042409 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フリーペーパー毬 <贈る>

全1件 (1件中 1-1件目)

1

011

2010.12.10
XML
カテゴリ:011


これからいろんなお店に置いていただきます。
設置店は、この欄で更新していきます。
ぜひ手に取ってください。


k009.jpg


設置店
(お店のみさなん、ありがとうございます。)

■京都市
のばら珈琲 (喫茶 上立売通り浄福寺通りを西へすぐの路地)
昔人形館青山 (人形・カフェ 地下鉄北大路駅すぐ)
桃源郷 (セレクトショップ 三条通室町西入ル サンムロビル3F)
ウッドノート (喫茶 左京区一乗寺 叡電一乗寺駅近く)


■大阪市
乙女屋 (セレクトショップ 北区浮田 地下鉄中崎町駅徒歩すぐ)
JAM POT (雑貨 中崎3-2-1 中崎町駅北へすぐ)
ワンプラスワンギャラリー(中崎町駅北へすぐ JAMPOTさんの隣)
和みや (骨董・カフェ 天神橋筋6丁目)
珈琲・書肆アラビク (ブックカフェ 北区中崎3-2-14)
乙画廊 (ギャラリー 北区西天満2-8-1大江ビルヂング101)
ブルームギャラリー (ギャラリー 十三 淀川沿い 淀川図書館近く)
ぷれこぐ堂 (古書 北区中津3-17-2 阪急中津駅徒歩すぐ)
nora (雑貨 北区天満3-6-3鉄道広告社ビル2F)
mt.chills (カフェ 淀川区新北野1-125-3-101)
planet (アンティーク 中崎西1-9-3 地下鉄中崎町駅すぐ)
Books DanTalion (書店 中崎1-6-36 サクラビル内 地下鉄中崎町駅すぐ)
green pepe (アンティーク 中崎町 地下鉄中崎町駅すぐ)
ANDANTE (雑貨 中崎西1-1-28 地下鉄中崎町駅すぐ)
10_2 (カフェ・雑貨 中崎西1-8-3 地下鉄中崎町駅すぐ)
star cat (アンティーク 福島区福島5-10-9)
PASS ART CAFE (カフェ 中央区大手通り1-4-1 2F)
オン・ザ・ブックス (古書・ギャラリー 中央区内平野町2-1-2アイエスビル2A)
うてな喫茶店 (喫茶 中崎西1-8-23)
FOLK (古書 北区天神橋1-5-19)
WAG ART CUBE (ギャラリー 西区西本町1-11-21 ミュージックキューブ)


■枚方市
グランターブル (ベーカリー・カフェ 山之上バス停前)
ブルーフォンセ (フランス雑貨 川原町9-7 枚方市駅東口近く)
fabbrica (ファブリカ) (雑貨 南楠葉1丁目1-28 藤原ビル1F)
Benedetta (ベネデッタ) (カフェ 町楠葉1-6-25寺山ビル203 楠葉モール近く)
ソーイングギャラリー (ギャラリー 京阪星ケ丘駅近く 洋裁学校内)
ア ニュウ スプラウト (陶器・食器 堤町2-14 枚方公園駅近く)
アート・アライ (画材 大垣内2-17-2 法務局近く)
フォトショップロッキー (DPT 牧野本町商店街内)
アバウト・ア・コーヒー (喫茶 宮之阪1-9-32 京阪宮之阪駅高架下)
mani cafe (カフェ 堤町8-15 枚方公園駅近く)
ポパイ商店 (BluesBar 山之上2丁目16-9)


■大阪府堺市
ギャラリー百音 (東区北野田1077 アミナス北野田2F)

■奈良市
エナメル卿 (アンティークキモノ・カフェ )

■滋賀県東近江市
永源寺図書館 (東近江市山上町830番地1)

■神戸市
アヒルヤアパートメント (古着・洋服 中央区元町通2-7-20)
トンカ書店 (古書 中央区下山手通3-3-12 2D)

■東京都
SERAPHIM (服飾店 国立)
コトリ花店(小平市)
ネルケン (名曲喫茶 杉並区高円寺南3-56-7)
Amulet (雑貨 神田神保町1-18-10三光ビル1F)

■群馬県前橋市
kandelaar(カンテラ) (カフェ 国領町1-13-7)

■広島県福山市
muguet (ミュゲー) (アンティーク・洋服・アクセサリー等 福山市伊勢丘6-9-12)

■名古屋市
Le ruban (雑貨・アンティーク 千種区丘上町2-24コーポ大観1F)

■愛媛県四国中央市
流星堂 (古雑貨屋&ギャラリー 川之江町4057-2)


<編集後記>
今回のテーマは「未来」。
日本の経済的な未来は、大きく成長することがなさそうです。未来は「進歩し続ける」と思えなくなってきました。これは現実的な話で、悪いとは思いません。一方、「だから今を楽しむ」というのも刹那的な感じがします。
これまで、世の中は経済的に発展し続けてきました。でも発展は、私たち自身を大きく変えてきたと思えないのです。今のような時代は、私たちが必要なことをしっかり蓄積する時期かもしれません。その方が私たちが豊かになる気がします。
執筆者のみなさんは「未来」というテーマに、それぞれ独自の感性で取り組んでくださいました。みなさんの原稿は、発展というニュアンスでなく、遠くまで眼差しを向けることのようです。
未来は大切です。今の私たち自身が未来の姿ではないでしょうか。









最終更新日  2012.05.09 15:41:05

全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

連絡先 毬編集局
fpaper.mari@gmail.com
https://twitter.com/fp_mari

毬は、贈る(贈与の思想)がコンセプトです。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.