6363916 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「十三夜の面影」22








かぐや姫には涙を見られてないと思う。

自分の弱さを見せたくないと思ってしまうのだ。

人間なんて誰だって弱いものだけど、

それを隠して生きている。

弱さをさらけ出したら、そのまま崩れてしまいそうな気がするからだ。

でも、好きな人にはその弱さまで分かって欲しいとも思う。

そう思いながらも、彼女に見せるのが怖いんだよな・・・。

彼女が明日の満月の夜までしか地球にいられないのなら、

せめていい思い出をつくってやりたい。

特に僕とのね。

今日は仕事にいかないといけないが、

昨夜ほとんど寝てないせいか、

力が入らないなあ。

今日ちゃんとやらないと明日休みが取れない。

なんとか頑張らなくっちゃな。

彼女は今夜もバーに行くつもりだろうか。

ずっと一緒に過ごせる夜は今夜限りだというのに。

まだ「月に代わってのお仕置き」をするつもりなのか。

人間なんて醜いから、そんなことしても切りがないよな。

そういう自分も醜い人間の一人なのだが・・・。

なんとか今日の仕事をこなして、うちに辿り着いた。

今日は疲れたなあ。

やはり睡眠不足がたたるよ。

「ただいま」

声にも疲れが出てるな。

「お帰りなさい」と

いつも聞こえる声がしない。

もう帰ってしまったのか?

慌てて部屋の中を探す。

狭い部屋の中だ。

隠れる訳にもいかない。

どこに出かけたんだろう。

もうバーに行ってしまったのか。

でも、今日は早めに帰ってきたのに。

そう思っているうちに、

「ただいま」

元気な彼女の声がした。

「どこ行ってたんだ。

探したじゃないか。」

責めるような口調になってしまう。

心配し過ぎたせいだ。

「買い物に行ってたのよ。

今夜はご馳走作ろうと思って。」

買ってきたものを両手で抱えながら、

涼しそうに微笑んでいる。

「こっちの気も知らないで。」

思わずつぶやいてしまった。

「どんな気?」

からかって聞く彼女は小悪魔のようだ。

「なんでもないよ。」

とても対抗できないよな。

「そう。ならいいけど。

夕食作る間に、お風呂でも入ってて。」

新婚みたいだな。

それもあと少しだけど。

僕は湯船に入っているうちに

うとうと寝てしまったようだ。

「起きて。もう夕食の用意できたのよ。」

と彼女がバスルームに入ってきた。

「どうせなら背中流してあげましょうか?」

なんて言うから、

「頼むよ。」と言ってしまった。

背中を洗ってもらってる間に

「今日は仕事に行かなくていいのかい?」

努めて優しく言うと、

「もういいの。どうせやめるんだし、

今夜はあなたのそばにいたいの。」

甘えるように言われるとくすぐったい。

「嬉しいな。」

心が温かくなってくる。

こんな幸せがいつまでも続くといいのに。

でも束の間だからこそ貴重なのかも。

今このときを大切にしないとな。

背中をこする手がふと止まった。

「もう終わりでいいよ。」

彼女の返事がない。

背中に頭をもたれてきた。

その重みを感じていると、

何も言えなくなってしまった。

続き

































Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.