006519 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

I Know Him So Well

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


BOUQUETFRAGRANCE46

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス

全7件 (7件中 1-7件目)

1

鉄道模型(Nゲージ)

2017.07.10
XML
カテゴリ:鉄道模型(Nゲージ)


毎年恒例行事のイベントの1つで、関西最大級の鉄道模型イベントでもあります、RAIL EXPO 京都が、第9回の今年も、6月24・25日の2日間 ボークス・ホビースクエア 京都(1階・エントランスホール 7階・イベントホール)で行われたので、行って来ました。

毎年多くのお客さんが来場され、盛況裏に終わるイベントとして定着しております、RAIL EXPO 京都ですが、第10回目の記念すべき大会になる、来年以降、入場料金を新たに設定して、有料で行うことが発表され、その為のアンケートを来場者に対し行っていて、結果次第では、来年以降のRAIL EXPO 京都の開催を見送ることになりそうで、出展サークル及び、出展会社さんには、その通告を行ったようです。

ぼくが、2日目に訪れた、劇団サンポールのブースでは、同様の通告を受けたとの事です。

(同様の通告は、他に。近畿大学文化部・鉄道研究会・ふれいと一座などのサークルのブースや、ビバン鉄道模型製作所などの、販売ブースなどにも及びました。 )

ぼくは、6月24日は、近畿大学文化部・鉄道研究会 ふれいと一座 両ブースで、225系0番台・近郊形直流電車「新快速」8両編成セット(10-871)・165系800番台 飯田線・急行「伊那」4両編成セット(10-1335)を、6月25日は、ふれいと一座のブースで、80系300番台 飯田線・6両編成セット(10-1385)及び、165系800番台 飯田線・急行「伊那」4両編成セット(10-1335) 2セット(いずれも、KATO製品で、LED室内灯・クリアを取り付けた特製品(改造車扱いになります。)です。)を鉄道模型レイアウトジオラマの持込体験運転に出し、走らせるに至りました。

特に、KATOのNゲージ 165系800番台 飯田線・急行「伊那」4両編成セット(10-1335)は、2セットを所有しており、2016年モデルの1つであって、同年8月15日・ポポンデッタ イオンモールKYOTO店で購入・納車したものと、同年10月14日にKATO 京都駅店で購入・納車したものの、2種類があり、1セットを連結させて、8両編成1本に仕立てて、往年の急行「比叡」(名古屋~大阪間・1982年(昭和57年)のダイヤ改正で廃止。)を再現運転させるに至りました。

6月25日の午後17時00分で終了しましたが、それまでの2日間で、大勢の入場者があり、大盛況裏に終わった、RAIL EXPO 京都 2017でしたが、普段は仕事が忙しく、行くことが出来ない鉄道模型イベントを、2日間・満喫してきました。

来年・第10回目の記念大会を迎える、RAIL EXPO 京都2018も、是非・開催させてほしいことを、願っております。






最終更新日  2017.07.10 21:28:22
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.18
カテゴリ:鉄道模型(Nゲージ)

(今回・KATO 京都駅店で購入・納車した、165系 飯田線 急行「伊那」4両編成セット(10-1335・KATO KATO 京都駅店・特製品)1セットと、オハ50形・単品(5142・KATO) )

10月14日・ぼくは、KATO 京都駅店に行き、165系 飯田線 急行「伊那」4両編成セット(10-1335・KATO) 1セット(KATO 京都駅店・特製品)と、オハ50形・通勤形客車(レッドトレイン)・単品(5142・KATO) 1を購入・納車しました。

特に、165系 飯田線 急行「伊那」4両編成セット(10-1335・KATO)は、今年の8月15日・ポポンデッタ・イオンモールKYOTO店で購入・納車したものの、増備車で、今回は、LED室内灯・クリア(11-211・1両分・KATO 純正品)を、4個を取りつけた、KATO 京都駅店・特製品で、19116円と、痛い出費になりましたが、定価販売で、ジャンパ線・2個を取りつける加工を施した上、購入・納車しました。

又・オハ50形・通勤形客車(レッドトレイン)は、オハ50形・単品(5142・KATO)を選定し、購入・納車しました。
この日は、このほか、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 KATO・純正品)や、パワーパック・スタンダードS(22-012・KATO)・KATOカプラーN(11-702・アーノルドカプラー交換用 KATO・純正品)などを購入し、痛い出費になりましたが、定価販売での購入を終えました。
KATO 165系 飯田線 急行「伊那」
KATO 50系/50系51形






最終更新日  2016.10.18 20:47:09
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.14
カテゴリ:鉄道模型(Nゲージ)

(遂に、入線した、165系800番台・急行形直流電車 新仕様(リニューアルモデル)・「伊那」4両編成セット(10-1335・KATO 飯田線シリーズ) 1号車・クハ165形+2号車・モハ165形+3号車・モハ164形+4号車・クハ165形 3号車でM車の、モハ164形のみ800番台で、他は0番台。 )

ぼくの所有車両に、KATO 165系800番台・急行形直流電車 新仕様(リニューアルモデル)・「伊那」4両編成セット(10-1335・飯田線シリーズ)が、加わりました。

今年の6月にKATOから新発売された、飯田線シリーズの1つで、発売以来・30年以上も愛され続けている、ベストセラーモデルの、165系・急行形直流電車は、KATOが誇るNゲージ模型完成品車両の1つであり、新品・中古を問わず、販売されている模型の1つです。

Nゲージ・165系は、KATOの他、TOMIX・Micro Aceなどからも発売され、人気の的となっておりますが、今回・購入・納車し、新車導入した、KATOのNゲージ完成品車両製品・165系800番台 急行形直流電車 「伊那」4両編成セット(10-1335)は、動力装置を、ウオームギアから、フライホイール動力ユニットに変え、DCCフレンドリーとした、新仕様で、現行の電車模型仕様にアップデートさせた、ハイグレードモデルに一新させた完成品車両にリニューアルさせた製品で、飯田線シリーズの1つとして、同・「こまがね」4両編成セット(10-1334)と同時に新発売されたもので、8月15日・ポポンデッタ・イオンモールKYOTO店にて、購入・納車し、今まで導入してきた、KATO・飯田線シリーズでは、初の新性能直流電車として、入線するに至りました。

当然・夜間運転もするので、LED室内灯・クリア(11-212・6両分 1セット・KATO 純正品)を取り付けましたが、先頭車・2両(クハ165形)の室内灯のプリズムが破損していたので、KATO 京都駅店で購入した、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 2個・KATO 純正品)と一緒に、同店を通してKATOお客様サービス係(ホビーセンターカトー・東京店)に交換・取り付けを依頼することになり、送りました。

9月8日の午前中、8月22日に交換・取付が完了した、先頭車・2両の入った荷物が、代金引換ゆうパックで、ぼくのお家のもとに届けられ、1848円(請求金額)を支払って、受け取りました。

9月10日には、ぼくの敷設した、ユニトラック・複線線路(V11・20-820 KATO)のレールに乗せて入線し、コントローラーを回して走らせてみると、素晴らしい走りを見せましたが、先頭車のクハ165形の1両が室内灯のチラつぎがあったりして、遂には点かなくなるなど悪戦苦闘しましたが、ようやく正しく点灯しました。

早速・上諏訪~美濃赤坂間の、急行「伊那」(飯田線・豊橋口 名古屋・岐阜・大垣方面)を再現運転するに至りました。

KATO・飯田線シリーズでは、初の新性能直流電車として、導入・入線した、165系800番台・急行形直流電車 新仕様(リニューアルモデル)・「伊那」4両編成セット(10-1335)を、今後とも大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。






最終更新日  2016.09.14 01:51:10
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.26
カテゴリ:鉄道模型(Nゲージ)

KATO Nゲージ・阪急電鉄 9300系 4両編成セット(通常品・1)KATO Nゲージ 阪急電鉄 9300系 2編成の並び写真。

兼ねてから購入・納車したかった、KATOのNゲージ・阪急電鉄 9300系・4両編成セット(通常品・10-1278 4両基本セット 10-1279 4両増結セット) 2セットを、10月15日・ホビーセンターカトー・大阪店にて、購入・納車するに至りました。

前回・8月28日に購入・納車した時は、予算の都合から、同・8両編成セット(10-1280・特別企画品)・1セットのみの購入・納車となり、29202円での購入・納車となりましたが、今回は、29310円と、いずれも痛い出費になりましたが、定価販売にて、購入・納車しました。

 

今回・購入・納車しました、KATOのNゲージ・阪急電鉄 9300系・4両編成セット(10-1278・基本セット 10-1279・増結セット 通常品・2セット)は、前回・8月28日に購入・納車した、同・8両編成セット(10-1280・特別企画品) 1セットが、9305Fをプロトタイプにしているのに対し、9308Fをプロトタイプにモデル化してあり、夜間運転もするので、LED室内灯・クリア(純正品・品・11-211 1両分・2個 11-212 6両分・1セット いずれも、KATO)を採用した、室内灯を、標準装備で取り付けた、豪華版のニューモデルとなっております。

10月22日・ぼくの家のレールに入線した、KATOのNゲージ・阪急電鉄 9300系・4両編成セット(10-1278・基本セット 10-1279・増結セット 通常品・2セット)は、コントローラーを回して運転を開始しました。

(又・前回・8月28日に購入・納車した、同・8両編成セット(10-1280・特別企画品)の並びも、写真で再現しました。)

 

走らせて見ると、フライホイール動力ユニットの動きも相俟って、素晴らしい走りを見せております。

 

今後共、KATOのNゲージ・阪急電鉄 9300系・4両編成セット(10-1278・基本セット 10-1279・増結セット 通常品・2セット)を、大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。







最終更新日  2015.10.26 19:34:03
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.29
カテゴリ:鉄道模型(Nゲージ)
KATO 阪急電鉄・9300系 通勤電車ge

昨日・ホビーセンターカトー・大阪店にて、ぼくが、気にしている車両として待ち望んでおりました、KATOのNゲージ・阪急電鉄 9300系・通勤電車を、購入・納車し、ぼくの所有する、KATOのNゲージ完成品車両では、初の阪急電鉄の車両として入線・導入させるに至りました。


阪急電鉄・9300系は、2003年に、6300系の後継車両として製造された、通勤電車で、京都線の特急でデビューさせた、日立製作所(アルナ車両)製の新形電車で、現在も、京都線の特急・通勤特急・快速急行・準急などで活躍している他、早朝・深夜帯などの出入庫の時には、普通車として運用に就くこともある、京都線のフラッグシップ的な車両で、8両10編成が在籍しております。


KATOが、今回・Nゲージ完成品車両として、模型化に踏み切ったのは、2008年以降に新製された、第4次車と呼ばれる車両をプロトタイプに選んだものです。

Nゲージの、阪急電鉄・9300系 通期電車は、既にマイクロエースからも、発売されておりますが、今回選んだ、阪急電鉄・9300系は、KATO製のNゲージ完成品車両として、今年の8月28日に発売されたものです。

KATOが手掛ける、阪急電鉄・9300系は、4両基本セット(10-1278)・4両増結セット(10-1279)・8両編成セット(10-1280・特別企画品)の、3種類が発売されることになりますが、今回は、予算の都合から、8両編成セット(10-1280・特別企画品)を選んで、購入・納車して見る事にしました。

夜間運転もするので、室内灯も、KATOの純正品であります、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 2個 11-212・6両分 1セット)を、標準装備で取り付けた、豪華版のニューモデルです。

その為、支払った金額が、29202円と、痛い出費になりましたが、定価販売で購入・納車しました。

もちろん、初期ロット製品の新品であり、新製配置にて導入・ゲットしてあります。

今日・ぼくのレールに入線して、走らせて見ると、フライホイール動力ユニットなどを、採用しているためか、素晴らしい走りの性能を見せており、今後共、大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。






最終更新日  2015.09.15 00:25:03
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.06
カテゴリ:鉄道模型(Nゲージ)
P1000338.JPG

山陰本線の普通列車の1つに、豊岡~米子間の531レがあります。

この列車も、DD51形1000番台・後期・暖地形+50系・通勤形客車(レッドトレイン)・4両で運転された、列車で、豊岡を出ると円山川を縫うようにして、玄武洞駅を過ぎて、城崎駅(現・城崎温泉駅)のホームに達します。

城崎駅(現・城崎温泉駅)を出ると、トンネルをくぐり、山の道をこえながら、竹野浜海岸の最寄り駅・竹野駅にたどり着きます。

竹野駅を出たころから、但馬海岸を縫うようにして、佐津駅・柴山駅・香住駅・鎧駅・餘部駅と停車しながら走ります、餘部駅から久谷駅までは、山の連続で、トンネルをくぐりながら走り、久谷駅を出たころから、下り勾配を走りながら、浜坂駅に達します。

浜坂駅から、鳥取駅までは、山陰海岸を縫うようにして走り、途中・諸寄・居組・東浜・岩美・大岩・福部などの駅を停車しながら、鳥取県の県庁所在地・鳥取駅に達し、鳥取駅から、終点の米子駅までは、松崎駅(羽合温泉の最寄り駅。)・大山口駅・伯耆大山駅など、山と海に寄り添うようにしながら走ります。

それを、KATOのNゲージ・DD51形1000番台・後期・暖地形+50系・通勤形 レッドトレイン)・4両で、再現しました。






最終更新日  2015.09.15 00:22:14
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.01
カテゴリ:鉄道模型(Nゲージ)
オハフ50形・単品(5143・KATO)

今までは、鉄道模型のコミュニティサイト『トレイン・トレイン』に、ブログとして掲載して来ました、「I Know Him So Well」ですが、同サイトが、12月18日で、サービスを終了するというので、今回から、楽天BLOGにも掲載します。

今後共、よろしくお願いします。

6月17日・ぼくは、オハフ50形・単品(5143・KATO)を、ホビーセンターカトー・大阪店で、1両を追加購入・納車しました。

50系・通勤形客車(レッドトレイン)は、4月15日に、5両基本セット(10-1276)・1セットと、単品(5142・オハ50形 2両 5143・オハフ50形 1両 計・3両)の、計・8両をホビーセンターカトー・大阪店で、購入・納車しました。ところですが、さらに、もう1両をが必要になり、オハフ50形・単品(5143・KATO) 1両を購入・納車しました。

本来なら、ホビーショップ・コスモで。割引価格で購入・納車することになっていましたが、この日はあいにく定休日で、お休みだったので、やむなくホビーセンターカトー・大阪店で、定価販売にて購入・納車しました。

7月13日に、カプラーを、KATOカプラーN(11-702)に交換し取り付けて、完了、翌・14日にぼくのレールに入線し、既に購入・納車してあります、50系・通勤形客車(レッドトレイン) 単品・3両に組み込んで、4両編成とし、豊岡~米子間の、山陰本線・531レを再現させる形で、4両編成を再現させました。

走らせるとLED室内灯・クリア(11-211・1両分)の輝きも相俟って素晴らしい走りを見せております。

今後共、大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。






最終更新日  2015.09.15 00:23:21
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.