121と続く。
●低いのは秋田(男63、女65)青森(男65、女68)、岩手(男70、女68)宮城(男73、女71)北海道(男78、女75)
●指数は関西や九州で100以上 東北・北海道で100未満の西高東低となっている。理由は、飲酒・喫煙・ビタミンD不足などが考えられるという。

●心配な方、積極的な検診が必要そうだよね?
ちなみに筆者も、骨ではないが多少血糖値が高く、血管年齢を調べたら歳より大分高く、ショックを受けた記憶が有る。何事も早め早めの対応が肝要だ!







最終更新日  2017.10.19 19:48:43
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.14
カテゴリ:相続とお金


●先日 TVを見てたら、ぎょっとする風景を見た。ドローンが空から撮ったと思われる白いがれきの集まり・・に見えるのだが、ズームアップしてよく見れば、これ墓石が隙間なくぎっしりと詰めあわされて、並んでいる景色だった。
●その背景には、身寄りが居ない死別や離別、独身者などの単身生活者が増えたことが有るんだね。またはお墓が遠くて、管理ができないので、いわゆる墓じまい(これも最近よく聞く話だが・・)をしたことで、お役御免になった墓石の成れの果ての姿だ。産業廃棄物にするには心苦しく、せめて墓石だけでも集合させて、お坊さんに弔ってもらってるのだとか。
●なんだか 隙間風の吹いてるような話だが、何年か前に流行った歌、
「千の風に乗って」だったか、日本人の死生観も変わってきたのではないか?つまり、墓参りに来られても、私はそんな山奥の寂しいお墓の地下に閉じ込められてなんかいません。千の風に乗って自由に飛び回ってるんですよ・・と言う詩だったか。そりゃそうだよね・・と思った記憶が有る。

●時代も変われば、葬祭の仕方もずいぶん変わり、従来のお墓の役割も当然変わるだろう・元気な内に自分の事後の後始末を、エンディングノート・遺言・任意後見制度などの活用で準備しておくことが大切な世相かな?






最終更新日  2017.10.14 16:23:46
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.08
カテゴリ:国力とお金


●さて総選挙が始まり、このところ北朝鮮がらみの報道は一服した感が有る。が着々と事態は進展しており、とりわけ米中の政治力学が極めて大きな進展のカギとなる。
●ある報道では、中国はすでに16年末の北朝鮮核実験と、今年2月の金正男暗殺事件以来、対北朝鮮への方針を明確に変えたという。
●その方針は、北の核開発を最大の脅威と位置づけ、脅威除去は米国など関係諸国との協力を重視、国内世論の説得工作を進めて自らリスクを取るというもの。
●この8月半ば 米統合参謀本部のダンフォード議長が訪中して、すでに最悪事態に至った場合のシミュレーションを中国側と行い、米中相方の誤った判断で互いが衝突しない様、すり合わせを行ってるとのこと。
●このすり合わせでは、仮にピンポイントで米軍が、北の軍事施設を先制攻撃したらどうなるか?などが含まれる。…と言う。
●その時北は、当然38度線に配備する数千門の長距離砲・ロケット砲を発射 ソウルはそれこそ火の海になることは 想像できる。
●その時中国軍はどうするか?‥と言う問いに、その筋はこう答えている。中国軍が越境して北朝鮮軍と衝突、その場合、米国は中国軍を支持する。その代わり、中国は米軍の金正恩斬首作戦を黙認し反対しない。
朝鮮戦争当時、中国義勇軍は18万人の戦死者をだして、現在の38度線を維持したが、現在は、米中が同盟国になったような雰囲気さえあるね?

つまり中国は、できれば現体制を維持したいが、トップを変えたいのだ。
あわよくば、非核化と同時に、朝鮮半島から米軍を追い出したいと思われる。

●従来、中国は金体制崩壊後、韓国主導で統一されることは米軍と直接隣合わせになるため統一には反対との立場だった。
●しかし、研究者等は否定的で米国は朝鮮半島から撤退するだろうと。それは北の国内秩序維持のための米軍進駐には、中国は反対するからだ。それがかなえれば、中国は統一を支持するとの見方だ。その場合、中国が北の核管理・非核化をどういう形で担ったとしても、米国は核不拡散を図れるので反対しない。現実に中国はすでに核保有国で、朝鮮半島から核をなくせれば米中互いの利益になるからだ。
●この話、米国サイドからの話と言う事でもなく、北京大学国際関係学院院長が9月中旬に英文サイトに発表しており、あながち空想ではない。むしろ中国サイドがアドバルーンを上げてるとも見える。
つまり大国同士の間では、互いの利益を損なわない範囲で暗黙の了解事項ができつつあると言うこともできる。国際政治とはそういうものだ。

●ところで、朝鮮半島ばかりでなく、南シナ海で米中が衝突した場合はどうなるか?元陸上自衛隊幕僚長、岩田清文氏は、米軍はいったんグアムまで一時撤退して、沖縄から台湾・フィリッピンを結ぶ第一列島線の防衛は日本に委ねることが検討されている‥と言うことを明らかにした。
えっ・・思うような話だが、元幕僚長が言うのだからあながち嘘でもないのではないか?

どのレベルでの検討かは定かでないが、すでに自衛隊の役割は、集団的自衛権行使容認の安保法制を逆手にとって、日米の間でも日本の役割分担が増えるような状況になっている。こちらも国際政治は、国内感情などを超越して勝手に進んでいくもののようだね?

●果たして上記の事がその通りになるのかは誰にもわからないが、恒久平和が普通の平和ボケ日本も、国家の安全はタダではないことを肝に銘じる必要が有りそうだ。22日の投票日はそれを踏まえて、投票しよう!










最終更新日  2017.10.08 18:00:28
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.30
カテゴリ:国力とお金
​​​​​

●上野で9月いっぱいまでやってる、「深海2017」​​を観に行ってきた。​NHKなどで放映されたダイオウイカの世界初の撮影などで、深海ブームは来場者50万にもなってるそうだ。

●東京湾もTVでやってたが、最深部も700Mはあるそうで、200M、500Mと段々畑の様な海底の構造らしく深海魚が結構ブームで、専門の漁師もいて深海魚料理も結構流行ってるらしい。
●展示は深海魚だけではなく、日本の海洋開発の展示も多かった。その中で今、注目されてるメタンハイドレートをはじめ、レアアースなど鉱物資源の試掘の展示も多かったね。
●明るいニュースだが、その開発主体のJOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)が 9月26日、沖縄沖1600Mから、世界初での快挙を成し遂げた‥と発表した。
●熱水鉱床と言うのだが、海底下から吹き出す熱水の中に含まれる金属が冷やされて、海底にたまったものを、掘削機で3CM位に砕いて、海水と一緒にポンプで海上の船に吸い上げる‥と言う事らしいが、これそう簡単にはいかない。なかなか重い鉱石を海底で砕くことと、海水と一緒に目詰まりなく海上に、それも1600Mも吸い上げるのだから想像もできようというものだ。
●16,5Tもの砕いた鉱石を、16回に分けて数十分間の連続運転をして引き揚げたという。約7~8%の鉱物資源が含まれるそうだから、かなり純度が高い。今回の作業で基礎技術を確立したという事らしい。
●経済産業省では、来年度に採算性を考慮して、平成30年代後半には商業化を予定するのだそうだ。もうすぐの話だね。鉱石には亜鉛や金などレアメタルも含まれる。沖縄近海だけでなく、小笠原諸島周辺にも見つかっているらしく、沖縄の740万Tは国内年間消費量と同じくらいの資源量が有るとのこと。
●この技術、岩盤に張り付いてるコバルトやレアメタルの採掘などにも応用できるというから、今後が楽しみだね。
●メタンハイドレートも、これより早くメタンガスを回収できたのだが、、ガスを引き上げる過程で砂が目詰まりして、連続運転するにはなかなかそう簡単ではないらしく、インドと共同開発の方針に切り替えたという報道もあった。こちらは日本近海だけでも100年分くらいのエネルギー量だそうだから、開発が進むのが待ち遠しいよね。
●日本は海洋国家で、今でこそ海でしかないが、実は排他的経済水域では世界6番目になる近い将来の資源大国なのだ。国内は高齢化や政府債務の拡大など、財政が厳しいことは知られているが、この手の話は、案外報道も地味で知らない人が多い。

●開発が進めば、日本の将来もそんなに捨てたもんじゃないだろうことは予想できるかも?


​​






最終更新日  2017.09.30 05:23:47
コメント(0) | コメントを書く

全1166件 (1166件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

バックナンバー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.