115812 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ふらっと日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

日本の近未来を暗示… 空に美しい花を咲かせ光の物語を彩るさん

鯛のかま まろ0301さん

Welcome my site スパイク1961さん
アトリエ5号星地区 シルフちゃんさん
ひめ子の絵日記。 hime_1さん

Comments

 とこみん@ Re:古い映画ですが(04/20) あじたまさん >今村昌平監督の「人間蒸…
 あじたま@ 古い映画ですが 今村昌平監督の「人間蒸発」をご覧になる…
 とこみん@ Re:幼くして(03/30) あじたまさん >死と向き合うことの是お…
 あじたま@ 幼くして 死と向き合うことの是おとさようならをし…
 masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…

Freepage List




sibuya4.jpg


交差点

              
2010.04.20
XML
カテゴリ:映画
日本映画専門チャンネルで、ドキュメンタリー映画の特集を放送していて
面白く観た。

◎「ヨコハマメリー」 2005・中村高寛・監督

◎「バック ドロップ クルディスタン」 2007・野本大・監督 

◎「選挙」 2005・想田和弘・監督


若い監督たちの仕事、3作ともそれぞれに心をゆさぶられた。
劇映画とドキュメンタリー映画をならべると、私はドキュメンタリーのほうが
印象が深く刻まれることのほうが多い。

監督の個人的な興味から始まり、その納得のいくまでを撮り続ける。
出演者たちは、スタッフとカメラの前で自分を演じきっているようだ。
さらけ出すことによって、関係を増幅させ自らをきたえているみたいだ。
俳優は自己を演じる実物には、かなわないんじゃないかしら。

編集と出演者の魅力、それは実在感と言うのかな、
その技術と勇気も、監督の腕のみせどころなのだと思う。


映画と言うものに、新しい目線を覚えて今月はあと2本の
ドキュメンタリー映画を観る予定だ。









Last updated  2010.04.20 15:59:58
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.