6124098 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「十三夜の面影」16








いつ僕がそばに居たことに気がついたのだろうか。

後ろにも目があるようだ。

月で何でも見えたように地球でも千里眼だったりして。

心まで見透かされてるようで怖いなあ。

かぐや姫への気持ちも分かってしまってるのだろうか。

「何考えてるの?」

無邪気に微笑んでる。

分かってはいないのか。

「君のことだよ。」

「嬉しいわ。」

「何かプレゼントしたいな。」

「急にどうしたの?」

僕を思い出してくれるものを身に着けてて欲しかったのだ。

「何が欲しい?」

遠慮しているのか、考えあぐねているのか、なかなか言わない。

「そうね。・・・香木かな。」

やっと口に出したのは、僕の知らないものだった。

「香木ってなんだい?」

「お香みたいなものなのだけど、

香りを楽しむものよ。」

やはり時代のギャップを感じるなあ。

「じゃあ香水でもいいかな。」

「いいわよ。」

「どんな香りが好きなんだい?」

「さっぱりした香りがいいの。

柑橘系とかの。」

「蜜柑のような月から来たからか。」

つい想像して笑ってしまう。

「そういうわけじゃないけど、

甘ったるい香りは気持ち悪くなっちゃうのよね。」

拗ねたように言うのが可愛い。

「僕もその方がいいな。」

バニラみたいな匂いは、むせてしまう。

「会社の帰りにでも買ってきてね。」

「君が選ばなくていいのかい?」

「あなたの好きな香りを身にまといたいの。」

嬉しいことを言ってくれる。

「ありがとう。」

かぐや姫に似合う香りを選んでこよう。

甘酸っぱい香りがツーンと鼻を刺すような香水を。

その香水だけを身に着けた彼女を抱きたいのだが・・・。

続き




















Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.