161095 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

幸せになるための魔法の楽笑進幸塾

PR

カレンダー

ニューストピックス

2013年04月04日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

  「日常の五心」ともいうものがある。ネットで調べようと、キーワードに「日常の」と打つと「日常の五心」というキーワードの入力補助が一番最初に表示された。それくらい、「日常の五心」は調べたれているのだ。

 

  この言葉は、どこから生まれてきたのか、知られていないようだが、日蓮宗や曹洞宗関係の言葉だという人もいるようだ。しかし、本当は誰の言葉か分からないらしい。そして、これは、宗教に関わらず、企業や学校でも掲示されたり、ホームページにもたくさん表示されている。見たこともある人も多いと思う。もちろん、スポーツの世界でも大切な言葉である。

 

「日常の五心」 

一、「はい」という素直な心

一、「すみません」という反省の心

一、「私がします」という奉仕の心

一、「おかげさま」という謙虚な心

一、「ありがとう」という感謝の心

 

 

  「はい」という言葉は、返事だ。名前を呼ばれたり、話しの中で、「はい」という言葉をはっきり、相手に伝わるように発しなければいけない。この「はい」という返事だけで、自分の存在を相手に伝えることができる。

 

  「すみません」という言葉は、謝罪だ。「すいません」という言葉を、先に相手が発すると、受ける方は、冷静になるスイッチがはいる。「すいません」と日頃から発する人は、どうしても憎めない。

 

  「私がします」という言葉は、勇気を必要とする言葉だ。利害にとらわれず、相手や社会のために尽くすことだ。そして、そのような人をいつしか応援したくなる。実践している人は、心が綺麗になっていく。

 

  「おかげさま」という言葉は、自分の力だけでは生きていないということを理解し、相手を立てる言葉である。日常のあいさつの中でも、頻繁に使われる言葉でもあるが、何より、すべてのことに感謝しようとする心を育てることができる。

 

  「ありがとう」は、魔法の言葉である。自分のまわりに起こるあらゆるすべてのことに対して、「ありがとう」という気持ちをもつことである。言葉として発することや心の中で発っしてもいい。必ず、優しい人になっていき、笑顔が絶えない人になる。

 

 

   この「日常の五心」を毎日、発話することだ。それも、一人で心を込めて実践することが、自分の一日の生活を支えてくれる。しあわせな人生を導いてくれるのだ。

 

   まわりの人に、自分の心に、素直になろう、反省をしよう、奉仕しよう、謙虚になろう、感謝しよう。

  それが、しあわせな生き方、在り方なのだ。

日常の五心.jpg







最終更新日  2013年04月05日 05時35分54秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.