7272867 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「十三夜の面影」1





今日はいい天気だったせいか、

夜も星や月がよく見える。

久しぶりに月を見つめていると、

なにやら落ちてくるものがある。

錯覚?と目をこすっても、

かえってはっきりと見えてくるのだ。

天女かと思った。

薄い衣を身にまとい、

恥ずかしげに舞い降りたのだ。

「ここはどこですか?」と口を聞いた。


「君は誰なんだ?」と僕。


「私はかぐや姫です。」


「冗談言うのはやめてくれよ。」


「本当です。」

ときっぱり言う。

嘘を言ってる様子はない。


「じゃあ証拠を見せてくれよ」


「不老不死の薬を持ってます。

試してみますか?」


「いいよ。昔も燃やしたんだろ。」


「そうですね。不死ならぬ富士の山で。」


「すごいな。

僕は興味があって知ってるけど、

そんなことまで知ってるなんて、

今の女性らしくないよな。」

確かに不思議な女性だ。


「そうでしょう。」

とにっこり微笑む。

思わず引き込まれそうになるほど、可愛い。


「まあ、いいや。

とにかくそんな透けそうな服、

着替えた方がいいと思うよ。

目の毒だから。」

と見たいけど、見てはいけないと

目をそらしてしまった。


「これしか着るものはないのです。

いつのまにかここに来ていたのですから。

あなたと目が合って、

惹き寄せられるように

ここに降りてきてしまった。

どうしてなんでしょう。」

と、大きな瞳でまっすぐに見つめられると、

心がかき乱されてしまう。


「どうしてなのかは、

僕の方が聞きたいくらいだよ。

でも、僕の為に来てくれたと言うのなら、

ありがとう、かぐや姫。」


「どういたしまして。」


「といっても、かぐや姫なんて、

誰も信じないだろうから、

別の呼び名を考えないと。

別名、この花咲くや姫ともいうらしいから、

咲きちゃんと言うのはどうかな。」


「咲きちゃんですか?

ちゃんと言うのは何ですか?」


「まあ、姫ということだよ。」


「ならいいでしょう。」

やはり姫なのか、

気品があるんだよな。

こんなふうに咲ちゃんこと

かぐや姫と僕は出会ったのだ。

続き



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.