141550 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★☆ポイント倶楽部☆★

2008.04.17
XML
カテゴリ:cora-gen

大阪医科大学元学長の山中太木(やまなか・もとき)医学博士は、 「種が違えば、コラーゲンにも何らかの違いがあるはず」と考え、さまざまな実験を重ねてそれを証明しました。 違う動物から取ったコラーゲンは、実験の結果にも差が出るので、全く同じ物質ではないということがわかったのです。 コラーゲンは18種類のアミノ酸からできているのですが、動物が違えばアミノ酸の配列にも違いがあることもわかってきました。

さらに、コラーゲンには免疫力を高めたり、ガンを予防したりする力があることもわかり、 山中博士はコラーゲンを健康食品として摂取することを考えたのです。そのときに選ばれた原料は、 人間にもっとも近いアミノ酸配列を持つ「豚の皮」でした。

当時、山中博士の教え子だった、榎木義祐(えのき・よしすけ) 医学博士が、咽頭ガンになったのですが、山中博士の指導で放射線治療に豚皮コラーゲンを併用することによって克服し、 現在でも再発の心配なく元気で活躍されています。



(http://www.ps-corp.co.jp/column/collagen/n009.htmlより)


大阪医科大学元学長の山中太木(やまなか・もとき)医学博士が
研究されたのは知っていましたが
教え子の方のエピソードは知りませんでしたびっくり

私の飲んでいるコラーゲンも
豚皮ですスマイル
最近は魚由来が多いですよね。
でも、上記のような研究結果知ってると
豚皮由来のもの飲んでみたくなりませんか?



コラーゲン飲んでみませんか?

コラーゲン一緒に飲む人募集中!!









最終更新日  2008.04.17 14:16:43
コメント(0) | コメントを書く
[cora-gen] カテゴリの最新記事


PR

サイド自由欄

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.